ユキノオー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ユキノオー 節を編集

No.460 タイプ:くさ/こおり
通常特性:ゆきふらし(天候が霰になる)
隠れ特性:ぼうおん(音に関係する技が無効になる)
体重  :135.5kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
ゆきふらしHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ユキノオー909275928560494ゆきふらし/ぼうおん

ばつぐん(4倍)ほのお
ばつぐん(2倍)かくとう/どく/ひこう/むし/いわ/はがね
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

くさ×こおり」の固有タイプを持つポケモン。
天候を変化させる特性「ゆきふらし」を有し、ふぶき・こおりのつぶて・ギガドレイン・ウッドハンマーなど優秀な技が揃っている。
耐性は4つと一見少ないがみずくさじめんでんきに対しては非常に優勢で、
特にこおり技を等倍で受けられるくさタイプとしてみずタイプに強さを発揮する。
一方で弱点が多いうえにほのお4倍なので役割破壊を受けやすい。有利な相手を見極めて動きたい。

BDSPでは、バイバニラ・アマルルガ・Aキュウコンの追加ゆきふらし組が軒並み不参戦。
元祖「ゆきふらし」として唯一無二の個性が再び発揮されることとなった。
さらに、8世代から追加された技「オーロラベール」で起点づくりもできるようになり、きあいパンチ・ゆきなだれも再習得した。
環境の変化が総じて追い風となっているが、リーフストーム・つららばり・だいちのちから・ウェザーボールはBDSPでは習得できない点が残念。



特性考察 節を編集

ゆきふらし
きあいのタスキ潰し&ふぶきが必中になる強力な特性。
ユキノオーの採用理由とも直結するので、基本的にはこれが安定。
ぼうおん
音技を無効。基本的に選択されないが、音技をシャットアウトすることでみがわりの信頼度が上がる。
ぼうおんでは唯一のやどりぎのタネの習得者であり、自身より遅い相手にみがやどを安定して決めることが可能。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ウッドハンマー120(180)100反動1/3タイプ一致技。反動が痛い。
タネばくだん80(120)100-タイプ一致技。性能安定。物足りない威力だが、タスキ持ちなら採用も検討。
タネマシンガン25(37)*2~5100-タイプ一致技。威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。
5発ならウッドハンマーを超えるが期待値は3発。
つららばり25(37)*2~5100-タイプ一致技。威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。
5発なら後攻ゆきなだれを超えるが期待値は3発。剣盾技マシン。
ゆきなだれ60(90)100後攻で威力2倍タイプ一致技。強力だがスカーフと相性が悪い。
こおりのつぶて40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。鈍足を補える。
じしん100100-対炎・毒・鋼。一致技との相性補完に優れる。
ダブルでは周囲全体攻撃。
いわなだれ7590怯み30%対炎・虫・氷。リザードンに。
ダブルでは相手全体攻撃。怯みは狙いにくい。
きあいパンチ150100優先度-3対氷・鋼。みがわりとあわせるか撤退読みで。
かわらわり75100壁破壊対壁構築用。アンコールに注意。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ふぶき110(165)70凍り10%タイプ一致技。霰下で必中だが天候変化に注意。
A特化でも持ち物がこだわりハチマキ以外ならこちら。
ダブルでは相手全体攻撃。
リーフストーム130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。反動が痛い。撃ち逃げ向き。起点化に注意。剣盾技レコード。
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付き。
くさむすび20~120
(30~180)
100-タイプ一致技。威力不安定。100.1kg以上ならエナジーボール超え。
だいちのちから90100特防↓10%対炎毒鋼。一致技との相性補完に優れる。剣盾技レコード。
きあいだま12070特防↓10%対氷・鋼・悪・ノーマル。高威力・命中難。
シャドーボール80100特防↓20%メタグロスドータクンピンポイント。
ぜったいれいど-30一撃必殺有効打の無い相手に。氷タイプやがんじょうには無効。
変化技タイプ命中備考
やどりぎのタネ90タマゴ技。削り技兼回復技。草は呼びにくいので撃ちやすい。
霰とあわせて毎ターン3/16のダメージ。
まもる-霰・やどりぎのタネのターン稼ぎに。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。ぼうおん・やどりぎのタネと相性がよい。
つるぎのまい-攻撃強化。有利不利がはっきりしているので積みやすいが素早さの低さがネック。
先制技のこおりのつぶてやトリルサポートを活かしたい。
オーロラベール-ゆきふらしとあわせて両壁を一気に展開可能。天候を上書きされると失敗するので注意。

