ウォッシュロトム - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ウォッシュロトム 節を編集

No.479 タイプ:でんき/みず
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:0.3kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
水/電HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウォッシュロトム506510710510786520ふゆう
ランターン1255858767667460ちくでん/ちょすい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)くさ/じめん
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/ひこう
いまひとつ(1/4)はがね
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


ロトム:ゴースト ヒート ウォッシュ フロスト スピン カット


ロトムのフォルムの一種で、「でんき×みず」複合タイプを持つポケモン。
極めて優秀な耐性と並以上の火力、ボルトチェンジによるサイクル性能を持ち、豊富な変化技も備えるため多くのパーティで補完として声がかかる。
じめんタイプに強いでんきであり、みずで止まらないみずタイプ。
特性により相手がかたやぶり持ちでない限り実質弱点がくさタイプだけであり、くさ技の中でも不一致サブウェポンで採用されやすいくさむすびの威力を20に抑えられる体重も高評価。
ただし、みず技は命中難のハイドロポンプに頼らなければならない点や、相性補完に優れるこおり技は覚えないなど欠点もある。

弱点が少なく万能ではあるものの、何でもかんでも詰め込みすぎると中途半端になってしまう。
一見高く見える耐久はHの低さに相殺され、H振りウォッシュロトム<無振りガブリアスとなっている。
配分でも耐久・火力・素早さのすべてを両立することはできないので、パーティの中で持たせたい役割は必ず絞っておこう。

BDSPでは、苦手なゴリランダー・ドリュウズの未登場とギャラドスのパワーウィップ没収で動きやすくなった。



特性考察 節を編集

ふゆう
隠れ特性はなく全フォルム共通の特性。
本フォルムの場合実質弱点がくさのみ、さらに体重が極端に軽いためくさむすびの威力が20という類稀な耐性になる。
当然、かたやぶりには貫通されるため過信しないこと。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。命中不安。雨とあわせて。
ほうでん80(120)100麻痺30%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退可能。
ハイドロポンプ110(165)80-タイプ一致技。高威力だが命中不安。水技はこれのみ。
シャドーボール80100特防↓20%ラティオスナッシーに。
たたりめ65/130100-状態異常の相手に威力倍増。おにびやでんじはとあわせて。
あくのはどう80100怯み20%シャドーボールと選択。スカーフなら怯みを狙える。
変化技タイプ命中備考
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
おにび85物理アタッカー対策。炎は呼びにくいが、こんじょうに注意。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。原点回帰で使いやすくなった。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
ねむる-カゴのみと合わせて全回復。
わるだくみ-突破力が一気に上がる。

型考察 節を編集

汎用アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ
努力値:HC252ベースで調整
持ち物:オボンのみ/混乱実/たべのこし
確定技:ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
優先技:10まんボルトorほうでんorかみなり/おにび
選択技:あくのはどうorシャドーボール/でんじは

ウォッシュロトムの基本型であるHCベースの汎用アタッカー。
独自の耐性とボルトチェンジを活かし、サイクル戦の潤滑剤として運用する。
ボルトチェンジの通らないマンムーなどの物理地面には、おにびやハイドロポンプが一貫する点が優秀。

持ち物はオボンのみや混乱実など、場持ちを重視したアイテムが基本となる。

耐久・火力ともギリギリのラインで、素早さも近くに有利なヒートロトムなどがいるため要調整。

メガネ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:HC252orHS252ベースで調整
持ち物:こだわりメガネ
確定技:ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
選択技:10まんボルトorかみなり/あくのはどうorシャドーボール/トリック

火力を高め、有利対面から高負荷を与えていく。
ボルトチェンジを無効化する地面タイプは、ウォッシュロトムに後出しするにはリスクが高いため、比較的撃ちやすい。

メガネは特殊アタッカーに渡してしまうとこちらが不利になるので、トリックを使う場合はスカーフを渡す時よりも慎重に。

スカーフ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252ベースで調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
攻撃技:10まんボルトorかみなり
補助技:トリック/おにび

