グライオン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

グライオン 節を編集

No.472 タイプ:じめん/ひこう
通常特性:かいりきバサミ(相手に攻撃を下げられない)
     すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:ポイズンヒール(どく・もうどく状態の時、毎ターンHPを最大値の1/8回復) ※グライガーの時「めんえき」
体重  :42.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
地/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
グライオン7595125457595510かいりきバサミ/すながくれ/ポイズンヒール

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)みず
いまひとつ(1/2)かくとう/どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき/じめん

ランドロスが不在のため唯一の「じめん×ひこう」複合タイプ。
じめん無効・かくとう半減・いわ等倍の耐性と噛み合った物理受け、あるいは対でんき方面の耐性に注目した特殊受けを任されることが多い。

隠れ特性「ポイズンヒール」+まもる+みがわりによる無限戦法が最大の武器にして個性。
ひとたび起点を作れれば無対策相手に最大32ターンの時間稼ぎができ、相手に何らかのスリップダメージが入る状況ならば完封できる。
安全な時間稼ぎは天候・ルーム・フィールド枯らしとしても優秀。
また、無限戦術のイメージから選出誘導力も非常に高く、それを逆手に取ってのステルスロックやこだわりスカーフによる奇襲も可能。
ハサミギロチン、はたきおとす、ちょうはつ、とんぼがえり、三色牙など小技も揃っており、多くの相手に対応できる。

先に毒状態になっておく性質上、キノコのほうしキノガッサやどくまも戦法(グライオン除く)など状態異常が主戦術であるポケモン全般に対し非常に強い。
一方、「たたりめ」のような『相手が状態異常のときに~』系の技には逆に利用されてしまう。

無対策の相手に対し脅威となる一方で、連続技・音技など明確な対策手段も存在し、起点が望めないパーティに対しては上からの特殊技でも縛られやすい点に注意。
勝ち筋を生み出すのに長けたポケモンであるだけに、その扱いに際しては慎重を期したい。

第8世代からどくどくが没収され、わざマシンでも覚えない。
グライオンだけで相手をもうどく状態にしたいならどくどくだまをなげつけるしかない。
環境としては、まもるを貫通するZ技やダイマックス廃止、みがわり貫通の音技を使うアシレーヌやジャラランガ、スキン系特性組の未登場が追い風。
上から打点のあるポケモンや無限型に対応しうるポケモンの数が少ないこともあり、再び数を増やしている。

ランクマッチ未実装の2021年1月現在では、持ち時間制が導入されておらず、20分の試合時間制限のみであるため無限戦術でのTODを狙うことが可能。
逆に言えば、ハメられると確実に負けてしまうので、つららばりや音技持ちなど無限型グライオンに対抗できうるポケモンを入れることが必須となる。
(そもそもレート制が存在しないので、無限戦術が不快なら降参しても特にデメリットは無い。)



特性考察 節を編集

かいりきバサミ
どくどくだまによる耐久をしない場合はこちら。
きあいのタスキを持たせて起点作りとして使う場合にも。
ポイズンヒール型が大多数であるため、ほとんど警戒されない。
すながくれ
すなあらし下でしか発動しない上に不安定。
他2つが優秀なこともあり、あえてこの特性を採用する意味がない。
トレース対策にもかいりきバサミでいいため候補外。
ポイズンヒール
隠れ特性。
概要部の通り、グライオンの強みである。持ち物はどくどくだまが基本。
防御が高いので連続技にはある程度対応できるが、つららばりには滅法弱い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
じしん100(150)100-タイプ一致技。性能安定だが飛行・ふゆうには無効。
あなをほる80(120)100溜め攻撃タイプ一致技。攻撃技兼ターン稼ぎ。地震は効かない。交代に弱い。
じならし60(90)100素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。自身より速い相手も起点化できる。
がんせきふうじに威力・命中で勝るが、飛行・ふゆうに無効。
つばめがえし60(90)必中-タイプ一致技だが居座る型では優先度は低い。4倍ピンポイント。
アクロバット55(82)/
110(165)
100-タイプ一致技。なげつけるや消費アイテムとあわせて。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対虫・飛行。地面技との相性補完に優れる。つばめがえしより高威力。
いわなだれ7590怯み30%ストーンエッジと選択。スカーフなら怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。じならしに威力・命中で劣るが、無効タイプ無し。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
ハッサムに。威力が低いためエアームドの突破は厳しい。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
ボーマンダガブリアスに。ミラー戦にも。
かみなりのキバ6595麻痺10%
怯み10%
ギャラドスペリッパーなどに。
はたきおとす65/97100道具排除追加効果が優秀。じごくづきは今作では覚えない。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。スカーフと相性がよい。
なげつける-100道具消費主に使用済みのどくどくだまを投げる。アクロバットとあわせて。
すなじごく35(52)85拘束ダメ定数ダメージ源として。
どくづき80100毒30%対フェアリー。技スペースがきついか。
アイアンテール10075防御↓30%対フェアリー。命中不安。
カウンター-100物理技倍返し強引な突破へのお仕置き。こちらも技スペースがきつい。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。少しでも威力重視なら。
フェイント30100優先度+2先制技。優先度高め。ダブルでのまもる解除にも。
ハサミギロチン-30一撃必殺有効打の無い相手に。ゴーストがんじょうには無効。
どうしようもない状況にも勝ち筋を残せる。
変化技タイプ命中備考
まもる-無限型の要。どくどくだまの発動やポイズンヒールのターン稼ぎに。
みがわり-無限型の要。補助技対策や、まもる・交代読みで。
ちょうはつ100補助技対策。撃たれる前に撃てれば強力。
ステルスロック-サポート用。素早さと読まれにくさを活かして。今作では技マシン。
つるぎのまい-攻撃を強化。アタッカーとしては攻撃と素早さが不安。バトンタッチ可。
ロックカット-素早さ強化。ポイヒ型では技スペが足りない。バトンタッチ向け。
バトンタッチ-積み技やみがわりとあわせて。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ倍増。過去作教え技。
はねやすめ-回復技。相手に耐性変化の隙を狙われないように。

