ラムパルド - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ラムパルド 節を編集

No.409 タイプ:いわ
通常特性:かたやぶり(相手の特性を無視して攻撃できる)
隠れ特性:ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり威力が1.3倍になる)
体重  :102.5kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
一致諸刃HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ラムパルド9716560655058495かたやぶり/ちからずく
ウソッキー70100115306530410がんじょう/いしあたま/びびり
ボスゴドラ70110180606050530がんじょう/いしあたま/ヘヴィメタル
ジーランス10090130456555485いしあたま/すいすい/がんじょう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/くさ/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/どく/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

トリデプスの対で矛担当の単いわタイプ。
最高峰の攻撃種族値から放たれるもろはのずつきは強力無比。
かたやぶりにより、特性による誤魔化しを許さない一貫性の高さが売り。
反面、合計種族値は平凡で必然的に火力以外の部分が犠牲になっている。
トリックルームを活かすには微妙に早く、行動機会を稼ぐには何かしらのお膳立てが必要。

BDSPでは、Zワザやダイマックスの廃止によりもろはのずつきを反動無しで撃つことができなくなってしまった。
しかし、超火力ポケモンが軒並み姿を消したことで、ラムパルドの型破りな攻撃の高さが再び注目を集めている。
きあいパンチ・ゆきなだれを再習得。癖は強いが、サブウェポンのタイプとしてはなかなか優秀。

HPが高いので、耐久指数だけで見るとBDに振った方が良いがもろはのずつきの反動が痛くなる。
先手を取れた場合の一貫性を見越して、HPに振っておくのも十分選択肢に入るだろう。



特性考察 節を編集

かたやぶり
がんじょうふゆうマルチスケイルといった強力な防御特性を貫通できる。
場に出たときにアナウンスが表示されるため、スカーフを持たせる際は特性の発動順で見抜かれることも。
ちからずく
隠れ特性。サブウェポンの物理技や、役割破壊の特殊技を補強できるほか、対象技を使う時、いのちのたまの反動が無くなる。
いわなだれも対象だが、ちからずく+珠でも威力はもろはのずつき以下なので、最大火力は落ちる。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力ちからずく命中効果解説
もろはのずつき150(225)-80反動1/2タイプ一致技。超威力だが反動が痛い。命中も不安。
ストーンエッジ100(150)-80急所ランク+1タイプ一致技。反動は無いが威力は劣る。
いわなだれ75(112)14590怯み30%タイプ一致技。スカーフやロックカットとあわせれば怯みを狙える。
ちからずくならストーンエッジに近い威力を出せる。
がんせきふうじ60(90)11795素早↓100%タイプ一致技。殴りつつすばやさ補強。要S調整。
後続にも生きやすい。かたやぶり型で。
じしん100-100-対鋼。かたやぶりならふゆうを貫通できる。
かわらわり75-100壁破壊対鋼。4倍狙いや壁構築読みで。
アームハンマー100-90素早↓対鋼。威力は半減もろは以下。
スカーフやロックカットとは相性が悪い。
きあいパンチ150-100後攻対鋼。補完に優れ強力だが流し性能は低いため撃ちづらい。
スカーフやロックカットとは相性が悪い。
しねんのずつき8010490怯み20%対格闘。ちからずくなら威力100超え。
ゆきなだれ60-100後攻で威力2倍ボーマンダガブリアスに。
スカーフやロックカットとは相性が悪い。
かみくだく80104100防御↓20%エスパー・ゴーストに。ちからずく対象技。
なげつける--100持ち物依存くろいてっきゅうを持つ場合の候補。
アイアンヘッド80104100怯み30%フェアリーに。ちからずく対象技。
命中不安のアイアンテールも覚える。
特殊技タイプ威力ちからずく命中効果解説
れいとうビーム90117100凍り10%ボーマンダガブリアスに。ちからずく対象技。
ふぶき11014370凍り10%同上。霰とあわせて。ちからずく対象技。
だいもんじ11014385火傷10%ハッサムドータクンに。ちからずく対象技。
変化技タイプ命中解説
ロックカット-素早さ強化。いわなだれと相性が良い。
つるぎのまい-攻撃を強化。味方でおいかぜや麻痺撒き等のサポートがあるとよい。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:かたやぶり
性格:いじっぱりorようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/ラムのみ
確定技:もろはのずつきorストーンエッジorいわなだれ
優先技:じしん/ばかぢから
攻撃技:ほのおのパンチ/げきりん/かみくだく/かみなりパンチ/がむしゃら/しねんのずつき
補助技:つるぎのまい

