マリルリ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

マリルリ 節を編集

No.184 タイプ:みず/フェアリー
通常特性:あついしぼう(ほのおタイプとこおりタイプの攻撃技のダメージを半減する) 
     ちからもち(物理技の威力が2倍になる)
隠れ特性:そうしょく(くさタイプの技を受けた時、その技を無効化し攻撃を1段階上げる)
体重  :28.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
水/妖HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
マリルリ1005080608050420あついしぼう/ちからもち/そうしょく
ちからもち極振り152(522)

ちからもち」換算はおおよその目安。


ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ/どく
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/かくとう/あく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしドラゴン

特性「あついしぼう」の場合、ほのおこおり1/4倍
特性「そうしょく」の場合、くさ無効


みず×フェアリー」複合タイプの一匹で、同複合の中では物理アタッカー気質が強い。
数値の上ではわずかA50ながら、物理技の威力を2倍にする特性「ちからもち」により高い攻撃性能を誇る。
弱点3・耐性7の優秀な複合タイプ、平均以上の耐久を備えるため殴り合いに強く、一致技の等倍範囲も広い。
加えてはらだいこ+アクアジェットの両立はマリルリの大きな個性であり、ひとたび起点を見出せばそのまま全抜きを狙えるのも強さの肝。
総じて優秀なポケモンであり、フェアリータイプが追加された第6世代ではトップメタに君臨していた。

BDSPでは、強力なフェアリーが軒並み登場しないこともあり対竜枠として採用機会が上昇。
一方で、アクアブレイク、れいとうパンチ、はたきおとす、どくどく等が没収され技のバリエーションが乏しくなった点に注意。



特性考察 節を編集

あついしぼう
この特性自体は弱くはないが、ちからもちが無いと火力が低い上にもともと耐性で炎・氷半減のため恩恵が薄い。
そうしょくのように役割範囲を広げられるわけでもないため候補外。
ちからもち
物理技すべてをデメリット無しで強化できる強特性。
概要部の通りマリルリの非常に大きな強みであるため、基本的にはこれ。
A特化で種族値換算152に相当する高い攻撃力を手にすることができる。
逆に言うとこの特性がないと低火力なため特性を無効化する技には注意。
また、技の威力はそれほど高くないため、数値ほどの火力は出ず、弱点を突かないと意外と耐えられるので注意。
特化マリルリのじゃれつくは、陽気ガブリアスのげきりんの威力を下回る。
そうしょく
隠れ特性。本来弱点である草タイプを無効化できるため恩恵は大きい。
キノコのほうしなどへの後出しは勿論、ちからもちのイメージが強いため対面でも草技を誘いやすく非常に相性がよい。
反面火力では大きく劣るため、物理エースではなく構築の穴埋めやサポートとして運用することになる。
なお、ムーンフォースやマジカルシャインといった特殊フェアリー技を覚えないため、育成には注意。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
アクアジェット40(60)100優先度+1タイプ一致技。マリルリの要。ちからもちなら必須技。
アクアブレイク85(127)100防御↓20%タイプ一致技。たきのぼりより威力が少し高くアクアテールより少し低い。
怯みを狙うことを想定しないなら性能安定のこちらで確定。
剣盾技レコード。
たきのぼり80(120)100怯み20%タイプ一致技。命中安定。S振りやトリル構築なら怯みが期待できる。
アクアテール90(135)90-タイプ一致技。命中不安。少しでも威力が欲しいなら。
じゃれつく90(135)90攻撃↓10%タイプ一致技。フェアリーメイン技。水技と合わせて範囲が広い。
ばかぢから120100攻撃・防御↓エンペルト等の鋼タイプに。反動が痛い。
A特化@珠でH252振りエンペルトやB252振りハピナスを確1。
かわらわり75100壁破壊同上。威力不足だが壁破壊が可能で反動無し。
れいとうパンチ75100凍り10%対草。フシギバナロズレイドに。剣盾技マシン。
はたきおとす65→97100道具落下呼ぶ受けのカゴのみやたべのこしなどを落とせる。USUM教え技。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ねっとう80(120)100火傷30%タイプ一致技。そうしょく耐久型などの主力技。火傷撒きとして。
うずしお35(52)85バインドタイプ一致技。そうしょく型の火力源。有利な相手の拘束にも。
剣盾技マシン。
れいとうビーム90100凍り10%そうしょく型で。ガブリアスボーマンダなどを迅速に処理できる。
変化技タイプ命中備考
はらだいこ-アクアジェットと対になるマリルリの肝。
ほろびのうた-居座るポケモンに対する圧力となる。
アンコール100ルリリ限定タマゴ技。はらだいこやアクアジェットと両立不可。主にそうしょく型で使う。
てだすけ-ダブル用。ちからもち以外のサポート型で。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:ちからもち
性格:いじっぱりorようきorわんぱく
努力値:HAベースにBDS調整 or AS252
確定技:アクアジェット/じゃれつく

