マニューラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

マニューラ 節を編集

No.461 タイプ:あく/こおり
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:わるいてぐせ(自分が道具を持っていない時、直接攻撃を受けた相手から道具を盗む)
体重  :34.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
マニューラ70120654585125510プレッシャー/わるいてぐせ

ばつぐん(4倍)かくとう
ばつぐん(2倍)ほのお/むし/いわ/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/2)こおり/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

唯一の「あく×こおり」複合タイプを持つポケモン。
典型的な高速低耐久物理アタッカーで、所属する両タイプで最速を誇る俊足の持ち主[1]
性質上多くのドラゴンに圧倒的に強く、ねこだましによりきあいのタスキやマルチスケイルも許さない。
ただし、一致技の威力がことごとく低いため火力は伸び悩み、数値ほどの攻撃性能はない。
広く撃ち合いを任せるより、明確な役割対象を想定した上での活躍が期待される。

BDSPでは、トリプルアクセル・つららばり・はたきおとす・うっぷんばらし・イカサマ・けたぐりなど没収技が目立つ。
一方で、自身よりすばやいポケモンがほとんど姿を消した。
役割対象のラティオス・ガブリアスが再び環境に増えたのも追い風。
きあいパンチを再習得。すばやさとは相性が悪いが交代読みで使えると強力な技。

こおりのつぶては基本技化。



特性考察 節を編集

プレッシャー
特性本来の効果よりも、アナウンスの順番でカプ等一部のスカーフ持ちを見破ることができる点が優秀。
また、まもる・みがわりと合わせてPP5(最大で8)程度なら封じることができる。
弱点技ならインファイト、きあいだま、ばかぢから、ストーンエッジ、だいもんじ、オーバーヒートあたりが狙い目。
とはいえマッハパンチなどの先制技持ちには無力で、技を封じたあとどうするのかという問題もある。
なお、ニューラの通常特性はせいしんりょくするどいめだが、進化すればどちらもプレッシャーになる。
わるいてぐせ
攻撃を受けた時に相手の持ち物を奪う。
発動が相手の行動依存であるため安定しないうえ、対象技も直接攻撃限定と非常に使いづらい。
かえんだま等を奪ってしまう可能性もあり、メガストーン・Zクリスタルには無効。
また、発動するにはきあいのタスキ等の消費アイテムを持たせるか、なげつけるを併用する必要がある。
アナウンスを利用してリスク回避が出来るプレッシャーを差し置いて採用する利点は薄く、基本候補外。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
つららおとし85(127)90怯み30%タイプ一致技。命中不安だが非接触で怯みも狙える。
つららばり・トリプルアクセルはBDSPでは習得不可。
れいとうパンチ75(112)100凍り10%タイプ一致技。命中安定だが威力は低め。接触技。
こおりのつぶて40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。きあいのタスキやマルチスケイル潰しに。
こだわりスカーフやりゅうのまいにも強い。
無補正A振り@いのちのたまで無振りガブリアスを高乱1。
はたきおとす65(97)/
97(145)
100道具排除タイプ一致技。追加効果が優秀。USUM教え技。
じごくづき80(120)100音技封じタイプ一致技。ハイパーボイスやほえるに強い。みがわりと相性が良い。
追加効果は出したターンを含め2ターン限り。遺伝技。
イカサマ95(142)100-タイプ一致技。相手が物理アタッカーならかなりのダメージが期待できるが不安定。
剣盾技レコード。
なげつける-100道具消費タイプ一致技。こわもてプレート等とあわせて。
道具を消費するので一度きり。わるいてぐせの発動にも。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
カイリューのマルチスケイル潰しにも。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
優先度がこおりのつぶてより高い。
けたぐり20~120100-対氷・悪・鋼。威力不安定。役割対象を考えればほぼ必須技。剣盾技レコード。
かわらわり75100壁破壊対氷・悪・鋼。けたぐりの代用。壁破壊にも。
ローキック65100素早↓100%追加効果が優秀。サポート向き。
きあいパンチ150100優先度-3みがわりとあわせるか竜や超の撤退読みで。
どくづき80100毒30%対フェアリー。無補正A振りでH振りマリルリを確2。
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。タスキとあわせて。
変化技タイプ命中備考
ちょうはつ100補助技対策。素早いので使いやすい。
うらみ100低PPの大技に。プレッシャーとあわせて。
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。プレッシャーやじごくづきとあわせて。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:プレッシャー(推奨)orわるいてぐせ
性格:ようき/いじっぱり/せっかち(カウンター持ちのみ)
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/Zクリスタル
確定技:つららおとしorれいとうパンチorこおりのつぶて(両立可)/はたきおとすorじごくづき
優先技:ねこだまし/けたぐり
攻撃技:おいうち/どくづき/カウンター
変化技:みがわり/ちょうはつ/つるぎのまい

