ニョロトノ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ニョロトノ 節を編集

No.186 タイプ:みず
通常特性:しめりけ(じばく、だいばくはつ、ビックリヘッド、ゆうばくを無効にする)
     ちょすい(受けた水タイプの技を無効化し、最大HPの1/4回復する)
隠れ特性:あめふらし(天候が雨になる)※ニョロモ、ニョロゾのとき「すいすい」
体重  :33.9kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
あめふらしHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ニョロトノ9075759010070500しめりけ/ちょすい/あめふらし
ペリッパー6050100957065440するどいめ/あめふらし/あめうけざら
高特防水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ニョロトノ9075759010070500しめりけ/ちょすい/あめふらし
シャワーズ13065601109565525ちょすい/うるおいボディ
ラプラス1308580859560535ちょすい/シェルアーマー/うるおいボディ
ミロカロス95607910012581540ふしぎなうろこ/かちき/メロメロボディ
スイクン100751159011585580プレッシャー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ちょすい」の場合、みず無効


第2世代出身の単みずタイプ。
希少な隠れ特性あめふらしを持つポケモンの1匹で、主に雨パーティで活躍する。
アンコールやほろびのうたといったサポート適性のある技を多く備えるのはもちろん、みず技強化やはらだいこを活かして自身がアタッカーに転じることも可能。
雨パーティのみならず単体起用も考えられる優秀なスペックの持ち主と言える。

あめふらしのライバルとしてペリッパーが挙げられる。
ペリッパーの技ラインナップに有用なものが多く採用率も抜かれつつあるが、
合計種族値で一回り差をつけ、補助技も豊富なニョロトノならではの利点も多い。

ペリッパーとの差別化点
  • 耐久の高さと弱点の少なさを活かした場持ちのよさとだっしゅつボタンとの相性のよさ
  • アンコール・ほろびのうたを用いた起点回避・対害悪性能
  • ダブルバトルでのてだすけの存在
構築の要件からどちらが適切か判断して採用したいところ。
ダブルバトルにおいては天候の奪いあいが発生しやすく、両方採用していわゆる2枚雨体制にすることも少なくない。

第8世代でハイドロポンプがレベル技化。
新たにだいちのちからを習得。補完性はあまりよくないが、呼ぶ電気やエンペルト・ドクロッグなど苦手一部の相手に有効。



特性考察 節を編集

あめふらし
隠れ特性。ニョロトノの採用理由であるため、これで確定。
アンコールやほろびのうたで撹乱しつ起点を作ったりとテクニカルな動きも可能。
自らアタッカーを務めることもでき、単体起用も十分視野に入る。
ちょすい
メジャーな水技を無効化できるようになるが、それでも他の高耐久水には一歩劣る。
ちょすい自体は強力な特性だが、何よりあめふらしの魅力には到底及ばないため、候補外。
トレースされると相手への有効打が無くなることも無視できないデメリット。
しめりけ
爆発技を防ぐことで、相手の展開を阻止できることもあるが、メリットが非常に限定的であめふらしの汎用性には遠く及ばない。
トレース対策にもあめふらしでいいため、こちらも候補外。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力
[雨下]
命中追加効果備考
ハイドロポンプ110(165)
[247]
80-一致技。命中不安だが高威力。今作から基本技に。
なみのり90(135)
[202]
100-一致技。命中安定。ダブルでは全体攻撃。
だくりゅう90(135)
[202]
85命中↓30%一致技。ギャンブル気味。ダブルなら相手2体攻撃。剣盾技レコード。
ねっとう80(120)
[180]
100火傷30%一致技。威力は低めだが追加効果が優秀。耐久向け。
れいとうビーム90100凍り10%ドラゴン・草に有効。水と相性のよいサブウェポン。
ふぶき11070凍り10%火力を求める場合に。
きあいだま12070特防↓10%抜群きあいだま<等倍雨ハイドロポンプ なので使用機会は限られる。
ユキノオーバンギラス等には有効。
サイコキネシス90100特防↓10%ピンポイント気味だが、フシギバナドクロッグドククラゲ等に有効。
だいちのちから90100特防↓10%対電鋼。エンペルトジバコイルドクロッグなどに。範囲は水と被りがち。
ハイパーボイス90100-半減雨なみのりより威力は低い。みがわり越しに攻撃したい場合に。
ウェザーボール50/100
[225]
100天候で変化雨下で威力225の単体水技に。天候を奪われると別技に変化。剣盾技レコード。
うずしお3585拘束拘束とスリップダメージ。あめふらしとの相性は微妙。剣盾技マシン。
変化技タイプ命中備考
さいみんじゅつ60命中は不安だが、当たれば有利。
アンコール100無駄な技に縛って有利な状況を作る。素早さに振ったほうが使いやすい。
ほろびのうた-居座る相手に交代を強いる。まもる・みがわり・ちいさくなるにも有効だがぼうおんには無効。
ラス一同士の時に使うと素早さの遅い(瀕死になるのが遅い)方が勝利する。
まもる-雨のターン調整やほろびのうたと合わせて使う。
はらだいこ-自身の高火力化やダブルで相方にじこあんじを使わせるなど。

型考察 節を編集

あめふらし基本型 節を編集

特性:あめふらし
性格:おだやか/ずぶとい/ひかえめ
努力値:HP252 DorBorC252
持ち物:だっしゅつボタン/ミズZ/カクトウZ/しめったいわ/たべのこし/こだわりメガネ/オボンのみ/ゴツゴツメット
確定技:ハイドロポンプorなみのりorねっとう
選択攻撃技:れいとうビーム/きあいだま/サイコキネシス/めざめるパワー(草or電)/かわらわり
選択補助:まもる/どくどく/ほろびのうた/アンコール/さいみんじゅつ

雨パーティの始動要員。
持たせる道具によって役割が変わるのでパーティ次第。
だっしゅつボタンなら先発で出る動きに加え、二匹目以降に控えて先発のポケモンが不利対面をした際に
ニョロトノが相手の技を受けつつ雨エースに繋ぐといった動きもできる。

スカーフ型 節を編集

特性:あめふらし
性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ハイドロポンプorなみのり(両立可)/れいとうビームorふぶき
選択技:きあいだま/サイコキネシス/めざめるパワー(草or電)/どくどく/ほろびのうた

先制して高火力水技を撃つアタッカー。最速でちょうど130族を抜ける。
雨補正の水技だけで十分な威力があるのでハイドロポンプとなみのりの両立もあり。


対ニョロトノ 節を編集

注意すべき点
レート使用可能ポケモンの中で数少ない「あめふらし」の特性を持つポケモン。
雨を後続のすいすいアタッカーやあめうけざら耐久型に繋ぐもよし、自ら雨の中アタッカーとして殴るもよし。
加えてほろびのうたやアンコールといった流し技も覚え、後続の起点を作り易く、自らは起点になりにくい。
対策方法