ドータクン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドータクン 節を編集

No.437 タイプ:はがね/エスパー
通常特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
     たいねつ(炎タイプの技とやけどのダメージを半減する)
隠れ特性:ヘヴィメタル(自分の体重が2倍になる)
体重  :187.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)/ヘヴィメタル時:374.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
鋼/エスパーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドータクン67891167911633500たいねつ/ふゆう/ヘヴィメタル
メタグロス80135130959070600クリアボディ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/じめん/ゴースト/あく
ふつう(1倍)みず/でんき/かくとう/むし
いまひとつ(1/2)ノーマル/くさ/こおり/ひこう/いわ/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)エスパー
こうかなしどく

特性「ふゆう」の場合、じめん無効
特性「たいねつ」の場合、ほのお等倍


同複合のメタグロスに比べると防御的な種族値を持ち、「ふゆう」や「たいねつ」で弱点をカバーできるのが特徴。
特に「ふゆう」ならじめんいわじめんドラゴンといった補完に優れる組み合わせに強く、
ボーマンダガブリアスランドロス?等のメインウェポンを半減以下に抑えられる。
特防も高いため特殊フェアリーにも有利。超火力で知られるカプ・テテフ?エスパー技も1/4で受けられる。
第四世代では、弱点の少なさにより対策必須級の強力なポケモンとして活躍していたが、弱点が増えたことや全体的なインフレもあって、現在はイマイチ振るわないのが現状か。

耐久向きの耐性・種族値ではあるものの回復技をねむる以外に習得できず、使い捨てになりやすいことが難点。
よって、基本は両壁やトリックルーム・ステルスロックなどでの場作りや、耐性を活かしたクッション役が主な仕事となる。
ふういん・とおせんぼうなどのトリッキーな技も習得するため、ダブルでの活躍も期待できる。
サポートのイメージが強いので裏をかいてアタッカー気質で運用するのもアリ。
攻撃面は並程度だが、鈍足ゆえにジャイロボールで高速アタッカーに対し一貫して高威力を狙える。
ツンデツンデ?と並び一致ジャイロボールとトリックルームの両立が可能なため、トリル起動役ながらアタッカーをこなせる。

BDSPでは、アイアンヘッド、しねんのずつきなど主要技を多く失った。
剣盾で覚えられたてっていこうせん、アイアンローラー、メテオビーム、ワイドフォースも未登場。
一方で、メガシンカやZ技・ダイマックスの廃止により自身の高耐久が生きる機会は増えた。