みずフェアリーの攻撃範囲とちからもちによる高火力を活かしたアタッカー型。
バシャーモをアクアジェットで先制で攻撃できる。

以前は全抜きも狙え汎用性に秀でたオボンのみ型が圧倒的大多数であったが、
環境の変化にあわせて火力アップアイテムで早期にダメージレースを制する型が増えつつある。

こだわりハチマキ 節を編集

性格:いじっぱりorようきorわんぱく
努力値:HAベース BDS調整
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:アクアジェット/じゃれつく
選択攻撃技:アクアブレイクorたきのぼりorアクアテール/ばかぢから/すてみタックル/はたきおとす

基本はいじっぱりHAベース。ようきは交代時のフシギバナなどをすてみタックル2発で落とすことを狙う場合採用。

オボンのみとの比較
○隙のない高火力アクアジェットによる、高い縛り性能。
○高火力撃ち逃げができるため、苦手な相手にも高負担を狙える。
●はらだいこによる高い全抜き性能は持てない。
●撃ち分けができないため、水・フェアリーの広い技範囲を若干活かしにくい。
総:序盤は高火力による切り崩し、終盤に高火力アクアジェットの高い掃除性能。
  こちらの型はサイクル戦向きと言えるだろう。ただしはらだいこ型のように「隙を見て全抜きを狙う」のは難しい。

オボンのみ 節を編集

性格:いじっぱりorようき
努力値:HAベース BDS調整 or AS252(ようき)
持ち物:オボンのみ
確定技:はらだいこ/アクアジェット/じゃれつく
選択技:アクアブレイクorたきのぼりorアクアテール/ばかぢからorかわらわり/すてみタックル/はたきおとす

素の高いタイマン性能に加え、はらだいこ→アクアジェットというオプションを兼ね備える重火力物理アタッカー。
状況に応じて、はらだいこせずに攻撃する運用と、攻撃6段階アップのアクアジェットでの全抜きを使い分ける。
はらだいこをしなくても十分火力があるため、柔軟な運用ができる点が極めて優秀。

オボンのみを持たせることで、50~75%のダメージを受けてもオボンのみで回復してはらだいこを成功させられる。
HPはHP最大の状態ではらだいこを使用した際に必ずオボンのみが発動するように2n(偶数)調整する。
HP252振りだと実値が207なので不可。

4n調整にするとオボンのみの回復効率に無駄がない。
マリルリの場合、HP実数値206より204の方が、HP,防御,特防のバランスが2:1:1に近づくため合理的。

+  調整例

とつげきチョッキ 節を編集

性格:いじっぱりorわんぱく
努力値:HAベース BDS調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:アクアジェット/じゃれつく
選択攻撃技:アクアブレイクorたきのぼりorアクアテール/ばかぢから/はたきおとす

主にサザン?ガルド?マリルリなどのサイクル戦構築に導入されるマリルリ。
とつげきチョッキにより繰り出し性能を高め、序盤は一貫性の高い技を撃ち、終盤はアクアジェットで抜いていく。

HP252振りでHBDが207-100-100となり、最も硬くなる2:1:1の比率と比べHPが高くなる。
定数ダメージや207が16n-1という切りよい値であることを差しおいて最も硬くなるように振るならば、少しHPを削ってBDに回す。

ふうせん 節を編集

性格:いじっぱりorわんぱく
努力値:HAベース BDS調整
持ち物:ふうせん
確定技:アクアジェット/じゃれつく
選択攻撃技:アクアブレイクorたきのぼりorアクアテール/ばかぢから/はたきおとす
選択補助技:はらだいこ

物理ドラゴン、特に対ガブリアスにおいて後出しを安定させるために採用されるアイテム。

りゅうのまいカイリューなどにも対面からほぼ負けなくなる。
ランク+1のA特化いのちのたまじしんが、H252マリルリをステルスロック込みでほぼ確定1発。
ふうせんを持つことで有効打をしんそくのみにでき、またそのしんそくは確定耐えする。

