ラティアス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ラティアス 節を編集

No.380 タイプ:ドラゴン/エスパー
通常特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
専用道具:こころのしずく(ドラゴンタイプとエスパータイプの技が1.2倍になる)
体重  :40.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ラティアス808090110130110600ふゆう
ラティオス809080130110110600ふゆう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/むし/ゴースト/ドラゴン/あく/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/でんき/くさ/かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


ドラゴン×エスパー」複合タイプの準伝説ポケモン。ラティオスの対である。
ラティオスと似た種族値だが、単純なCS振りアタッカーの適性はラティオスに分がある。
反面、耐久が高めなので補助技や耐久調整を絡めた運用がラティアスを活かす要となる。
同速を含む他のドラゴンやを考慮し、最速が基本。

耐久型で考える場合弱点の多さに注意。
4倍弱点こそ無いがメジャーな氷に弱く、ドラゴンの一致攻撃はもちろん受けられない。
反面、耐性は有用なものが多く、出しどころを間違わなければ相手の交代を誘発しやすい。
ラティオス程の決定力はないので、使い捨てにならないように注意したい。

ラティオスとの比較
タイプや技は似通っているが、火力・耐久にそれぞれ差がある。
そのためラティオスとは有利・不利な相手が若干異なってくる。
  • メリット
    アタッカーとして使う場合、耐久調整することでラティオスと異なる役割を持てる。
    H4振りラティオス確1調整の攻撃を耐えて、反撃することも可能。後出しにも向く。
  • デメリット
    耐久調整することも含めて火力が劣り、交代から受けられやすい。
    こだわりメガネラティオスなら突破できる可能性のある鋼は基本的に突破不可能。
+  専用アイテムこころのしずくについて


特性考察 節を編集

ふゆう
じめん技を無効化できるが、サイコフィールドの恩恵が受けられないのは大きなデメリット。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。威力は高いが連発は効かない。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。威力は低いがデメリット無し。
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
サイコショック80(120)100-タイプ一致技。特殊受け対策。剣盾技レコード。
アシストパワー20~(30~)100-タイプ一致技。能力上昇で威力上昇。めいそうとあわせて。
なみのり90100-鋼に等倍。ヒードランに。
10まんボルト90100麻痺10%鋼に等倍。水/飛行や鋼/飛行に。
かみなり11070麻痺30%雨とあわせて。
れいとうビーム90100氷10%ドラゴン技と範囲は被るが、ランドロス?など4倍で刺さる相手も多い。
くさむすび20~120100-鋼に半減。バンギラスカバルドンに。
変化技タイプ命中備考
いやしのねがい--後続の全回復・無償降臨に。差別化にも実用面でも有用。
おいかぜ--サポート用。味方の素早さ倍増。いやしのねがいで退場可能。
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。剣盾技レコード。
みがわり--補助技対策や、起点作りに。
リフレクター--サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ--サポート用。味方の特殊耐久を強化。
じこさいせい--回復技。めいそうやみがわりとあわせて。
はねやすめ--回復技。同上。使用後でも特性「ふゆう」は消えない。
ほぼ自己再生と同じ効果だが、ミラータイプで飛行になった時に使うと耐性変化する。
めいそう--特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
ミラータイプ--耐性変化に。効果は相手依存。
いやしのはどう--ダブル用。回復技。相方を回復。
サイドチェンジ--ダブル用。多耐性と高耐久を活かして相方を守る。剣盾技レコード。

型考察 節を編集

いやしのねがい型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:S252 HorC252
持ち物:ゴツゴツメット/いのちのたま/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/Zクリスタル
確定技:いやしのねがい
選択技:りゅうせいぐん/サイコキネシス/なみのり/でんじは/おいかぜ/トリック

いやしのねがいでエースアタッカーを再活用する。
メガクチートと組み合わせた、いわゆるラティクチが環境に多い。他にバシャーモなども。
メガクチートの相方としては、みかづきのまいを覚えるクレセリアも有名だが、
素早さ、炎半減、起点化されにくさ、攻撃性能、ヒードランへの有効打(なみのり)などが差別化要素。
ゴツゴツメットを持たせサポートに比重をおいたHSベースと、いのちのたまなどを持たせ攻撃に比重をおいたCSベースが存在する。

めいそう型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:S252 HorC252
持ち物:ゴツゴツメット/いのちのたま/各種プレート/ラムのみ
確定技:めいそう
攻撃技:りゅうのはどう/サイコキネシス/アシストパワー/なみのり/めざめるパワー(炎)
補助技:でんじは/おいかぜ/じこさいせい/はねやすめ/みがわり/ミラータイプ

めいそうを積んで特殊アタッカーを止めつつ、無双していく。
フェアリー等の存在は厄介だが、メガライボルト等、得意な相手は存在するので、上手く起点にして積みきりたい所。

アシストパワーはめいそうを2回積めばサイコキネシス以上の火力(威力100)になる。

ミラータイプは相手依存なので安定しないうえ、こちらの火力が下がるが、強力な耐性が得られることも。
メタグロスナットレイ?オニゴーリなど、本来不利な相手を起点にすることができる。

相手の一致技半減、やどりぎのタネ・粉技無効。
電気
相手の一致技半減、めざめるパワー氷等倍、でんじは無効。ふゆうにより相手がかたやぶりでない限り弱点無し。
毒・鋼
相手の一致技半減、どくどく無効。ふゆうにより地面無効。
相手の一致技半減、いたずらごころ無効。タイプ相性上呼びやすい。

ミラータイプで飛行タイプになる場合を考えるとじこさいせいとはねやすめは選択。


対ラティアス 節を編集

注意すべき点
ラティオスより高耐久で、サポート性能に優れる。
通常型はメガクチート等のメガシンカアタッカーと組み、いやしのねがいで再降臨させてくる。
メガシンカ型は一転して自身がアタッカーとなり、めいそうを積まれると要塞化してしまう。
どちらも素早いため行動を阻止しにくい。
対策方法
通常型
サポート主体が多いので、ちょうはつで止まる。高速ポケモンの宿命として麻痺にも弱い。
メガシンカ型
みがわり、じこさいせい、めいそうを覚えていることが多いので、パルシェン等の物理氷が有効。
つららばりでみがわりもろとも突破できる(マンムーだとこおりのつぶてもある)。
他では一致技をいずれも半減以下に抑え、ハイパーボイスでみがわりを貫通し弱点も突けるメガサーナイトも候補。
上から高火力で一致弱点を突けるメガゲンガーも有効だが、エスパー技に注意。
バンギラスであればタイプと特殊耐久により容易に起点化してしまえる。