ライコウ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ライコウ 節を編集

No.243 タイプ:でんき
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:せいしんりょく(怯まない)
体重:178.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
高速特殊電気HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ライコウ908575115100115580プレッシャー/せいしんりょく
サンダース65656011095130525ちくでん/はやあし

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

三聖獣:ライコウ | エンテイ | スイクン


第二世代の三聖獣(通称三犬)の一体で単でんき準伝説ポケモン。
補助技は豊富で、でんきタイプでは珍しいめいそうの習得が個性となる。
両壁やほえるも備え、さながら強化版サンダースといった趣のサポーターもこなすことができる。

BDSPではハマナスパークで入手可能。ただしこの個体は隠れ特性のせいしんりょく固定のため、プレッシャーは未解禁。
第8世代でねっとうを新規に習得。めざパの補完性には劣り草竜に半減されるが、呼ぶ地面に刺さり火傷も狙えるので相性は悪くない。
2010年の映画の配信個体が覚えていた特別な技の「しんそく」「でんじほう」は基本技化した。
「ウェザーボール」「はどうだん」は剣盾の技レコードでしか覚えられない。



特性考察 節を編集

プレッシャー
通常特性。プレッシャー持ちの中では高速・高耐久のため、まもみが戦法を仕掛けやすい。
相手の特性によっては、登場時の発動順でS調整やスカーフの有無を見抜くこともできる。
せいしんりょく
隠れ特性。素早いので怯む事は少ないが、ダブルでのねこだまし対策に。
攻撃はもちろん、壁やバークアウト等のサポートも妨害されずにこなせる。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。雨とあわせて。
ほうでん80(120)100麻痺30%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。
ねっとう80100火傷30%対地面。追加効果が優秀。
シャドーボール80100特防↓20%ラティオスヌケニンに。
じんつうりき80100怯み10%フシギバナキノガッサに。
バークアウト5595特攻↓100%追加効果が優秀。サポート用。みがわり貫通。
はどうだん80必中-剣盾技レコードマンムーユキノオーに。
ウェザーボール50/100100天候で変化剣盾技レコード。霰下で使えば、電気の通らない地草竜に抜群をとれる。
しんそく80100優先度+2タスキ潰しに。他の先制技より速い。今作から基本技に。
変化技タイプ命中備考
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
みがわり-補助技対策や、プレッシャーとあわせて。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。
ほえる-積み技対策。まもる・みがわり貫通かつ必中。
エレキフィールド-電気技強化と催眠対策。眠ると相性が悪い。剣盾技マシン。

型考察 節を編集

めいそう型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:S252 H調整 余りC
持ち物:たべのこし
確定技:10まんボルト/めざめるパワー(氷)/みがわり/めいそう

みがわりからめいそうを積み、全抜きを狙うアタッカー型。
素の特殊耐久や素早さが高いので起点にできる相手は多い。
サンダーボルトロス?、特殊ギルガルド?等が狙い目。

調整例
  • 193-x-95-140-120-183(おくびょう 220-0-0-36-0-252振り)
    H:16n+1調整
    C:ランク+1めざめるパワー(氷)で無振りガブリアスを超高乱1
    D:無振りクレセリアのサイコキネシスでみがわりが超低乱1
  • 177-x-95-156-120-183(おくびょう 92-0-0-164-0-252振り)
    H:16n+1調整
    C:10まんボルトで無振りボルトロス?を確2
    ※霊獣フォルムははちくでんのため無効

こだわりメガネ型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:こだわりメガネ
確定技:10まんボルト
優先技:シャドーボール/めざめるパワー(氷)
選択技:ボルトチェンジ/じんつうりき

CS115を活かし、メガネの高火力で上から負荷をかけるアタッカー型。サイクル戦で強さを発揮する。
C特化デンジュモク?とほぼ同等の火力を出せるが、デンジュモク?がスカーフの場合、Sで大きく劣る。
差別化になり、一貫性の高いシャドーボールはぜひ欲しい。相性補完のめざめるパワー(氷)もほぼ必須。

火力目安(無補正C振り@メガネ)
10まんボルトH振りスイクン中乱1
H振りドヒドイデ?確1
シャドーボールH振りギルガルド?(シールド)確2
無振りミミッキュ?中乱1
めざめるパワー(氷)H振りメガボーマンダ確1
無振り霊獣ボルトロス?@チョッキ確2

通常アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CSベース
持ち物:いのちのたま/Zクリスタル/とつげきチョッキ 等
確定技:10まんボルト/めざめるパワー(氷)
攻撃技:ボルトチェンジ/シャドーボール/じんつうりき
補助技:でんじは/めいそう

上記めいそう型やメガネ型より制約が少なく柔軟性は高いが
他の電気タイプの劣化とならないよう差別化は意識したい。

持ち物考察
  • いのちのたま
    高火力を維持しつつ技の撃ち分けができる。めいそうを積めればさらに強力。
    無補正C振り@珠のめざめるパワー(氷)でH92振りまでのメガボーマンダを確1。
    無補正C振り@珠、Cランク+1の10まんボルトで無振り化身ボルトロス?を確1。
  • Zクリスタル
    瞬間火力を高められる。サブウェポンによる役割破壊も可能。
    無補正C振りZシャドーボールでH振りメガゲンガーを確1。
  • とつげきチョッキ
    特殊耐久を補強できる。大抵の一致等倍技なら無振りでも確2~3、
    無補正C振りメガリザードンYの晴れ下オーバーヒートも確定耐え。

壁起点型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:S252 H252or耐久調整
持ち物:ひかりのねんど
確定技:10まんボルトorほうでんorボルトチェンジ/めざめるパワー(氷)orほえる/ひかりのかべ/リフレクター

高速で両壁を張り、積みアタッカーの起点を作るサポート型。
麻痺狙いのほうでん、起点化回避のボルトチェンジも使える。

同じ壁張り要員のカプ・コケコ?には素早さで劣るが、素の耐久で勝る。
弱点も少ないため、スカーフ持ちに奇襲されても壁張りを遂行しやすい。
仮にスカーフじしんで確1にされても、後続の飛行タイプで起点にできる。

まもみがプレッシャー型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:S252 H調整 残り耐久
持ち物:たべのこし
確定技:10まんボルト/どくどく/まもる/みがわり

まもる・みがわりで相手の攻撃を防ぎつつ、どくどくでHP、プレッシャーでPPを削る型。
プレッシャー持ちの中でも耐久・素早さに優れており、低火力の耐久型を容易に完封できる。
ただし先制できてもサンダーのようにはねやすめで耐性を変えつつ回復する戦法は採れず、
エンテイスイクンのように相手を火傷にする技が無いので、物理技に弱いのが難点。


対ライコウ 節を編集

注意すべき点
電気タイプ屈指の特殊耐久を持つうえ、特殊技では弱点を突きにくい。
素早さも高く、先制みがわり・めいそうから全抜きされる恐れもある。
アタッカー型以外に壁張りサポート型やプレッシャー耐久型も存在する。
対策方法
物理耐久は低いため、じしんで一致弱点を突けば確1を狙える。
ねっとうやシャドーボール持ちが多い点には注意。
みがわり・めいそう対策にちょうはつ・ほえる等があると良い。