レントラー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

レントラー 節を編集

No.405 タイプ:でんき
通常特性:とうそうしん(相手が自分と同じ性別なら技の威力が1.25倍、異なる場合は0.75倍になる。性別不明には効果なし)
     いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)  
隠れ特性:こんじょう(状態異常の時に攻撃が1.5倍になる。やけどによる物理技の威力低下を無視する)
体重  :42.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
物理単電HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レントラー8012079957970523とうそうしん/いかく/こんじょう
エレキブル7512367958595540でんきエンジン/やるき

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

高めの攻撃を中心としたバランス型の能力を持つポケモン。
弱点の少ないでんき単タイプかついかくを持つため、サブのじしん程度では落ちず安定して行動回数が確保しやすい。
サブウェポンも3色キバにバークアウト・ばかぢからなど、エレキブルほどではないが個性的なラインナップが揃う。
また、電気タイプ唯一のとうそうしんこんじょう持ちで、Aも120と高め。

ただ、速攻アタッカーにするには中途半端な素早さが欠点。
物理電気共通の悩みとして肝心の物理一致最大火力がワイルドボルトなため、最大火力も数値に反して低め。
耐久は優秀なものの物理のメイン・サブ共に接触技が多く、反動などのデメリットもあるため消耗しやすいなど難点も多い。
特攻も95と平均以上あるため、特殊ベースや両刀運用も視野に入れて育成したい。

BDSPでは、USUMや剣盾で覚えられた一部の技が習得不可能に。
全体的に技の威力が低く、種族値相当な火力が出しづらい。威嚇やサポート、撤退を絡めてうまく立ち回りたい。



特性考察 節を編集

とうそうしん
物理・特殊問わず強化できるが、相手の性別に依存するので安定性に欠ける。
異性対策にメロメロを覚えさせることである程度は対応できるが、技スペースも厳しくネタの域は出ない。
エレキブルなどの他の物理電気との明確な差別化のためにも、下記2つのいずれかが優先される。
いかく
電気タイプ屈指の物理耐久を得る(無振りで種族値128相当、全振りで144相当)。
採用率の高いじめん技は大半が物理技の「じしん」なため、耐久調整がしやすく非常に好相性。
B特化@シュカのみで無補正A振りガブリアスのじしんをいかく込みで2発耐える程度の耐久になる。
ボルトチェンジとあわせれば複数回発動できる。また繰り出し時に表示されるため素早さ判定にも使える。
こんじょう
隠れ特性。火傷による機能停止を防ぎ、高火力を得られる。かえんだまを持たせれば能動的に発動できる。
定数ダメージが減少したものの、ワイルドボルトの反動とあわせて短命になりがち。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
ワイルドボルト90(135)100反動1/4タイプ一致技。威力は高いが反動が痛い。
スパーク65(97)100麻痺30%タイプ一致技。威力は低いが反動は無い。
威力はかなり低く、(C振り10万ボルト)>(A振りスパーク)。
からげんき70/140100-状態異常で威力倍増。こんじょうとあわせて。
電気技とあわせて全18タイプに等倍以上。
ばかぢから120100攻撃・防御↓能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。剣盾技レコード。
じゃれつく9090攻撃↓10%対竜。ガブリアスキノガッサに。剣盾技レコード。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
対草地竜。ボーマンダガブリアスグライオンに。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
対草。ハッサムユキノオーに。
かみくだく80100防御↓20%ラティオスナッシーに。じごくづきは今作では習得不可。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。きあいのタスキ潰しに。
特殊技タイプ威力命中効果解説
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。命中不安。雨とあわせて。
ほうでん80(120)100麻痺30%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。ダブルでは周囲全体攻撃。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退可能。いかくやこだわりスカーフと相性がよい。
バークアウト5595特攻↓100%追加効果が優秀。みがわり貫通。ダブルでは相手全体攻撃。
変化技タイプ命中解説
つぶらなひとみ100相手の攻撃を弱化。素早さ無振りでも先制可能。
かいでんぱ100相手の特攻を半減。特殊アタッカー対策。
うそなき100相手の特防を半減。擬似的に特攻を強化。
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
でんじふゆう-地面技対策。耐性向上に。遅いので使いづらい。
メロメロ100とうそうしんでの異性対策に。
ほえる-積み技対策や、異常撒きに。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特防を強化。
まもる-かえんだまの安全な発動に。こんじょうとあわせて。
ねごと-催眠技対策。こんじょうとあわせて。
エレキフィールド-電気技強化。催眠対策にも。キノガッサとは同速。

