ライボルト - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ライボルト 節を編集

No.310 タイプ:でんき
通常特性:せいでんき(接触技を受けたとき、3割の確率で相手をまひ状態にする)
     ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
           ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする。)
隠れ特性:マイナス(特性が「プラス」か「マイナス」の味方が戦闘に出ている時、特攻が1.5倍になる)
体重  :40.2kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
電気高速特殊アタッカーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ライボルト70756010560105475せいでんき/ひらいしん/マイナス
サンダース65656011095130525ちくでん/はやあし
ライコウ908575115100115580プレッシャー/せいしんりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ひらいしん」の場合、でんき無効


第三世代出身の単でんきポケモン。
典型的な速攻アタッカーの種族値を持つ。

もともと技範囲が狭かったが、第8世代でどくどく・めざパ没収によりそれが顕著になった。
一応タマゴ技でこおりのキバを覚えるものの、物理技ゆえ有効的に使うのは難しく4倍ピンポイントの奇襲となる。



特性考察 節を編集

せいでんき
せいでんきそのものの発動狙いというよりは、受け出しされやすいポリゴン2サーナイトトレース対策で採用。
ライボルトは先発起用が多く、電気技を吸収できるシーンは少ないと判断するなら。
実際に特性が割れない限りはこちらの特性でも相手の電気技牽制は可能。
ひらいしん
電気技読みで繰り出して火力アップが可能。
ダブルでは電気技を引き寄せる効果もあるため、電気弱点持ちと相性が良い。
3種類ある特性の中では最も採用率が高く、常に8割以上を占める。
マイナス
隠れ特性。じばそうさは覚えないため、ダブル専用特性。同特性持ちでは最速。
BDSPで対応するポケモンは他にプラスルマイナンデンリュウの3体。

技考察 節を編集

技候補タイプ威力命中効果備考
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。雨やZクリスタルとあわせて。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。
いかくとのコンボや、オーバーヒート後の起点化回避に。
オーバーヒート13090特攻↓↓対草。連発は効かない。撃ち逃げ向き。
かえんほうしゃ90100火傷10%オーバーヒートと選択。命中・PP重視。だいもんじは覚えない。
バークアウト5595相手特攻↓100%ダブルでの選択肢の一つ。威嚇と高い素早さにより使いやすい。
こおりのキバ6595凍結怯み10%対草地竜。威力が低く物理技なので4倍前提の役割破壊。
下降補正@帯で無振りガブリアスを確2。交代が読めれば有効。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中備考
でんじは-90-サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
みがわり---補助技対策や、でんじはとあわせて。
すりかえ-100-メガネやスカーフとあわせて。
ほえる-100-竜や地への起点化回避手段として。
ひかりのかべ---対特殊。リフレクターは覚えない。
エレキフィールド---電気技強化。催眠対策にも。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

特性:ひらいしん/せいでんき
性格:おくびょう
努力値:CS252 D4(推奨)orS252 耐久調整 余りC
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりスカーフ
確定技:ボルトチェンジ/オーバーヒートorかえんほうしゃ
優先技:10まんボルト
選択技:バークアウト/すりかえ/かみなり/こおりのキバ/エレキフィールド

種族値に沿った基本的なアタッカー型。
攻撃範囲は電気+炎なので、ドラゴンタイプに簡単に止められてしまう。
うまくボルトチェンジで逃げたいが、相手の地面タイプ交換に注意したい。
こおりのキバはガブリアスピンポイントの採用。環境に多いので撃つ機会は意外とある。


相性考察 節を編集

霊獣ランドロス?ギャラドスと相性がよい。
ライボルトの弱点の地面はランドロス、ギャラドスに無効で、
ランドロスの弱点の水はメガライボルトで相手できる。
ギャラドスの弱点の電気はひらいしんで無効、メガライボルトでも半減。
またどちらもいかく持ちのため、サイクルを回しても強い。特にランドロスはとんぼがえりがあるので交代でまわせる。


対ライボルト 節を編集

注意すべき点
特攻・素早さに優れ、電気+炎(+めざめるパワー)の広範囲の攻撃技を持つ。メガシンカすると更に高速・高火力となる。
S135からのボルトチェンジによるサイクル回しで小回りが利き、後出しから仕留めるのはかなり難しい。
対面でもいかくを受けると物理アタッカーでは落としにくくなる。
対策方法
構成は10まんボルト/ボルトチェンジ/炎技/めざめるパワー(氷)のメガシンカ型でほぼ固定なので読みやすい。
火力もさほど脅威的ではないが、特殊受け等の苦手な相手からはボルトチェンジで撤退されてしまう。
電気無効のポケモンを入れて牽制するか、後続を意識した立ち回りが必要となる。
Aガラガラ?
ひらいしんによりにより電気無効、炎・氷半減。
ランターン同様ボルトチェンジを阻止でき、高い火力により交代先にも負担をかけていける。
マンムー@とつげきチョッキ(特性あついしぼう)
電気無効。耐久無振りでも無補正C振りオーバーヒートを確定耐え。
後出しできる対策ポケモンの中で最も汎用性が高い。
ランターン
ちくでんにより電気無効、炎・氷半減とライボルト対策だけを見ればかなり優秀。裏にいるギャラドスランドロス?などにも有利。
電気無効によりボルトチェンジを阻止できる上、地面を呼びにくいのでこちらの後攻ボルトチェンジを阻止されにくい。
ただし火力は低く、C特化ねっとう・なみのり程度では無振りメガライボルトすら確2にできない。
ドサイドンラグラージ
電気無効・炎半減。めざ氷程度では大したダメージにはならない。
数は少ないがめざ草には注意。
特性トレース
メガシンカ前のひらいしんをトレースをすることで、メガシンカ→ボルトチェンジによる退却を許さない。
トレース持ちのポケモンは全般的に特殊耐久も厚く、サブ技程度では落ちないため有利な読み合いを進められる。
トレース対策のせいでんき持ちに対しては特別不利になるわけではないが、耐久型対策のどくどくには注意。