カポエラー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

カポエラー 節を編集

No.237 タイプ:かくとう
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる) ※バルキーのとき「こんじょう」
     テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる) ※バルキーのとき「ふくつのこころ」
隠れ特性:ふくつのこころ(怯むと素早さが1段階上がる) ※バルキーのとき「やるき」
体重  :48.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
テクニ格闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カポエラー5095953511070455いかく/テクニシャン/ふくつのこころ
キノガッサ6013080606070460ほうし/ポイズンヒール/テクニシャン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第二世代出身の単かくとうタイプ。
種族値が低く、シングルではいかくやテクニシャンを活かしても自力で戦うのは難しいが、
ダブルではいかく+ねこだましを両立できる希少なポケモンとして高いサポート性能を発揮。
更に同特性のポケモンには無いてだすけ・ワイドガード等も兼ね備えており、
第五・第六世代ではダブルのみならずトリプルでもトップメタとして活躍した実績を持つ。

第8世代でふいうちがレベル技化。先制技の選択肢が増えた。
また、こうそくスピンの性能が見直され、採用も検討できるレベルに。
BDSPにおいて唯一のいかく+ねこだまし使いとなり、天敵だったサイコフィールドもないため先制しやすくなった。



特性考察 節を編集

いかく
場に出るだけで発動し、自身や味方の物理耐久を擬似的に補強できる。
ねこだましとあわせて、ダブルにおけるカポエラーの要となる強特性。
テクニシャン
各種先制技の補強や、けたぐりの威力の底上げに使えるが、
より高い攻撃性能を持つキノガッサ等の存在が気がかり。
ふくつのこころ
隠れ特性。相手のねこだましを利用して素早さを上げられるが、怯み自体は防げない。
Sランク+1程度ではスカーフ持ちや天候エースを抜けない事も多く、基本的に候補外。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力テクニ命中追加効果備考
主力技
とびひざげり130(195)-90外すと反動最高火力だが命中率とゴーストが怖い。
有利対面でも相手パーティにゴーストがいる限り迂闊には使用できない。
インファイト120(180)-100防御・特防↓耐久低下が痛い。
けたぐり20~120
(30~180)
40~180100-威力不安定。最大でもとびひざげり以下。剣盾技レコード。
リベンジ60(90)/
120(180)
135/180100優先度-4後攻かつ被弾で威力倍増。
トリプルキック10~60
(15~90)
13590-威力不安定。3発でもタスキやがんじょうは厳しい。
サブ技
ローキック65(97)-100素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。ゴーストには無効。
ストーンエッジ100-80急所ランク+1対虫・飛行。格闘定番のサブウェポン。
いわなだれ75-90怯み30%味方のおいかぜやトリックルームとあわせれば怯みを狙える。
ダブルでは相手全体攻撃。
じしん100-100-対毒。ダブルでは周囲全体攻撃。
じならし6090100素早↓100%同上、追加効果が優秀。
テクニシャンでじしんに近い火力に。
つばめがえし6090必中-対虫。草/毒や格闘/エスパーにも。
どろぼう6090100道具奪取対ゴースト・エスパー。相手の持ち物次第では有用。
先制技
マッハパンチ40(60)90100優先度+1タスキ潰しに。
バレットパンチ4060100優先度+1無効タイプ無し。
ふいうち70-100優先度+1対エスパー・ゴースト。無効タイプ無しだが、読みが要る。レベル技化。
フェイント3045100優先度+2タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
ねこだまし4060100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
その他
がむしゃら--100-削り技。タスキやみがわり、先制技とあわせて。
カウンター--100優先度-5物理技を倍返し。HPが低いので使いにくい。
こうそくスピン5075100設置解除
すばやさ↑
ギミック解除とすばやさ補強に。トドメで撃てればベスト。
追加効果で最速で130族まで抜ける。
変化技タイプ命中備考
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。ドレインパンチは覚えない。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。
みきり-ダブル用。縛り解除、様子見など。
ワイドガード-ダブル用。全体技対策。
ファストガード-ダブル用。先制技対策。
てだすけ-ダブル用。味方の火力を補強。

型考察 節を編集

テクニシャン基本型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:いじっぱり
努力値:HA252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こぶしのプレートorくろおび/オボンのみ/ラムのみ/とつげきチョッキ/Zクリスタル
確定技:マッハパンチ/けたぐりorインファイトorとびひざげり
攻撃技(テクニシャン適用技):ねこだまし/バレットパンチ/じならし/つばめがえし
攻撃技(テクニシャン適用外):ストーンエッジ/じしん/がむしゃら/カウンター/ふいうち
補助技:どくどく/みがわり

テクニシャンを活かして攻めるアタッカー型。適用技は各種先制技やサブウェポン。
ねこだましや火力補強アイテムとあわせればキノガッサを超える攻撃力となる。
A特化@珠のマッハパンチで無振りドリュウズ?を高乱1、ねこだまし込みで確定。
バレットパンチはフェアリーに有効だが、メジャーなフェアリーには効果が薄い。

使用感

性格 :いじっぱり
努力値:H252 A252 D4
持ち物:いのちのたま
技構成:マッハパンチ/インファイト/じならし/ストーンエッジ

テクニシャン+いのちのたまのおかげで火力は出るので使いやすい。
ただしおにび持ちやファイアロー?には弱いため後続でサポート必須。

いかく基本型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:HA252
持ち物:いのちのたま/こぶしのプレートorくろおび/たつじんのおび/オボンのみ/ラムのみ/とつげきチョッキ/きあいのタスキ/Zクリスタル
確定技:とびひざげりorインファイト
攻撃技:ストーンエッジ/じしん/マッハパンチ/バレットパンチ/ねこだまし/ふいうち/がむしゃら/カウンター
補助技:ビルドアップ/どくどく

物理に繰り出し負担をかけていく。チョッキがあれば不意の特殊技にも強い。
流し性能はさほど高くなく、流せたとしても格闘受けを呼びやすいので注意。

【ダブル】いかくねこだまし型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり/しんちょう/ようき
努力値:H252 AorD252
持ち物:オボンのみ/ラムのみ
確定技:ねこだまし
優先技:インファイト
攻撃技:かわらわり/いわなだれorストーンエッジ/マッハパンチ/フェイント
補助技:ワイドガード/ファストガード/てだすけ/みきり

ダブルで有用ないかくとねこだましを両立でき、サポート性能が高い。
現環境で自主退場技は無いので読みが必要。
他にもフェイント、てだすけ、ワイドガード等の優秀な技が揃っている。

いかくが逆効果のまけんき・かちき持ちには要注意。
ねこだましも読まれやすく、ゴーストやせいしんりょく持ちへの対抗手段に乏しいため、無償降臨される恐れもある。


対カポエラー 節を編集

注意すべき点
いかく、ねこだまし、その他補助技によるダブルでのサポート性能。
とびひざげりのほか、テクニシャン+マッハパンチの火力も侮れない。
対策方法
いかくの影響を受けない特殊アタッカーで攻めるのが楽。
ねこだましもゴーストやサイコフィールドで無効化できる。
カプ・テテフ?なら攻守両面で強く、ほぼ完封を狙える。
ただしダブルではそれらに強い相方と組んでいる事も多く、
てだすけ、ワイドガード等の補助技でのサポートにも注意。