モジャンボ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

モジャンボ 節を編集

No.465 タイプ:くさ
通常特性:ようりょくそ (晴れの時に素早さが2倍になる)
     リーフガード (晴れの時に状態異常にならない)
隠れ特性:さいせいりょく (手持ちに戻るとHPが最大値の1/3回復する)
体重  :128.6kg (けたぐり・くさむすびの威力100)
物理受け草HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
モジャンボ1001001251105050535ようりょくそ/リーフガード/さいせいりょく
リーフィア65110130606595525リーフガード/ようりょくそ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/どく/ひこう/むし
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

防御が高く、物理受けに適性がある。
数値上はメガフシギバナにも大きく差をつけ物理耐久はくさタイプではトップ。
こうごうせい・やどりぎのタネ以外にも特性さいせいりょくによる回復ソースがあるため、物理受けとしての能力は高い。
攻撃・特攻も高めであり、サブウェポンも豊富。補助技もねむりごなを始めとした強力な技が揃っており、
特性さいせいりょくと組み合わせたサイクル戦や特性ようりょくそによるアタッカーもこなせる。

弱点はやはり単くさタイプゆえの弱点の多さと、低い特防・素早さによる役割破壊のされやすさに尽きる。
とはいえ有効打のない物理相手にはとことん強いため、相手を見極めて動けば十分活躍が見込めるだろう。



特性考察 節を編集

ようりょくそ
他のようりょくそ持ちに比べ火力・範囲共に優秀だが、素早さは大きく劣る。
準速で抜けるのは130族やスカーフ70族まで。天候上書きやターン制限に注意。
リーフガード
状態異常を防げるが晴れ下限定なうえ、既にかかっている状態異常は治らないため使いにくい。
鈍足なので麻痺の影響は小さく、特殊型なら火傷も怖くないため、恩恵も少ない。
さいせいりょく
隠れ特性。交代際の回復により高い物理耐久をより活かすことが出来る。
有利不利がはっきりしているため撃ち逃げすることも多く、アタッカー運用においても好相性。
同特性持ちの中で最高の物理耐久と攻撃性能を合わせ持つため、差別化も十分と言える。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ソーラービーム120(180)100溜め攻撃タイプ一致技。晴れパ用。
リーフストーム130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発はできず半減されやすいがC特化@メガネでガブリアス確1の火力。
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。耐久型の回復ソースやアタッカーの確定数ずらしに。
きあいだま12070特防↓10%はがねそうしょくノーマルにも。
ヘドロばくだん90100毒30%くさ。毒で火力補強も狙える。
フェアリーにも有効だが等倍リーフストーム>抜群ヘドロばくだん。
げんしのちから60100全能力↑10%ほのおむしひこうリザードンウルガモス?に。
まとわりつく20100拘束ダメージ有利な相手をキャッチできればおいしい。USUM教え技。しめつけるも覚える。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
パワーウィップ120(180)85-タイプ一致技。高威力・命中不安。
じしん100100-ほのおどくはがね。高威力・広範囲。
どくづき80100毒30%くさ。毒で火力補強も狙える。
いわなだれ7590怯み30%ほのおむしひこうようりょくそとあわせれば怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。
つばめがえし60必中-くさむし。4倍ピンポイント。
はたきおとす65/97100道具排除追加効果が優秀。
変化技タイプ命中備考
ねむりごな75起点作りに。くさぼうじん等には無効。
しびれごな75サポート用。でんきくさ、ぼうじん等には無効。
やどりぎのタネ90耐久型では必須。はがねほのおどくひこうなど呼ぶ相手に一貫しやすい削り技兼回復技。
しぜんのちから-フィールドによっては特殊型のサブウェポンになりうる。PTと要相談。
パワースワップ-相手と攻撃・特攻のランクを交換する。リーフストームとあわせて。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
にほんばれ-ようりょくその発動や、こうごうせい・せいちょうの性能向上に。
せいちょう-攻撃・特攻を補強。晴れ下では効果倍増。
つるぎのまい-攻撃を強化。物理型の決定力向上に。
ドわすれ-特防を強化。特殊アタッカー対策に。
こうごうせい-回復技。さいせいりょくと違い居座れる。天候変化に注意。USUM教え技。
いたみわけ-削り技兼回復技。HPが高いので使いづらい。USUM教え技。
まもる-やどまもでターン稼ぎに。役割破壊されやすいので様子見としても有用。
みがわり-やどみが用、交代先を見てから有効打を当てることも可能。減ったHPはさいせいりょくで回復できる。
いかりのこな-ダブル用。物理攻撃を引き寄せたい。
グラスフィールド-ダブル向け。草技強化と毎ターン小回復。
+  努力値調整目安

型考察 節を編集

各型の耐久・素早さ調整ラインについては上記努力値目安を参照。

無天候アタッカー型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:いじっぱり/ゆうかん/ひかえめ/れいせい
努力値:H252 AorC252
持ち物:こだわりメガネ/こだわりハチマキ/いのちのたま/オボンのみ/半減の実/Zクリスタル
物理技:パワーウィップ/じしん/いわなだれ/どくづき/はたきおとす/しぜんのめぐみ
特殊技:リーフストームorギガドレインorエナジーボール/きあいだま/ヘドロばくだん/めざめるパワー(炎/氷)/げんしのちから
補助技:ねむりごな/やどりぎのタネ/こうごうせい/いたみわけ

