エビワラー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

エビワラー 節を編集

No.107 タイプ:かくとう
通常特性:するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる) ※バルキーのとき「こんじょう」
     てつのこぶし(パンチ技の威力が1.2倍になる) ※バルキーのとき「ふくつのこころ」
隠れ特性:せいしんりょく(怯まない・いかくを無効化する) ※バルキーのとき「やるき」
体重  :50.2kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
てつのこぶしHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エビワラー50105793511076455するどいめ/てつのこぶし/せいしんりょく
ゴウカザル761047110471108534もうか/てつのこぶし

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

初代出身の単かくとう。パンチ技が代名詞で、てつのこぶしで威力を底上げできる。
パンチ技ではないものの、とびひざげり等の高威力技も習得し、初代出身とあってサブウェポンも豊富。

BDSPでは長らく差別化に悩まされてきたローブシンが不在だが、ゴウカザルの存在は相変わらず。
幸い、あちらはれいとうパンチを覚えられず、めざめるパワーの廃止でこおり技の有無という差別化要素が発生。
ガブリアスなどの強豪に4倍弱点が多いタイプなので、過去世代よりは大分マシな立場に。



特性考察 節を編集

するどいめ
命中低下なし+相手の回避上昇無視。
ちいさくなるなどの回避戦術に強くなるが役立つ場面が限定的。
回避戦術を使うピクシースターミーベトベトンはいずれもタイプ相性で不利な相手であり、この特性を持ってしても役割を持つことは難しい。
一応トレース対策にはなるが、それだけならてつのこぶしでいいため候補外。
てつのこぶし
適用技が多くもっとも扱いやすい。
ただし、特性適用対象の一致技はどれも火力や発動条件に難がある。
火力を求める場合はとびひざげりで良いため、基本はサブウェポンの威力底上げ用の特性と考えると良い。
せいしんりょく
隠れ特性。ひるまなくなる。第八世代ではいかくを受けない効果が追加された。
ダブルではねこだまし、いわなだれ、いかくの採用率がシングルより高いので有用。

技考察 節を編集

攻撃技(メイン)タイプ威力鉄拳命中追加効果備考
とびひざげり130(195)-90外すと反動高威力だが外したときのダメージが痛い。
インファイト120(180)-100防御・特防↓安定して高火力が出せるが、耐久が下がるのがややもったいない。
きあいパンチ150(225)270100優先度-3かなりの威力だが読みが必要。
ドレインパンチ75(112)135100HP吸収威力は低めだが追加効果が優秀。
ローキック65(97)-100素早さ↓100%当てればそこそこの相手を抜ける。
グロウパンチ40(60)72100攻撃↑100%威力は低いが、攻撃しつつ火力アップを狙える。
攻撃技(サブ)タイプ威力鉄拳命中追加効果備考
ストーンエッジ100-80急所ランク+1格闘技との相性補完に優れる。
いわなだれ75-90怯み30%威力は低いが命中を重視するなら。
じしん100-100-高威力・広範囲だが格闘技と範囲が被る。毒を意識するなら。
れいとうパンチ7590100凍り10%飛行タイプや4倍ドラゴンに有効。他の格闘ポケモンとの差別化にも。
かみなりパンチ7590100麻痺10%ギャラドスペリッパー等に。
ほのおのパンチ7590100火傷10%ハッサム等に有効。
こうそくスピン50-100拘束解除
設置技排除
素早さ↑
サポート用。設置技対策。素早さも上げられる。
カウンター--100優先度-5きあいのタスキと合わせて。
攻撃技(先制技)タイプ威力鉄拳命中追加効果備考
マッハパンチ40(60)72100優先度+1てつのこぶし込みでそこそこの威力に。
バレットパンチ4048100優先度+1威力は落ちるがゴーストに無効化されず、フェアリーへの有効打にも。
フェイント30-100優先度+2威力は低いが先制技の撃ち合いに強い。
ねこだまし40-100優先度+3
怯み100%
きあいのタスキ・がんじょうマルチスケイル潰しやダメージの上乗せに。
変化技タイプ命中備考
ビルドアップ-攻撃と防御を強化。ドレインパンチと相性がいい。
こうそくいどう-半端な素早さを補う。
みがわり-きのみの発動やきあいパンチとのコンボで。
ファストガード-ダブル用。先制技対策に。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:てつのこぶし
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 残りHPor素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ
確定技:インファイトorとびひざげり
優先技:バレットパンチ(スカーフ除)/れいとうパンチ/かみなりパンチ
選択技:マッハパンチ/ねこだまし/ほのおのパンチ/ストーンエッジorがんせきふうじ/じしん/カウンター/フェイント