型考察 節を編集

きあいのタスキ型 節を編集

性格:れいせい/ゆうかん
努力値:AC252 
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ふぶき/こおりのつぶて/草技
優先技:じしん
攻撃技:めざめるパワー(炎)/きあいだま/ぜったいれいど/いわなだれ
変化技:やどりぎのタネ/まもる

きあいのタスキを持たせてタイマン性能を高める。先発やストッパーとして適正の高い型。
本来対面処理のできないメガボーマンダや、リザードンを始めとする炎タイプも単騎で突破できるようになる。

タスキとこおりのつぶてにより行動回数は確保されているため、性格はSに下降補正を掛けてAC振りで突破力を高めた両刀型が基本。
Sに振らないことでバンギラス対面で確実に先手を取らせて霰で天候を上書きすることでき、タスキが潰れることなく有利に戦える。

基本はふぶきの威力重視で冷静推奨。ふぶき+草技と補完のじしんを入れれば大抵の相手は等倍以上が取れる。
勇敢の場合はじしん+あられ+つぶてで無振りメガバシャーモを高乱数で落とせるようになる(2回めのあられダメージで最低でも相打ち)。
まもるがあればあられのダメージを稼げるほか、格闘タイプの飛び膝蹴りを空かせることもあるため有用。

選択草技について

ギガドレイン
低威力だが回復効果による確定数ずらしが可能。被弾してもタスキ発動圏内に持ち直せることもある。
マンムーや耐久水の処理を重視する場合の安定択。
エナジーボール
威力安定。可もなく不可もなく。
くさむすび
威力不安定。天候を奪えていればH252バンギラスをくさむすび+つぶてで確定にできる。
対水としてはスイクンに有効だが、カプ・レヒレ?ランターンなど軽い相手も多い。
ウッドハンマー
きあいのタスキと相性が悪いため基本的に候補外。
タネばくだん
めいそうレヒレなどを見るなら物理草技の採用もあり。
タネマシンガン
威力不安定。タネマシンガン4発(ばけのかわがあるので実質5発)+つぶてで無振りミミッキュ?確定。

スカーフ型 節を編集

性格:むじゃき/せっかち/おくびょう
努力値:S252 AorC252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ふぶき/くさむすびorウッドハンマーorギガドレインorエナジーボール
選択技:ぜったいれいど/じしん/いわなだれ/めざめるパワー(炎)/きあいだま

こだわりスカーフによりタイマン性能を高める。最速115族まで抜ける。
ドラゴンタイプ全般やテラキオン?など、素早さの関係で潰されがちな相手を逆に上から潰せる。
テラキオンを確1にするには攻撃/特攻実数値134(172振り)でウッドハンマー/くさむすびが必要。

型サンプル
性格 :おくびょう
特性 :ゆきふらし
努力値:CS252 A4
持ち物:こだわりスカーフ
技構成:ふぶき/エナジーボール/きあいだま/いわなだれ

鈍足でありきあいのタスキを持ってるイメージが強いため、居座ってくることが多い中速以上の格闘・飛行技持ちを潰すのが仕事。
タイマンに非常に強く、必中ふぶきの安定感が高い。

技構成はタイプ一致の氷・草技が確定。
草はCSならエナジーボールとギガドレインで選択になるが、ウォッシュロトムへは大抵確定数が変わらない。
スイクンあたりになるとずれてくるのでそこらの耐久を目安に。
きあいだまも準確定。鋼が受けに出てきやすいので、撃つ機会は多い。
残る1枠は、A下降補正でも、怯みと飛行に強いいわなだれを推奨。
めざめるパワー炎は炎4倍に対しても確1にならないため優先度は低い。

