メガニウム - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

メガニウム 節を編集

No.154 タイプ:くさ
通常特性:しんりょく (HPが1/3以下のときに草タイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:リーフガード(晴れのときに状態異常にならない)
体重:100.5kg (けたぐり・くさむすびの威力100)
草御三家HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
メガニウム80821008310080525しんりょく/リーフガード
フシギバナ80828310010080525しんりょく/ようりょくそ
ジュカイン70856510585120530しんりょく/かるわざ
ドダイトス95109105758556525しんりょく/シェルアーマー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/どく/ひこう/むし
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

ジョウト御三家のくさ担当。耐久が高めだが他は平凡。
単くさは弱点が多く、種族値との噛み合いが今ひとつ。何をやらせても器用貧乏になりがちな性質が難点。

BDSPでは目の上のたんこぶだったジャローダが不在。
とはいえ中途半端な性能は相変わらずで、ドラゴンテールを失い起点にされやすくなってしまった。
久々にタネマシンガンを再習得し、4倍相手には強く出られるようになったがシングルでの採用意義は薄い。

ダブルにおいては、いやしのはどう+くさのちかいを両立できる(ドーブルを除き)唯一のポケモンだった。
のだが、今回はいわゆる誓い技の使用自体ができなくなり、個性が更に減少してしまう羽目に。

メガニウムフシギバナラフレシアモジャンボ
カウンター
やどりぎのタネ
グラスフィールド
ひかりのかべ
リフレクター
アロマセラピー
げんしのちから
いやしのはどう

※配布のみ



特性考察 節を編集

どちらの特性も特別有用とはいい難いため、好みで決めて構わない。
一応第七世代PGLランキングではしんりょくが優勢となっていた。

しんりょく
通常特性。耐久は安定しており、等倍なら発動圏内で耐えることは十分考えられる。
しかし、弱点の多さにより一撃で落とされる可能性も高い。
くわえて、耐久振りした場合は発動圏外で耐えてしまうことも多く、少々ミスマッチ。
リーフガード
隠れ特性。晴れの間状態異常を防ぐが、混乱などの状態変化は防げない。
またうるおいボディと異なり、特性発動前に状態異常に陥った場合は治せず、かたやぶりにも貫通されるので注意。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果備考
ギガドレイン75(112)100HP吸収マシン技。耐久力の高さと相性のよい一致技。
リーフストーム130(195)90特攻↓↓タマゴ技。高火力。撃ち逃げ用。
げんしのちから60100全能力↑10%タマゴ技。炎や飛行に。
物理技タイプ威力命中効果備考
はなふぶき90(135)100-一致技。ダブルでは敵味方全体攻撃。
タネマシンガン25(37)*2~5100-連続技。期待値111。4発以上当たればはなふぶきより高火力。
きあいのタスキ、がんじょう潰しは積まない限り難しい。
カウンター-100物理ダメージ反射
優先度-5
タマゴ技。耐久型のメガニウムとは相性がよい。
じしん100100-相性補完のよいサブウェポン。対鋼・炎・毒に
アイアンテール10075防御↓30%対氷妖。補完的にいまいちだが他に攻撃技の選択肢も少ない。
変化技タイプ命中解説
やどりぎのタネ90タマゴ技。とりあえず撃っておけば刺さる優秀な補助技。草タイプとそうしょくには無効。
つるぎのまい-物理型で運用する場合に。耐久が高めなので比較的積みやすい。
リフレクター-優秀なサポート技。物理を受けたいなら。ダブルでは味方全体のダメージ2/3。
ひかりのかべ-優秀なサポート技。物理技を誘いカウンターという手もある。ダブルでの性能は同上。
いやしのはどう-ダブル用。味方HPを半分回復。草御三家で唯一習得できるため差別化にも有用。
アロマセラピー-自分と味方の状態異常を回復可能。ダブル向きだがシングルでも一応使える。
みがわり-状態異常対策、やどりぎのタネの時間稼ぎ、しんりょくやきのみ発動の手助けにもなり汎用性が高い。
こうごうせい-優秀な回復技。使う場合は相手の天候変化に気を付けたい。
グラスフィールド-タマゴ技。くさタイプの技の威力増強も自らの回復も出来る技だが、相手のHPも回復してしまう。
後続のサポートにも。
しぜんのちから-各種フィールドとあわせて。
グラスフィールド下ではエナジーボールに変化。通常時はトライアタック。

型考察 節を編集

やどみが型 節を編集

性格:ずぶとい/おだやか
努力値:HP16n+1 素早さ調整 残り耐久
持ち物:たべのこし
確定技:やどりぎのタネ/みがわり
選択攻撃技:リーフストーム/ギガドレイン
選択補助技:どくどく/まもる

