キノガッサ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

キノガッサ 節を編集

No.286 タイプ:くさ/かくとう
通常特性:ほうし(接触技を受けた際に各10%の確率で相手を毒、麻痺、眠り状態のどれかにする)
     ポイズンヒール(どく状態の時に毎ターンHPを1/8回復する)
隠れ特性:テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)※キノココの時の特性は「はやあし」
体重  :39.2kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
草/闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
キノガッサ6013080606070460ほうし/ポイズンヒール/テクニシャン
キノコのほうしHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
キノガッサ6013080606070460ほうし/ポイズンヒール/テクニシャン
パラセクト609580608030405ほうし/かんそうはだ/しめりけ
ドーブル552035204575250マイペース/テクニシャン/ムラっけ

ばつぐん(4倍)ひこう
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/どく/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

BDSPでは固有タイプのくさ×かくとう。種族値は攻撃が高く、他は控えめと分かりやすい物理アタッカー。
ドーブルを除けば最速のキノコのほうし使いでもある。

テクニシャンと習得技の相性が非常に良好で、キノコのほうしも合わせ対面性能が高い。
素早さは半端だががんせきふうじ、マッハパンチとカバーする手段も多く、後出しを許さない強烈な縛り性能も売り。

また、ポイズンヒール+キノコのほうし、みがわりを用いた、自身より遅い相手を完封する戦法も可能。
多彩な勝ち筋を生み出し、かつ役割対象も少なくないことから、特に第五世代においてトップメタとして活躍した実績を持つ。

今回はメイカー系の特性が不参戦、ダイマックスも廃止されミストフィールド、エレキフィールドが展開される機会がほぼ無くなった。
更にぼうじんゴーグルも登場しないとあって、キノコのほうしの通りが非常に良好。
ひこうタイプの連続技・ダブルウイングも現在未解禁で、前述のみがわりを用いた戦術も解かれづらくなっている。
総じて活躍の幅が再び広がったといえる。ただしばかぢから、グロウパンチは剥奪された。



特性考察 節を編集

ほうし
キノコのほうしと相性が悪い。
発動確率はせいでんき等とは異なり必ずしも30%ではない。
例えば、電気には麻痺無効、鋼や毒には毒無効で20%。草に至っては特性そのものが無効で0%。
また、毒・眠り無効のふみんアリアドスに接触技を受けても麻痺10%など。
他2つが強力なので、そちらを採用したい。
ポイズンヒール
毒・猛毒状態で体力が1/8回復。どくどくだまやキノコのほうし・みがわりとのセットが基本。
起点を作れば完封を狙えるものの、第六世代以降は対策方法が増えて活かしにくくなっている。
ちょうはつはもちろん、みがわりを貫通する音技や連続技、
キノコのほうし・どくどくだまをを妨害するフィールド効果には特に注意が必要。
テクニシャン
隠れ特性。タネマシンガン、マッハパンチ、がんせきふうじ、はっけい等の威力が上がる。
連続技や先制技を破格の威力で撃てるようになるため、アタッカー型では必須。
他2つと違って相手依存や持ち物固定ではない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力テクニシャン命中追加効果備考
タネマシンガン25(37)*2~555*2~5100-タイプ一致技。不安定だが、きあいのタスキやみがわりに強い。
テクニシャンなら3発でタネばくだん超え。5発なら威力275。
タネばくだん80(120)-100-タイプ一致技。性能安定。
マッハパンチ40(60)90100優先度+1タイプ一致技。先制技。対面性能を強化。
きあいパンチ150(225)-100優先度-3タイプ一致技。キノコのほうしやみがわりと合わせて。
ばかぢから120(180)-100攻撃・防御↓タイプ一致技。能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。USUM教え技。
はっけい60(90)135100麻痺30%タイプ一致技。高めの威力かつ命中安定。
追加効果はキノコのほうしとの相性は悪い。
ローキック65(97)-100素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。ゴーストには無効。
がんせきふうじ609095素早↓100%対炎・飛行・虫。追加効果が優秀。無効タイプ無し。
ストーンエッジ100-80急所ランク+1対炎・飛行・虫。テクニシャンでも威力はがんせきふうじ超え。
からげんき70/140-100-状態異常で威力倍増。おにび対策や、どくどくだまとあわせて。
カウンター--100物理技倍返し襷とあわせて飛行技への役割破壊。
変化技タイプ命中備考
キノコのほうし100命中率100%の催眠技。無効も多いが依然として強力。
どくどく85裏択。キノコのほうし読みで出てくる高耐久草タイプやねごと持ちに。
つるぎのまい-攻撃を強化。マッハパンチとあわせて。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。物理面を補える。
みがわり-補助技対策や、ポイズンヒール・キノコのほうしとあわせて。
まもる-ターン稼ぎに。ポイズンヒール・やどりぎのタネとあわせて。
やどりぎのタネ90削り技兼回復技。ポイズンヒールやまもる・みがわりとあわせて。

型考察 節を編集

テクニシャン型 節を編集

基本型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:タネマシンガン/マッハパンチ/がんせきふうじ/キノコのほうし

高い対面性能と崩し性能、終盤のフィニッシャーとしての役割をすべて備えた万能アタッカー。
相手のキノコのほうし読み行動の裏をかき交代先に負荷をかけていく。

キノコのほうしに加え、高威力の格闘/草/岩技による攻撃範囲の広さも圧倒的で、受け出しできるポケモンは非常に限られる。
極めて優秀な汎用性を持ち、キノガッサの基本型にして完成型と言ってよい。