型考察 節を編集

いかくアタッカー型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり/ようき/ひかえめ/おくびょう/ゆうかん/れいせい
努力値:AorC252 S252or調整 残りH
持ち物:Zクリスタル/たつじんのおび/いのちのたま/こだわりスカーフ/オボンのみ/とつげきチョッキ
確定技:ワイルドボルトor10まんボルト
選択技:こおりのキバ/ほのおのキバ/かみくだく/ボルトチェンジ/めざめるパワー/でんこうせっか
変化技:つぶらなひとみ/でんじは/エレキフィールド/どくどく

主に物理アタッカーに繰り出して揺さぶりをかける型。使い方次第ではPTの循環役として機能する。
C95は通常ロトムと同じ水準なのでいかく+ボルトチェンジの特殊仕様も考えられる。

最速スカーフでメガゲンガーなど130族抜き、準速でライコウなど115族と同速
Zエレキフィールドで積み技のように戦えることも。

こんじょうアタッカー型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ252 or 攻撃252 素早さ調整 残りHP
持ち物:かえんだまorどくどくだま
確定技:ワイルドボルト/からげんき
選択攻撃技:ばかぢから/かみくだく/こおりのキバ/ほのおのキバ/でんこうせっか/にどげり
選択補助技:まもる/ボルトチェンジ/でんじは

こんじょう+からげんきは一致ワイルドボルトの威力を越え、反動がない点からも確定技になる。
すばやさが低く毒・火傷のダメージでどんどん耐久が削れるため、遅めの相手をカモにしたい。

やけどのダメージ下がったため、持たせるアイテムはかえんだまを優先。

物理流し型 節を編集

特性:いかく
性格:ずぶとい/のんきなど
努力値:HB252
持ち物:たべのこし/カゴのみ/シュカのみ/ゴツゴツメット/ふうせん
選択技:ほうでん/10まんボルト/ボルトチェンジ/ばかぢから/こおりのキバ/バークアウト
変化技:ねむる/つぶらなひとみ/でんじは/どくどく/かいでんぱorひかりのかべ/じゅうでん

いかくを活かした物理流し型。再生回復こそできないがいかく込みなら電気タイプの中でも随一の耐久となる。
特にメインウェポンを半減できる飛行や鋼には滅法強いが、唯一の弱点である地面技は採用率が高いため注意。
電気技は反動のあるワイルドボルトより特殊推奨。
10まんボルトとほうでんの威力差は小さいので、麻痺にしたくない理由や相手に与える負担を重要視する理由が無ければほうでんがよいだろう。

スパークとほうでんは指数がほぼ同じなので、こおりのキバを入れる場合はほうでんではなくスパークも候補。
対水を想定する場合は物理技の方が通りやすい。

シュカのみを持たせると、いかく+つぶらなひとみと併せてガブリアスを始めとする地面タイプに強く出られる。


対レントラー 節を編集

注意すべき点
いかくやつぶらなひとみにより物理アタッカーとの撃ち合いに強い。
不一致じしん程度は軽く耐えられ、豊富な攻撃技で弱点を突いてくる。
とうそうしんこんじょうで火力を上げてくることも。
対策方法
特殊地面技を撃てるニドキングサザンドラ?ヒードランが有効。
クリアボディまけんき持ちがいれば、いかくやつぶらなひとみを牽制できる。