レジロック - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

レジロック 節を編集

No.377 タイプ:いわ
通常特性:クリアボディ(相手に能力を下げられない)
隠れ特性:がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る)
体重  :230.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
頑丈/単岩HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レジロック801002005010050580クリアボディ/がんじょう
ウソッキー70100115306530410がんじょう/いしあたま/びびり

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/くさ/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/どく/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

高い防御種族値を持ち、物理耐久はトップクラスのいわ単タイプのポケモン。
特防も100といわタイプの中では高めであり、すなおこし持ちを除けば比較的安定した耐久を持つ。
しかし弱点は多く耐性に難があり、再生回復技も覚えないため耐久型としての運用は現実的ではない。
優秀な耐久と技レパートリーを活かし、一発耐えて反撃で殴り勝つ重火力アタッカーとして運用したい。
ステルスロック・でんじはといったサポート技と自主退場のだいばくはつを活かした起点作り役も有用といえる。

アタッカーとしては火力の半端さと素早さの低さが難点。
特に火力不足は深刻で、A特化でも無振りバシャーモすらじしんで乱1(43.8%)という程度。
単に鈍足高耐久・広範囲の物理いわというだけなら、ドサイドンバンギラスのほうが火力もあり優秀である。
差別化のためにもクリアボディによるいかく耐性や4倍弱点が無い点、自主退場技のだいばくはつを活かしたい。

BDSPではハマナスパークで入手可能。
ただしこの個体は隠れ特性のがんじょう固定であり、クリアボディ個体は現状入手手段がない。



特性考察 節を編集

クリアボディ
いかくやあまえるを無効化できるため、安定した攻撃性能を発揮できる。
がんせきふうじやおきみやげでの起点作りを妨害できることも。
BDSPでは現在入手手段が無いため未解禁。
がんじょう
隠れ特性。本来耐えられない攻撃を耐えたり、一撃必殺を無効化できるので採用価値はある。
しかし、同特性を持つライバルは多く、ハードロックすなおこしなど耐久・耐性を補う類似特性持ちも多数存在する。
加えて元の耐久も優秀で4倍弱点も無いため、高火力の一致弱点特殊技でもない限り一撃で落ちるリスクは比較的低め。
強力な特性には違いないが、より差別化を意識するなら上記のクリアボディの方が無難だろう。
BDSPではハマナスパークで入手できる個体がこちらの特性で確定のため、消去法でこちら確定。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。高威力・命中不安。
いわなだれ75(112)90怯み30%タイプ一致技。ロックカットやでんじはとあわせて。
じしん100100-対鋼。岩タイプ定番のサブウェポン。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対鋼。能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。
アームハンマー10090素早↓ばかぢからと選択。デメリットは小さい。
ドレインパンチ75100HP吸収回復効果付きだが、耐久型は厳しい。
れいとうパンチ75100凍り10%ボーマンダガブリアスに。剣盾技マシン。
ほのおのパンチ75100火傷10%ハッサムドータクンに。剣盾技マシン。
アイアンヘッド80100怯み30%ロックカットやでんじはと合わせれば怯みも狙える。剣盾技レコード。
だいばくはつ250100自分瀕死サポート後の退場に。
変化技タイプ命中備考
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
のろい--攻撃・防御を補強。素早さ低下のデメリットは小さい。
てっぺき--防御を強化。物理に滅法強くなる。
ロックカット--素早さ強化。準速でも最速130族・スカーフ最速70族抜き。
ねむる--状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:クリアボディ/がんじょう
性格:いじっぱり
努力値:HA252
持ち物:オボンのみ/こだわりハチマキ/ラムのみ
確定技:ストーンエッジ
選択技:じしん/ばかぢからorアームハンマーorドレインパンチ/だいばくはつ
補助技:のろい/でんじは

