ドダイトス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドダイトス 節を編集

No.389 タイプ:くさ/じめん
通常特性:しんりょく(HPが1/3以下の時に草タイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:シェルアーマー(相手の攻撃が急所に当たらない)
体重  :310.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドダイトス95109105758556525しんりょく/シェルアーマー

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/むし
いまひとつ(1/2)じめん/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

唯一のくさ×じめんの複合タイプを持つポケモン。
鈍足だが物理方面の数値が優秀で、特殊耐久も並以上。いわ+じめんの範囲を半減に抑え込む他、
くさが苦手などく等倍、ほのおは一致じめん技で牽制可能。じめんの苦手なみずも等倍に抑え込むと綺麗に補完している。

ただし、鈍足かつ耐性は少なめなので受け出しには向かず、こおり4倍は特に致命的な短所。
BDSPではめざめるパワーが廃止され、対面から相手できるかどうかは分かりやすいのだが、
ガブリアスなどがメジャー級の当時の環境ではこおり非採用の構成というのはタイプ縛りでもしてなければ考えづらい。
じめんのアタッカーとしては攻撃種族値はやや控えめな数値であり、実際の運用は見た目よりも難しい。

幸い、サブウェポンはそれなりに豊富。いわ、かくとうは抜群範囲が広く、あくは等倍範囲が広い。
鈍足でありながら上を取れれば強い、という性質を持っており、おいかぜやトリックルームでのサポートを併用したいところ。
BDSPで失った技にもこれといって重要なものが無く、良くも悪くも第七世代までと役割はほとんど変化していない。



特性考察 節を編集

しんりょく
通常特性。草技の通りの悪さを補える。高耐久なので発動圏内で耐えることが多い。
発動すればA特化ウッドハンマーでB特化スイクンを中乱1にできるが、反動でこちらも落ちる。
シェルアーマー
隠れ特性。弱点の関係で耐久には向かないが、思わぬ急所で計算が狂うということはなくなる。
のろいやたくわえるを積む際の安定感が増すが、第7世代ではランク0時の急所確率が1/24に低下した。
かたやぶりで無力化されるが、上述の通り急所に当たること自体稀なので考慮外でも良い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ウッドハンマー120(180)100反動1/3タイプ一致技。威力は高いが反動が痛い。
タネばくだん80(120)100--タイプ一致技。威力は低いが反動は無い。
タネマシンガン25(37)*2~5100--タイプ一致技。威力不安定だが、きあいのタスキやみがわりに強い。
5発ならウッドハンマーを超えるが期待値は3発。
じしん100(150)100--タイプ一致技。性能安定。
じならし60(90)100素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。飛行・ふゆうには無効。
ヘビーボンバー40(60)~
120(180)
100ちいさくなる相手に
必中&2倍
対氷への打点。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対虫・飛行。一致技との相性補完に優れる。
いわなだれ7590怯み30%ストーンエッジと選択。
こだわりスカーフやロックカットと合わせて怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早↓100%じならしと選択。威力・命中で劣るが、無効タイプ無し。
ばかぢから120100攻撃・防御↓能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。
かみくだく80100防御↓20%草/ゴーストやラティオスに。
げきりん120100行動固定対ドラゴン。行動固定が痛い。
変化技タイプ命中備考
やどりぎのタネ90削り技兼回復技。草以外の相手には刺さる。
みがわり--補助技対策や、しんりょくの発動に。
ステルスロック--サポート用。ウッドハンマーで退場可能。
ロックカット--素早さ強化。準速で最速145族と同速。
のろい--攻撃・防御を補強。素早さ低下のデメリットは小さい。
つるぎのまい--攻撃を強化。味方でおいかぜや麻痺撒き等のサポートがあるとよい。

型考察 節を編集

基本アタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり
努力値:A252 S調整 残り耐久
持ち物:ラムのみ/ヤチェのみ/いのちのたま/こだわりハチマキ/たつじんのおび/とつげきチョッキ
確定技:ウッドハンマーorタネばくだん/じしん
攻撃技:ストーンエッジ/ばかぢから/じならし
補助技:やどりぎのタネ/ステルスロック/みがわり

受け、繰り出しメインのポケモン達にはよく刺さる。
ただし、おいかぜやトリックルームなどのフォローがないと働きにくいのがネック。

ヤチェのみやとつげきチョッキを持たせると特殊水・電気を安定して処理できる。

ロックカット型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/ヤチェのみ/ラムのみ/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:ロックカット/ウッドハンマーorタネばくだん/じしん/ストーンエッジ

隙を見てロックカットを積み、広い攻撃範囲からの全抜きを狙う。
最速だと準速スカーフガブリアスまで抜ける。
ロックカットを搭載するため当然他の型と比べると攻撃範囲は狭まる。

氷を強く意識する場合はきあいのタスキかヤチェのみ、火力重視の場合はいのちのたまが安定する。
電気や地面・岩などの得意な相手に出し、積む機会を作っていくのが基本。

タスキかヤチェの場合、ウッドハンマーの代わりにタネばくだんも候補に入る。
火力不足は否めないが、ウッドハンマーの反動により退場してしまうケースも多い。

スカーフ型 節を編集

性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ウッドハンマー(推奨)orタネばくだん/じしん
攻撃技:ストーンエッジ/ばかぢから/かみくだく

攻撃範囲は広いが弱点多数で鈍足のため、致命傷を受けてしまうことが多い欠点を
味方のサポートなしに単体で補い相手にとって想定外の素早さで奇襲することを目的とした型。
草・地面・岩・格闘の攻撃範囲はかなり広く、100族前後の比較的高速低耐久の相手に刺さりやすい。
特に炎タイプに対しては一致で弱点を突くことができ、相手も退いてくる可能性は低いためこの型のターゲットとなる。
電気タイプに対しても有利だが、ライコウサンダース等、スカーフを持たせても抜けない相手には注意。

素早さ目安
最速スカーフで108族(ゴウカザル等)抜き。110族(ライチュウ等)には抜かれる。
ロックカット型とは初ターンの素早さと、フルアタにすることによる攻撃範囲の広さで差別化する。
耐久面目安
攻撃面目安

相性考察 節を編集

ラプラスパルシェンなどの氷・水タイプと相性がよい。
ドダイトスの氷4倍弱点を1/4に抑えられ、それらの弱点の岩や電気にドダイトスは耐性がある。


対ドダイトス 節を編集

注意すべき点
高水準の物理耐久を持ち、岩+地面を両方半減にされる。
攻撃面もタイプ一致の草・地面に加え岩・格闘・ドラゴン等の幅広いサブウェポンがある。
特に草技は特性しんりょくで強化される恐れがあり、半端な物理耐久では易々と突破される。
見た目通りの鈍重さも、トリックルームやおいかぜ、ロックカット等でカバーされる。
対策方法
氷4倍なので、対ドラゴン対策がそのまま通じる。飛行タイプの技にも弱いので、ボーマンダがいれば選出を縛る事ができる。
ただし、物理耐久はガブリアスを上回るので、ガブリアスを仮想敵として調整したこおりのつぶてなどでは仕留めきれない事が多い。
致命傷を負わせる事はできるので、次のターンで確実にとどめを刺せる方法を頭に入れて行動しよう。