ルギア - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ルギア 節を編集

No.249 タイプ:エスパー/ひこう
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:マルチスケイル(HPが満タンのときに受けるダメージを半減する)
体重  :216.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
耐久超HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ルギア1069013090154110680プレッシャー/マルチスケイル
クレセリア120701207513085600ふゆう
メガラティアス80100120140150110700ふゆう
デオキシスDF50701607016090600プレッシャー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)くさ/エスパー
いまひとつ(1/4)かくとう
こうかなしじめん

第2世代禁止伝説?エスパータイプポケモン。高耐久と禁止伝説の中では高めの素早さを誇る。

残念ながら弱点はメジャーな物が多く、伝説戦に多いエスパー対策の技がモロに刺さってしまうが、
隠れ特性「マルチスケイル」による初撃への耐久性は抜きん出ており、相性のよいはねやすめも覚える。
カイオーガの雨天下体力全快しおふきですら体力の半分以下のダメージに抑えることができる。
4倍弱点もなく、はねやすめを超える火力を積まずに出せるポケモンは数えるほどしかいない。
多少不利な状況でも、先手をとって壁貼りなり、状態異常を入れるなりすれば戦局を覆せるのも魅力。

短所は伝説戦では最低とも言える攻撃性能。下手をすれば泥仕合になりかねない。
伝説戦においては飛行技の抜群範囲は狭く、エスパー技の威力が低いなど決定力には欠ける。
マルチスケイル」に頼ってただ耐えているだけでは追加効果で突破されかねないのが怖い所。

BDSPでは、「かたやぶり」系の特性を持つ天敵のイッシュ禁伝、アローラ禁伝が不参戦。
持ち前の高耐久とマルチスケイルで難攻不落の要塞と化すことができる。

過去の"とくべつな技"「ぼうふう」を剣盾の技レコードで習得。おまけに「エアスラッシュ」も覚えられるようになった。
だが、どちらにしろ専用技の優秀な「エアロブラスト」を差し置いて採用する価値は薄い。



特性考察 節を編集

プレッシャー
優れた耐久性能によりターンを稼ぎやすく、相性がよい。
隠れ特性のマルチスケイルも強力だが、こちらも十分採用を検討できる。
マルチスケイル
隠れ特性。概要部の通り初撃への耐久性が高く、はねやすめでの再利用も期待できる。
今作ではとくせいパッチで入手可能。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
エアロブラスト100(150)95急所率+1タイプ一致の専用技。積み合いに強い急所技だが、
伝説戦では刺さりにくく、プレッシャー持ちも多いためPP切れに注意。
サイコキネシス90(135)100特防10%一致技。エスパー技の中では命中も威力も安定。
じんつうりき80(120)100怯み10%一致技。主にでんじはからの怯み狙い。PPが多く耐久戦向け。
サイコショック80(120)100-一致技。特殊受けやめいそう持ちに。禁止級伝説は特防>防御が多い。
剣盾技レコード。
10まんボルト90100麻痺10%ルギアミラー、ホウオウカイオーガに。
かみなり11070麻痺30%カイオーガピンポイント。麻痺も狙える。
れいとうビーム90100凍り10%ジラーチ、カイオーガ、を除いた全禁止級伝説に等倍以上のダメージ。
ふぶき11070凍り10%れいとうビームより高威力。ギラティナ等に刺さりやすい。霰で必中。
シャドーボール80100特防↓20%伝説戦に多い対エスパー用。
りゅうのはどう85100-ドラゴンの多い伝説戦では刺さりやすいが威力は控えめ。
こごえるかぜ5595素早さ↓100%基本的に追加効果目的で採用。
ダブルならでんじはよりこちら。剣盾技マシン。
だいちのちから90100特防↓10%相性補完に優れた技。ディアルガヒードランに。剣盾技レコード。
ドラゴンテール6090優先度-6
強制交代
強制交代技。ちょうはつされていても撃てる。第7世代技マシン。
変化技タイプ命中備考
めいそう-特防を強化しつつ低めの火力を補う補助技。ルギアの要。
みがわり-状態異常対策。ただしマルチスケイルとの相性はいまいち。
でんじは90速さを活かして先手で何かする事に意味のあるルギアとの相性は良好。
はねやすめ-回復技。弱点を減らしつつHPの回復ができる。
じこさいせい-回復技。地面を無効にしたまま回復したりできるが、基本はねやすめの方が優先。
ねむる-回復技。状態異常も含めて回復。隙が気になるが、マルチスケイルとの相性は良い。
ねごと-ねむるとあわせて。エアロブラストのPP節約可能。
リフレクター-ルギアの中では貴重な物理耐久力を補強できる技。
ひかりのかべ-伝説戦は特殊技が飛びかう方が多い。
おいかぜ-味方のサポート用だが退場手段が乏しい。USUM教え技。
ふきとばし-みがわりごと相手を交代させられる。
ほえると違い、特性ぼうおんで無効化されることもないが、きゅうばんには効果無し。

