オムスター - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

オムスター 節を編集

No.139 タイプ:いわ/みず
通常特性:すいすい(雨のときに素早さが2倍になる)
     シェルアーマー(攻撃を急所に受けない)
隠れ特性:くだけるよろい(物理技を受けると防御が1段階下がり、素早さが2段階上がる)
体重  :35.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
水・岩HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オムスター70601251157055495すいすい/シェルアーマー/くだけるよろい
カブトプス60115105657080495すいすい/カブトアーマー/くだけるよろい
ジーランス10090130456555485すいすい/いしあたま/がんじょう
サニーゴ655595659535410はりきり/しぜんかいふく/さいせいりょく
(107)(462)はりきりA特化

ばつぐん(4倍)くさ
ばつぐん(2倍)でんき/かくとう/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/こおり/どく/ひこう
いまひとつ(1/4)ほのお
こうかなし---

特殊火力に優れた「いわ×みず」複合で、特性「すいすい」勢では最高火力。
元のS種族値は55族と鈍足だが、特性のすいすいくだけるよろい、積み技のからをやぶる・ロックカットと加速手段が大量にあり、ハマれば一気に抜き去れる爆発力を有する。

ニョロトノを除く全ての天候始動ポケモンに一致技で弱点を突けるのも、天候奪い合いの際にそのまま対処しやすい強みとなっている。
反面すいすい中では鈍足・草4倍電気2倍水等倍など雨ミラーでは弱みをみせる。
相棒候補のペリッパーは、オムスターが地面技や格闘技、くさタイプを呼びやすいことから、受け出しの機会を得やすくなるなど好相性。
ほか起点作りに長け雨戦術とも相性がよいラティオスラティアスなども、オムスターからの受け先として優秀か。



特性考察 節を編集

すいすい
雨運用で最有力。最速だと最速テッカニンまで抜ける。
こだわりメガネからの高火力水技は安定した受けを許さない。
シェルアーマー
攻撃を急所に受けなくなるが、素の急所率が1/24と低く、活かせる機会は少ない。
物理耐久はそこそこあるが特殊耐久は低め、かつ4倍弱点とメジャーな2倍弱点を持つので役割破壊を受けやすい。
他の特性が無難に優秀なのもあり、敢えてオムスターで採用する意義は少ない。
かたやぶりには貫通されるが、そもそもの急所率が低く、確定急所技と両立するのはカイロス(やまあらし)のみ。
くだけるよろい
隠れ特性。高めの物理耐久と相性が良く、一致等倍、不一致2倍抜群程度ならギリギリ受け出し出来る。
すいすいの採用率が高いことから警戒されづらく、対面からでも発動機会は十分存在する。
きあいのタスキにからをやぶると合わせることで、天候に左右されずに高速・高火力を両立できる。
ただし一発受ける前提となるので先制技には弱く、また連続技には1回ごとに発動してしまうので出落ちしやすい。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ハイドロポンプ110(165)80-高威力の一致技。雨でさらに強化される。
なみのり90(135)100-命中安定。からをやぶる前提ならこれで足りることも。
ねっとう80(120)100火傷30%耐久型で火傷を狙うなら。
れいとうビーム90100凍り10%安定のサブ。水技との相性補完に優れる。
こごえるかぜ5595素早さ↓100%追加効果が優秀。ダブルでは全体攻撃。
げんしのちから60(90)100全能力↑10%タイプ一致だが低威力。水・氷や水・飛行、ユキノオーヌケニンに有効。
はたきおとす65/97100持ち物排除タマゴ技。威力は襷潰し程度なので、補助技感覚で。
変化技タイプ命中備考
ステルスロック-サポート用。
どくびし-タマゴ技。サポート用。
まきびし-タマゴ技。基本的にはステルスロックに劣る。何度も撒きたいなら。
あまごい-積み技とサポートを兼ねて。すいすい発動と水技強化。
からをやぶる-高性能な積み技。
ねむる-唯一の回復手段。
ミラータイプ-タマゴ技。タイプによって確定数をずらしたり、変化技を牽制したりできる。
くろいきり-タマゴ技。お互いの積みをリセットする。サポート用。

型考察 節を編集

アタッカー基本型 節を編集

特性や積み技で素早さや火力を一気に補強し高火力の水技をメインに戦っていくオムスターの基本系。大きく分けてサイクル急襲型、からをやぶる型、雨エース型がある。

サイクル型 節を編集

特性:くだけるよろい
性格:おくびょう
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/こだわりスカーフ/たつじんのおび
確定技:ハイドロポンプ/れいとうビーム
選択技:なみのり/げんしのちから/ふぶき

