エレキブル - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

エレキブル 節を編集

No.466 タイプ:でんき
通常特性:でんきエンジン(受けた電気タイプの技を無効化し、素早さが1段階上がる)
隠れ特性:やるき(眠り状態にならない)
体重  :138.6kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
物理電気HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エレキブル7512367958595540でんきエンジン/やるき
レントラー8012079957970523とうそうしん/いかく/こんじょう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「でんきエンジン」の場合、でんき無効


でんきタイプの物理アタッカー。
禁止伝説を除き電気タイプでは最も高い攻撃種族値を誇る。
じしん・けたぐり・三色パンチなどサブウェポン候補も豊富で広範囲に攻撃できる。とくに地面技・氷技を覚えるでんきタイプはどちらも数が限られる。
ただし、物理でんきアタッカーの宿命として、メインウェポンはワイルドボルトに依拠せざるを得ないのが辛い。
反動で耐久が削られるため数値以上に脆く、素早さも100族に届かないため先手を取られることも多い。
積み技の乏しさからも抜き性能は低めなので、多彩なサブウェポンを活かし役割重視での運用が望ましいだろう。

特性「でんきエンジン」およびじしんにより、浮いていないでんきを狩れるでんきタイプである。
環境には地面無効の電気タイプが使われることが多く、汎用的な電気受けとしての役割は難しい。



特性考察 節を編集

でんきエンジン
でんき無効+素早さ上昇。ワイルドボルトの反動を考えると半減と無効の差は大きい。
発動すれば準速でも130族を抜ける。でんき技を誘う相方を同時に編成しよう。
かたやぶりには貫通されるが、BDSP環境では特殊技しか使えないラムパルドのみなので考慮外でよい。
トレースされるとこちらのメインウェポンが通らなくなる点に注意。
やるき
隠れ特性。催眠技に後出しできる。あくびによる起点作りも阻止できるため、サポート型の相手への妨害にもなる。
ねむりごな持ちの草・虫にはほのおのパンチ、さいみんじゅつ持ちのゲンガーにはじしんで弱点を突ける。
しかし、メジャーな草であるキノガッサは高威力物理先制技持ち。
ゲンガーもおにびたたりめ型の場合突破を許すため、いずれも有利とはいい難い。
あくび持ち最メジャーのカバルドンも相性不利であるため、噛合が悪い。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ワイルドボルト90(135)100反動1/4タイプ一致技。威力は高いが反動が痛い。
かみなりパンチ75(112)100麻痺10%タイプ一致技。威力は低いが反動は無い。
じしん100100-でんき。差別化にも実用面でも有用。
れいとうパンチ75100凍り10%タマゴ技。対くさじめんドラゴン。電気技との相性補完に優れる。
ほのおのパンチ75100火傷10%タマゴ技。対くさ。鋼にはかえんほうしゃの方が通りやすい。
いわなだれ7590怯み30%スカーフやでんきエンジンとあわせれば怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%すばやさ操作技。呼ぶ地面に無効化されない。
クロスチョップ10080急所ランク+1地面技と範囲が被る。けたぐりの方が通りやすい。
けたぐり20~120100-威力不安定。相手が100.0kg以上ならクロスチョップ以上。
きあいパンチ150100優先度-3交代読みや、みがわりとあわせて。
ローキック65100素早↓100%追加効果が優秀。がんせきふうじ・じならしより高威力。
フェイント30100優先度+2先制技。タスキ潰しに。他の先制技より速い。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。フェイントよりわずかに威力が高い。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。
かえんほうしゃ90100火傷10%くさはがねモジャンボなどに。
変化技タイプ命中備考
でんじは90妨害技。でんきは呼びにくいが、じめんひらいしん等に注意。
ちょうはつ100補助技対策。耐久型に。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。リフレクターは覚えない。
でんじふゆう-弱点が無くなる。中速なので打てる機会も多い。技スペースが厳しいか。

型考察 節を編集

アタッカー基本型 節を編集

特性:でんきエンジン(推奨)/やるき
性格:いじっぱり/ようき/せっかち/さみしがり
努力値:A252 S252or調整 残りH
持ち物:きあいのタスキ/たつじんのおび/シュカのみ/ふうせん
確定技:れいとうパンチ/じしん
優先技:ワイルドボルトorかみなりパンチ
物理技:クロスチョップorけたぐり/いわなだれ/ほのおのパンチ/フェイントorでんこうせっか
特殊技:ボルトチェンジ/かえんほうしゃ
変化技:ちょうはつ/でんじは

じしんと特性でんきエンジンのお蔭で対電気性能に優れるアタッカー。
電気技読みの後出しが決まれば特性発動でSが上昇するため、上手く立ち回れば爆発力も得られる。
補完に優れた氷・地のサブウェポンを軸に広範囲に弱点を突いて仕留めていく。
一致技は威力や反動に難があり等倍で押せるほどの火力もないため、必ずしも必須ではない。