やどりぎのタネを撒いた後、みがわり連打で相手のHPをじわじわ削っていく。
ちょうはつやアンコール持ちには注意。

物理受け型 節を編集

性格:ずぶとい/わんぱく
努力値:HP252 防御252 or HP252 素早さ調整 残り防御
持ち物:たべのこし/オボンのみ
確定技:ギガドレインorはなふぶき
選択攻撃技:リーフストーム/カウンター
選択補助技:やどりぎのタネ/こうごうせい/ひかりのかべ/リフレクター/アロマセラピー/まもる/みがわり

物理水や地面あたりに役割を持ちやすい。
オボンのみ持ちならガブリアスあたりにも一応出ていける。
地面半減なのでドラゴンからげきりんを誘いやすい所もメリットと言えるか。
ひかりのかべは後続の負担を減らすために入れることが多いが、
物理攻撃を誘いカウンターを決めやすくするという使い方もある。

特殊受け型 節を編集

性格:おだやか/しんちょう
努力値:HP252 特防252 or HP252 素早さ調整 残り特防
持ち物:たべのこし
確定技:ギガドレインorはなふぶき
選択攻撃技:じしん/カウンター
選択補助技:やどりぎのタネ/どくどく/こうごうせい/つるぎのまい/ひかりのかべ/リフレクター

特殊水・電気を受けに行く型。
H252くらい振っているなら物理にもある程度の繰り出しが効きくため汎用性がある。

【ダブル】サポート型 節を編集

性格:おだやか/ずぶとい/おくびょう
努力値:HD252 HB252 HS252ベースに調整
持ち物:オボンのみ/バコウのみ/たべのこし/メンタルハーブ
確定技:いやしのはどう
優先技:ひかりのかべ/リフレクター
選択攻撃:エナジーボール/リーフストーム
選択補助:まもる/こうごうせい/アロマセラピー/グラスフィールド

草タイプのいやしのはどう持ちは他にチェリムのみ。
あちらの覚えない両壁で差別化を図りたい。


対メガニウム 節を編集

注意すべき点
単草で弱点は多いものの、半減範囲はそれなりに優秀。
くさぶえ、マジックコートは没収されたため、警戒すべきはカウンター程度。
対策方法
耐久は特化した方はそれなりに固くなるが、特化していない方はそれほどでもないので、
単草故の多い弱点をつけるポケモンで確実に攻めていこう。
耐久型のメインとなるやどりぎのタネを無効化しつつ一致毒技を撃つことができ、
メガニウムからの有効打がないフシギバナ等がよい。
弱点が多いことを生かしたタスキカウンター持ちもいるので、特殊技で弱点を突くことを推奨。

覚える技 節を編集

遺伝 節を編集

タマゴグループ怪獣?/植物?
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=7:1
進化条件チコリータ(Lv.16)→ベイリーフ(Lv.32)→メガニウム

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
アロマセラピー自力Lv.60
いやしのはどうレベルヤドラン系統/ヤドキング
カウンターレベルキノガッサ
リレーケッキング系統/ルカリオ(陸上)→ニドラン♂/サイホーン(怪獣/陸上)
ヘラクロス(虫)→パラス(虫/植物)
ソーナンス(不定形)→カラナクシ(不定形/水中1)→ミズゴロウ/ハスボー(水中1)
キノガッサ(妖精/植物)→パラス(虫/植物),ハスボー(水中1/植物),サボネア(植物/人型)
エビワラー/カポエラー/ルカリオ(人型)→サボネア(植物/人型)
グラスフィールドレベルラフレシア系統/キレイハナ/ロズレイド/モジャンボ系統
げんしのちからレベルモジャンボ系統/ラムパルド系統/トリデプス系統
しぜんのちからレベルルンパッパ系統/ダーテング系統
じたばたレベルカビゴン/オーダイル系統/ルンパッパ系統
つるのムチレベルフシギバナ系統/ウツボット系統/マスキッパ/モジャンボ系統
ねをはるレベルキマワリ系統/ロゼリア/ノクタス系統/マスキッパ/モジャンボ系統/ユキノオー系統
のしかかり自力Lv.46
やどりぎのタネレベルフシギバナ系統/ナッシー系統/ワタッコ系統/キマワリ系統/キノガッサ系統/
ロゼリア/ノクタス/ドダイトス系統/チェリム系統/ロズレイド
リーフストームレベルナッシー系統/キレイハナ/キマワリ/ジュカイン系統/ダーテング/
トロピウス/ドダイトス系統