天候に依存しないアタッカー型。草単の中ではトップクラスの攻撃範囲を誇る。
攻撃技が豊富な単草といえばジュカインもいるが、
素早さ・耐久・補助技・特性が大きく異なるので比べる必要はないだろう。

こだわりメガネorクサZC特化リーフストームは無振りガブリアスカプ・テテフ?を確1で落とせるほどの火力。
半減されやすいのが玉に瑕だが、さいせいりょくによる撃ち逃げとも相性が良い。

物理受け型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:ずぶとい/のんき
努力値:HB252をベースにCDS調整
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/オボンのみ/しんかのきせき(モンジャラ)
確定技:やどりぎのタネ
攻撃技:ギガドレインorリーフストームorパワーウィップ/じしん/きあいだま/いわなだれ/はたきおとす/げんしのちから/ヘドロばくだん/めざめるパワー(炎/氷)
補助技:ねむりごな/こうごうせい/まもる

優秀な物理耐久と豊富な回復ソースを活かした物理受け。
耐性は貧弱だが、特性さいせいりょくにより流されても後出し回数が稼げることがポイント。
反面特殊アタッカーには滅法弱いため、うまく味方でフォローしたい。

同じく草タイプ・さいせいりょく持ちのモロバレル?とは物理耐久と地面耐性、素早さで差別化は容易。
特に物理耐久の差は圧倒的でH252B156振りでA特化メガバシャーモの一致フレアドライブすら確定で耐える。
ホノオZや特殊型の可能性もあるためリスクはあるものの、上記耐久調整なら無補正A60振りじしんでフレアドライブの反動込みで無振りメガバシャーモを落とすことも出来る。

呼ぶはがねほのおひこうにはやどりぎのタネが刺さるため、基本は撃ち逃げしながらサイクルを回せば負荷としては十分。
他の型にも言えることだが眠り粉や宿り木の種が効かない草タイプ、特にメガフシギバナには為す術がないので注意。

とつげきチョッキ型 節を編集

特性:さいせいりょく
性格:ひかえめ/いじっぱり
努力値:H252 A252orC252orD調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:ギガドレインorエナジーボールorパワーウィップ
選択技:リーフストーム/きあいだま/ヘドロばくだん/めざめるパワー(炎/氷)/げんしのちから/はたきおとす/じしん/いわなだれ

特殊耐久をとつげきチョッキで補い、打ち合い性能を高めることで特殊みずでんきに役割を広げた型。
H252+チョッキでC252へんげんじざいゲッコウガ?のれいとうビームまで耐えることが出来るため、出落ちしづらく安定性が高い。
物理耐久はH振りだけでもA252ガブリアスのげきりんが確3なので、アタッカーとしては十分な数値。

さいせいりょくとギガドレインがあるのでとつげきチョッキの制約を受けても自力で回復できる。
呼ぶナットレイ?などの鋼対策に、めざめるパワー炎やきあいだまがあると重宝する。
補助技が使えない以上、岩技や地面技がないと飛行、炎に負担をかけられない。
他の型に比べると役割範囲は広めだが、やはり苦手な相手は割り切って後続に任せたほうが良い。

晴れパ型 節を編集

特性:ようりょくそ
性格:やんちゃ/うっかりや
努力値:HACS調整
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/オボンのみ/各種Zクリスタル
確定技:せいちょう/ソーラービーム
物理技:パワーウィップ/じしん/いわなだれ/どくづき/はたきおとす
特殊技:リーフストームorギガドレインorエナジーボール/きあいだま/ヘドロばくだん/めざめるパワー(炎/氷)/げんしのちから
補助技:ねむりごな/やどりぎのタネ/こうごうせい

両刀可能な種族値、広い攻撃範囲。せいちょうも積める。
元の素早さが低いことや、晴れのターン制限がネック。


対モジャンボ 節を編集

注意すべき点
優秀な物理耐久と豊富な回復手段。やどりぎのタネやねむりごななど、草タイプおなじみの搦め手も。
単タイプだが攻撃・特殊ともに範囲が広く、型の豊富さもあって動きが読みづらい。
特に物理耐久は圧倒的で並のアタッカーでの突破は困難。多少ダメージを与えてもさいせいりょくで逃げつつ回復されてしまう。
ようりょくそで高速広範囲アタッカーをこなすこともでき、決定力を上げる積み技もあるため油断できない。
対策方法
特殊耐久と素早さは低い。上からの一致特殊技で弱点を付けば一気に落とせる。
チョッキ型の場合は弱点の特殊技すらも耐える場合があるが、その場合は補助技が使えないためメガボーマンダなどのエースの起点に出来る。
晴れパ型でなければ鈍足なので、ちょうはつ・みがわりも有効。
物理アタッカーでも、役割破壊のだいもんじ、どくどくがあればある程度痛手は与えられる。
対策最安定はメガフシギバナで、モジャンボのすべての型に対して完封できる。