また前述の通りガブリアスはほぼ流せるので、はらだいこを搭載し全抜きを狙うのも一考。
ガブリアスの採用率の高さから十分に起点を狙うことができる。

ラムのみ 節を編集

性格:いじっぱりorようきorわんぱく
努力値:HAベース BDS調整
持ち物:ラムのみ
確定技:アクアジェット/じゃれつく
優先技:アクアブレイクorたきのぼり
選択攻撃技:はたきおとす/ばかぢから/じならし
選択補助技:はらだいこ

非常に誘いやすいおにびに対する、ミストフィールドに頼らない場合のほぼ唯一の対抗手段。相手がほのおのからだでも安定する。
アタッカーとしては耐久が高いため、どくどく耐性を得ることもかなり嬉しい。

そうしょく型 節を編集

特性:そうしょく
性格:ずぶとい/おだやか
努力値:H252 BD調整
持ち物:たべのこし/カゴのみ
確定技:ねっとう/どくどく
選択技:まもるorねむる/みがわり/ほろびのうたorアンコール

ちからもち型の存在により、見せ合いで役割対象となる草の選出を誘うことが最大の長所。
相手にジャローダ?キノガッサなどの草の選出を強いた上で戦闘の場で腐らせることができる。
おまけにマリルリに対し相手に草を後出しさせた上で展開することが見込める。

火力が乏しいこの型における攻撃技はねっとうが基本。ナットレイ?を火傷でごまかせ、
そうしょくと判明後ジャローダに代わって出てくるポケモンに火傷で負担をかけることができる。
ほろびのうたは起点化阻止以外にも、対バトン構築・対レパル?ガッサ・対ピクシーなどで使用可能。

当然ながらちからもち型とは役割対象が全く異なる。
また、多くの草を相手にできるが、毒複合のフシギバナ等は無理。数は少ないが電気複合のカットロトムも同様。

【ダブル】滅び構築導入型 節を編集

特性:ちからもちorそうしょく
性格:アタッカーベース:いじっぱりorようき
   サポーターベース:耐久または素早さの上がる性格、技に応じてAまたはCに下降補正
努力値:アタッカーならHAS調整 サポーターならHBDS調整
持ち物:オボンのみ/たべのこし/ラムのみ/メンタルハーブ など
確定技:ほろびのうた
優先技:まもる
選択物理攻撃技:アクアブレイクorたきのぼり/アクアジェット/じゃれつく/はたきおとす/かわらわりorばかぢから
選択特殊攻撃技:ねっとう
選択補助技:いばる/みがわり など

ほろびのうた構築の起動要員となる。通常のアタッカーと判別が難しく、ちょうはつを呼びにくいのが評価点。耐久も高めである。
また、かげふみ要員であるゴチルゼル?ソーナンスメガゲンガーが厳しい悪タイプやシャンデラ?に強いのも評価点。
アタッカーベースなら上記のポケモンを強く縛れる。サポートベースの場合は耐久にがっつり振って長く居座らせたい。


対マリルリ 節を編集

注意すべき点
ちからもちのおかげで攻撃力がかなり高い。また耐久も高く、弱点のサブウェポンでは落としにくい。
具体的には無補正C252サンダースの10まんボルトをH252振りで確定で耐えるほどの耐久。
水+フェアリーの複合タイプにより広い攻撃範囲を持ち、加えてアクアジェットがあるので非常に高いタイマン性能を持つ。
はらだいことアクアジェットの両立により全抜きされる可能性もある。
アタッカー型の裏をかいたそうしょく型も存在するため、型の見極めが重要。
草弱点が一貫するパーティで採用されている場合はそうしょく型の可能性がある。
対策方法
一番の対策はタイプ一致技で先制して弱点を突き、何もさせずに倒すこと。
できればアクアジェットに耐性のあるポケモンが望ましい。
具体的にはフシギバナドククラゲウォッシュロトムなど。
また、マリルリの攻撃技はほぼ接触技であるため、ゴツゴツメットなどでスリップダメージを稼ぎつつ立ち回るのも有効。
脚が遅いため上からのZワザなど強化アイテム持ちの高火力で一気に叩くのも有効。
カプ・テテフ?ならサイコフィールドでアクアジェットを無効化し、H252マリルリを無補正C252メガネサイコキネシスで確1。
アマージョ?も特性で先制技を無効にしつつ上から弱点を突けるがそうしょくに注意。