キングドラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

キングドラ 節を編集

No.230 タイプ:みず/ドラゴン
通常特性:すいすい(雨の時に素早さが2倍になる)
     スナイパー(攻撃が相手の急所に当たった際のダメージが2.25倍になる)
隠れ特性:しめりけ(じばく、だいばくはつ、ビックリヘッド、ゆうばくを無効にする)
体重  :152.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
すいすい特殊アタッカーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
キングドラ759595959585540すいすい/スナイパー/しめりけ
ルンパッパ8070709010070480すいすい/あめうけざら/マイペース
オムスター70601251157055495すいすい/シェルアーマー/くだけるよろい
サクラビス55841051147552485すいすい/うるおいボディ
ゴルダック808278958085500しめりけ/ノーてんき/すいすい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)はがね
いまひとつ(1/4)ほのお/みず
こうかなし---

フリーズドライを受ける場合はばつぐん(4倍)


高水準な種族値と弱点の少なさが魅力の「みず×ドラゴン」。
タイプの組み合わせがよく、でんきくさに強いみずであり、こおりに強いドラゴンでもある。
特性「すいすい」以外は使える場面が非常に限られるため、平坦な種族値配分もあって雨パ以外での運用は難しいものの、
すいすい」発動時には無類の強さを誇り、雨パではエースとして頻繁に起用される。

剣盾でぼうふう、アイアンヘッド、アクアブレイク等を覚え芸当を広げたが、BDSPにはまだ連れてくることはできない。
今作は天候の変化がUSUMや剣盾より緩やかで、雨パエースとしての仕事もやりやすくなった。



特性考察 節を編集

すいすい
キングドラを雨パのエースたらしめている特性。発動前提で高速アタッカーとして運用される。
あめがふっている状態での実数値は最速で300。
ただし、ノーてんきで無力化されるため注意。
スナイパー
きあいだめ+ピントレンズのコンボが前提。
すいすいと比べて汎用性は落ちるが、急所確定の下準備さえ整えば、威力2.25倍のりゅうせいぐんを能力ダウンを無視して連発できる。
しめりけ
隠れ特性。状況が限定的で、他の2つに比べて採用の利点が少ないため基本的に候補外。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ハイドロポンプ110(165)80-雨パなら必須のメインウェポン。命中不安。
なみのり90(135)100-威力命中安定。ダブルでは自分以外全員攻撃。
だくりゅう90(135)85命中↓30%ダブルだと相手二体攻撃に。命中率や追加効果がギャンブル気味。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓高威力で等倍範囲が広く水技との相性補完にも優れる。
りゅうのはどう85(127)100-デメリット無しのドラゴン技。りゅうせいぐんとの両立もありうる。
ぼうふう11070混乱30%対草。雨で必中になる高威力のサブウェポン。剣盾技レコード。
れいとうビーム90100凍り10%水のサブウェポンでおなじみ。ただしキングドラは水+ドラゴン技で事足りる。
対フェアリー複合の草・飛行・ドラゴンや4倍ドラゴン等抜群範囲を広げたいなら。
クリアスモッグ50必中能力変化解除積み技対策。起点回避に。鋼には効果無し。
ラスターカノン80100特防↓10%フェアリー対策。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
げきりん120(180)1002~3ターン
行動固定
使用後混乱
物理型でのメインウェポン。ドラゴンクロー、ドラゴンダイブは覚えない。
たきのぼり80(120)100怯み20%一致技かつ相性補完。雨でげきりんと同威力。怯みも狙える。
アイアンヘッド80100怯み30%対妖。すいすいで怯みも狙いやすい。剣盾技レコード。
変化技タイプ命中備考
あくび-突破しづらい相手を流せる。ラムのみ等に注意。
りゅうのまい-火力と素早さを同時に上げられる。物理型では必須。
きあいだめ-ピントレンズを持たせることで100%急所に当たる。りゅうせいぐんをノーリスクで撃てる。
みがわり-状態異常技を防いだり、みがしばコンボをしたり、ヤタピのみを発動させたり。
かなしばり100みがわりと合わせて相手の有効打を封じることができる。
あまごい-自力ですいすいを発動するときや、相手に天候を変えられたときに。

型考察 節を編集

すいすい特殊アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう
特性:すいすい
努力値:CS252
持ち物:ミズZ/こだわりメガネ/いのちのたま/ラムのみなど
確定技:ハイドロポンプ
優先技:なみのり/りゅうのはどうorりゅうせいぐん(両立可)
選択攻撃技:れいとうビーム/めざめるパワー(草/毒)
選択補助技:みがわり/どくどく/かなしばり/あまごい

ペリッパーニョロトノの雨展開から、高速+高火力で相手に大きな負担をかけるエース枠。

めざめるパワーについて
雨ハイドロポンプの威力は実質247相当、めざパは60固定で2倍でも120なので半減ハイドロポンプ>2倍めざパであることに注意。
草:数は少ないが、水無効かつ、草4倍のトリトドンガマゲロゲ?ヌオーあたりを狙うなら。
毒:カプ・ブルル?ピンポイント。アイテム補正無しの雨なみのりがH252カプ・ブルル?に29.9%~で、
  めざパ毒が72.3%~のため、グラスフィールドの回復を含めても高乱数で受け出しは潰せる。
  同じくアイテム補正なし雨なみのり+れいとうビームでは倒せないので、ピンポイント採用ならあり得る。
  いのちのたま持ちなら雨なみのり+れいとうビームで十分なので、ミズZ搭載時のみ採用候補か。
素早さ調整について
スカーフやキングドラミラーも意識して252振り推奨。準速&すいすいでスカーフエレザード?や最速+2パルシェンよりも速くなる。
ただし雨ミラーが現状ではあまり発生せず、HP4振りのみだとA補正ファイアロー?のハチマキブレイブバードで超低乱数だが落ちる(6.3%)ので
こだわりメガネやラムのみを持たせる場合にのみ気になるなら調整を施すのもよいだろう。

