エンテイ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

エンテイ 節を編集

No.244 タイプ:ほのお
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:せいしんりょく(怯まない、いかくを無効化)
体重:198.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
炎単物理HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エンテイ115115859075100580プレッシャー/せいしんりょく
ウインディ90110801008095555いかく/もらいび/せいぎのこころ
ギャロップ65100708080105500にげあし/もらいび/ほのおのからだ
ブースター65130609511065525もらいび/こんじょう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

三聖獣:ライコウ | エンテイ | スイクン


第二世代の三聖獣(通称三犬)の一体で単ほのお準伝説ポケモン。
準専用技のせいなるほのおが反動無し・非接触・火傷50%と非常に優秀な性能で、高めの耐久と相性が良い。
この技の存在だけで他の炎物理アタッカーとの差別化が不要なほどの大きな個性となる。

第八世代からせいしんりょくいかくを無効化する効果を得た。
タイプ相性によりやけどにもならないので、流されづらい物理アタッカーとしての個性が強調。
配布限定であったしんそくを思い出しで習得可能となり、更に攻撃性能に磨きがかかった。

せいなるほのおが安定行動となりやすいのが救いだが、技範囲は貧弱そのもの。
じしんやばかぢから、ワイルドボルト等の有用なサブウェポンを覚えられず、つるぎのまい、ビルドアップ等の積み技も無いため、エースとしては難がある。
広範囲に役割を持たせるより、刺さる相手に繰り出して負担をかけていきたい。
剣盾と違いミストフィールドを展開される可能性が大幅に減ったため、火傷にはしやすくなっている。

BDSPではハマナスパークで入手可能。ただしこの個体は隠れ特性のせいしんりょく固定のため、プレッシャーは未解禁。



特性考察 節を編集

プレッシャー
通常特性。積極的に活かすなら、まもる・みがわりを持たせた耐久型で。
ストーンエッジやハイドロポンプ等の大技が主力の相手に対し有効だが、
自身のせいなるほのおも最大PP8のため、トレースされると不利になる。
一応アタッカー型でも特性の発動順で素早さ判定ができるのは利点。
現状入手手段が無いため未解禁。
せいしんりょく
隠れ特性。ひるみといかくによる攻撃低下を無効化できる。ダブルではねこだましやいわなだれで怯む心配がなくなる。
自身のステータスに噛み合っているため、耐久型以外ではこちらを優先。
現状入手できる個体はこちらのみのため、この特性で確定。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
せいなるほのお100(150)95火傷50%タイプ一致技。自身とホウオウのみの準専用技。追加効果が優秀。
しんそく80100優先度+2他の先制技より速い優秀な技。
攻撃も高いので、タスキ潰しに留まらずある程度強行突破も望める。
ストーンエッジ10080急所ランク+1火傷が効かず相性が悪い炎タイプに。ギャラドスにも有効。
じならし60100素早↓100%対炎・電気。バシャーモヒードランに。追加効果が優秀。
アイアンテール10075防御↓30%高威力・命中不安。対いわ・フェアリー。
防御↓が決まればしんそく等で追い打ちをかけられる。
かみくだく80100防御↓20%貴重な威力命中共に安定した技。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ふんか1~150
(1~225)
100-タイプ一致技。最大火力。スカーフとあわせて。ダブルでは相手全体攻撃。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。うち逃げ向き。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。連発できるがやや命中不安。
ふんえん80(120)100火傷30%タイプ一致技。サポート用だが、もらいびテレパシーでない限り味方にも当たるのが厄介。
バークアウト5595C↓100%身代わり貫通。優秀なサポート技。
ソーラービーム120100-対水岩。晴れかパワフルハーブと合わせて。
シャドーボール80100特防↓20%ラティオスヤドランに。
じんつうりき80100怯み10%バシャーモゴウカザルに。
変化技タイプ命中備考
まもる-火傷も兼ねたターン稼ぎや、プレッシャーとあわせて。
みがわり-変化わざ対策や、プレッシャーとあわせて。
リフレクター-サポート用。味方全体の物理耐久を強化。ひかりのかべは覚えられない。
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
こわいかお100相手の素早さを2段階下げる。シングルならしんそくがあれば十分なのでダブル向きか。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。
ほえる-起点化回避手段。ぼうおんに無効。

型考察 節を編集

こだわりハチマキ型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
特性:せいしんりょく
努力値:AS252
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:せいなるほのお/しんそく
選択技:じならし/ストーンエッジ/かみくだく

序盤は鉢巻せいなるほのおで負担を掛け、再登場後に鉢巻しんそくによるストッパー・全抜きに期待するアタッカー。

こだわりスカーフ型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
特性:せいしんりょく
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:せいなるほのお
優先技:かみくだく
選択技:じならし/ストーンエッジ/しんそく/バークアウト

準速でも最速スカーフFCロトムまでは抜ける。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対エンテイ 節を編集

注意すべき点
せいなるほのおの存在により、ひとたび有利対面を作られると後出しが効かなくなる。
物理アタッカーは先手で火傷を負わされると有効打を失う。
特性せいしんりょくで威嚇が効かずおにびも効かないため、とにかく火力を削ぐのが難しい。
サブウエポンも岩・鋼・地面とそれなりに揃っている。
対策方法
水タイプは攻守両面で優勢。特殊型なら火傷の影響も小さい。
ただし晴れ+ソーラービームやめいそうを使われると苦しくなる。
物理で攻めるなら、火傷させられる前or対策した上でガブリアス@スカーフ等の速攻型で。