バクオング - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

バクオング 節を編集

No.295 タイプ:ノーマル
通常特性:ぼうおん(音に関係する技が無効になる)
隠れ特性:きもったま(ゴーストタイプにノーマルと格闘タイプの技が当たるようになる)※ゴニョニョのとき「びびり」
体重  :84.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
特殊ノーマルHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性特徴
バクオング1049163917368490ぼうおん/きもったまきもったまばくおんぱ、きあいだま
オオスバメ6085607550125455こんじょう/きもったまきもったま、かつ最速のばくおんぱ使い
ペラップ766545924291411するどいめ/ちどりあし/はとむね一致ばくおんぱ、おしゃべり、わるだくみ
ポリゴンZ8580701357590535てきおうりょく/ダウンロード/アナライズ火力強化特性、Zテクスチャー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

第3世代出身のノーマルポケモン。
種族値は控えめでバランスも少々悪いものの、数少ない一致ばくおんぱ使いとして知られる。
C特化ばくおんぱの火力は同条件ウルガモス?のだいもんじと同程度。それを命中安定・みがわり貫通、特性きもったまによりゴーストにも一貫して撃てる。
きもったま込みで、ばくおんぱ・きあいだま・炎技すべてを等倍以下に抑えるポケモンは限られており、種族値からは想像できないほどの高い攻撃性能を持つ。

ただし、自身が鈍足・中耐久かつ耐性に優れないため、実戦での撃ち合いには不安が残る。
自身より速いポケモンに対しては被弾→攻撃→被弾で瀕死と刹那的な立ち回りに陥りがちで、行動機会の確保に難がある。
耐久調整+こだわりメガネによる撃ち合い性能の向上、優位性を逆転させるこだわりスカーフ、麻痺まきなどのサポート併用が望ましい。
努力値256を耐久に振る場合、Hに116(実数値194)残りをBまたはDに振れば実数値がH=B+Dになるので、H努力値はそれ以下で抑えるのが基本。

BDSPでは、登場ポケモンの制限や教え技の消失に伴い、ぼうおんやじごくづきの所持者も減少。
以前よりばくおんぱを通しやすい環境になっている。



特性考察 節を編集

ぼうおん
ハイパーボイスやバークアウト、ほろびのうた等の音技を無効化できる。
これらの技が多いダブルで有用だが、トレースされると自身のばくおんぱが通らなくなる。
きもったま
隠れ特性。メインウェポンのばくおんぱはもちろん、相性補完のきあいだまもゴーストに無効化されなくなる。
肝っ玉の無・闘・炎の複合範囲を等倍以下に抑えるポケモンは、BDSPではプテラツボツボ、たいねつドータクン、ぼうおんマルマインバリヤードのみ。
シングルではぼうおんが役立つ場面が少ないため基本的にこちらで確定。
ダブルでもばくおんぱを一貫性の高い全体攻撃として撃てるので有用。ただし味方にも当たるのでぼうおんテレパシー持ちと組ませたい。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ばくおんぱ140(210)100-タイプ一致技。みがわり貫通。ダブルでは周囲全体攻撃。
ハイパーボイス90(135)100-ダブルで味方を巻き込みたくない場合にのみ採用。
きあいだま12070特防↓10%対岩・鋼。高威力・命中難。
かえんほうしゃ90100火傷10%ハッサムヌケニンに。命中重視。C252振りでH252振りハッサムを確1。
だいもんじ11085火傷10%同上。威力と連発重視。命中不安。
オーバーヒート13090特攻↓↓同上。連発は効かない。撃ち逃げ向き。
れいとうビーム90100凍り10%ボーマンダガブリアスに。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。ダブルでは相手全体攻撃。剣盾技マシン。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
けたぐり20~120100-D>Bのバンギラスへの打点として有効。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。
変化技タイプ命中備考
ちょうはつ100補助技対策。鈍足なので使いにくい。
ふきとばし-積み技対策や交代読みで。
ねごと-催眠対策。ばくおんぱ+格闘+炎の3枠で補完はほぼ完璧なので技スペースは余り気味。
他のサブウェポンを搭載するよりは有用であることが多い。

優先度の低い技

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ハイドロポンプ11085-対岩にはきあいだまで良い。地面や炎へは等倍ばくおんぱと威力が変わらない。
ふぶき11070凍り10%命中不安。霰パで運用することは稀。
シャドーボール80100特防↓20%対超・霊だが等倍ばくおんぱ>抜群シャドーボール。ぼうおんバリヤードに有効だが個体数が少なすぎる。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
アームハンマー10090素早↓バンギラスとしてはけたぐりが命中安定かつ最大ダメージが出る。
じしん100100-ヒードランピンポイント。H振りを倒すには無補正A100振り+いのちのたま以上の補正が必要。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