型考察 節を編集

ポイズンヒール型 節を編集

特性:ポイズンヒール
性格:しんちょう/ようき/いじっぱり/わんぱく
努力値:HD252orHS252をベースに調整
持ち物:どくどくだま
優先技:まもる/みがわり/ハサミギロチン
攻撃技:じしん/がんせきふうじ
補助技:どくどく/ちょうはつ/はねやすめ

ポイズンヒールによる強靭な回復ソースを利用した受け型。
自発的に猛毒状態になることで状態異常戦術の対策も兼ねられる。
ハサミギロチンにより単騎でも相手に負荷を与えることができるため、高い汎用性を持つ。

まもる・みがわりを交互に使えば、みがわりにより減った最大HPの1/4をポイズンヒールの1/8の回復量×2で全回復してしまう。
あらかじめ相手を毒/猛毒/火傷状態にしておけば、相手がちょうはつやすりぬけなどのまもみがループを崩す手段を持っていない限り相手を完封できる(通称:無限グライオン)。

優先技枠
まもる
初ターンのおにび、はたきおとす等を防いで安全にどくどくだまを発動させられる。以降もターン稼ぎとして有用。
基本的にこの型では必須クラスの技。
みがわり
まもみがによる無限戦法の他、相手の交代際にも非常に有用。
やどりぎのタネなどの変化技を透かす場合も使える。
ハサミギロチン
ゴーストタイプとがんじょう以外はどんな相手でも3割の確率で突破できる。
まもみがループで削りきれない再生技持ちの相手なども突破できるため、攻撃技ではもっとも採用優先度が高い。
選択技枠
じしん
いざという時攻撃もでき、汎用性の高い一致技。
A無振りだと弱点を突いてもぎりぎり確1にならない仮想敵が多いため、採用する場合はAにある程度努力値を回すのもあり(後述)。
がんせきふうじ
HDベースなどS努力値を削った型において特に有用。相手の素早さを下げることでまもみがループに持ち込みやすくなる。
無効タイプがなく後続の補助になる点もポイント。
はねやすめ
ポイズンヒールと合わせて相当な回復量になる。この技を入れるならまもるかみがわりをどちらか切るのが一般的。
はねやすめの耐性変化の影響を大きく受ける複合タイプなので行動順に要注意。
ちょうはつ
相手からのちょうはつ封じや耐久型の状態異常技や回復技対策に有用。
先手を取らないと機能しないので主にSに厚くした型における選択肢。みがわりとは役割がかぶるので選択。
候補外の技
ほのおのキバ
攻撃力が低いので4倍ピンポイント。ハサミギロチンの試行回数を稼ぐほうが合理的なので基本候補外。
どくどくの効かない対鋼用としてもじしんでよい。浮いてる高耐久鋼(エアームド、ふゆうドータクンなど)には2倍程度ではまともなダメージが通らない。
すなじごく
有利な相手をキャッチできれば良いが、命中率と遂行速度に欠け不安定。
はたきおとす
とても硬い相手に対してはハサミギロチンの試行回数を稼ぐほうが早期処理が狙える。
がんじょう持ちでどくどくもじしんも効かないエアームド等を相手にする目的があれば一考の余地はありそうだがほぼピンポイント。
そうでなくとも、火力補強アイテムを落とせれば受けが安定する。

