ストライク - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ストライク 節を編集

No.123 タイプ:むし/ひこう
通常特性:むしのしらせ(HPが1/3以下のとき、むしタイプの技の威力が1.5倍になる)
     テクニシャン(威力60以下の技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ふくつのこころ(怯むと素早さが1段階上がる)
体重  :56.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ストライク70110805580105500むしのしらせ/テクニシャン/ふくつのこころ
130130600しんかのきせき・無振り換算
ハッサム70130100558065500むしのしらせ/テクニシャン/ライトメタル

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

第一世代出身のむし×ひこう複合タイプの高速アタッカー。
進化後のハッサムと合計種族値は同じだが、100族周辺を抜ける素早さと、通りの良い一致飛行技が使える点が持ち味。

サブウェポンには難があり、とんぼがえりの他はどろぼう、かわらわり程度。
はねやすめ、はたきおとす、むしくい、どくどく等の有用な技を没収されたのが痛い。おいうちは技自体が廃止された。
そのため、ダブルウイングで殴るか、とんぼがえりで逃げるかの単調な二択になりがち。

ステルスロックでHPを半分減らされるタイプなのでHPは奇数に調整するのがよい。
無振りの時のHPは145となるためHに4振りはせず、BDが同じなのでポリゴン2が解禁されたこともありDL対策にDに振るのが良い。



特性考察 節を編集

むしのしらせ
きあいのタスキや身代わりと合わせれば発動自体は容易だが、肝心のむし技の最大威力はシザークロスの80止まり。
しかもむしタイプそのものが攻撃属性として劣悪なため、同威力のテクニシャン+ダブルウイングの方が一貫性がある。
なおネタの域を出ないが唯一ダイマックスの恩恵が受けられるため、ダイワーム威力292と言うストライク最大打点を撃つ事が出来る。
テクニシャン
適用対象技が豊富で、一致技だけでなく先制技やサブウェポンにも応用が利くため使いやすい。
他2つの採用メリットの薄さもあるため、基本的にはこれで確定。
ふくつのこころ
隠れ特性。ひるむと素早さが上がる。
受動的かつストライク自体の素早さが元々高いため、発動機会はかなり少ない。
一応、ねこだまし対策にはならなくもないが、怯みそのものを防ぐことはできない上に、
採用率の高いいわなだれ・エアスラッシュなどが効果抜群な点もミスマッチ。
バトンタッチを軸にして戦うなど、テクニシャンが適用される技を採用しない場合はなくもないか。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力
[テクニ]
命中追加効果備考
シザークロス80(120)100-むしくい廃止に伴い、虫タイプとしてのメインウェポンとして使うのなら。
とんぼがえりの方が優先度は高いか。
とんぼがえり70(105)100交代交代読みや退却に便利。
どろぼう60
[90]
100道具強奪テクニシャンで高威力に。タスキであれば道具奪取の機会も。
ぶんまわす60
[90]
100-ダブルでは味方を巻き込む全体攻撃。
ダブルアタック35x2
[52x2]
90-テクニシャンでおんがえし以上の威力に。
でんこうせっか40
[60]
100優先度+1テクニシャンにより高威力の先制技に。
フェイント30
[45]
100優先度+2威力は下がるが他の先制技に先制できる。
かわらわり75100壁破壊鋼と岩に通る。虫飛格で範囲が広いが不一致等倍程度では火力不足。
カウンター-100優先度-5きあいのタスキまたはしんかのきせきの耐久を活かして反撃。
きしかいせい20[30]~200100-きあいのタスキや身代わりと合わせて。
はたきおとす65→97100相手道具使用不可虫と飛行半減の鋼タイプに一応通る技。追加効果も優秀。USUM教え技。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-火力の強化、バトンタッチにも。
ひかりのかべ-サポート用。
こうそくいどう-バトンタッチ用。
きあいだめ-ピントレンズ持ちや特性きょううんにバトンタッチすれば100%急所攻撃ができる。
バトンタッチ-積み技やみがわりを引き継ぐ。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:AS252 D4(DL対策) or S252 A252ベースに調整
持ち物:しんかのきせき(推奨)/きあいのタスキ
確定技:とんぼがえり/ダブルウイング
優先技:つるぎのまい
選択攻撃技:でんこうせっかorフェイント/どろぼう/カウンター/シザークロス/ダブルアタック
選択補助技:みがわり/バトンタッチ/ひかりのかべ

高めのASを活かしたアタッカー。

実質威力180のダブルウイングで負荷を掛けつつ、苦手な相手には蜻蛉で逃げる。
ダブルウイングは等倍範囲が広く、タスキや身代わりにも強いため受けにくい。

とんぼがえりで有利対面を作り、しんかのきせきを盾に強引につるぎのまいを積むことで、更に高い抜き性能を発揮する。
ようきA振りA+2ダブルウイングの火力指数は58320。
これは耐久無振りウーラオスをタスキ貫通で確一、耐久無振りミミッキュを化けの皮の上から確一など、
一度積めれば、タスキやミミッキュで止まらない高い突破力を見せる。

ただし純粋な積みエースとして見ると、サブウェポンが致命的に乏しい。
特に鋼に対する有効はどろぼう、かわらわり程度しかない。
またダイマックスするとテクニシャン補正を失うため、火力も不足しがち。

そのためアタッカー型といっても、本質はあくまでサイクル要員である。
繰り出し回数を増やすために持ち物はしんかのきせきが基本。(はねやすめは過去作限定)
耐久を活かしたクッションと、一致とんぼがえりで削りながらサイクルを回し、隙をみて積んで全抜きを狙う形になる。

基本行動がダブルウイングで削るか蜻蛉で逃げるかの2択で、プレイングの分岐点はつるぎのまいを積むタイミング程度。
そのため技スペースは余り気味で、最後の一枠はピンポイントな技になる。
先制技のでんこうせっかorフェイント、相性補完のどろぼうorかわらわり、不利な相手を強引に突破するためのカウンターあたりか。
剣舞バトンや、壁+とんぼでサポート性能を重視しても良い。

性格は100族抜きのためにようき確定。
努力値は基本的にはAS252だが、クッション性能を重視して耐久調整をしてもよい。
100族抜き~最速の間で目ぼしい相手は準速エースバーン程度なので、100族抜きのS228までは調整の余地がある。
それ以上耐久に回したい場合はAから調整。

+  折りたたみ
+  折りたたみ
+  折りたたみ

対ストライク 節を編集

注意すべき点
特性テクニシャンによる、優秀な効果を持つ低威力技の火力の底上げ。今作では最高打点も跳ね上がっている上にタスキも貫通する。
しんかのきせきを持つと、不一致2倍ぐらいは耐えられるようになるため、その間に積まれやすい。
先制とんぼがえり、タスキカウンター、つるぎのまいやこうそくいどうのバトンタッチ。
対策方法
種族値はそこそこだが技範囲は狭い。飛行半減なら有利に立ち回れる。
カウンターを持っていることがあるため、物理攻撃で倒すならきあいのタスキを潰してから攻撃したい。
しんかのきせきを持っていると生半可な攻撃ではあまり削れない事もあるので注意。
ステルスロックが4倍なので、撒ければ万全の対策といえる。