火力・耐久・素早さ全てがあと一歩といった能力値なので持ち物で行動回数確保や威力補強を狙いたい。
ワイルドボルトは反動技であるため、きあいのタスキをもたせる場合はかみなりパンチで代用するのも良い。

両刀にする場合はむじゃきではなくせっかちorさみしがり推奨。
特防はそこそこあるため削るのは惜しく、物理技は元々タスキがないと耐えられない程度なのでB下降の影響を感じづらい。

サイクル導入型 節を編集

特性:でんきエンジン
性格:いじっぱり
努力値:H252or調整 S調整 残りAC
持ち物:とつげきチョッキ/こだわりハチマキ
確定技:ワイルドボルトorボルトチェンジ/じしん/れいとうパンチ
選択技:かえんほうしゃorほのおのパンチ/クロスチョップorけたぐり/いわなだれ/フェイントorでんこうせっか/ちょうはつ/でんじは

耐久に努力値を割いてとつげきチョッキや火力補強の持ち物をもたせ、特殊電に後出ししサイクルを回す構成。
基本型同様、電気単タイプへの有効打となるじしんと、サンダー等の浮いている電気への有効打となるれいとうパンチは確定技。
後出し時に電気技を受けることで多少の素早さ調整をすればライコウなども抜けるようになる。


相性考察 節を編集

手持ちにでんき技を誘いやすいポケモンが居ると特性を発動させやすくなる。
特に初登場となる第四世代ではギャラドスとの相性補完を買われ組まれることも多かったが、
低耐久ゆえでんき技以外への受け出しは望ましくなく、サイクル導入にはひと工夫必要になる。


対エレキブル 節を編集

注意すべき点
特性でんきエンジン?とじしんにより、同じでんきタイプに強い。
電気タイプ屈指の物理火力を持ち、サブウェポンも豊富。先制技、ちょうはつ等も厄介。
対策方法
ガブリアス等での速攻が手っ取り早い。物理受けゴーストでおにびを入れるのも良い。
かくとうエスパーフェアリーも弱点を突かれにくいので後出ししやすい。

エレブー 節を編集

No.125 タイプ:でんき
通常特性:せいでんき(接触技を受けると30%の確率で相手をまひ状態にさせる)
隠れ特性:やるき(眠り状態にならない)
体重:30.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
進化前後HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値備考
エレブー6583579585105490
エレキブル7512367958595540

エレキブルと比べSが10高い。エレキブルが先手を取れないS100族やガブリアスを抜けることが大きな利点。

ただしBDSPではしんかのきせきが存在せず、耐久面を補えなくなってしまった。
火力もA83・C95と並程度で、一致技もエレキブル同様命中不安のかみなりを除けば90止まりと威力が低い。
エレキブルが覚える有用なサブウェポンが習得できないことも有り、攻撃面の能力では数段劣る。
C95S105以上でサブウェポンにも恵まれた電気タイプは他にも多数存在するため、速攻の電気タイプとしてあえてエレブーを採用する強みは乏しい。

エレキブルが覚えてエレブーは覚えられない技
じしん/じならし/いわなだれ/がんせきふうじ/かえんほうしゃ/ちょうはつ 等

特性考察 節を編集

せいでんき
防御の低さから物理攻撃を誘いやすいが、最も撃たれやすいじしんは非接触なので発動機会は少ない。
やるき
隠れ特性。ねむりごなやさいみんじゅつ等の催眠技に強くなるが、それらを持つくさむしタイプやゲンガー等への有効打に乏しい。
他のでんきタイプとの差別化を考えるとこちら。
ただし唯一の回復技である「ねむる」が使えなくなるなどデメリットも存在する。

型考察 節を編集

速攻アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう/せっかち/むじゃき
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/シュカのみ
確定技:10まんボルト/きあいだま
特殊技:ボルトチェンジ/サイコキネシス
物理技:クロスチョップorけたぐり/ローキック/フェイントorでんこうせっか/ほのおのパンチ/カウンター
補助技:でんじは/ひかりのかべ/どくどく/みがわり

ガブリアスまでのドラゴンを抜けることを活かしたアタッカー。
ただし特攻・素早さだけを見るとライコウサンダースに劣る。
差別化にはきあいだまなどの格闘打点やほのおのパンチが重要か。

いのちのたま(or各種強化アイテム)を持たせるなら10まんボルトで構わないが、
それ以外を持たせる場合には確定数に差が出るかみなりも候補に入る。


対エレブー 節を編集

注意すべき点
エレキブルより素早い。
サイコキネシスやカウンターなど、他の特殊電気アタッカーには無いサブウェポンも豊富。
対策方法
スカーフガブリアスの一致じしんなら確1にできる。
電気無効でサブでも弱点を突かれにくいランターンバクーダトリトドンなども有利。