特性考察 節を編集

ふゆう
弱点の地面が無効。繰り出し性能・流し性能が上がる。
地面との補完に採用される岩・氷も鋼タイプの耐性で半減できるため、相性がよい。
ただし、フィールドの恩恵は受けられないため相手のふいうちやおにび等には注意が必要。
かたやぶりで貫通されるのは忘れずに。
たいねつ
専用特性。弱点の炎が等倍になり、火傷ダメージも半減される。
ふゆうの存在によりドータクンと対面した相手は地面技を撃ちづらいため炎技を誘いやすく、対面でのアドバンテージを取りやすい。
一方、地面技読みの無償降臨が狙えなくなるため、有利な相手に対する後出し性能ではふゆうに大きく劣る。
ふうせんを持てば地面弱点も消えるが、「ふうせんで浮いている」と表示されるため、ふゆうではないと見抜かれやすい。
ヘヴィメタル
隠れ特性。メリットはフリーフォールで持ち上げられなくなることと、ヘビーボンバーの一貫性が上がること。
たいねつやふゆうを切るほどの価値があるかは微妙だが、対フェアリーに重きを置くなら。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ジャイロボール1~150(1~225)100-タイプ一致技。速い相手に有効。最大威力はヘビーボンバーより高い。
ヘビーボンバー1~120(1~180)100-タイプ一致技。軽い相手に有効。フェアリーに対しては一貫性が高い。
アイアンヘッド80(120)100怯み30%タイプ一致技。性能安定。トリックルームとあわせれば怯みを狙える。
剣盾技レコード。
しねんのずつき80(120)90怯み20%タイプ一致技。トリックルームとあわせれば怯みを狙える。
剣盾技レコード。
じしん100100-対炎・電気・鋼。鋼技との相性補完に優れる。
ボディプレス80100B換算対悪・鋼。防御が高い場合、他の攻撃より火力が出せる場合も。
剣盾技レコード。
いわなだれ7590怯み30%リザードンなどに。トリックルームとあわせれば怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早↓100%後続のサポート。流石に自身では遅すぎて活かしにくい。
しっぺがえし50/100100-対エスパー・ゴースト。後攻で威力倍増。鈍足との相性はよい。
だいばくはつ250100自分瀕死サポート後の退場に。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
サイコショック80(120)100-タイプ一致技。特殊受け対策。
剣盾技レコード。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
シャドーボール80100特防↓20%対エスパー・ゴースト。鋼にも等倍。
くさむすび20~120100-対水。威力不安定。ヤドランスイクンに。
ウェザーボール50/100100天候で威力2倍
タイプ変化
天候パの始動要因にするなら。
変化技タイプ命中備考
トリック100こだわりアイテムとあわせて。
剣盾技レコード。
さいみんじゅつ60起点作りや誤魔化しに。
かいふくふうじ100回復技対策。
効果は永続ではなく5ターンのみだが、たべのこしなどの持ち物も封じれる。
ステルスロック-サポート用。高い耐久力・流し性能を活かして。
トリックルーム-サポート用。自身の鈍足も活かせる。
しんぴのまもり-サポート用。味方の状態異常を予防。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
にほんばれ-サポート用。天候始動・上書きや、水技の弱体化に。
あまごい-サポート用。天候始動・上書きや、炎技の弱体化に。
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
てっぺき-防御を強化。物理に滅法強くなる。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。
スキルスワップ-ダブル用。浮遊を渡す。もらいびをもらうなど。
ふういん-ダブル用。まもるや壁・トリル・じしんなど主要技を封印。

ジャイロボールについて 節を編集

【ジャイロボールの威力=(25×相手のすばやさ÷自分のすばやさ)+1】

こちら最遅(実数値34)の時
アイアンヘッドの威力(80)を超える・・・相手のS実数値108以上(4振りFCロトム(86族)抜き調整相当から)
最大威力(150)に達する ・・・・・・・・相手のS実数値203以上(最速130族、スカーフ70族抜き調整相当から)
こちら最遅+鉄球(実数値17)の場合
アイアンヘッドの威力(80)を超える・・・相手のS実数値54以上(無振り35族、最遅ギルガルド?抜かれ調整相当から)
最大威力(150)に達する ・・・・・・・・相手のS実数値102以上(4振り80族抜き調整相当から)
最遅ハチマキ>最遅鉄球となるのは・・・相手のS実数値135以上(最速70族抜き調整相当から)

S半減アイテム(※)+ジャイロボール:高威力を出しやすく、小回りも効く。ただし他の技の火力は上がらない。
こだわりハチマキ+ジャイロボール:最速70族以上の高速組に対する火力ならくろいてっきゅうより上。小回りは効かないが他の技の威力も上がる。
こだわりハチマキ+アイアンヘッド:爆発力はないが、遅い相手にも安定した威力を出せる。小回りは効かないが他の技の威力も上がる。

※くろいてっきゅう・きょうせいギプス・パワー系アイテム。
ただしくろいてっきゅうを持たせると地面技が当たるようになってしまうので、特性がふゆうの場合はそれ以外を持たせること。


型考察 節を編集

サポート型 節を編集

特性:たいねつ/ふゆう
性格:わんぱく/しんちょう/ずぶとい/おだやか/のんき/なまいき
努力値:H252 BorD252
持ち物:ひかりのねんど/メンタルハーブ/エスパーZ(トリル始動用)
変化技:トリックルーム/ひかりのかべ/ステルスロック/あまごい/にほんばれ/しんぴのまもり
物理技:だいばくはつ/ジャイロボールorアイアンヘッド/じしん
特殊技:ラスターカノン/サイコキネシス/みらいよち/めざめるパワー(炎or氷)