耐性は良くないので物理受けではなく、高耐久のアタッカーとしての運用が安定しやすい。
スタンスは「耐えて反撃」なので、HAベースが基本となる。

H252振りでA特化鉢巻ガブリアスのじしんを確定で耐える程度に物理耐久は高い。
ただし、BDSPではれいとうパンチが使えない点に注意。

サポート型 節を編集

特性:がんじょう/クリアボディ
性格:ようき/しんちょう/いじっぱり
努力値:H252ベースでADSいずれかを調整
持ち物:きあいのタスキ/イバンのみ/回復系きのみ/でんきだま
確定技:ステルスロックorじゅうりょく(両搭載可)/だいばくはつ
優先技:でんじはorなげつける(でんきだま)
選択技:がんせきふうじorストーンエッジ/じしん/ばかぢから/れいとうパンチ

高耐久で場作りに適した技を多数習得するため、起点作りの適性は高い。
物理耐久はHに振るだけで相当なものになるため、明確な調整先がいなければ基本的にBは据え置きで良い。
残りは麻痺込で抜ける範囲を増やせるS振りか特殊相手の起点化を安定させるためのD振り、アタッカー性能を維持させるA振りのいずれか。

S振りの場合は最速で麻痺込みで最速151族(フェローチェ?)抜き。準速スカーフカプ・テテフ?にも上を取れる。
準速でも無振り80族や麻痺後の130族は抜けるが、135族以上は抜けなくなる。

特殊耐久はH振りのみでもC252ゲッコウガ?のなみのりやC252霊獣ボルトロス?のきあいだま程度の技は耐える。
D振りは回復系きのみ込みで複数回耐えたい場合や、火力補強アイテム込みの技を耐えたい場合に。
調整先はカプ・コケコ?のZ10まんボルトやカプ・テテフ@メガネのサイコキネシス耐えなど。

特性はがんじょうの方が安定性が高まり持ち物とのコンボも狙いやすいが、特定の性格の個体の入手は至難の業。
また、クリアボディの恩恵がないため、A無振りだと威嚇持ちとの対面でみがわりを壊せない可能性がある。(例として無振りメガギャラドスのみがわりを岩石封じが確2)
頑丈なしでも大半の技は耐えられるため、クリアボディでもさほど問題はない。

型サンプル
特性 :クリアボディ
性格 :ようき
努力値:HS252D4
持ち物:でんきだま
技構成:なげつける/ステルスロック/がんせきふうじ/だいばくはつ

先発起用で運用。タスキなしでも大半の技を耐えるのでHS振りでも耐久の安定感は十分に感じた。
そのためS操作技にはでんじはではなく、持ち物の余裕を活かして電気玉なげつけるを採用。
レジロックの起点作り自体は読まれやすいがS振りとなげつけるを読まれることはほぼなく、でんじは読みで出てくる地面を機能停止させて場作りを完遂することができた。
他にもミミッキュ?のばけのかわを剥がして麻痺を入れられる点は特筆に値し、悠長に剣の舞を積む相手を容易に後続の起点とすることができた。
後続にはレジロックが飛行を牽制しやすく鋼を呼びやすいことを活かしてメガバシャーモウルガモス?を起用。ビーストブースト持ちも相性が良いと思う。

ロックカット型 節を編集

特性:クリアボディ/がんじょう
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:オボンのみ/ラムのみ
確定技:ロックカット/ストーンエッジorいわなだれ
選択技:じしん/ばかぢからorドレインパンチ/だいばくはつ

ロックカットを積んで上から制圧する型。
BDSPではじゃくてんほけんが存在しないため火力不足がややネックか。
50族なので準速でも実数値102になり、ロックカット一回で130族を追い抜ける。


対レジロック 節を編集

注意すべき点
岩タイプ最高の物理耐久を誇り、物理アタッカーは苦戦必至。
ドレインパンチで攻撃しつつ回復も可能。その他サブウェポン・積み技も豊富。
特殊耐久も並み以上にはあるため砂嵐下では用心したい。
2022年1月現在は特性がんじょうの個体しか存在しないため、一撃必殺技が確実に無効化されることにも注意。
対策方法
やはり特殊技で攻めるのが無難。攻撃技は物理一辺倒なのでおにびも効果的。
弱点がメジャーなので、一撃で仕留められないとしても痛手を負わせることは案外簡単。
体重が重いので「けたぐり」「くさむすび」を威力120で受ける上、両方とも弱点なので特に有効。
足は遅いものの、ロックカットを積まれると準速でも130族を抜いてくるので、
状態異常を狙えない場合は、少しでも削ることを優先しよう。