ギャロップ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ギャロップ 節を編集

No.078 タイプ:ほのお
通常特性:にげあし(野生のポケモンから必ず逃げられる)
     もらいび(炎技を受けるとそのダメージを無効にし、炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ほのおのからだ(接触技を受けると30%の確率で相手をやけど状態にさせる)
体重  :95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
高速物理炎HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ギャロップ65100708080105500にげあし/もらいび/ほのおのからだ
バシャーモ80120701107080530もうか/かそく
ゴウカザル761047110471108534もうか/てつのこぶし
ウインディ90110801008095555いかく/もらいび/せいぎのこころ
エンテイ115115859075100580プレッシャー/せいしんりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性もらいびの場合、ほのお無効


ガブリアスを抜ける素早さと高めの攻撃を持つ単炎タイプ。
種族値のバランスは悪くなくサブウェポンも豊富、もらいび持ちでは最速という個性はあるものの、いかんせんライバルが強力なため影に隠れがち。
特に火力の低さは問題で、一致炎技の威力はゴウカザル以下。独自のサブウェポンも炎技と範囲の被るメガホーン程度で、メイン・サブとも高火力なライバルと比べると差別化要因としてはやや弱い。
変化技のさいみんじゅつや、一撃必殺技のつのドリルを覚える点が個性だが、低耐久ゆえ試行回数は稼ぎづらくいずれも博打気味。
ライバルたちとはそれぞれ微妙に差異はあるので劣化とまではならないが、「差別化」と「汎用性」を両立して運用するのは難しいきらいがある。

第8世代でとびはねるがレベル技から削除。あまり使わない技だが一応留意。
剣盾でじゃれつく、じごくづき、マジカルフレイムなどを覚え芸当を広げたがまだ連れてくることはできない。



特性考察 節を編集

にげあし
対戦では意味の無い特性。
トレース対策としては一致ほのお技を無効化されたくなく、かつさいみんじゅつをほのおのからだで妨害されたくない場合と採用理由が限定的過ぎる。
もらいび
炎技を読んで無償降臨ができ、やや物足りない火力を補うことができる。
炎タイプ相手には10まんばりき等でダメージを通せるため、基本的にはこの特性。
但しトレースされると一致技が通らなくなる。
ほのおのからだ
隠れ特性。低耐久のため試行回数を稼ぎづらく、じしんやストーンエッジには無意味。
やけどを狙うなら高い素早さで上からおにびを入れるほうが有用なため、いまいち使い勝手が悪い。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
フレアドライブ120(180)100反動1/3
火傷10%
物理の主力技。反動が痛い。
ニトロチャージ50(75)100素早さ↑100%殴りつつ積む。
メガホーン12085-半減される相手が炎と被りラティオスヤドランピンポイント。
バンギラスにはけたぐりのほうが有効。
けたぐり20~120100-威力は不安定だが岩タイプに有効なので炎との相性はよい。
10まんばりき9595-対炎・岩に。特にもらいびヒードランなどに。
ワイルドボルト90100反動1/4対水タイプ。特にギャラドス剣盾技レコード。
アイアンテール10075防御↓30%対妖。耐性で有利なフェアリーに対して有効だが命中不安。
つのドリル一撃必殺30-有効打のない相手も突破できる可能性はあるががんじょうやゴーストには効果無し。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓反動ダメージなしで撃てる炎技。両刀なら特攻低下も気にならないか。
だいもんじ110(165)85火傷10%反動なし+連発可能。
ほのおのうず35(52)85バインド耐久型の場合の選択肢。相手の交換を制限できる。
しめつけバンド、やけどと併せると1ターンに約22%削ることができる。
ソーラービーム120100-対水・岩・地面。パワフルハーブや晴れとあわせて。
変化技タイプ命中備考
さいみんじゅつ60命中不安定だが当たれば時間稼ぎに。
おにび85速いので先手で撒ける相手は多い。
みがわり-状態異常技の回避やきのみの発動に。
つるぎのまい-火力補強に。全抜きよりは耐久突破用。
あさのひざし-おにびやあまえると合わせて物理を受けられるか。天候に注意。
サイドチェンジ-ダブル用。もらいびで炎技を透かす。水技・地面技を味方に受けてもらうなど。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:もらいび
性格:ようき/せっかちorむじゃき(両刀)
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/こだわりハチマキ/各種Zクリスタル
確定技:フレアドライブ
攻撃技:10まんばりき/けたぐり/メガホーン/ワイルドボルト/つのドリル/オーバーヒート/めざめるパワー/ソーラービーム
補助技:おにび/さいみんじゅつ/みがわり

