ドサイドン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドサイドン 節を編集

No.464 タイプ:じめん/いわ
通常特性:ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
           ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする。)
     ハードロック(効果抜群の技で受けるダメージを3/4に軽減する)※サイホーン、サイドンのとき「いしあたま」
隠れ特性:すてみ(反動を受ける技の威力が1.2倍になる)
体重  :282.8kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
地/岩HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドサイドン115140130555540535ひらいしん/ハードロック/すてみ
ゴローニャ80120130556545495いしあたま/がんじょう/すながくれ

ばつぐん(4倍)みず/くさ
ばつぐん(2倍)こおり/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/4)どく
こうかなしでんき

特性「ハードロック」の場合、みずくさ3倍、こおりかくとうじめんはがね1.5倍


高い物理火力と耐久を持つ鈍足高火力アタッカー。じめんいわの一致攻撃範囲が広く、サブウェポンも豊富。
特防の低さ、弱点の多さも特性「ハードロック」でカバーでき、一致弱点を突かれない相手には滅法強い。
総じて得手不得手がはっきりとしており、役割を持たせやすい。
特性「ひらいしん」に加え、いわなだれと単体地面技のドリルライナーを一致で扱えるため、ダブルではトリルエースとしての採用数も多い。

剣盾でGFの影響を受けない単体地面攻撃技の10まんばりきを習得。だが、BDSPでは覚えずまだ連れてくることもできない。
なお、剣盾より鈍足と相性の良いゆきなだれを久々に技マシンで覚えられるようになったが、こちらはBDSPでも技マシンで習得可能。

+  とつげきチョッキ、じゃくてんほけんについて


特性考察 節を編集

ひらいしん
もともとでんき技が無効で、特攻が上がっても活かせる機会が少ないためシングルでは候補外。基本的にダブル用である。
もちろん、かたやぶりで無効化されるため(引き寄せることもできない)、でんきに弱いポケモンを相方にしている場合は注意。
ハードロック
シングルでは基本的にこれ。確実に役割を遂行するためにも必要。
他の2つの特性が自身のタイプや習得技とあまりにも噛み合っていないことから、消去法的な側面もある。
弱点が多いものの、特殊4倍弱点でなければ1発は耐えられるようになる(調整次第では特殊4倍弱点を耐えることもある)。
「とつげきチョッキ」「じゃくてんほけん」とはかなりの好相性。
もちろん、これもかたやぶりで無効化される。
すてみ
隠れ特性。習得する反動技は「とっしん」「すてみタックル(PDW・VC限定)」「じごくぐるま(VC限定)」のみ。タイプ一致の「もろはのずつき」は覚えない。
メリットがせいぜいトレース対策くらいしかなく、いずれのルールでも候補外。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
じしん100(150)100-タイプ一致技。性能安定。ダブルでは周囲全体攻撃。
ドリルライナー80(120)95急所ランク+1タイプ一致技。グラスフィールド下や、ダブルでの単体攻撃に。
がんせきほう150(225)90行動不可タイプ一致技。ラス1や死に際に。
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。高威力・命中不安。
ロックブラスト25(37)×2~590-タイプ一致技。威力不安定だが、きあいのタスキやみがわりに強い。
5発ならストーンエッジを超えるが期待値は3発。
いわなだれ75(112)90怯み30%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。ダブルでは相手全体攻撃。
ばかぢから120100攻撃・防御↓高威力・命中安定だが能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。剣盾技レコード。
アームハンマー10090素早↓威力・命中で劣るがデメリットは小さい。
れいとうパンチ75100凍り10%くさボーマンダガブリアスにも。
A特化で無振りガブリアスを確1。A特化@鉢巻でB特化グライオンを確1。
剣盾技マシン。ゆきなだれで代用可能。
ゆきなだれ60/120100優先度-4後攻かつ被弾で威力倍増。鈍足との相性はよい。
A特化@珠でH振りカイリューをマルチスケイル込みで確1。
ほのおのパンチ75100火傷10%くさ/浮いた鋼
剣盾技マシン。ほのおのキバで代用可能。
メガホーン12085-くさエスパーあくラティオスカットロトムに。
ドラゴンテール6090優先度-6
相手交代
積み技対策や、交代読みで。ステルスロックと相性がよい。
ちょうはつに強いが、みがわりやフェアリーで止まる。
つのドリル-30一撃必殺有効打の無い相手に。がんじょうやゴーストには効果無し。
メタルバースト-100-きあいのタスキと合わせて苦手な相手を返り討ちに。
高HP鈍足ととても相性がよい。
変化技タイプ命中備考
ロックカット-素早さ強化。最速なら130族、準速なら115族を抜ける。
じゃくてんほけんと組み合わせることで擬似からをやぶるになる。
つるぎのまい-攻撃を強化。じゃくてんほけんより確実。おにび対策にも。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
ステルスロック-サポート用。高い耐久とアタッカー気質により撒きやすい。
ドラゴンテールやほえるとあわせて。
ほえる-積み技対策や、交代読みで。ステルスロックと相性がよい。
みがわりやフェアリーに強いが、ちょうはつで止まる。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
のろい-攻撃と防御を強化。物理を起点に。
回復実と合わせて。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:ハードロック
性格:いじっぱり/ゆうかん/わんぱく
努力値:努力値調整の項を参照
持ち物:とつげきチョッキ/じゃくてんほけん/たつじんのおび/こだわりハチマキ/各種Zクリスタル/ラムのみ/オボンのみ
確定技:じしん/ストーンエッジorロックブラスト
選択技:採用理由や仮想敵に応じて技候補の攻撃技より選択