特性:きもったま
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 S調整or252 残り耐久
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/とつげきチョッキ/Zクリスタル
確定技:ばくおんぱ
優先技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ/きあいだま
攻撃技:ふぶきorれいとうビーム/シャドーボール/なみのり/けたぐり
補助技:ねごと/どくどく

きもったまにより強烈な一貫性を持つ一致ばくおんぱを軸に攻める特殊型。
こだわりメガネと相性がよく、C特化メガネばくおんぱで等倍なら無振りガブリアスまで高乱数1発。
半減でもH振りギルガルド?テッカグヤ?を高乱数3に捉えられるので、後出しは容易ではない。

サブウェポンは非常に豊富だが、大抵の鋼はメガネばくおんぱで確2~3圏内。
さらに炎技と格闘技があればノーマル半減の岩・鋼にも弱点が突けるので、他のサブウェポンを搭載する利点は薄く、技スペースは余りやすい。
現環境では催眠技に対して役割を持たせられるよう、ばくおんぱ/きあいだま/炎技/ねごとの構成にした個体が多く見られる。

H92振りで各種定数ダメージが最も小さくなる(実数値191)。
上記HP調整の場合さらにB84振りでA特化ギルガルド?のせいなるつるぎを確定耐え、
D12振りでC特化カプ・テテフ?のフィールドサイコキネシス確定耐えできる。
他に調整するとすればB164振りでA特化ミミッキュ?のぽかぼかフレンドタイム耐えなど。

素早さは70未満だがS70~80族周辺には先手を取れると優位に立ち回れる相手が多いため、CS振りも十分候補。
準速でS実数値120、C特化@メガネのばくおんぱでH振りのスイクンクレセリアメガフシギバナをいずれも確2。
同ばくおんぱでH252FCロトムを中乱1、メガハッサムもとんぼがえりで逃げられる前に先手炎技で処理できるようになる。

AもCと同値なので、特殊メインの両刀型も候補。無補正無振り@珠のけたぐりでH振りバンギラスを高乱1。
ただしメガシンカされると確定耐えされるうえ素早さでも負けるため注意。

スカーフ型 節を編集

特性:きもったま
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ばくおんぱ
優先技:だいもんじorオーバーヒート/きあいだま
攻撃技:れいとうビーム/なみのり

スカーフを巻けば最速マニューラなど125族と同速。
同じ一致ばくおんぱ使いのオオスバメペラップには素早さで大きく負けているものの
技の範囲や特性、最低限の耐久と弱点の数に差があるため、あまり比較にはならない。

特殊に薄めの相手なら先発で起用してガンガン削っていける(タスキには注意)。
中~終盤にかけては、きもったまによる一貫性を活かして高いフィニッシャー性能を期待できる。
補正なしC252のみでもばくおんぱはD4ガブリアス確2の威力があるので、スカーフで先手を取れれば大抵の相手は先制2発で倒せる。

準速スカーフなら最速112族(ペンドラー?メガルカリオ)と同速になる。


対バクオング 節を編集

注意すべき点
高威力かつみがわり貫通のばくおんぱをタイプ一致で撃て、きもったまによりゴーストでも無効化できない。
C特化@こだわりメガネのばくおんぱはH252ポリゴン2@きせきを確2なので、低速ポケモンに対する崩し性能に長けている。
半減読みで岩・鋼を出してもDに薄いとかなり削られ、きあいだまやだいもんじで弱点を突かれる場合もある。
種族値は並程度で積み技にも乏しいが、それを感じさせないほどの攻撃性能を持つため、後出しで安定して受けるのは難しい。
対策方法
C特化メガネばくおんぱを確3以下に抑えるにはハピナスラッキー?バンギラスレベルの耐久が必要。
攻撃範囲も広いので基本はバクオングより遅いポケモンは選出を控え、素早いポケモンで先手を取って縛るのが定石。
素早さが低く耐久も並程度。上を取るのは容易く、メガルカリオなどの高速格闘タイプなら先制確1が取れる。
等倍でもC特化カプ・テテフ?@メガネのフィールドサイコキネシスや、一致Zワザクラスの火力となれば耐えられない。
ぼうおんやじごくづき持ちならばくおんぱを無効化できる。