先発で壁やトリックルームなどを展開する。
後続の無償降臨の狙えるだいばくはつもあるので、場作り役としての適性が非常に高い。
ちょうはつされるとほとんどやる事がなくなるので、素直に退くかZトリックルーム+だいばくはつを持たせると有効。

特性は先発前提ならたいねつが優秀。初手地面技は打ちづらいため炎技持ちを誘った上で確定数をずらし、行動回数を稼げる場合がある。
当然、相手もそれを見越してあえて地面技を打つ場合も考えられるため、流し性能を無難に活かすならふゆうである。

ゴツメクッション型 節を編集

特性:ふゆう
性格:のんき/わんぱく
努力値:HB252
持ち物:ゴツゴツメット
優先技:トリックルーム
攻撃技:アイアンヘッド/ジャイロボール/じしん/めざめるパワー(氷)/だいばくはつ
変化技:どくどく/かいふくふうじ/めいそう

メガガルーラガブリアスメガボーマンダ等に後出しするゴツメクッション。
ゴツゴツメットを持たせる以上特性はじしん無効のふゆう。
203メガガルーラのグロウパンチ+すてみタックルも耐性のおかげで耐えられ、メガボーマンダの飛行・地面の技範囲にも耐性を持つ。
どくどく無効だが毒羽ボーマンダを突破するには火力不足。突破するには「かいふくふうじ」か「めいそう」が必要。

物理アタッカー型 節を編集

特性:たいねつ/ふゆう
性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:HA252 BorD4
持ち物:くろいてっきゅう/きょうせいギプス/パワー系/こだわりハチマキ/Zクリスタル
確定技:ジャイロボール/じしん
攻撃技:しねんのずつき/いわなだれ/だいばくはつ
変化技:どくどく/ステルスロック/トリック/トリックルーム

ドータクン=補助のイメージを逆手にとって高火力で奇襲する型。
A特化最大威力ジャイロボールはA特化メガメタグロスのアイアンヘッドをわずかに上回る。
高速アタッカーが多い現環境では高威力を狙いやすい。無振りガブリアスは確2。ハチマキなら中乱1。
呼びやすいほのおに刺さるじしんまで確定。ジャイロを受けに来たでんきはがねにも有効。
ジャイロボールの威力を上げるため持ち物で素早さを落とす場合、特性がふゆうの場合はきょうせいギプスかパワー系を持たせる。

じゃくてんほけんはメタグロスやギルガルドの劣化となる為削除。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:たいねつ/ふゆう
性格:れいせいorひかえめ
努力値:HC252
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/たつじんのおび/エスパーZ/ハガネZ
確定技:サイコキネシスorサイコショック
攻撃技:めざめるパワー(氷/炎)/くさむすび/ラスターカノン/シャドーボール
変化技:めいそう/どくどく/ステルスロック/トリック/トリックルーム

物理型に比べ最大火力は落ちるが、めざ氷でドラゴンに役割を持てるのが利点。
C特化@こだわりメガネのめざ氷で、無振りガブリアスメガボーマンダが確1。


対ドータクン 節を編集

注意すべき点
高耐久、多数の耐性、ふゆうとたいねつという強力な特性を持つ。
特にふゆうだとだいもんじの採用率が少なくなっているガブリアスをほぼ確実に受け切ってくる。
たいねつなら炎を等倍に抑え込めるためファイアロー?に強くなる。
またサポート技を多く覚え、かつ高火力退場技のだいばくはつを使えるのでサポート役として使われることが多い。
トリックルーム、ステルスロック、両壁、あまごい、にほんばれ。
鈍足なこともあってナットレイ?と同じくジャイロボール軸のアタッカーでも強さを発揮する。
対策方法
ほとんどの型で補助技が重要な役割を持つため、ちょうはつが最安定。
ただしサポーターならメンタルハーブ持ちも多く、サポーター偽装のジャイロアタッカーもいるため、過信はできない。
これらを意識するならおにびでやけど状態にしてしまえば物理火力と耐久力を同時に削げる。
攻撃で突破するならふゆう・たいねつどちらの影響も受けないゴースト、悪技。
サザンドラ?ギルガルド?のコンビならドータクンを安定して処理できる。