ロズレイド - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ロズレイド 節を編集

No.407 タイプ:くさ/どく
通常特性:しぜんかいふく(手持ちに戻ると状態異常が治る)
     どくのトゲ(接触技を受けると30%の確率で相手をどく状態にする)
隠れ特性:テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)※スボミー・ロゼリアのとき「リーフガード」
体重  :14.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
草/毒HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ロズレイド60706512510590515しぜんかいふく/どくのトゲ/テクニシャン
フシギバナ80828310010080525しんりょく/ようりょくそ
ラフレシア7580851109050490ようりょくそ/ほうし
ウツボット80105651007070490ようりょくそ/くいしんぼう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/かくとう/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

くさ×どく複合タイプで、同複合では珍しい速攻アタッカー気質のポケモン。
くさタイプ1位タイの特攻種族値を持ち、特性テクニシャンによりサブウェポンにも融通が効く。
ただし、肝心の一致技の通りが悪く、アタッカー向けの種族値とミスマッチなのが気になるところ。

BDSPでは、メガシンカが廃止されライバルだったフシギバナが環境から陥落。
技のバリエーションと特攻の高さではこちらが勝っており、特に差別化を気にする必要もなくなった。
一方で、めざパ廃止により、テクニシャン適応の威力90の任意タイプのサブウェポンが無くなったのはかなり痛い。
どくどくの習得者が圧倒的に少なくなったのは個性として追い風。



特性考察 節を編集

しぜんかいふく
タイプ特性によりどくどくや粉技には耐性があり、特殊技中心なので火傷もあまり痛くない。
ただ麻痺を回復できる点と、あくびを撃たれた場合でも居座る選択肢をとりやすいのは魅力的。
めざパ廃止でテクニシャン対応技がほぼなくなったこともあり、基本的にはこれ。
どくのトゲ
接触時に30%で相手を毒状態にできるが、それが痛手になるケースは少ない。
そもそも物理耐久が低いので、物理技で攻撃されるのは避けたほうがいい。
テクニシャン
隠れ特性。適用技はマジカルリーフ程度。今作では基本候補外。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力[テクニ]命中追加効果備考
リーフストーム130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。最高火力。連発には向かないので撃ち逃げ向き。
マジカルリーフ60(90)
[135]
必中-タイプ一致技。テクニシャンならエナジーボールと同威力で必中効果付き。
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。必中ではないがDダウンで強引な突破が狙える。
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果で確定数をずらす場合に。
くさむすび20[45]-120(180)100体重依存タイプ一致技。テクニシャンなら高威力で撃ちやすい。
多くの強敵に高威力で打てるが、ウォッシュロトムには効きづらい。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。ヘドロウェーブは覚えない。
じんつうりき80100怯み10%対毒。サイコキネシスは覚えない。
シャドーボール80100特防↓20%対超・霊。鋼に等倍だが威力は低い。
マジカルシャイン80100-対格・竜。一致技と半減範囲が被る。
ウェザーボール50[75]/100100天候で変化天候に応じてタイプ・威力が変化。天候パの補完役として採用するなら。
過去作基本技。剣盾技マシン。
変化技タイプ命中備考
ねむりごな75対面・交代先に一貫しやすいが命中不安。
草は呼びにくいが、ぼうじんそうしょくにも無効。
どくどく必中耐久型対策。自身のタイプにより必中。呼ぶ毒や鋼には無効。
やどりぎのタネ90削り技兼回復技。草以外の相手には刺さる。
まもる-どくどくややどりぎの時間稼ぎ。様子見にも。
みがわり-どくどくややどりぎの時間稼ぎ。対耐久型にも。
こうごうせい-回復技。天候変化に注意。
いのちのしずく-回復技。ダブル向け。天候に依存しない。
ねむる-回復技。状態異常も含め全回復。カゴのみやしぜんかいふくとあわせて。
どくびし-サポート用。相手の毒タイプに注意。
グラスフィールド-サポート用。草技強化と小回復、地震半減効果も。

型考察 節を編集

テクニシャンアタッカー型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/たつじんのおび/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/くろいヘドロ (砂パor霰パ)
確定技:リーフストームorギガドレインorマジカルリーフorエナジーボール/ヘドロばくだん/ウェザーボール
優先技:じんつうりき/ねむりごな
攻撃技:シャドーボール/マジカルシャイン
補助技:しびれごな/やどりぎのタネ/せいちょう/どくどく/こうごうせい

草タイプ最高の特攻と高めの素早さを活かし、中速以下の水・地・鋼・妖を狩る。
テクニシャン補正のめざめるパワー炎・地により、はがねタイプにも高めの打点を持てることが強み。
無補正C252めざめるパワー炎でH252ナットレイ?高乱数1(87.5%)、地面ならH252ヒードラン高乱数1(81.3%)。

サブウェポンは対毒のじんつうりきや、不利対面の誤魔化しや交代読みなどに使えるねむりごなの優先度は高い。
攻撃範囲はまずまず優秀だが一致技の通りが悪いため、運用に置いては交代読みの行動が重要になる。相手後続のポケモンにも注意を払うこと。

持ち物は素早さを補うスカーフや行動回数確保のきあいのタスキ、範囲を活かしつつ無難に火力を確保できるたつじんのおびが有力。
それぞれメリットが異なるため、仮想敵やパーティに合わせて選択。

特殊受け型 節を編集

特性:しぜんかいふく/テクニシャン
性格:おだやか/おくびょう
努力値:HD252をベースに調整
持ち物:くろいヘドロ(推奨)/オボンのみ など耐久の基本となるもの
確定技:やどりぎのタネ(推奨)orどくどく
優先技:ギガドレイン
攻撃技:ヘドロばくだん
補助技:ねむりごな/しびれごな/こうごうせい/みがわり/まもる

高い特防を活かして特殊受けを担う。
不一致れいとうビーム程度なら問題なく受けられるため、水タイプも当然役割対象にできる。
耐久型としては高い特攻・素早さを持ち、遂行速度に優れる。

HPは持ち物や技によって調整したい。
くろいヘドロやみがわりを使うなら204振りの実数値161(16n+1調整)など。
HP252振りすると実数値167で8n-1。

型サンプル
性格 :おだやか
努力値:H236 D252 S20
持ち物:くろいヘドロ
技構成:ギガドレイン/やどりぎのタネ/みがわり/まもる

不一致弱点程度なら受けきれるため、遂行能力が高い。
毒技の所持率が高いイメージからやどりぎのタネの効かない草タイプは呼びにくいため、
そのままみがわり・まもるで完封できることも少なくない。

しかしながら毒を等倍以下にする草タイプ(フシギバナなど)はそこそこ呼ぶため、相手パーティにそのようなポケモンがいる場合は要警戒。

対ロズレイド 節を編集

注意すべき点
高い特攻からの一致技が強力。持ち物もタスキやチョッキ、スカーフなど多岐に渡る。
ギガドレインややどりぎのタネ、こうごうせいなど回復技も豊富。しぜんかいふくなら状態異常も回復される。
どくどくややどりぎのタネで耐久型の突破も容易にこなしてくる。
対策方法
物理耐久は低いので、不一致弱点や一致等倍技でも押していける。
素早さで上回るポケモンなら対処しやすいがこだわりスカーフ持ちも多いので、
特殊耐久が高めの毒や鋼タイプなどが望ましい。