先制ボルトチェンジの撃ち逃げやトリックによる耐久型への役割破壊ができる。
物理アタッカーに先制でおにびを当てて火力を削いでから退くという強引な立ち回りも可能になる。

メガンシンカやZ技が登場しないBDSPではトリックを無効化されることはほとんどない。
それゆえに読まれやすいという点には注意。

S調製例は下記の通り。仮想敵を抜けるようSを振り、残りでCHを調整するのが基本。
最速ベースはミラー以外の仮想敵が周辺にいないため、Sランク+1の最速ギャラドス抜きで抑えるのが無難。
準速ベースでは準速スカーフ85族(ヘラクロスニドキングなど)を意識しない限りは最速130族抜きで十分。

素早さ調整(実数値はこだわりスカーフ加味での計算)
無補正
S220振り(201):最速130族抜き。
S252振り(207):準速スカーフ85族抜き。
補正あり
S220振り(220):最速1舞ギャラドス抜き
S252振り(226):極振り、ミラー意識

物理流し型 節を編集

性格:ずぶとい
努力値:HB252ベースで調整
持ち物:オボンのみ/カゴのみ
確定技:おにび/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ
攻撃技:10まんボルト
補助技:でんじは/ねむる

自身のタイプ相性により一貫性が高いおにびやボルトチェンジを流し際に撃って味方をサポートする。
物理相手を想定する場合はねむるとカゴのみで対砂(カバルドン)を任せるか、オボンのみが基本。

特殊流し型 節を編集

性格:おだやか
努力値:H252 D252
持ち物:カゴのみ/たべのこし
確定技:どくどく
優先技:ねむる
攻撃技:10まんボルトorボルトチェンジorほうでん/ハイドロポンプ
補助技:おにび/みがわり

低火力の特殊や耐久ポケモンを中心に後出しし、火傷やボルトチェンジで削っていく。
長期戦になることが多いため、攻撃技のPPは最大まで上げておきたい。

いたみわけが過去作限定になったため、回復手段はたべのこし等の持ち物や眠カゴのみ。
眠カゴの場合どくどく搭載のポリゴン2や、どくみがヒードランに安定して後投げできることが強み。
上記ポケモンが相手の場合は後出しするだけでも役割が持てるため、たべのこし+素眠りという構成もあり。

壁サポート型 節を編集

性格:ずぶとい/おだやか
努力値:H252 BD調整
持ち物:ひかりのねんど
確定技:リフレクター/ひかりのかべ/ボルトチェンジ/ハイドロポンプ

優秀な耐性を活かし、先発で1発耐えて壁を張る。
防御・特防も悪くなく、特化することで一致等倍もかなり耐えるようになる。

努力値調整
無補正
H252 B100振り:無補正A振りガブリアス@ハチマキのげきりん耐え
H252 B212振り:A特化ガブリアス@ハチマキのげきりん耐え
H252 D196振り:無補正C振りラティオス@メガネのりゅうせいぐん耐え
ずぶとい
H252 B100振り:A特化ガブリアス@ハチマキのげきりん耐え
おだやか
H252 D92振り:無補正C振りラティオス@メガネのりゅうせいぐん耐え

相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ウォッシュロトム 節を編集

注意すべき点
優秀なタイプと特性ふゆうによる弱点の少なさ、まずまずの耐久力、並以上の火力と、非常に多くの仕事ができるポケモン。
電気タイプながらじめんを後出ししづらく、ボルトチェンジでサイクルを回されやすい。
物理受け、アタッカー、壁張り等、型が多く読みにくい。持ち物もこだわりアイテムやオボンのみなど多彩。
対策方法
唯一の弱点であるくさタイプに対しては、有効打がない。
そのため、フシギバナを始めとする高耐久の草タイプなら有利な戦いができる。
かたやぶり持ちでじしんを撃つのも効果的だが、おにびの搭載率が高いので後出しする際は注意。

優秀な耐性により後出しされることも多いが、HP種族値が低いためダメージ量でおおよその努力値を予測することは容易い。
ダメージが多ければCS振りでスカーフや強化アイテム、少なければ耐久ベースでSに振っていないことがすぐに分かる。
型の予測がつけば対処も楽になるため覚えておきたい。