バシャーモ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

バシャーモ 節を編集

No.257 タイプ:ほのお/かくとう
通常特性:もうか(自分のHPが最大値の3分の1になったとき、炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:かそく(毎ターン素早さが1段階上がる)
体重  :52.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
炎/闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
バシャーモ80120701107080530もうか/かそく
ゴウカザル761047110471108534もうか/てつのこぶし

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/あく/はがね
いまひとつ(1/4)むし
こうかなし---

第三世代のほのお御三家にして、かくとう複合。
種族値上は中速二刀流アタッカーで少々配分が悪いものの、かそくにより一気に高速帯に躍り出る。
一致技だけでも広い抜群範囲を持ち、技の威力も十分と高い抜き性能を誇るアタッカー。
更にバトンタッチも習得、後続の支援も同時に行うサポートも兼ねた運用まで可能。

第八世代では、剣盾でとびひざげりが剥奪、代わりにインファイトを習得。BDSPでも変わらず。
最大火力は僅かに下がった一方で外したり、ゴーストに透かされる心配も無くなり、安定感は高まったといえる。
当時はかそくが無かったのでゴウカザルの影に隠れていたが、今作では存分にその火力を発揮できるだろう。
なお、剣盾で習得できたかみなりパンチ、アクロバット、ねっさのだいちはこちらでは未解禁。
また誓い技を教えてくれる場所が無く、ほのおのちかいも実質未実装となっている。



形態考察 節を編集

もうか
補強できるのは炎技のみなうえ、フレアドライブとの相性は悪い。
通常型では基本的に候補外。メガ型では採用の余地あり。詳細下記。
かそく
隠れ特性。ターン毎に素早さが上がり、多くの相手との縛り関係が逆転する。通常型なら基本はこれ。
バトンも可能だが、先制技のほか、まもる貫通のZワザにも注意。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
フレアドライブ120(180)100火傷10%
反動1/3
タイプ一致技。反動が痛い。
インファイト120(180)100防御特防↓タイプ一致技。反動はあまり気にならないが、加速との相性は悪い。
今作では、とびひざげり・ばかぢからは習得不可。
きしかいせい20~200
(30~300)
100残HP依存タイプ一致技。最大威力はピカイチ。襷とあわせて。
かみなりパンチ75100麻痺10%対水飛。ギャラドスヤドランに。剣盾技マシン。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎飛。リザードンの他、水/飛にも2倍で通る。
いわなだれ7590怯み30%同上。かそくとあわせれば怯みを狙える。
つじぎり70100急所ランク+1対超霊。ラティオスやヤドランに。
じしん100100-対炎毒。ドククラゲや単炎タイプに。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発は効かない。両刀・撃ち逃げ向き。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
きあいだま120(180)70特防↓10%タイプ一致技。高火力・命中不安。はどうだんは剣盾限定。
ソーラービーム120100溜め攻撃対水。晴れやパワフルハーブとあわせて。
変化技タイプ命中備考
まもる-かそくの発動に。読まれやすいため変化技に注意。
みがわり-補助技対策や、かそくの発動に。
こらえる-チイラのみやきしかいせいとあわせて。時間稼ぎやかそく発動にも。
つるぎのまい-攻撃を強化。物理型の抜き性能の向上に。
ふるいたてる-攻撃・特攻を補強。両刀型の抜き性能の向上に。
きあいだめ-急所ランク+2。ピントレンズとあわせれば確定急所を狙える。
バトンタッチ-かそくや積み技、みがわりとあわせて。
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょうに注意。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:かそく
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ラムのみ
確定技:インファイト/フレアドライブorブレイズキック
攻撃技:ストーンエッジorいわなだれ/じしん/ブレイブバード
補助技:まもる/つるぎのまい

BDSPでは第四世代までのポケモンしか登場せず、素早さを上げる手段も限られているためいじっぱりを採用する際のデメリットは減ったと言えるだろう。
とは言え、同速帯にはマンムートゲキッスなどのメジャーなポケモンがいるため、迷ったらようきでよい。

今作ではかみなりパンチを覚える手段がないため、相性補完のサブウェポンとしてはストーンエッジの価値が上がった。
逆にじしんは撃ちたい相手が減ったため優先度は下がった。

両刀型 節を編集

特性:かそく
性格:うっかりや/むじゃき/やんちゃ
努力値:CS調整 残りA
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/Zクリスタル
確定技:だいもんじorオーバーヒート/とびひざげり/めざめるパワー(氷)
優先技:まもる
攻撃技:ストーンエッジ/がんせきふうじ/かみなりパンチ/じしん/はたきおとす/カウンター/ソーラービーム(クサZ)
補助技:おにび/つるぎのまい

通常バシャーモの基本型とも言える両刀アタッカー型。
珠やZクリスタルを持たせれば役割破壊がしやすくなり、
タスキならタイマン性能が上がるため、対面構築向き。
準速だとかそく1回では最速130族を抜けないので注意。

持ち物考察
いのちのたま
抜き性能が上がる。
きあいのタスキ
確実に1発耐えてかそくを発動できる。確2を取れる相手とのタイマンには強い。
まもるの代わりにつるぎのまいを搭載したり、フルアタにする構成も考えられる。

バトン型 節を編集

特性:かそく
性格:ようき/わんぱく/ずぶとい
努力値:S調整 残り耐久
持ち物:きあいのタスキ/じゃくてんほけん/ラムのみ/マゴのみ系/たべのこし/バシャーモナイト
確定技:バトンタッチ/まもるorみがわり(両立可)
積み技:つるぎのまい/ビルドアップ/ふるいたてる/つめとぎ/きあいだめ/かげぶんしん
選択技:とびひざげり/かえんほうしゃ/ほえる

能力上昇をバトンして後続をサポートする型。
バトン先は全抜き狙いの物理アタッカーのほか、
素早さが重要などくみが・やどみが持ちも候補。

バシャーモはアタッカー気質が強いためバトンは読まれにくいが、
先制技や流し技に弱い点は同じ。Zワザもまもる貫通なので厄介。

持ち物考察

きあいのタスキ
一致抜群技も耐えられるが、連続技やスリップダメージに注意。
ラムのみ
状態異常技対策の定番。第七世代では麻痺・でんじはの弱体化により需要低下。
マゴのみ系
みがわり連打で発動し、さらにみがわり2回分のHPを回復できる。S6段階アップが可能。
麻痺撒きやかげぶんしんとあわせれば、みがわりを残して積み技やバトンを使えることも。
たべのこし
まもる・みがわりとあわせて。第七世代ではマゴのみ系の強化により需要低下。

対バシャーモ 節を編集

注意すべき点
強特性かそくと高火力の一致技・豊富なサブウェポンを併せ持ち、攻撃性能が非常に高い。
メガシンカはもちろん、珠やZクリスタルによる役割破壊も可能なため、受け出しは困難。
アタッカー型を装ったバトン型も存在し、読み違えるとパーティを半壊させられてしまう。
対策方法
相手の技やパーティ構築によるものの、比較的有利なポケモンは以下の通り。

先制技持ちのポケモン

マリルリゲッコウガ?など。かそくを積まれても上から叩ける。
ただしカプ・テテフ?のサイコフィールド下では無効。

一致技に強いポケモン

ギャラドスボーマンダカプ・レヒレ?ブルンゲル?など。
サブウェポンやつるぎのまいに注意。

がんじょうやばけのかわ、タスキ持ちのポケモン

ミミッキュ?など。確実に一発耐えて反撃できる。
対面限定ながら、先制技や連続技に乏しいため有効。