型考察 節を編集

めいそう型 節を編集

性格:おくびょう/ずぶとい/おだやか
特性:マルチスケイル/プレッシャー
努力値:HSベース / HDB耐久ベース / CSベース
持ち物:たべのこし/オボンのみ/ラムのみ/カゴのみ
確定技:めいそう
攻撃技候補:サイコキネシスorサイコショック/だいちのちから/エアロブラスト/シャドーボール
変化技候補:はねやすめ/でんじは/どくどく/リフレクター/ひかりのかべ/おいかぜ/フェザーダンス/みがわり/ねむる

低い攻撃値をめいそうで補う。ルギアで最もメジャーな型。
優れた耐久性能と速さで積みやすいが、積む時間がかかるため、必然的に被弾数もかさんでしまう。
めいそうに加え通常は回復技を採用するため攻撃範囲は狭く、他の補助技を入れるスペースもほぼ無い。
ターン数をかけるので、プレッシャーとの相性はよいとも言える。

弱点保険アタッカー型 節を編集

特性:マルチスケイル推奨
性格:おくびょう/ずぶとい/おだやか
努力値:HSベース
持ち物:じゃくてんほけん
攻撃技候補:サイコキネシスorサイコショック/だいちのちから/エアロブラスト/シャドーボール
変化技候補:はねやすめ/でんじは/どくどく/ふきとばし

めいそうを捨てて、じゃくてんほけんで火力アップを狙う。持ち前の耐久で弱点技でも耐えるのでじゃくてんほけんとの相性はよい。
めいそう分のスペースが空くので範囲も広く持てるが、当然ながら受動的。
めいそうがないのがバレて積んでくる相手には、どくどくやふきとばしがあるとリスク回避できる。

まひ撒き耐久型 節を編集

特性:プレッシャー/マルチスケイル
性格:おくびょう
努力値:HSベース
持ち物:たべのこし/ゴツゴツメット/ラムのみ
確定技:でんじは/はねやすめ
攻撃技候補:エアロブラスト/じんつうりき/サイコキネシス/みらいよち/
変化技候補:めいそう/リフレクター/みがわり/ふきとばし/まもる/どくどく

伝説戦でトップクラスの素早さを活かしてのまひ撒きが仕事。
マルチスケイル&はねやすめで耐久しつつ相手の行動失敗を待つのも強力。
状態異常を誘いやすいのでみがわりも優秀で、みがわりを採用するのであればマルチスケイルよりプレッシャーの方が有用。
プレッシャーであればストーンエッジなどのPPを削ることも可能。
でんじは+じんつうりき(怯み)のまひるみも狙ってもよい。


対ルギア 節を編集

注意すべき点
マルチスケイルによる強力な耐久力や、プレッシャーを活かしたPP削りなどが強力。
素早さも高いため、生半可なポケモンでは何もできずに倒されてしまうことも。
速いポケモンでも一撃で倒せないと、でんじは→はねやすめなどで粘られてしまう。
対策方法
マルチスケイルを無視する特性・攻撃
BWキュレム?ゼクロム?は特性により、ルナアーラ?は専用技シャドーレイでマルチスケイルを無視して攻撃できる。
こだわりスカーフを持たせればより安定する。
特性を奪う
マルチスケイルもプレッシャーも種族値との相性がよい特性なので、
スキルスワップで奪ったりなやみのタネで書き換えたりしてしまえば大幅に弱体化させられる。
攻撃性能は低いため、1ターンかけてでもスキルスワップで奪えれば有利になれる。
重火力アタッカー
耐久がそこそこある重火力アタッカーなら逆に起点にすることができる。でんじはに耐性があるとなおよい。
ホウオウ同様、ステルスロックも有効で、マルチスケイルに対しては特に重宝する。
ちょうはつやどくどくなど一般的な高耐久ポケモンへの対処法でも機能停止させられる。