基本的な物理アタッカー型。地面+岩の範囲は広く、共に半減以下にできるのは草/格闘やふゆうドータクンなどごく僅か。
ロックブラストを採用すればタスキやみがわりを突破しやすく、非接触技がメインなのでゴツゴツメットにも強い。

素早さの数値が近いメガクチート対策として、努力値配分に余裕があれば素早さに振ってもよい。
特殊電気に後出しする場合はHP種族値の高さからHではなくDに振るのが基本(チョッキ持ちを除く)。

努力値調整
ドサイドンはHPや防御の種族値がとても高く、耐久に努力値を振ると様々な攻撃を耐えるようになる。
相手の攻撃を耐える回数が増えるとドサイドンが行動できる回数が増えるため、攻撃に努力値を振るよりも耐久力を上げる方が、
結果的に相手に与えるダメージが向上する事が多い。
下記の努力値調整はあくまで一例だが、ドサイドンを使う際は弱点のわざを何回耐えられるのか把握しておくと立ち回りやすくなるだろう。
なお、攻撃に努力値を振らない場合でも、よほど防御に特化させない限りは性格をいじっぱりにするのが最も効率がよい。
いじっぱり H244 B132
第四世代の頃から有名な配分。当時流行していたノイコウやトビゴンといった対処しにくいポケモンに対して強く、
トップメタだったガブリアスやメタグロスと対面しても相討ちに持っていく事ができた。
古い配分だが、ドサイドンがトップメタのポケモンの攻撃を2発耐えるように努力値を振るという考え方自体は、現在でも有効である。
努力値調整の内容は、無補正A振りガブリアスのじしんが確3。つまり、攻撃種族値が130以下のポケモンの一致じしんを2発耐えるという事である。
タイプ不一致のじしんであれば3発程度耐える計算である。A特化ギルガルド?のアイアンヘッドも確3、A特化ミミッキュ?のZじゃれつくも確定耐えできる。
格闘タイプのわざに関しては、無補正A振りゴウカザルのインファイトを丁度2発耐える程度と覚えておくとよい。
持ち物
とつげきチョッキ
弱点である特殊攻撃技に耐性を持たせ、役割対象である特殊電気への後出しを安定させる。
無補正D振り@とつげきチョッキでC特化デンジュモク?のエナジーボールを確定耐え。
その他サザン?ガルド?など一部の組み合わせに強く出られるようになる。
こだわりハチマキ
バンギラスカイリュー等の有利な相手に繰り出して、高火力の技で負担をかける。
性格がいじっぱりの場合、A無振りでもじしんでH振りギルガルド?(シールド)を確1にする火力なので、
交代先への負担を重視するなどの理由が無ければこうげきに努力値を多く割り振る必要はない。
ちなみにA特化@こだわりハチマキならストーンエッジでH振りウォッシュロトムを低乱1(37%)。
同条件でロックブラストが4発以上当たればH4ミミッキュ?をばけのかわ込みで確定で落とせる。
じゃくてんほけん
弱点の多さとハードロックを活かし、不一致弱点技を耐えて爆発力を得る。
つるぎのまいと異なり積む際の隙が無く技スペースも消費しないが、相手依存なので安定性に欠ける。
A特化・Aランク+2のじしんで無振りメガガルーラローブシン?を確1。
たつじんのおび
一部の相手の確定数に影響が出る。
A特化ばかぢからで無振りメガガルーラを低乱1→確1。
A特化じしんでH振りギルガルド?を低乱1→確1。
A特化メガホーンでB特化クレセリアを低乱2→確2。

