カイロス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

カイロス 節を編集

No.127 タイプ:むし
通常特性:かいりきバサミ(相手に攻撃を下げられない)
     かたやぶり(相手の特性を無視して攻撃できる)
隠れ特性:じしんかじょう(相手を倒すと攻撃が1段階上がる) 
体重  :55.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
物理虫アタッカーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カイロス65125100557085500かいりきバサミ/かたやぶり/じしんかじょう
ヘラクロス8012575409585500むしのしらせ/こんじょう/じしんかじょう

カイロスむしメガカイロスむし/ひこう
ばつぐん(4倍)---ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/いわばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/こおり/でんき
いまひとつ(1/2)かくとう/くさ/じめんいまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)---いまひとつ(1/4)かくとう/くさ
こうかなし---こうかなしじめん

初代出身の単むしタイプ。物理アタッカー傾向の種族値を持つ。
ただ、攻撃タイプとして見るとむしは威力・範囲ともに劣悪で、特にヘラクロスの壁が厚い。
一方、BDSPではかたやぶり持ちは他にラムパルドのみという個性を得ることになった。

剣盾以来、メガシンカの廃止で火力面の不足は深刻。
単なるアタッカーとして運用すると前述の通り、ヘラクロスとの差別化に苦しむことになる。
割と独特な習得技や、がんじょうを突破して一撃必殺をたたき込める点を有効活用していきたいところ。



特性考察 節を編集

かいりきバサミ
いかくを無効化し、物理アタッカーとして堅実な役割遂行が見込める。
ただし、メジャーないかく持ちのボーマンダギャラドスにはタイプ相性で不利。
かたやぶり
ふゆう相手にじしん、がんじょう相手にハサミギロチンを当てることができる。
特性の発動順から相手の素早さを割り出すこともできる、先発適性が高い特性。
じしんかじょう
隠れ特性。撃破で攻撃up。起点作り後に出す場合に相性がよい。
しかしボーマンダヘラクロスも同じ特性を持つため差別化が非常に難しい。一応、ハサミギロチンで差別化はできなくもないが。
上手く使えれば強い特性ではあるが、かたやぶりのほうが優先度は高い。
第1世代産の個体は隠れ特性固定のため、すてみタックルと両立できるようになったが、いずれにせよレートでは使用できない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
シザークロス80(120)100--一致技。メガホーンやきゅうけつは覚えない。
じしん100100--虫技との相性補完に優れる。かたやぶり?ならふゆうにも当たる。
インファイト120100防御・特防↓対鋼。バンギラス意識。
やまあらし60100必ず急所いかくや壁に強くなるが、やや火力不足。
ストーンエッジ10080急所ランク+1飛行や炎などへ。
いわなだれ7590ひるみ30%命中を重視するなら。こだわりスカーフなら怯みが狙える。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%すばやさ補強。後続にも生きる。
からげんき70100異常で威力2倍火傷対策。
じたばた  20~200100HP依存最大威力だが不安定。きあいのタスキとあわせて。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。わずかに威力が高い。
フェイント30100優先度+2先制技。優先度+2なので通常の先制技の上から殴れ、まもるも貫通。
ハサミギロチン--30一撃必殺どうしようもない相手に。かたやぶり?ならがんじょうにも当てられる。霊に無効。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい--攻撃が2段階アップ。積むタイミングは難しいが、積めさえすれば等倍以上はほとんどの相手が一撃圏内に。
ビルドアップ--攻撃と防御が1段階アップ。
ステルスロック--かたやぶり?ならマジックミラーを無視できる。
こらえる--じたばたと合わせて。

型考察 節を編集

先発ステロ撒き型 節を編集

特性:かいりきバサミ/かたやぶり
性格:ようき
努力値:AS252 H4
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック/がんせきふうじ
攻撃技:じしん/インファイト/シザークロス/じたばた/でんこうせっかorフェイント/ハサミギロチン

先発運用でステルスロックを撒く通常カイロス。
かたやぶりならマジックミラー貫通で打てるがピンポイント。ドリュウズ?との差別化のためにも基本はいかくに強いかいりきバサミを推奨。
呼ぶメガボーマンダをがんせきふうじで積みを許さない(H4振りに超高乱数3なので対面や後出しには負けない)のでほぼ確実に流してステロを撒ける。

メガシンカ読みの動きを誘いやすいことから仕事をしやすく、カプ・コケコ?などをがんせきふうじ+じしんで突破する最低限のアタッカー性能も持つため腐りづらい。
基本はがんせきふうじを打ってS逆転→ステルスロックor攻撃技なので、範囲の狭いシザークロスを必ずしも採用する必要性はない。
メガカイロスが呼ぶでんきひこうに強い積みアタッカーと好相性。りゅうのまいメガバンギラスやわるだくみアーゴヨン?など。

きあいのタスキによる行動回数確保とステロ撒きの役割、威嚇耐性でメガカイロスやライバルとの差別化は十分できている。


相性考察 節を編集

ラグラージトリトドンなどの水/地面ポケモンと弱点をカバーし合っており相性がよい。
ステルスロックやあくびなどでサポートするラグラージと組んでいることが多い。


対カイロス 節を編集

注意すべき点
ステルスロックやがんせきふうじによる後続サポートを行ってくる。
かいりきバサミのおかげでいかく込みで受けに来る相手に仕事をさせない。
一方のかたやぶり+じしん、ハサミギロチンやじしんかじょうによる無双も厄介。
対策方法
弱点自体は非常に突きやすいので、S85族以上のポケモンやこだわりスカーフ持ちで弱点を突けるポケモンなどがいれば致命傷は与えられるだろう。
等倍でもカイロス自体の物理耐久は高いため、できれば特殊で攻めたい。
サブウェポンの幅は案外広いため、虫技に耐性があってもサブウェポンが4倍で通るポケモンは注意したほうがよいだろう。
がんじょう持ちでありタイプ一致技が半減以下でもある物理耐久の高いエアームドであればタイプ一致の飛行技で対応できるが、
かたやぶりの場合ハサミギロチンで強行突破される恐れもある。