カットロトム - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

カットロトム 節を編集

No.479 タイプ:でんき/くさ
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:0.3kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
カットロトム506510710510786520ふゆう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/どく/むし
いまひとつ(1/2)みず/くさ/はがね
いまひとつ(1/4)でんき
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


ロトム:ゴースト ヒート ウォッシュ フロスト スピン カット


唯一の「でんき×くさ」の複合タイプを持つポケモン。

他のロトム、特にメジャーなヒートロトムウォッシュロトムと比べて、耐性が少なく弱点も多いが、
くさタイプの性質により粉技(キノコのほうし・ねむりごな・いかりのこな等)・やどりぎのタネが無効なことや、
かたやぶり」じしんを等倍に抑えられることは長所となる。
タイプ一致技はどちらもみずに抜群で、キングドラルンパッパ以外のあらゆる水タイプの弱点を突ける。
くさドラゴンには双方半減だが、でんき無効のじめんくさ技、くさ半減のひこうでんき技で抜群を取れる点は優秀。

弱点としてはヒートロトムのオーバーヒートと同様に、リーフストームピンポイント読みの行動で対処されやすい点。



特性考察 節を編集

ふゆう
隠れ特性はなく全フォルム共通の特性。
本フォルムではじめんは元々等倍とはいえ、相手がかたやぶり持ちでない限り無効化できる点は十分なメリットと言える。
各種フィールドの恩恵を得られない点はデメリット。
エレキ・ミストフィールドに阻害されずにねむるを使えるものの、耐性が半端で受け向きではないためメリットとしては小さい。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。雨とあわせて。
ほうでん80(120)100麻痺30%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退可能。
リーフストーム130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。唯一の草技。連発は効かないため撃ち逃げ向き。
シャドーボール80100特防↓20%ラティオスに。
たたりめ65/130100-状態異常の相手に威力倍増。おにびやでんじはとあわせて。
あくのはどう80100怯み20%シャドーボールと選択。スカーフなら怯みを狙える。
変化技タイプ効果備考
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょうに注意。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
わるだくみ-火力を強化できるが、あまり積む余裕は作れないか。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 HorS252
持ち物:いのちのたま/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/ヤチェのみ/オボンのみ
確定技:10まんボルトorかみなり/リーフストーム
攻撃技:ボルトチェンジ
補助技:おにび/でんじは/みがわり/トリック

高特攻から繰り出されるタイプ一致リーフストームは脅威。
タイプ一致電気技と合わせてかなり広い範囲の水タイプを倒すことができる。
また物理へのけん制になるおにびなども候補だろう。


相性考察 節を編集

炎タイプ、特にヒードランとの相性補完に優れる。
ロトム側はヒードランの苦手な地面無効・水半減。ヒードラン側はロトムの弱点を全て1/4か無効にできる。


対カットロトム 節を編集

注意すべき点
電気技に加え草技リーフストームをタイプ一致で撃てるため、あらゆる水タイプに強い。
他のFCロトム同様の多彩な変化技を用いたトリッキーな戦術に加え、粉技・やどりぎのタネ無効耐性も厄介。
対策方法
他のフォルムと比べると耐性がややピンポイントで得意不得意が分かれるので、物理受けやサポートは不向き。
アタッカーとしても攻撃範囲は狭く、くさドラゴンへの有効打は特に存在しない。
ラムのみを持ったドラゴンタイプのアタッカーで速攻を決めれば難なく倒せるだろう。