エルレイド - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

エルレイド 節を編集

No.475 タイプ:エスパー/かくとう
通常特性:ふくつのこころ(怯むと素早さが1段階上がる)
隠れ特性:せいぎのこころ(悪タイプの技を受けると攻撃が1段階上がる)
体重  :52.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エルレイド68125656511580518ふくつのこころ/せいぎのこころ
チャーレム6060(172)75607580410(522)ヨガパワー/テレパシー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/ゴースト/フェアリー
いまひとつ(1/2)かくとう/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

エスパー×かくとう複合の物理アタッカー。同タイプにチャーレムがいる。
分岐進化のサーナイトと同様に豊富な絡め手を持ち、一致格闘技の威力やサブウェポンのレパートリーも申し分ない器用なポケモン。
反面、半端な素早さと低い物理耐久が足を引っ張る。

BDSPでは、三色パンチやリーフブレードなど剥奪された攻撃技が多め。
反面、補助技のラインナップはさらに豪華になったので、単純なアタッカーよりは補助を絡めた方が戦いやすいだろう。



特性考察 節を編集

ふくつのこころ
怯むと素早さが上がるが、怯み自体を無効化出来るわけではないため使い勝手が悪い。
発動機会が少ない上に採用率の高い怯み技であるアイアンヘッドは物理技、エアスラッシュは弱点でありどちらもダメージが大きい。
スカーフトゲキッスが相手だと発動してもあまり意味が無く、有効に作用する場面が少ないため候補外。
せいぎのこころ
隠れ特性。あく技を受けると攻撃ランクが上がる。ふくつのこころに比べればそれなりに発動機会があるため基本はこちら。
ただしあく技は等倍かつ物理技が多いため、物理耐久が低めのエルレイドで受け出しするのは不安が残る。
ダブルなら相方のふくろだたきで能動的に発動出来るが、中途半端な素早さが少々難点。
なお、トレース持ち(ポリゴン2サーナイト)は全員特殊型であるため、トレースされても問題ない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。能力低下が痛い。
ドレインパンチ75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付き。ビルドアップと相性が良い。
きあいパンチ150(225)100優先度-3単体では使いづらいが、みちづれとのコンボが強力。
サイコカッター70(105)100急所ランク+1タイプ一致技。性能安定。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対虫・飛行。格闘定番のサブウェポン。
いわなだれ7590怯み30%対虫・飛行。Sアップ手段や電磁波を使うなら。
がんせきふうじ6095素早↓100%対虫・飛行。微妙なすばやさも補える。
じならし60100全体S↓100%がんせきふうじより命中率は高いが、飛行タイプには無効。
どくづき80100毒30%対フェアリー。クチートには無効。
つじぎり70100急所ランク+1対エスパー・ゴースト。ダメージ安定。
はたきおとす65/97100道具排除タマゴ技。対エスパー・ゴースト。一撃の威力はこちらが上で道具排除も可能。
なげつける-100持ち物消費トリックルームでのくろいてっきゅうなどで。
じしん100100-対電気。メタグロスドータクンにも。
つばめがえし60必中-対草・虫。
かげうち40100優先度+1タマゴ技。対エスパー・ゴースト。先制技。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
こごえるかぜ5595相手全体
素早さ↓100%
優秀なサポート技。ダブル向け。
変化技タイプ命中備考
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
おにび85物理アタッカー対策。低めの防御を補える。
さいみんじゅつ60決まれば強力だが命中率が怪しい。
ちょうはつ100補助技対策。搭載する場合はすばやさを調整したい。
かなしばり100起点作り用。こだわりアタッカーに。
アンコール100起点作り用。耐久型の補助技を固定。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
ミストフィールド-サポート用。竜技の弱体化と状態異常予防。でんじは・おにびと相性が悪い。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。ドレインパンチと相性が良い。
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。
おきみやげ100サポート後の退場、起点作りに。
みちづれ-苦手なアタッカーを道連れに。連発すると必ず失敗する為注意。
スキルスワップ-強特性対策。火力を上げる特性の他、ムラっけポイズンヒール等に。身代わり貫通・必中。
トリックルーム-素早さが中途半端なのでスイッチトリパ用。どちらかといえばダブル向き。
ふういん-ダブル向け。まもる・トリックルーム・両壁はじめ様々な補助技を封印できる。
いのちのしずく-ダブル用。味方と自身のHP1/4回復。
いやしのはどう-ダブル用。味方のHP1/2回復。
ファストガード-ダブル用。先制技防ぎやいたずらごころメタに。
ワイドガード-ダブル用。範囲攻撃から味方を守る。
サイドチェンジ-タマゴ技。ダブル用。優先度+2で味方と位置を入れ替える。
トリックルーム-素早さが中途半端なのでスイッチトリパ用。どちらかといえばダブル向き。

