テッカニン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

テッカニン 節を編集

No.291 タイプ:むし/ひこう
通常特性:かそく(毎ターン素早さが1段階上がる)※ツチニンのとき「ふくがん」
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)※ツチニンのとき「にげあし」
体重  :12.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
かそくバトンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
テッカニン6190455050160456かそく/すりぬけ
バシャーモ80120701107080530もうか/かそく
メガバシャーモ1608013080100630かそく

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

第三世代出身のむし×ひこう複合タイプにして、圧倒的な素早さ種族値を誇るポケモン。
調整にもよるが、積み技やこだわりスカーフ持ちをも軽く抜き去る。
加えてかそくを持つため、素早さに関しては右に出る者は居ない。
自身で活かすのはもちろん、バトンタッチで後続アタッカーの抜き性能を高めることも可能。

BDSPではかそくバトンのライバルであったペンドラーが不在、素早さで上回っていたレジエレキも不在。
バシャーモは引き続きライバルとして立ちはだかるものの、タイプがまるで異なる為ここに来てアイデンティティが復活。
メガシンカ、Zワザ、ダイマックスといった要素が悉く廃止されたことでまもる、みがわりの信頼度も上昇。
フィールド特性を持つポケモンが一切登場しないためひこうのデメリットも目立たず、総じて相対的な強化傾向。
全体的な素早さのインフレが抑えられたことでいわゆる130抜き調整も増えると思われる。

剣盾で新規習得したダブルウイング、アクロバットは再び喪失。
火力面には再び問題が発生したため、今回もかそくバトンが基本の運用として採用されるだろう。



特性考察 節を編集

かそく
テッカニンの要。素早さインフレの激しい現環境における採用価値は高い。
他のかそく持ちや天候エースにも先手を取れるものの、先制技には注意。
すりぬけ
隠れ特性。アタッカー型なら一考。まもる読みのみがわり・リフレクターを貫通できる。
つるぎのまいとあわせれば高い攻撃性能を得られる。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
きゅうけつ80(120)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付きだが、いのちがけのHP確保には厳しい。
剣盾技レコード。回復効果のないシザークロスで代用可能。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。不利対面回避に。
つばめがえし60(90)必中-タイプ一致技。必中だが威力は低い。
アクロバット55(82)/
110(165)
100消費で威力2倍タイプ一致技。条件付きで高火力だがひと工夫必要。剣盾技レコード。
つじぎり70100急所ランク+1対ゴースト。鋼にも等倍。
どろぼう60100持ち物奪取死に際の嫌がらせに。襷持ちなら候補。
あなをほる80100溜め攻撃対炎・電気・毒・岩・鋼。パワフルハーブがないとラグがきつい。
呼ぶ飛行に無効化されがち。今作から基本技化。
いのちがけ-100自分瀕死最大168ダメージ(4振りサザンドラ?まで)。
先制技に注意。ゴーストには無効。
変化技タイプ命中備考
まもる-様子見や、かそくの発動に。
みがわり-補助技対策や、かそくの発動に。音技や連続技に注意。
バトンタッチ-かそくや積み技、みがわりとあわせて。
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。自身にもバトンにも有用。
つめとぎ-攻撃・命中率補強。自身には活かしにくい。主にバトン用。第6世代技マシン。
かげぶんしん-回避率補強。重ねがけしないと効果は薄い。主にバトン用。
にほんばれ-天候始動・上書きに。あまごいは覚えない。
いばる85妨害技。みがわりとあわせて。
こらえる-相手依存だがじゃくてんほけんを発動させつつかそくできる場合がある。
自身の強化はつるぎのまいで十分なため、バトン用。

型考察 節を編集

バトンタッチ型 節を編集

特性:かそく
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく
努力値:HBS調整 残りA
持ち物:きあいのタスキ/ひかりのこな/Zクリスタル
確定技:つるぎのまいorつめとぎ/みがわりorまもる/バトンタッチ
選択技:きゅうけつ/とんぼがえり/つばめがえし/いのちがけ/にほんばれ/かげぶんしん

かそくや積み技による能力上昇をバトンタッチする、テッカニンのメジャーな型。
バシャーモペンドラー?には火力・耐久で劣るが、タイプの違いで差別化可能。
強力なストッパー性能を持つミミッキュ?に対し、とんぼがえりでばけのかわを剥ぎつつ撤退できるのも強み。

物理アタッカー型 節を編集

特性:かそく/すりぬけ
性格:いじっぱり
努力値:A252 S調整 残り耐久
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/きあいのタスキ/ラムのみ/Zクリスタル
攻撃技:きゅうけつ/とんぼがえり/つばめがえし/いのちがけ/おんがえし/つじぎり/あなをほる
補助技:バトンタッチ/つるぎのまい/まもる

圧倒的な素早さとかそくにより、先制技以外ではまず抜かれない。
準速全振りでは素早さ140族抜きの初速度が出せる。
ゲッコウガ?フェローチェ?等の速攻アタッカーや、ようりょくそ持ちを上から叩ける。

攻撃種族値、技の威力ともに低いので、持ち物やつるぎのまいで補強したい。
まもる読みで相手が攻撃してこないことも多く、舞うチャンスはある。
すりぬけならみがわりやリフレクターを張られても貫通できる。

補正有り持ち物無しA252振りとんぼがえりでゲッコウガ乱数1発(81.3%)。
きゅうけつなら補正無しでも確1。

晴れ始動型 節を編集

特性:かそく/すりぬけ
性格:ようき
努力値:S252 HA調整
持ち物:あついいわ
確定技:にほんばれ/バトンタッチorとんぼがえりorいのちがけ(複数両立可)
選択技:きゅうけつ/つばめがえし/むしくい/まもる

ちょうはつに妨害されにくい始動役。いたずらごころには注意。
使用後はバトンタッチやいのちがけで撤退できる。


対テッカニン 節を編集

注意すべき点
圧倒的素早さと特性かそくにより、先手を取られるのは必至。
バトンタッチやとんぼがえりで撤退されると仕留めるのは困難。
いのちがけやZワザで思わぬダメージを受けることも。
対策方法
一致技半減の鋼タイプや、いのちがけ無効のゴーストタイプ。
かそくを発動されても、先制技やいたずらごころ持ちなら抜かれない。
バトン対策にはほえる・くろいきり・のろい等が有効。