性格はじしんと特殊電気技・水技を受けるために耐久下降補正は非推奨。
最速でないと最速100族あたりまでしか抜けないため、おくびょうを推奨。

やどまも型 節を編集

性格:おだやか/おくびょう
努力値:HP220(16n+1調整) 耐久・素早さ調整
持ち物:たべのこし
確定技:やどりぎのタネ/まもる
優先技:みがわり
選択技:ふぶき/ギガドレイン/ぜったいれいど

やどりぎのタネ+霰で毎ターン3/16の定数ダメージ。
初手やどりぎのタネのターンとまもるを合わせることで6/16のダメージを負わすことができ、
受けに出てくる鋼などに対して消耗戦を強いることができる。

ハッサムメタグロスは相変わらずキツイが、
クチートギルガルド?、Sに振っていないジバコイルなどは交代読みでやどりぎのタネを撃てれば先手みがわり+まもるで完封できる。
Sに振れば抜ける相手が多く、有利な展開に持ち込みやすい。

本来なら交代を強要される相手を単体処理できるのがこの型の最大の強みなので、みがわりは優先技。

オーロラベール型 節を編集

性格:ひかえめorれいせい
努力値:AC252ベースで耐久調整
持ち物:きあいのタスキ
確定技:オーロラベール
選択技:ぜったいれいど/ふぶき/リーフストーム/ウッドハンマー/じしんorだいちのちから

ゆきふらしと霰状態でのみ一気に両壁を貼れる技「オーロラベール」をあわせて、両壁で味方エースのサポートを行う型。
今作は剣盾と比べれば天候の移り変わりは少なく成立させやすい。

ユキノオー退場後もしばらく霰が残り続けるため、氷タイプ以外の相手のタスキを無効化できるのがメリット。
ただし、スリップダメージを受けるのは味方も同じなため、耐久に不安のあるエースの降臨はやや不安が残る。

ニョロトノペリッパーバンギラスとのかちあいを考えると、
すばやさには振らずHと攻撃or特攻に振るのがベターか。襷採用なら耐久調整しながらAC252振りも考えられる。
カバルドンコータスはどうあがいても向こうに天候を奪われるので、
相手のPTに彼らがいる場合は選出を諦めたほうが無難。

オーロラベールを貼った後は適当に攻撃もしくは絶対零度で相手に圧力をかけるとよいだろう。
自主退場に使えそうな技はウッドハンマー程度。退場できなさそうな場合ははやめに交換したほうがよい。

タスキに頼った構成なので、連続技を喰らうとなにもできず倒れる可能性がある。
メジャーなものでは、パルシェンのロックブラスト5発を耐えるにはHに200かBに52振る必要がある。


対ユキノオー 節を編集

注意すべき点
特性「ゆきふらし」による必中ふぶき、きあいのタスキ潰し。ウッドハンマー、ぜったいれいどの決定力。
草タイプだが氷技で弱点を突けず、水や電気はやどりぎのタネやギガドレインで受けられてしまう。
サブウェポンも豊富で、一致技半減の炎や鋼も下手に後出しすると返り討ちに逢う。
メガシンカは素早さを捨て、火力・耐久が更に高まる。ゆきふらしを再発動されるため、天候上書きも通用しない。
通常ユキノオーで素早さに振ったきあいのタスキ型や、こだわりスカーフでの奇襲も充分ありうるので注意。
対策方法
炎技が4倍。メガリザードンYコータスで天候を上書きしつつ弱点を突けば一撃。
鋼タイプも攻守両面で有利。ハッサムメタグロスなら先制技合戦にも強い。
通常ユキノオーは火力が低めなので比較的受けやすいが、やどりぎのタネやぜったいれいどには注意。
氷+草+地面をすべて半減以下にできるヒートロトムは非常に有利で、後出しできれば後続にも負荷をかけやすい。