基本的なアタッカー型。

つららおとしは威力が高く、追加効果や非接触な点も優秀。
ただし、命中が90である点を嫌う場合はれいとうパンチで代用。

氷+悪+格闘の組み合わせはマリルリなど水/フェアリー複合に全て半減される。
どくづきを覚えさせればH振りマリルリを確2だが、
相手のこだわりハチマキアクアジェットでこちらも確2なので交代読みからでないと倒すのは難しい。
どうしてもマリルリを倒したいならばタスキカウンターのほうが倒しやすく範囲も広い。


対マニューラ 節を編集

注意すべき点
攻撃・素早さが高く、氷4倍のドラゴンや、高速エスパーゴーストに強い。
こおりのつぶてやつるぎのまいを持つためタイマンに優れる。
つららおとし、はたきおとす、じごくづき等、追加効果が優秀な技も多数。
サブウェポンには格闘技やどくづき、タスキカウンター等。
対策方法
攻撃・素早さは高いが技の威力は低め。耐久は低水準で弱点も突きやすい。
がんせきふうじやねばねばネット、おにびやでんじはで機能停止を狙え、ステルスロックもダメージ2倍でタスキつぶしが狙えるので有効。
氷・悪・格闘が等倍以下で耐久のあるマリルリカプ・レヒレ?は圧倒的有利。ただし、交代読みのどくづきには注意。
ナットレイ?も不一致格闘技程度では落ちず、接触技に対しててつのトゲ?でタスキつぶしが可能。
返しの無振りジャイロボールで確1なうえステルスロックも撒ける。B特化ならつららおとしも乱4と怯みを考慮しても有利。

先制技持ちならつららおとしで怯まず、メガストーン・Zクリスタル持ちならはたきおとすに強い。
メガクチートメガルカリオハッサムバシャーモヘラクロス等で楽に対処可能。
ただし、メガクチートハッサムバシャーモはタスキカウンターに注意。

ねこのてほうし型はカプ・コケコ?カプ・レヒレ?のフィールドで対策できる。
相方のモロバレル?の技構成もねこのてほうし構築では特定の内容しか採用できないため、選出段階から縛ることが出来る。
マッハパンチ持ちのキノガッサならほうしも無効で、ステルスロックを撒いておけばすべてのマニューラに安定して対処できる。

ニューラ 節を編集

No.215 タイプ:あく/こおり
通常特性:せいしんりょく(怯まない)
     するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる)
隠れ特性:わるいてぐせ(自分が道具を持っていない時、直接攻撃を受けた相手から道具を盗む)
体重  :28.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ニューラ5595553575115430せいしんりょく/するどいめ/わるいてぐせ
(92)(122)(514)しんかのきせき無振り

しんかのきせき換算はおおよその目安。


マニューラより全能力が低く、しんかのきせきを持たせても耐久力には期待できないが、
せいしんりょくを活かしてダブルでの運用が考えられる。


型考察 節を編集

【ダブル】サポート型 節を編集

特性:せいしんりょく
性格:ようき/おくびょう
努力値:S252 HorAorC252
持ち物:しんかのきせき/きあいのタスキ
確定技:ふくろだたき
優先技:ねこだまし
攻撃技:つららおとしorれいとうパンチ/こごえるかぜ/こおりのつぶて/はたきおとす/バークアウト/フェイント
補助技:ちょうはつ/よこどり/まもる

マニューラにはない特性せいしんりょくでねこだましのひるみを無効化しつつ、
味方テラキオン?に先制ふくろだたきを決められることから採用される。
せいしんりょくとねこだましを両立できるポケモンの中では最速。
こごえるかぜやバークアウト等のサポート技も多く、柔軟に運用できる。


[1] 厳密にはあくタイプとしてはサトシゲッコウガ?の方が素早さが高いが、戦闘中のフォルムチェンジであり、事実上の禁止級であることからも除外する。