ドクロッグ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドクロッグ 節を編集

No.454 タイプ:どく/かくとう
通常特性:きけんよち(相手が自分の弱点となる技や一撃必殺技を持っているかわかる)
     かんそうはだ(みずタイプの技を受けた時、その技を無効化しHPが最大HPの1/4回復する。
            ほのおタイプの攻撃技で受けるダメージが1.25倍になる。
            天気が「あめ」の時、ターン終了時、HPが最大HPの1/8回復。
            天気が「ひざしがつよい」の時、ターン終了時、HPに最大HPの1/8のダメージ)
隠れ特性:どくしゅ(直接攻撃技でダメージを与えたとき、相手を30%の確率でどく状態にする)
体重  :52.2kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドクロッグ8310665866585490きけんよち/かんそうはだ/どくしゅ

ばつぐん(4倍)エスパー
ばつぐん(2倍)じめん/ひこう
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/どく/いわ/あく
いまひとつ(1/4)むし
こうかなし----

特性「かんそうはだ」の場合、みず無効、ほのお1.25倍


唯一の「どく×かくとう」の複合タイプを持つポケモン。
かくとうとしてはどく複合によりフェアリー等倍、さらに一致技で弱点を突けることが強み。
防御面でも優秀な組み合わせであり、いわ×あく×かくとうのような補完に優れる組み合わせを半減に押さえられる点も優秀。
加えてねこだましや3色パンチなど小技も豊富、特性「かんそうはだ」ならみずタイプにも役割を持てるなど中々に多芸なポケモンである。

一方で、種族値配分は無駄が多く、耐久・火力・素早さどれをとっても中途半端。
攻撃面に関しては、相互補完こそ優秀なもののどくゴーストに共に半減に押さえられるため範囲が狭く、また高火力のかくとう技を習得しないため火力不足を感じやすい。
また、耐久値の脆さは致命的な欠点であり、せっかくの優秀な耐性が活かせず受けだし回数が限られがちで、メジャーなじめん技での役割破壊を食らいがち。
特性を活かした対雨パーティに関しても、必須パーツたるペリッパーラグラージに一致弱点を突かれることからいまひとつ機能しない。
個性は豊富なポケモンだが、それ以上に扱いにくさが目立ち採用率が伸び悩むのが実情である。

通常環境ではマイナーなポケモンだが、毎世代末期に開催されるGSルールで高い採用率を叩き出すことで知られる。
トップメタたるカイオーガ×ルンパッパに強く、ねこだましやフェイントによるコンボ妨害が望めるなど環境に適合している。
このゲームの奥深さを示すエピソードと言えるかもしれない。

第8世代の剣盾で新規にイカサマ、じごくづき、バトンタッチ、アンコールなどを習得し更に芸当を広げた。
しかし、今作BDSPでは作品の仕様上覚えられない技が多く、100%の力を出し切れていないといった現状である。