持ち物考察 節を編集

こだわりメガネ
○常時高火力のため、特殊耐久の高い相手や再生回復持ちもごり押せるほどのパワーがでる。
○なみのりの威力が十分になることで、命中安定で負担をかけていく選択肢が生まれる。
●技切り替え不能のため、なみのりで十分な相手に命中不安のハイドロポンプを使用しなければならないなど、小回りが利かなくなる。
ミズZ
○技選択が自由なので、命中(なみのり)、持続する高火力(ハイドロポンプ)、瞬間大火力(スーパーアクアトルネード)の選択が柔軟にできる。
●大火力が出せるのは1回のみで、撃ちたい相手にきちんと合わせられるかの立ち回りが要求される。
 命中安定のなみのりがやや物足りない場面が多く、命中不安のハイドロポンプを要求されることが増える。
いのちのたま
○上記ミズZの利点と同じく、技選択が自由。威力も常時大きい。
●メガネハイドロポンプやスーパーアクアトルネードほどの瞬間火力は出せず、耐久を削ることになる。
ラムのみ
△でんじはを始めとするエースにとって面倒な状態異常を防げるが、火力不足気味のため上記3つのアイテムが優先される。

急所型 節を編集

特性:スナイパー
性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252
持ち物:ピントレンズ(するどいツメ)
確定技:りゅうせいぐん/ハイドロポンプorなみのり
選択技:きあいだめ/れいとうビーム/クリアスモッグ/めざめるパワー(炎or電)/みがわり

急所+3運用の叩き台。概要部にある通り、きあいだめ絡みで容易に絶対急所が得られるようになったことを活かす。
スナイパーりゅうせいぐんで最大火力を狙いたいところではあるが、自身は中速なのが気がかり。
積む余裕が無いなら自身はきあいだめを積まず、他ポケモンからバトンタッチで持ってくるという手もある。

なお、きあいだめ・能力ダウン系反動技・スナイパーの3種が揃うのは現状キングドラのみ。

りゅうせいぐん威力130×タイプ一致1.5倍×スナイパー急所2.25倍=438の数値を壁や能力補正無視で連発できることになる。
火力はなかなかのもので、H252ナットレイ?ならりゅうせいぐんで確2にできる。
天敵であるカプ・レヒレ?もH252程度ならクリアスモッグで確2にできるため交代読みで当てれば無償突破できる。

りゅうのまい物理型 節を編集

特性:すいすいorスナイパーorしめりけ
性格:いじっぱりorようき
努力値:AS252ベース
持ち物:ラムのみ/いのちのたま/きあいのタスキ/ミズZ/ドラゴンZ
確定技:たきのぼり/げきりん/りゅうのまい
選択技:おんがえし/あまごい/みがわり/あくび

特殊型が有名なため、その裏をかいた物理積み型。
攻撃種族値は特攻種族値と同じであり、一致技だけで等倍以上を取れる範囲も広い。
自力or味方の雨ですいすいを発動させる型と違って繰り返し強化を図れるのが強みで、
上手く複数回積めれば突破力は雨パ特殊型を凌駕する。

素早さ調整目安
性格補正努力値実数値
(りゅうのまい)
素早さ目安
あり252振り150準速98族(サザンドラ?)と同速
(225)最速150族(メガプテラ)抜き。準速スカーフ98属と同速
なし252振り137最速70族(キノガッサなど)抜き。最速ヒードランに抜かれる
(205)最速135族(メガライボルト)と同速

草・電気が等倍の水タイプ、氷が等倍のドラゴンタイプ(フリーズドライは4倍)なので、他のドラゴンと積みのタイミングが異なる。
そのため差別化に悩む必要はない。
ただし不一致物理技のレパートリーが少ないため、一致技を両方半減する相手の弱点を突くことは難しい。
またげきりんを使わざるを得ない関係上、行動固定が仇になる事もある。
後続でのカバーをしっかりしよう。

特性について
すいすい
雨パに導入する場合。場合に応じて、りゅうのまいでの単体起用とすいすいアタッカーを選ぶことができる。
スナイパー
24分の1ではあるが高火力が出せる。単体起用前提なら。
しめりけ
サポート要員のじばく・だいばくはつを無効化。発動は限定的だが成功時にターン稼ぎ・起点化の両方が可能。

対キングドラ 節を編集

注意すべき点
あめふらしペリッパーニョロトノとのコンビによる雨からのすいすいで素早さを上げてくる。
範囲の広い水技とドラゴン技で等倍以上が取れる。なかでも火力補正アイテム+雨天候からのハイドロポンプは強力。
特殊型が多いイメージを逆手に取ったりゅうのまいからのげきりん、たきのぼりといった物理型も存在し積まれて手が出ない場合も。
雨パの弱体化もあり、スナイパーで急所を狙ってくる型もある。
対策方法
みず技への耐性
フェアリータイプ
弱点を突け、ドラゴン技も無効。
フリーズドライ持ち
4倍ダメージを与えられる。アマルルガ?みず技が弱点なので注意。
みずドラゴン技を両方半減以下にできるポケモン
ナットレイ?カプ・レヒレ?カプ・ブルル?エンペルトヌケニンマリルリエルフーン?アシレーヌ?メガチルタリスの9体は水とドラゴン技を両方半減以下にできるので、ある程度選出を縛ることができる。
ちなみに、ヌケニンへの有効打はめざパとどくどくしかない。