基本的な物理型。一致格闘技と、てつのこぶし対象のパンチ技で殴る。
かみなりパンチやれいとうパンチは飛行、バレットパンチはフェアリーに刺さる。
ただしエスパーやゴーストには有効打が無い。

高速移動型 節を編集

特性:てつのこぶし
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ調整 残りHP
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/オボンのみ/ラムのみ
確定技:こうそくいどう
候補技1:インファイトorとびひざげりorドレインパンチ
候補技2:かみなりパンチ/れいとうパンチ/ストーンエッジorいわなだれ
候補技3:ほのおのパンチ/じしん

カイリューメタグロスに種族値と技範囲で劣りがちだが一致格闘技が強み。
格闘タイプの技を最低1つは入れないと上記2種の劣化になりがち。
残りの技スペースは相性補完兼4倍弱点狙いの候補技群2から選択するといい。

ほのおのパンチの優先順位は低め。
狙いめのユキノオーに対してはインファイトと威力差が無く、虫鋼ピンポイント気味。
相性補完の面でもストーンエッジがあれば事足りる。

調整例
  • 攻撃252素早さ252振り
    スカーフガブリアス抜き抜き。
    れいとうパンチで耐久無振りガブリアス確1。
    H205B115ガブリアス乱1(93.8%)。
    A182ガブリアスのげきりん確1。
  • HP188振り残り素早さ
    A182ガブリアスのげきりん確2。
    その残りを素早さに回すと、実数値104となり無補正スカーフ85族抜きまでができる。
    同耐久にはH92B60もしくはH44B100でも可。
  • 素早さ無振り
    スカーフ65族(120族+3)と同速。
型サンプル
性格 :いじっぱり
持ち物:ラムのみorいのちのたま
技構成:ドレインパンチ/れいとうパンチ/ストーンエッジ/こうそくいどう

火傷と麻痺で機能停止し、一度退くと再び積むことが難しいため、ラムのみはほぼ必須か。
対ゴーストで積める機会は多い。
素早さ種族値でこちらが劣る相手に死に出しすればスカーフを警戒され、手負い相手に出せば先制技を警戒される。

【ダブル】せいしんりょく基本型 節を編集

特性:せいしんりょく
性格:いじっぱり/ようき
努力値:HA/ASベースで調整
持ち物:たつじんのおび/半減実 など
確定技:インファイト/ねこだまし
選択肢:ほのおのパンチ/かみなりパンチ/れいとうパンチ/いわなだれorストーンエッジ/フェイント/ファストガード

せいしんりょくをいかし、いかく・ひるみを無効化して相手を攻め立てる。
アタッカーとして攻めるだけでなく、ねこだましやファストガードなどの搦め手も覚えるが、やはりおにびには弱い。


対エビワラー 節を編集

注意すべき点
サブウェポンが豊富で攻撃範囲はかなり広い。
三色パンチ、ドレインパンチ、マッハパンチ等は特性の影響で種族値以上に火力が出る。
対策方法
耐久も速さも平凡なのでエスパーゴーストで上から殴るのが手っ取り早い。
おにびや一般的な格闘受けも有効。ヤドランサマヨール?など。