レックウザ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

レックウザ 節を編集

No.384 タイプ:ドラゴン/ひこう
特性:エアロック(互いのポケモンが天候の影響を受けなくなる)
体重:206.5Kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
地面無効禁伝両刀竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レックウザ105150901509095680エアロック
ギラティナ(オリジン)15012010012010090680ふゆう

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/かくとう/むし
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしじめん

第三世代の禁止級伝説であり、ドラゴン×ひこう複合の一角。
攻撃・特攻が高く、また高性能な専用技ガリョウテンセイ、積み技のりゅうのまい等、習得技も攻撃的。
ただし両刀アタッカーの宿命として種族値配分に無駄が多く、耐久面は禁止級としては少々低めでこおり4倍も痛い。
素早さも禁止級の激戦区90を僅かに超えているとはいえ、中速帯で上を取られやすく、打たれ弱いのが短所。
あられやすなあらしのスリップダメージを受けないというメリットと、晴れや雨を利用しての火力強化等ができないというデメリットを持つ。

BDSPにおいて、メガシンカを喪失したものの、ガリョウテンセイやぼうふうは引き続き習得可能。
環境的には、苦手としているフェアリータイプのポケモンが少ないため、極めて動きやすくなった。
反面、ぼうふう、ソーラービーム、かみなり等が天候の恩恵を受けられない点には引き続き注意が必要。

配布技のVジェネレートはビクティニの専用技扱いなのか、第4世代以前のポケモンのみ登場の今作には登場しない。
そもそもまだ連れてくることすらできないのであまり関係は無いが。
特殊技のオーバーヒートやだいもんじで疑似的に代替可能。



形態考察 節を編集

エアロック
ノーてんきと同じ効果。
自分が出ている間、場の天候を無効にする。
上位天候特性に対してもしっかり効果を発揮するので、一応覚えておくと良い。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ガリョウテンセイ120(180)100BD↓専用技。強力なメインウェポン。性能は飛行版インファイト。
げきりん120(180)100行動固定
+混乱
ドラゴンタイプのメインウェポン。
フェアリーが減ったため扱いやすくなったが鋼に注意。
ドラゴンクロー80(120)100-リスクなしの安定ドラゴン技。げきりんと選択。
しんそく80100優先度+2唯一の先制技。
じしん100100-一致技を半減する鋼に有効で、範囲・命中ともに優れる。
ストーンエッジ10080急所率+1ホウオウや氷タイプに。
いわなだれ7590怯み30%同上。命中がやや高い。りゅうのまいとセットで怯みも。
ダブルでは相手2体攻撃でより怯みも狙いやすい。
かみくだく80100防御↓20%対エスパー。禁止級では刺さりやすい。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓ドラゴン技最高火力。
りゅうのはどう85(127)100-命中安定で能力低下も無いが、威力は控えめ。
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致技。威力は申し分ないが命中不安。
特性により雨でも必中にならず、晴れでも命中低下しない。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技だが威力は控えめ。
りゅうのまいかでんじはがあれば怯みの範囲が広がる。
オーバーヒート13090特攻↓↓対鋼。撃ち逃げに最適。両刀なら反動も気になりにくい。
だいもんじ11085火傷10%オーバーヒートとの選択。居座るならこちら。
かみなり11070麻痺30%命中が不安定だが高威力。特性により雨でも必中にならない。
10まんボルト90100麻痺10%同上。命中安定。
だいちのちから90100特防↓10%対鋼に。範囲は広い。剣盾技レコード。
れいとうビーム90100凍り10%ドラゴンにしては珍しく氷技を覚える。4倍ドラゴンなどに。
ふぶき11070凍り10%高威力だが命中不安。特性により霰での命中補強もできない。
きあいだま12070特防↓10%鋼や岩に。H252振りディアルガにいのちのたま以上なら確1。
変化技タイプ命中追加効果備考
りゅうのまい-攻撃↑
・素早↑
速度補強と火力補強になる。これも他の禁止ドラゴンにない強み。
つるぎのまい-攻撃↑↑素早さより攻撃に重点を置くなら。
でんじは90麻痺アタッカーの場合技スペースはないが便利な補助技。

型考察 節を編集

積みエース型 節を編集

性格:ようきorむじゃきorいじっぱり
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/ラムのみ/おうじゃのしるし(なげつける)
確定技:つるぎのまいorりゅうのまい/ガリョウテンセイ
優先技:じしん/しんそく
選択技:げきりんorりゅうせいぐん/たきのぼりorなみのり/だいもんじorオーバーヒートorVジェネレート/なげつける(おうじゃのしるし)

りゅうのまいやつるぎのまいを積み、一気に全抜きを狙う型。
現環境ではミュウツー、パルキア、スカーフカイオーガ等との速度対決を考えると、りゅうのまい優先か。

持ち物は、火力補強の狙えるいのちのたま、氷技への反撃が狙えるきあいのタスキやヤチェのみ、状態異常対策のラムのみなど。

優先技としては、ガリョウテンセイと攻撃面で相性のよいじしんや先制技のしんそくなど。
ドラゴン技を採用する場合、特に相手の禁止伝説ドラゴンを想定するなら、りゅうせいぐんの方が往々にして小回りがきく。
※BDSPはそもそもフェアリーの数が少ないのでげきりんでもよい。

両刀型 節を編集

性格:むじゃき/せっかち
努力値:AS252orCS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:ガリョウテンセイ
優先技:りゅうせいぐん/だいもんじorオーバーヒート
選択技:しんそく/じしん/たきのぼりorなみのり/ほえる

あえて積み技を選択せず、広い攻撃範囲を駆使して戦う。

こだわりハチマキ型 節を編集

性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252 D4
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:ガリョウテンセイ
優先技:じしん/しんそく
選択技:げきりん/Vジェネレート/ストーンエッジ/たきのぼり

サイクル戦を想定した型。
全抜き性能こそ落ちているものの、相手に与える負担は凄まじい。


対レックウザ 節を編集

注意すべき点
攻撃種族値と特攻種族値は驚異の150。
専用技ガリョウテンセイの通りの良さからの制圧力は高く、一度積み技を許してしまうと止めるのが非常に難しくなる。
技範囲も優秀であり、物理特殊両方の技を使ってくるため受けも安定しづらい。
対策方法
攻撃性能こそ脅威なものの、すばやさ種族値は95と中速帯を抜けきれない域。耐久も中の上程度で、専用技の反動で数値以上にもろい。
パルキアガブリアスラティオスなどのレックウザより速いドラゴンならりゅうのまいを積まれていない限り、上から竜技で制圧可能。
4倍弱点の氷技も有効。レックウザが耐久無振りならスターミー(C100)のれいとうビーム程度でも確1。
一致氷技ならマンムー(A130)@珠のこおりのつぶてでも耐久無振り個体に確1が取れる。
ただし、竜技や氷技を意識したタスキ持ちの個体もそれなりにいるので何も考えずに打つのは危険である。
アルセウス(フェアリー)
フェアリーアルセウスなら無補正A252振りいのちのたまガリョウテンセイを耐え、こちらのさばきのつぶて+しんそくで落とせる。
ただし、積み技を使われると厳しい。
スカーフメタモン
りゅうのまいorつるぎのまいの採用率は高いので、スカーフメタモンの採用も候補。
シュカのみエンペルト
レックウザの一致技を半減、大半のサブウェポンを等倍以下に抑え込み、返しのれいとうビームで確1。
何も積まれていない場合、地震やきあいだまは素で耐える。つるぎのまいを積まれてもシュカのみがあれば耐えられる。