他の高速炎同様、広範囲のサブウェポンを持つのでカスタマイズ性は高い。
炎技との相性を考えると使いやすいサブ技は10まんばりき、ワイルドボルト、けたぐり辺りだが、他の高速炎もほぼ同様の範囲を覚える。
もらいびによる後出し性能はあるものの、より差別化を強く意識するなら、つのドリルかメガホーン、さいみんじゅつ辺りは入れておきたい。

おにび耐久型 節を編集

※第6世代の情報です
特性:ほのおのからだ
性格:ようきorおくびょう
努力値:防御252 素早さ252
持ち物:ゴツゴツメット
基本構成:攻撃技/つのドリル/おにび/あさのひざし

耐久向きのものがそろっている技や特性を最大限に活かす型。
種族値は足りないが、おにびさえ当てれば物理相手ならそれなりに戦える。

おにびファイアロー?がライバルになりそうだが、
岩4倍でないことやつのドリルでの突破力で差別化はできる。

攻撃技については、タイプ一致の炎技が安定か。
つのドリルの効かないギルガルド?エアームドに対しても有効。

催眠つのドリル型 節を編集

特性:もらいび
性格:おくびょうorようき などSに補正のかかる性格
努力値:S252をベースにHAC調整
持ち物:ふうせん/オボンのみ/たべのこし
確定技:さいみんじゅつ/つのドリル
優先技:オーバーヒートorだいもんじ
選択攻撃技:フレアドライブ/10まんばりきorドリルライナー/けたぐり/メガホーン
選択補助技:みがわり

100族を抜ける素早さと、催眠と一撃必殺を両立できる個性を活かした型。

持ち物候補からこうかくレンズを削除。つのドリルには適用されずさいみんじゅつは60→66にしたところで雀の涙。

優先技・選択技について
  • オーバーヒート
    最低限の役割遂行として搭載する一致炎技。フレアドライブと違い非接触のため、ゴツゴツメットやキングシールド、
    ニードルガードなどに対して強くなる。技の威力のおかげでフレアドライブとほぼ同じ火力が出せる。
  • だいもんじ
    オーバーヒートに対して威力不足だが、居座ることが多いため役割対象によって選択になってくるか。
  • フレアドライブ
    Aに努力値を振る場合の選択肢。接触技のため、環境に多いゴツゴツメットやキングシールドに注意。
  • 10まんばりき
    炎技と相性のよいサブウェポン。
  • ドリルライナー
    同上。10まんばりきより威力は低いが急所率+1。
  • けたぐり
    炎技とやや範囲が被るが、サブウェポンとしては頼もしい。苦手な岩タイプは重いポケモンが多いので、
    高威力を出しやすい。特にバンギラスに有効。
  • メガホーン
    高威力サブウェポン。ピンポイント気味だがエスパーや悪に対する有効打。
  • みがわり
    たべのこしを持つ場合には候補になる。さいみんじゅつ後に使うことで安定行動、比較的有利な運ゲとなる。

対ギャロップ 節を編集

注意すべき点
素早さ105からのタイプ一致フレアドライブ。メガホーン、けたぐり、じだんだ等サブ技が豊富。
おにび撒きや、さいみんじゅつやつのドリルでの強行突破。
対策方法
耐久は低くメインが反動技のため、高火力技で攻めれば倒せる。
ゴツゴツメット持ちなどで受ければHPを大幅に削れる。