元は格闘を中心に物理受けとしてBに厚くするのが基本だったが、環境の変化に伴う役割対象の変化から、
現在では電気タイプのサブウェポンや高火力のゴーストタイプのゲンガー等へ安定して受け出しするためのしんちょうHDベースが基本。
受けループのパーツとしてのHB振りに対し、こちらは補完目的で投入され、スタンパでの採用も見られる。
その場合は役割対象からじしんが確定となり、はねやすめの採用も見られる。

+  折りたたみ
+  折りたたみ

先発ステルスロック型 節を編集

特性:かいりきバサミ
性格:いじっぱりorようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック/ちょうはつ
選択技:じしん/がんせきふうじ/つばめがえし/はたきおとす

ガブリアスではなくグライオンでステルスロックを撒く大きな長所は、ちょうはつの習得・相手視点で上記の無限型の可能性を与えること。
バンギラスとセットで採用した場合は特に無限グライオンに偽装することによる強力な選出誘導が可能。
そのバンギラスもりゅうのまいアタッカーとすることで漏れなくステルスロック・ちょうはつを活かすことができる。

細かいところでは、無補正A振りガブリアスのじしんをいかく込みで確定耐えのメガライボルト(H159B103)を
特性かいりきバサミでいかくを防いで確1(101.8%~120.7%)で落とせる。

こだわりスカーフ型 節を編集

特性:かいりきバサミ
性格:いじっぱりorようき
努力値:A252 S252or調整 残りH
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:じしん/とんぼがえり
選択技:ストーンエッジorいわなだれ/はたきおとす/つばめがえし/ほのおのキバ/かみなりのキバ/こおりのキバ/ハサミギロチン

ポイズンヒールによる無限型のイメージを逆手に取ったスカーフアタッカー。
サンダースライボルトなどの電気タイプの速攻アタッカーはまず突っ張ってくるため先制じしんで倒せるようになる。
グライオン=無限型のイメージから見せ合いの段階で選出誘導力が高い事も特徴。

交代読みとんぼがえりで有利対面を作ったり、はたきおとすで味方のサポートもできたり、
運が絡むもののスカーフギロチンによって最後まで勝ち筋を残したりできる。
こだわり型なので一貫性の高い飛行技を入れたいところだが、無補正A振りではつばめがえしで無振りコジョンド?すら低乱1なので注意。

タイプ的にウォッシュロトムランターンとの相性補完に優れ、この2体と組ませてのとんぼルチェンでサイクルを構築する事も可能。
特にランターンとはそれぞれ物理耐久と特殊耐久もカバーできる他、自らのタイプによって電気と地面を無効にできるので、
ランターンの特性をちょすいにしてもよいかもしれない。

無効タイプ2つに加え高い物理耐久を持つため耐久無振りであっても繰り出し性能は低くない。

型サンプル
性格 :ようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:じしん/いわなだれ/とんぼがえり/ハサミギロチン

十中八九無限型だと思い込んでくるためか、ちょうはつを強く誘い奇襲が成立しやすい。
相手の選出を大きく縛れる点で言えばランドロス?とは完全な別物。

対グライオン 節を編集

注意すべき点
ポイズンヒール+まもる+みがわりの無限戦術が脅威。どくどく等の定数ダメージと併用されると完封されてしまう。
毒無効の毒・鋼は一致じしん、耐久型はハサミギロチンで突破される。物理耐久や素早さが高く起点化できる範囲も広い。
電気・地面無効の耐性も優秀で、無限型の知名度を逆手に取ったアタッカーや、ステルスロック撒きサポート型も存在する。
対策方法
パーティ全体での釘付けが有効。とにかく相手に起点を作らせないこと。
マンムーパルシェンのつららばり、音系の技ならみがわりを貫通しつつダメージを与えられる。
ちょうはつやアンコールでの補助技封じ、スキルスワップ等での特性変更も効果的だが、
グライオンもちょうはつを使えるうえ、素早さも高めな点には注意。
がんじょうエアームドなら毒+地面+ハサミギロチン無効と圧倒的有利。ちょうはつがあるとなおよいが、はたきおとすで持ち物による戦術を妨害されることもある。なんにせよPP勝負は必須か。
その他、じしん無効の身代わり持ちが対策になる。


[1] HP全快かつ既にどく状態になっている場合