こだわりハチマキやいのちのたまを持って自分より遅い相手に出し、もろはのずつきで一撃必殺を狙うのが基本。
タスキを持つ場合、岩技はストーンエッジといわなだれからの選択となるので火力は大きく下がる。

タスキ発動時に物理受けを相手にした場合はがむしゃらも有効。
ツボツボ等の火力が低いポケモンを相手にしたときならば、つるぎのまいを積む事もできる。
先制技持ち、相手のタスキには注意。

耐久無振りでも無補正無振りスイクンのねっとう程度は確定耐えする。
岩タイプなので砂下なら特防が上がり、役割破壊のきあいだま等にも強くなる。
苦手なタスキを潰せるという点でも砂嵐とは相性がいいため、砂パに組み込むのも手。

受けに来るラッキー?ポリゴン2ナットレイ?などへの有効打としてばかぢからの優先度は高い。
岩技との相性補完もよいので、抜く理由がなければぜひ入れておきたい。

ロックカット型 節を編集

特性:かたやぶり
性格:いじっぱりorようき
努力値:A252 S252or調整 残りH
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:ストーンエッジorいわなだれorもろはのずつき/ロックカット
選択技:じしん/ばかぢから/ほのおのパンチ/かみくだく/かみなりパンチ/がむしゃら/しねんのずつき

ロックカットで全抜きをする型。最速なら最速スカーフ95族、準速なら同81族まで抜ける。
タスキを使うため、岩技はストーンエッジといわなだれの選択。
火力不足を補うなら耐久調整して珠・イワZも候補に。ただし積むタイミングがシビアになる。

トリル型 節を編集

特性:かたやぶりorちからずく
性格:ゆうかん
努力値:HA252
持ち物:きあいのタスキ/くろいてっきゅう/いのちのたま/こだわりハチマキ
確定技:もろはのずつきorストーンエッジorいわなだれ
選択技:じしん/アームハンマー/げきりん/ほのおのパンチ/なげつける
特殊技(ちからずくの場合):だいもんじ/れいとうビームorふぶき

トリパに投入して無双を狙う型。S調整の必要が無いためHに全振りできる。
高い攻撃からの一致もろはのずつきは相変わらず強力。

スカーフ型 節を編集

特性:かたやぶり
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:もろはのずつきorストーンエッジ/じしん
選択技:いわなだれ/ばかぢから/ほのおのパンチ/がむしゃら/かみなりパンチ/しねんのずつき

112族を抜ける素早さから高火力のもろはのずつきを撃つ型。一撃で相手を倒せるだけの火力があるので上手くタイミングを見計らいたい。
ミミッキュ?等を先制確1にできるのが強み。耐久調整を考えずに済むので扱いも楽。
1ターン目から速攻できるが、特性の発動順でスカーフを見抜かれることも。

ちからずく両刀型 節を編集

特性:ちからずく
性格:むじゃきorせっかち
努力値:S252 C252or調整 残りHorA
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/たつじんのおび/こだわりスカーフ
確定技:いわなだれorもろはのずつき/れいとうビームorふぶき
選択技:ほのおのパンチorだいもんじ/かみなりパンチ/かみくだく/しねんのずつき/ばかぢから/じしん

役割破壊技のダメージを高めることで相手の後出し(特にガブリアスグライオン)に強い。

岩技…命中率が高めで反動無く撃てるいわなだれが優先だが、ゴリ押しで倒しきれるもろはのずつきもあり。
氷技…れいとうビームなら無補正C188振り、ふぶきなら無補正C28振りで無振りガブリアスを確1。
炎技…基本的にほのおのパンチ優先。しかし火傷でのAダウンやエアームド対策にだいもんじもあり。

その他、ヤドラン突破のかみくだく、かみなりパンチなど
かたやぶりではピンポイント気味だった技が強化されるので搭載しやすい。
ただし、(見せ合いで牽制できるものの)がんじょう、ふゆう、マルチスケイルに弱くなっているので注意。


対ラムパルド 節を編集

注意すべき点
A165からの一致もろはのずつきが脅威。
かたやぶりにより、ばけのかわやマルチスケイルでも受けられない。
がんじょう持ちの岩・鋼も、じしんで貫通される恐れがある。ふゆうにも強い。
スカーフでの奇襲や、ちからずく+珠で強化されたサブウェポンにも警戒が必要。
対策方法
耐久面は低い。メインウェポンが反動技のため、タスキも使いにくい。先手を取って弱点を突けば楽に倒せる。
岩技を半減でき、一致弱点を突けるガブリアス等が適任。無補正A振りじしんでH振りラムパルドを確1。
先制技ならスカーフ型にも有効。