以下議論用スペース

なぜ選択肢にドラゴンテールが無いのか。
相性が両極端で鈍足なコイツにとってドラゴンテールのあるなしじゃかなり使い勝手が違ってくる。
フェアリーに無効だから読みが必要だが、それは交換読み全てに言える事。
↑ドラゴンテール搭載してるけど、ファイアロー?と対面した時、相手はほとんどとんぼがえりしてくるから
出てくる相手を流して再びファイアロー呼び出すなんて芸当ができるし
バトン型のポケモンはきあいのタスキで一撃耐える余裕からか、まもる→舞うことが多いからドラゴンテールで台無しにすることもできて非常に便利。

選択肢からカウンターを削除、現環境で技枠を割く意義は薄い。
対格闘、対ガブリアスなどを意識するにしても、じゃくてんほけんや氷技で充分間に合っている。
特殊アタッカーが増えてきたのでチョッキ+メタルバーストなら候補になるか。

ロックカット型 節を編集

特性:ハードロック
性格:いじっぱり/ようき
努力値:S252 耐久調整 残りA
持ち物:じゃくてんほけん/いのちのたま/ラムのみ/イワZ/各種Zクリスタル
確定技:ロックカット/じしん/ストーンエッジorロックブラストorいわなだれ
選択技:れいとうパンチ/ほのおのパンチ/がんせきほう/メガホーン

ロックカットを積んで強襲する型。
じゃくてんほけんとの相性もよく、うまく立ち回れば擬似からをやぶる状態を再現できる。
ゴローニャも同じことができ、あちらはがんじょうとふいうち、S45があるが、
こちらは豊富なサブウェポンと高い攻撃力&耐久力があるので意識はすれど差別化に悩む必要もない。

型サンプル
持ち物:じゃくてんほけん
技構成:ロックカット/ロックブラスト/じしん/れいとうパンチ

ハードロックの効果もあり2倍弱点なら安定して受けられる。
A無振りでもじゃくてんほけんが発動すれば火力は充分確保できる。
ただしきあいのタスキ持ちがネックなので岩技はロックブラスト推奨。
Sに252振る都合で耐久が脆くなるため、4倍弱点(草・水)はさすがに耐えきれない。
ただし壁を張ればその限りではないので、両壁サポートがいると安定して発動できる。
れいとうパンチはドラゴン意識だが、仮想敵に応じて他の技と選択でよい。

ゴツゴツメット型 節を編集

特性:ハードロック
性格:わんぱく
努力値:HB252 余りADS
持ち物:ゴツゴツメット
確定技:れいとうパンチ
優先技:じしんor岩技(ストーンエッジ/ロックブラスト)※両立可
攻撃技:アームハンマーorばかぢから/つのドリル
補助技:ステルスロック/どくどく/ほえる

ゴツゴツメット枠として採用する場合の型。耐久指数はクレセリアを上回る。優秀な攻撃種族値と範囲で遂行性能が高い。
回復技は皆無なため、パーティ単位で相手を素早く消耗させる必要がある。

