ヌオー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ヌオー 節を編集

No.195 タイプ:みず/じめん
通常特性:しめりけ(じばく、だいばくはつ、ビックリヘッド、ゆうばくを無効にする)
     ちょすい(みずタイプの技を受けた時、その技を無効化し、HPを最大値の1/4回復する)
隠れ特性:てんねん(相手の能力変化を無視する)
体重  :75.0Kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
水/地HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性くさむすびの威力
ヌオー958585656535430しめりけ/ちょすい/てんねん80
ラグラージ10011090859060535げきりゅう/しめりけ80
ナマズン1107873767160468どんかん/きけんよち/うるおいボディ40
トリトドン1118368928239475ねんちゃく/よびみず/すなのちから60
てんねんHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヌオー958585656535430しめりけ/ちょすい/てんねん
ピクシー957073959060483メロメロボディ/マジックガード/てんねん

ばつぐん(4倍)くさ
ばつぐん(2倍)---
いまひとつ(1/2)ほのお/どく/いわ/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

特性「ちょすい」の場合、みず無効


耐性が優秀なみずじめんタイプ。同タイプの中では種族値は低めだが、特性「てんねん」により積みアタッカーを止められるという強みを持つ。

一方、元の耐久指数自体は受けとしては高くないので、こだわりハチマキなど高火力で押してくる相手には脆い。
りゅうせいぐんなどの能力ダウン効果も無視してしまうので注意。

くさ技以外にフリーズドライでも4倍弱点を突かれるので注意。

フリーズドライを覚えるポケモン(BDSP登場のみ)
オニゴーリデリバードドーブルフリーザーマンムーラプラス

第8世代では、技マシンからめざめるパワーが削除。不意の草技で倒れることは減り、受けの安定性が高まった。
同様にどくどくの習得者も大きく数を減らした。ヌオーが毒を撃たれる機会も減り、毒毒がヌオーのアイデンティティになりといいことずくめ。
環境のデフレも相まって今作で強化されたポケモンの1つと言えるだろう。
アクアブレイク、10まんばりき、れいとうパンチなど一部の技は今作だけでは覚えさせられないので注意。



特性考察 節を編集

しめりけ
じばく・だいばくはつ・ゆうばく・ビックリヘッドを抑制し、トレース対策にもなるが、効果があまりにもピンポイント過ぎるため候補外。
「爆発させつつ自身はダメージを受けない」ではなく「爆発の発動自体を抑制」してしまうため、
だいばくはつに対するゴーストの受け出しのように相手の無駄死にを誘う使い方もできない。
ちょすい
等倍で受ける必要があるみず技を無効化し、体力の4分の1を回復。
相性がよく決して弱い特性ではないが、同複合タイプのトリトドンよびみずを持つ。
種族値面でヌオーはトリトドンのほぼ劣化であるため差別化が非常に難しく、採用されることは滅多にない。
※ちょすい型の考察はノート?にあります。
てんねん
隠れ特性。相手の能力ランク補正を無視して行動できる。
つるぎのまいなどの積み技持ちを安定して処理できるようになるため非常に強力。
同複合タイプで唯一のてんねん持ちであるため差別化にも有用であり、ヌオーの採用理由にも直結するため基本はこれ。
ただし、かたやぶりで無効化されるためカイロスは受けられないこともある。
相手の下降ランク補正を無視してしまうデメリットもあるため、運用にあたっては注意が必要。
なお、つけあがる・アシストパワーの威力上昇は防げない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
じしん100(150)100-広範囲の主力。毒・鋼の弱点は突けるが浮いてる相手には通らないのが痛い。
じならし60(90)100素早さ↓100%流した先への嫌がらせ。後続サポート向け。一致技だが浮遊・飛行に無効。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%用途はじならしと同じだがタイプで無効化されない。
ただしダメージ・命中率は下回る。
たきのぼり80(120)100怯み20%タイプ一致で範囲も広いがじしんと被る。
怯みは期待できないが一部防御特性を除けば無効化はされない。
アクアテール90(135)90-教え技。命中不安だが高火力。
ダイビング80(120)100溜め攻撃攻撃技兼時間稼ぎ。どくどくやたべのこしとあわせて。剣盾技マシン
ストーンエッジ10080急所ランク+1地面との相性補完に優れるサブウェポン。
いわなだれ7590怯み30%命中安定だが外すときは外す。4倍弱点なら十分落とせる。
れいとうパンチ75100凍り10%対竜というよりは対グライオン向け。剣盾技マシン
グロウパンチ40100攻撃↑100%追加効果が優秀だが威力は低い。バンギラスに。タマゴ技。
カウンター-100優先度-5タマゴ技。物理に対する強力な役割破壊技。
4倍の草はリンドのみかきあいのタスキでないと無理。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ねっとう80(120)100火傷30%特攻が低いのでダメージは期待できないが追加効果が優秀。
アシッドボム40100特防↓↓100%タマゴ技。火力補強、後続サポートに。
変化技タイプ命中備考
じこさいせい-タマゴ技。優秀な回復技。
たくわえる-タマゴ技。防御と特防を同時に上げられる。3回まで。
のろい-タマゴ技。てんねんなら相手の積み技で崩されることがない。
どくどく90交代先に撃つ嫌がらせ。積みの起点にされないてんねんとは好シナジー。
第8世代から習得者激減。貴重なダメージソース。
あくび-ヌオーの採用理由に直結する強力な流し技。積みエースなどを無償降臨させる場合に有用。
アンコール100タマゴ技。強力な補助技だが遅いので読みが重要。
かいでんぱ100タマゴ技。特殊アタッカーの交代を読めれば。
ドわすれ-特殊耐久を高められるが、草技持ちからは逃げたほうがよい。
ねむる-できればカゴのみと合わせて。状態異常も回復するのがメリット。
まもる-相手の型・サブの草技を見分けるときに。どくどく・たべのこし等とは相性がよい。

型考察 節を編集

てんねん耐久型 節を編集

特性:てんねん
性格:ずぶといorおだやかorわんぱくorしんちょう
努力値:HB252orHD252ベース
持ち物:ゴツゴツメット/オボンのみ/たべのこし/ノーマルZ
確定技:じこさいせい
攻撃技:じしん/ストーンエッジ/たきのぼり/ねっとう/まとわりつく
変化技:のろい/たくわえる/あくび/みがわり/どくどく

特性てんねんにより相手の積み技による能力補正を無視できる。
こちらの積みは有効なため、積んだ相手を流した隙に要塞化していくことができる。
素の耐久は高くないので草技持ちには弱い。


対ヌオー 節を編集

注意すべき点
現状において物理アタッカーにとって手を焼くヌオーのほとんどは特性てんねんによるもの。
その性質を理解していないと手が付けられなくなるため注意が必要。
また水・地面の相性補完により弱点が突きづらく攻撃範囲も広いのが厄介。
その他流すための補助技も充実しており、安易に有利なポケモンを後出しすると手痛い役割破壊を受けることも。
対策方法
一番簡単なのは草タイプを出すかめざパの草での奇襲。
しかし弱点が少ないとはいえ特殊耐久は低く、ほぼ先制もできないため、
等倍でも特殊アタッカーの一致高火力技でねじ伏せることが可能。
またりゅうのまい搭載のかたやぶり持ちもヌオーを逆に起点にできるため有効(ただしヌオーの補助技に注意)。
どくどくを使えばほぼ機能停止にもできるが、火傷の場合積み技・じこさいせいのゴリ押しで生き残る場合もあるので確実とはいえない。
フルアタのヌオーもほぼいないためちょうはつも有効。