性格は火力をとるならいじっぱり、上からキノコのほうしを使うことに重きを置くならようき。シーズンによって採用傾向はばらつきがある。

新たに登場したカプ系によるフィールド展開は厄介。
エレキフィールド・ミストフィールド下ではキノコのほうし、サイコフィールド下ではマッハパンチが無効化されてしまう。
見せ合いの時点でこれらを誘いやすいので、対策を講じておきたい。
また、仮にフィールドを展開されても接地していない相手には無効化されないことも忘れずに。

つるぎのまい型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:つるぎのまい/マッハパンチ
選択技:タネマシンガン/がんせきふうじ/キノコのほうし

つるぎのまいを積む型。
キノコのほうしでひとたび起点を作れば全抜きも狙えるが、
その場合攻撃技が2つになるため、範囲が狭くなる事には注意しておきたい。

スカーフ型 節を編集

性格:ようき(推奨)/いじっぱり
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:タネマシンガン
優先技:ばかぢから
攻撃技:マッハパンチ/ストーンエッジorがんせきふうじ/おんがえし
補助技:キノコのほうし/やどりぎのタネ/どくどく

中速高火力を活かすためこだわりスカーフを持たせる型。
ようきの際は最速130族まで抜くことができる。いじっぱりの場合は最速115族と同速。

選択技解説
ばかぢから
連打しにくいものの、A130族の一致120技は強力。
タネマシンガンより安定して高火力がだせるため、できる限り採用したほうがよい。
マッハパンチ
こだわりスカーフによって素早さが確保されているため、通常型ほど優先度は高くない。
しかし、高速環境ゆえに先制技はスカーフを持っていても非常に便利で、欲しい場面は割と多い。
ストーンエッジ
言わずもがな格闘と相性のよいサブウェポン。命中不安なものの火力がある。
がんせきふうじ
火力は下がるが命中重視なら。追加効果により後続のサポートにもなりうる。
おんがえし
等倍範囲が広いため、苦手な相手にどうしても有効打が欲しいなら採用される。
キノコのほうし
苦手な相手でもスカーフにより先制で撃つことができる。眠らせた後は交代し、後続の無償降臨を狙う。
やどりぎのタネ/どくどく
呼ぶ強力な物理受けに対して交換読みで撃っていく。高耐久相手にはキノコのほうしより有効な場合がある。
クレセリアに対しては共にキノコのほうしよりも有効、やどりぎのタネはポイズンヒールグライオンに対してかなりの負荷となる、など)

ハイブリッド型 節を編集

性格:いじっぱり
努力値:A252 S調整 残り耐久
持ち物:たべのこし
確定技:マッハパンチ/タネマシンガン/みがわり/キノコのほうし

自分より遅い相手に対してキノコのほうし+みがわりで起点化を狙いつつ、
マッハパンチによる縛り性能も両立した型。
対雨・対砂を役割に上記の両立が必要なパーティに補完として採用される。

ポイズンヒール型 節を編集

性格:ようき
努力値:S252 H調整 残りABD
持ち物:どくどくだま
確定技:みがわり/キノコのほうし
選択技:がんせきふうじ/タネばくだんorタネマシンガン/ドレインパンチ/きあいパンチ/からげんき/つるぎのまい/ビルドアップ/やどりぎのタネ

先制キノコのほうし→みがわりを繰り返し、ポイズンヒールのHP1/8回復×2で全回復する無限型。
みがわりが残ったら攻めに転じたり、つるぎのまい・ビルドアップを積むことができる。

ローキックorがんせきふうじがあれば起点化できる相手が増える。
どちらも一長一短なので特徴を考慮して選びたい。

命中率威力無効タイプ備考
ローキック10097ゴーストタイプ接触技
がんせきふうじ9560なし非接触技

自ら状態異常になるため、他の状態異常技に強いだけでなく、からげんきも扱いやすい。
格闘技とあわせればゴースト以外の相手に等倍以上をとれる。

速ければ速いほど起点にできる範囲も広がるため、かそくバトン先としても有力。


対キノガッサ 節を編集

注意すべき点
高火力と優秀な先制技・連続技を兼ね備え、タイマン性能が高い。
キノコのほうしやがんせきふうじの存在により受け出しも難しい。
ポイズンヒール+みがわりを用いた無限型の存在も厄介。
対策方法
キノコのほうしを無効化する
キノガッサの要であるキノコのほうしを封じれば有利に立ち回れる。

タイプ、特性による無効化

草タイプならば、キノコのほうしを無効化できる。
特に以下のポケモンならキノガッサのタイプ一致技を両方とも半減以下で受けられる。
フシギバナラフレシア、[ナッシーなど。一致技で弱点も突ける。
タイマンに限られるがユキノオーにタスキを持たせてふぶき→あられのスリップダメージで倒したりなど。

特性ならば、ぼうじんそうしょくふみん等のポケモンでもキノコのほうしを無効化できる。

アイテムなどによる無効化

アタッカーにラムのみを持たせる。

ちょうはつ・みがわり

補助技対策の定番。素早さは高くないので先手を取るのも容易。
ただし1ターン目から攻撃技を使ってくるケースもある。

低耐久の隙を突く
アタッカー型の場合、耐久の低さをきあいのタスキで補っている事が多い。耐性も乏しいため先発か死に出しに限られる。
先発に有利なポケモンを置き、釘付けにする
タスキを潰す(ねこだまし・ステルスロック・まきびし・おにび等)
きあいのタスキを潰してしまえば、キノガッサより速いアタッカーで楽に倒せる。
ただしすなおこし・ゆきふらし持ちは弱点を突かれるので注意。
おにびはタスキを潰せるほか、火力を下げる効果もあるので非常に有効。
ポイズンヒール型に対しても、どくどくだまの発動を阻止できる。