メジャーな物理アタッカーへの遂行性能

ガブリアス
△A特化じしん以外には遂行が狙える。
A特化ガブリアスのじしん:39.2~46.4%の確3、2回+さめはだは耐えない。
無補正A振りガブリアスのじしん:35.1~42.3%の確3、2回+さめはだを耐えるため居座りにも遂行できる。
A特化ガブリアス@こだわりハチマキのげきりん:45.9~54.5%の中乱2。
無補正無振りドサイドンのれいとうパンチ:H4振りガブリアスに85.2~102.7%の低乱1、ゴツゴツメット込みなら確定。
総:S補正の型が大半を占め、ハチマキ持ちも減少したことで、地面弱点でありながら比較的安定して遂行できるように。
メガボーマンダ
○飛行半減、ハードロックによるじしん耐性で非常に受け出ししやすい。
クレセリアスイクンなら誤魔化せるりゅうせいぐん搭載型が厳しくなりがち。
A特化メガボーマンダのじしん:27.5~32.9%の確4。
無補正無振りドサイドンのれいとうパンチ:無振りメガボーマンダに72.5~86.5%。
総:基本の物理ベースの型全てに安定する。りゅうせいぐん搭載型、毒羽型に注意。
メガリザードンX
○炎半減、ドラゴン等倍なので受け出しが容易で、一致弱点を突ける。
A特化・Aランク+1メガリザードンXのドラゴンクロー:39.6~47.3%の確2。
A特化・Aランク+2メガリザードンXのげきりん:79.7~93.7%で確定耐え。
無補正無振りドサイドンのじしん・ストーンエッジ:無振りメガリザードンXに90.1%~107.1%の低乱1、ゴツゴツメット込みで確定。
総:つるぎのまい→げきりんの最大火力に後出しできるので、完全に遂行できる。
  ただしメガリザードンYのソーラービームは当然無理で、選出段階でリザードン対策を一任するのは危険。
  Yメタを含んだ選出や立ち回りが要求される。
メガバシャーモ
△フレアドライブ+とびひざげりや、はたきおとす+とびひざげりは耐えるため、とびひざげり以外には後出しできるが、
 後出しできない技が基本技としてある相手に対して役割が持てると言えるかは微妙。
A特化メガバシャーモのとびひざげり:57.2~68.9%の確2。
無補正無振りドサイドンのじしん:無振りメガバシャーモに117.4%~139.3%の確1。
総:読みや状況次第では相手できるが、とびひざげりが採用率、使用する場面共に多いので役割対象と呼べる相手ではない。
  メガシンカ以外にいのちのたまやZクリスタル持ちも多い。特にクサZには要注意。
メガクチート
○一致じしんの打点があり、起点にされにくい。アイアンヘッド持ちは厳しいが、採用率は高くない。
A特化メガクチートのじゃれつく:39.6~47.3の確3。
A特化メガクチートのアイアンヘッド:52.7%~62.6%の確2。
無補正無振りドサイドンのじしん:H振りメガクチートに80.3~95.5%、ゴツゴツメット込みで高乱数。
総:比較的安定して遂行可能。稀ではあるがアイアンヘッドに注意。
メガメタグロス
△アイアンヘッドの採用率が高い。後出しはできるものの、反撃時に怯まされる危険がある。
 コメットパンチの場合は低乱2。後出し時に攻撃が上がると確2。
無補正A振りメガメタグロスのアイアンヘッド:39.2%~47.3%の確3。
無補正A振りメガメタグロスのコメットパンチ:44.5%~52.7%の低乱2。
無補正無振りドサイドンのじしん:H振りメガメタグロスに69.6%~82.5%、ゴツゴツメット2回込みで確定。
総:数値上は問題無いが、アイアンヘッドやコメットパンチの追加効果次第では遂行不可。
メガガルーラ
△グロウパンチ→じしんに完璧に遂行するには物理受けと相性の悪いばかぢからが必要。
A特化メガガルーラのじしん:31.5~37.8%の乱3。
A特化メガガルーラのグロウパンチ→Aランク+2のじしん:最大91.6%で確定耐え。
無補正無振りドサイドンのアームハンマー:H4振りメガガルーラに56.4~66.3%、ばかぢからなら67.4~79.6%でゴツゴツメット2回込みで確定。
総:メガガルーラに対する遂行性能は抜群。おやこあいの弱体化によりさらに安定して受けられるように。特殊搭載型の減少も追い風。

メタルバースト型 節を編集

特性:すてみorハードロック
性格:ゆうかん
努力値:H252 A252
持ち物:きあいのタスキ(推奨)/ゴツゴツメット
確定技:メタルバースト
優先技:じしん/ストーンエッジorロックブラスト
攻撃技:アームハンマーorばかぢから/つのドリル/ドラゴンテール
補助技:ステルスロック/どくどく/ほえる