特性考察 節を編集

きけんよち
弱点技、主にじしんの有無を見抜ける。発動しなければ相手に弱点を突かれず、特性も割れないが、
発動した相手からは基本的に退くしかないうえ、特性がきけんよちである(≒かんそうはだでない)ことが割れる。
かんそうはだ
水技を無効化でき、水に役割を持てるので、基本的にはコレ。
雨パに多い鋼にも一致格闘技で弱点を突けるが、ペリッパーや水/地面には要注意。
また、炎技のダメージが増す事、晴れ下ではスリップダメージを受ける事も忘れずに。
どくしゅ
隠れ特性。対応技は多いが、所詮「毒」状態。麻痺や火傷のように相手を弱体化させる効果は無い。
3割を引いたところであまり旨味がなく、他のポケモンのでんじはやおにびを妨害する恐れもある。
タスキを持たせてひでり持ちと一緒のパーティーならば一考の余地があるか。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果接触解説
クロスチョップ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。高威力・命中不安。
ドレインパンチ75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付き。ビルドアップと相性がよい。
威力は控えめだがハピナスなどの耐久型との撃ち合いで有利に働く。
けたぐり20~120(30~180)100-タイプ一致技。威力不安定。100.1kg以上ならクロスチョップ以上。
WCSルールなど禁伝あり想定だと重たい相手が多いため非常に有効。
通常戦でもバンギラスヒードランカビゴンなど有効な敵は多い。
剣盾技レコード。
きあいパンチ150(225)100優先度-3タイプ一致技。交代読みやみがわりとあわせて。
かわらわり75100壁破壊対壁構築。威力には期待できない。
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。どくしゅとあわせて毒51%。
ダストシュート120(180)80毒30%×タイプ一致技。高威力・命中不安。剣盾技レコード。
はたきおとす65/97100道具排除対エスパー・ゴースト。追加効果が優秀。USUM教え技。
イカサマ95100相手A利用対エスパー・ゴースト。GSルールなら禁止級の高種族値利用可能。
剣盾技レコード。
ふいうち70100優先度+1対エスパー・ゴースト。読みが要るが高威力の先制技。
ストーンエッジ10080急所ランク+1×対虫・飛行。格闘定番のサブウェポン。
がんせきふうじ6095素早↓100%×追加効果が優秀。交代読みや、サポートに。
じしん100100-×対毒。メタグロスにも。
れいとうパンチ75100凍り10%ボーマンダガブリアスレックウザに。剣盾技マシン。
かみなりパンチ75100麻痺10%かんそうはだでの水への遂行技。剣盾技マシン。
バレットパンチ40100優先度+1いつでも使える便利な先制技。無効タイプなし。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。他の先制技より速い。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。タスキとあわせて。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ゲップ120(180)90-タイプ一致技。威力は申し分無いがきのみ消費の条件付き。
ヘドロウェーブ95(142)100毒10%タイプ一致技。性能安定。ダブルでは周囲全体攻撃。剣盾技レコード。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。毒で火力補強を狙える。ダブルでは単体攻撃。
きあいだま120(180)70特防↓10%タイプ一致技。高威力・命中難。
あくのはどう80100怯み20%対エスパー・ゴースト。スカーフなら怯みを狙える。
シャドーボール80100特防↓20%あくのはどうと選択。格闘/エスパーや妖/霊に。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀。交代読みや、サポートに。剣盾技マシン。
しんくうは40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中解説
ちょうはつ100補助技対策。ふいうちと相性がよい。
アンコール100補助技対策。剣盾技レコード。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
つるぎのまい-攻撃を強化。ふいうちとあわせて。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。ドレインパンチと相性がよい。
わるだくみ-特攻を強化。特殊型の決定力向上に。
つぼをつく-ランダムで二段階強化。ダブルなら味方にも使用可能。
バトンタッチ-積み技引継ぎ。剣盾技レコード。
どくどく必中耐久型対策。自身のタイプにより必中。
ファストガード-ダブル用。先制技対策。
てだすけ-GSルール向け。味方強化。剣盾技レコード。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:かんそうはだ
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252ベースで調整
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/きあいのタスキ/Zクリスタル
確定技:ドレインパンチorクロスチョップorけたぐり/ダストシュートоrどくづき
攻撃技:じしん/れいとうパンチ/かみなりパンチ/ストーンエッジ/はたきおとす/カウンター/ねこだまし/ふいうち/バレットパンチ/フェイント
変化技:みがわり/ちょうはつ/ビルドアップorつるぎのまい

スタンダードな物理アタッカー。フェアリーに弱点を突かれない格闘タイプ。
加えて特性かんそうはだにより、マリルリ等の水/フェアリーに強い。
A特化@いのちのたまのどくづきでH205B102マリルリを高乱1(87.5%)。
相手の水技は無効で、A特化じゃれつくはB4振りで確定耐え。
格闘技は、無補正A振りクロスチョップでH振りメガバンギラスを確1。ドレインパンチの場合はいのちのたま以上で確1。
この辺りは威力と命中を天秤にかけて選ばなくてはいけない。
補助技はみがわりやちょうはつが使いやすい。
等倍でゴリ押しできる火力はないが、耐久が低いので、つるぎのまいは使いにくいか。

+  折りたたみ

積みドレパン型 節を編集

特性:かんそうはだ
性格:しんちょう/わんぱく
努力値:HDベースまたはHBベース
持ち物:くろいヘドロ/オボンのみ
確定技:ドレインパンチ/つるぎのまいоrビルドアップ
優先技(先制技):ふいうち/バレットパンチ/フェイント
攻撃技:どくづき/れいとうパンチ/ストーンエッジ
変化技:みがわり/ちょうはつ/どくどく/まもる/ねごと

優秀な耐性とかんそうはだを活かして積み技を使う型。
ビルドレインをする格闘は多いが、耐性の違いから差別化は容易。
素の耐久は低いので耐久ベースで努力値を割く。
耐久水や雨パを意識するならHDベース、格闘やバンギラスを意識するならHBベースとなる。
雨パや受けループに入りやすいが、通常のスタンパでも充分運用できる。

格闘技は基本的に積み技と相性のよいドレインパンチ。
ビルドレインの印象が強いが、遂行速度の上がるつるぎのまいも充分候補。
補助技は優秀な耐性からの流し際に撃ちやすいみがわりの優先度が高め。
雨パダブルでは味方のなみのりでちょうど4分の1回復できるので、まもるよりも連打のきくみがわり推奨。
素早さは特別高くはないので、積み技に絡めた先制技はほぼ必須。


対ドクロッグ 節を編集

注意すべき点
格闘だがフェアリー等倍、かんそうはだにより水無効など耐性が独特。
攻撃範囲を補うサブウェポン、種族値を補う先制技・積み技が豊富。
対策方法
耐久が低く、じめん技が弱点であるためパーティ単位で倒せないということはあまりない。
ふいうち・はたきおとすで仕事をされないように立ち回りたい。
ゴーストタイプならタイプ一致技で弱点をつかれず基本的には有利に戦える。
ギルガルド?は一致技の両方を無効にでき、ゲンガーも相性面で有利なうえにおにびを入れることができる。
ただし、前述の通り悪技の所持率は高いため過信は禁物。