くだけるよろいでサイクル戦でも即時に加速できる可能性があるため、積み技に頼らなくとも、
ガブリアスやボーマンダといったサイクルを上から潰してくる高速物理アタッカーへ受け出してからの急襲が可能。

交換を読んでの釣り出しよりも、タイプ受けや数値受けできる物理技を読んでの受け出しで真価を発揮する特徴がある。
ただし、がんせきふうじ読みで繰り出した場合、差し引きSランク+1からガブリアスを抜くためには素早さに補正をかける必要があるため、性格はおくびょう推奨。

天候に関しては雨や砂嵐だけでなく、霰ともサイクル戦の中で一定のシナジーが見込める。
ユキノオーに飛んでくる毒炎岩飛行といった物理技から加速し、相手のタスキを潰しつつ上から必中ふぶきを織り混ぜて攻めていく。

雨エース型 節を編集

特性:すいすい
性格:ひかえめ
努力値:CS252ベース
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:ハイドロポンプ
優先技:なみのり/れいとうビーム
選択技:げんしのちから/からをやぶる

自慢の物理耐久と特攻で、雨キングドラの耐久と火力では届かない相手を強引に落としていく。

すいすい発動時の素早さ2倍を前提に無補正で135族抜き+α、補正有りで151族抜き+α調整が可能。

水技の火力とすいすいを活かすために雨アタッカーとしての運用が主となる。
きあいのタスキペリッパーのとんぼがえりや、だっしゅつボタンニョロトノから繋ぐのが主。
積みバトン先のエースに近い運用だが積み技で強化しているわけではないため、基本的に強制交代や特性てんねん持ちでは止まらない。

からをやぶる型 節を編集

特性:シェルアーマー/くだけるよろい/すいすい
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252ベース
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/しろいハーブ/パワフルハーブ
確定技:からをやぶる/ハイドロポンプorなみのり
選択技:れいとうビーム/げんしのちから/こごえるかぜ/ミラータイプ

からをやぶるからの無双を視野に入れた対面重視の型。
くだけるよろいの場合、きあいのタスキとこごえるかぜを併用して素早さに補正を掛けずともガブリアスのタスキ持ちとスカーフ持ち両方に対応可能。
A特化ガブリアスのじしんは、H108B補正有り76振りでH16n-1調整かつ確定耐えとなる。

砂嵐下でもタスキを潰すことなく積める強みも活かすことができる。

ミラータイプはフシギバナ等のタイプ受けを逆手にとって確定数をずらしたり変化技を牽制することができる。

C特化・からをやぶった後のれいとうビーム及びげんしのちからで、H振りサンダーを確定1発。

ステロ撒き 節を編集

特性:シェルアーマー/くだけるよろい
性格:おくびょう
持ち物:きあいのタスキ
必須技:ステルスロックorどくびしorまきびし
推奨技:水技/氷技/くろいきり
選択技:はたきおとす/ミラータイプ
先発でステロを撒くオムスター。アタッカー型とは使い方が多少異なる。


相性考察 節を編集

タイプ的には格闘耐性のある草タイプとの相互相性補完に優れる傾向があり、無効耐性はないものの炎全般や物理の半減タイプ等、得意な相手へ受け出せる場面は多い。

草・飛行
お互いの弱点を岩技と電気技以外カバーできる。
草・虫
お互いの弱点を岩技以外カバーできる。

対オムスター 節を編集

注意すべき点
特性すいすい、くだけるよろい、積み技からをやぶる持ち、これらのカテゴリの中で最高の特殊火力があり、対面、サイクルどちらも物理アタッカーを突破口にされやすい。
素早さ補強特性とからをやぶるを両立する中で最速のポケモンでもあり、最速+素早さ2倍で丁度160族(テッカニン)抜き。
すいすいとからをやぶるを両立されると、麻痺やおいかぜなどのS操作ですら起点にされ、圧倒的な速度の優位を維持したまま決定力を上げられる危険がある。
対策方法
先制技を持っておらず、頑丈や気合いのタスキが安定。
積み技も考慮すると安定した受け候補は相当限られるため対面での処理が望ましい。
物理技の場合一致弱点を耐えてしまう場合もあるため特殊で攻めたい。草技ならほぼ一撃。