ソルガレオ?を除きメタルバースト使い最高値のHPを活かし、1:1交換を狙う型。
ひんしにならないためZすてゼリフなどで全快させれば再利用可能。
通常なら天敵である特殊くさみずを突破できる点も強み。
一撃できあいのタスキが発動し反射した場合、H実数値331以下の相手は同じくきあいのタスキ持ちでない限り一撃。
これはH252振りアクジキング?、H4振りハピナスですら耐えられない数値である。
最低限H252、きあいのタスキ、技枠1つ程度で仕事が可能なため他の型との両立が容易だが、奇襲性に特化するならBDS逆V最鈍を狙いたい。
また、その場合特性は受けるダメージが減少してしまうハードロック、トレースされると面倒なひらいしんは候補外。
当然の事ながらタスキ潰しに弱い。連続攻撃に至っては最後の一撃しか返せないためたとえ耐えても碌なダメージを与えられない。

サイドンでやれ。以上。
↑何故サイドンなのか分からないから理由を教えて。
↑耐久を下げて襷メタバ使うから。
↑それならHPの高いドサイドンでいいだろ。サイドンならきせきを持たせたい
↑上にもあるけど輝石待たせたところでハードロックオボンドサイドンの劣化。
襷メタバならより耐久の低いサイドンに分がある。
どうせHP種族値の高い奴は低火力が多くてこいつに襷発動させる程の技は使ってこないし、HP種族値105もあれば充分。
↑横槍になるが、そもそもメタバという技自体を主軸にしようとするこの型の前提がおかしいと言わざるを得ない。
物理に対しては普通に攻撃を耐えて反撃で突破(ガブやバシャーモなど)できるため、メタバの採用理由は「ドサイドンより早い、主に特殊相手に対する役割破壊」。
トリデプスのように火力がないポケモンならともかく、攻撃性能の優秀なこいつの場合はメタバを狙うより普通に殴ったほうが良い場面が圧倒的に多い。
メタバのためだけに進化前を採用したりBDの個体値を下げて、せっかくの火力や耐久を犠牲にする選択肢を選ぶ利点は薄い。
あくまでメタバは役割破壊、つまりおまけ程度の技である以上主軸に据えようとする前提自体が誤りといえる。
基本のアタッカー型に持ち物候補にタスキを追加すれば済む内容なのでこの型考察はノート・雑記行きが適当かと。

【ダブル】アタッカー型 節を編集

特性:ひらいしんorハードロック
性格:ゆうかんorいじっぱり
努力値:HA252を基本に調整
持ち物:Zクリスタル/じゃくてんほけん/とつげきチョッキ/たつじんのおび/オボンのみ/こだわりハチマキ
確定技:いわなだれ/ドリルライナー(推奨)orじしん
優先技:まもる
攻撃技:アームハンマーorばかぢから/れいとうパンチ/かみなりパンチ/ほのおのパンチ/メガホーン/ストーンエッジorロックブラスト
変化技:みがわり/ほえる

ダブルバトルにおけるアタッカー。主にメガリザードンYクレセリアなどのトリックルーム持ちと組ませる。
メガリザードンYとの相性は抜群で、ひでりによる水技のダメージ減、じしん無効、ひらいしんで電気を吸い寄せるためお互いに補完しあえる。
リザードンが強めてしまう相手の炎タイプに、こちらが強く出られるのがよい。

特性はどちらも有用なので悩みどころ。
ひらいしんなら電気技を牽制できる。ただしほうでんのような全体攻撃技は吸い寄せる事はできない。
ハードロックでも初見では見抜けないのでブラフになる。


対ドサイドン 節を編集

注意すべき点
攻撃が高く、一致技の範囲も優秀。ロックブラストがあるためきあいのタスキやみがわりでは受けにくい。
サブウェポンも非常に豊富で、耐久調整をすることにより物理同士の殴り合いに強い。
特殊技で攻めようにも、不一致弱点技はハードロックやとつげきチョッキで軽々と耐えられてしまう。
つるぎのまいやロックカット、じゃくてんほけんでの強化や、超火力のZワザも脅威。
対策方法
ハードロックがあるとはいえ特防は低く、4倍弱点の草・水で攻めるのが得策。
ただし無補正C振りカプ・コケコ?@いのちのたまのくさむすび程度では、D振り@とつげきチョッキを確1にできないので注意。
攻撃面は物理一辺倒なため、おにびを入れることができればある程度抑えられるがつのドリルで強行突破してくることもある。
メガギャラドスならかたやぶりでハードロックを貫通して水技で一撃で倒すことができる。