型考察 節を編集

ビルドレイン型 節を編集

特性:せいぎのこころ
性格:ようき
努力値:S252 残り耐久
確定技:ドレインパンチ/ビルドアップ
選択技:サイコカッター/はたきおとす/スキルスワップ/みがわり/でんじは/おにび/ちょうはつ

弱点は少ないが素の物理耐久は低いので、先におにびを使うなど何らかのお膳立は必要。
耐久に回す努力値はビルドアップをより確実に積みたいなど耐久力そのものを重視するならH振り、
積んだ後のドレインパンチによる回復効率を重視するならBD振りがベースになる。

物理アタッカー型 節を編集

特性:せいぎのこころ
性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252orHA252
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/きあいのタスキ
確定技:インファイト/サイコカッター
攻撃技:ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ/はたきおとす/かげうち/つばめがえし
補助技:アンコール/つるぎのまい/おにび/ちょうはつ/でんじは/さいみんじゅつ/みちづれ

豊富な攻撃技・補助技を駆使して戦うアタッカー型。

努力値を振らないと耐久はさほど高くない上、格闘が少ない環境なので降臨機会は多くない。
A特化バンギラスのかみくだくは無振りで耐えられるが砂ダメージ込みで1~2回しか行動できない。

起点づくり型 節を編集

特性:せいぎのこころ
性格:ようき
努力値:AS252 or HS252
持ち物:きあいのタスキ/ひかりのねんど/カシブのみ/バコウのみ
攻撃技:インファイト/がんせきふうじ/はたきおとす/かげうち
変化技:リフレクター/ひかりのかべ/アンコール/おきみやげ/おにび/でんじは/ちょうはつ

両壁をはじめとした豊富な補助技で味方のエースの潤滑な展開を狙う型。
格闘を苦手とする相手にはインファイトで1vs1を狙うと同時に自身の早期退場を促進することも可能。

おきみやげを搭載する場合はHSベースで調整したい。搭載しない場合はASタスキ推奨。

【ダブル】基本型 節を編集

特性:せいぎのこころ/ふくつのこころ
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく
努力値:AS252 or HS252 or HA252 or HB252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/オボンのみ/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ
優先技:インファイト/ワイドガード
攻撃技:サイコカッター/ストーンエッジorがんせきふうじ/じならし/リーフブレード/はたきおとす/かみなりパンチ/かげうち/フェイント
補助技:まもる/アンコール/つるぎのまい/おにび/ちょうはつ/でんじは/みちづれ/おきみやげ/スキルスワップ/ファストガード/リフレクター/ひかりのかべ/ミストフィールド/いやしのはどう/ふういん/トリックルーム/サイドチェンジ

ダブルでの基本型。
有利な相手にはインファイトで攻勢をかけ、不利な相手には豊富な変化技を駆使して立ち回る。
アンコール、ちょうはつやふういんといった相手の行動を制限する技に長けるほか、両壁を展開することも出来る。

特筆事項はワイドガードの存在で、
これを入れないにしてもエルレイドが存在するだけで相手の全体攻撃の使用を牽制することができる。
BDSP環境のエスパータイプで使用できるのは自身とバリヤードのみ。

先制技のかげうちとフェイントは、どちらも無効タイプが存在するのでパーティにあわせて選択。
アタッカーと並べる場合はフェイント、サポーターと並べる場合はかげうちが使いやすいだろうか。

トリックルームも覚えるので、相手に合わせて展開もしくは封印することもできる。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対エルレイド 節を編集

注意すべき点
高い攻撃と特防、広い攻撃範囲、豊富な補助技による読みづらさ。
攻撃面では一致技に加え先制技かげうち、道具排除のはたきおとす等を持つため受けにくく、
補助技も積み技をはじめ、おにびやちょうはつでの妨害、トリックルームでの場作りと非常に多彩。
対策方法
素早さと物理耐久は高くないので、上から高火力物理アタッカーで叩けばよい。
攻撃面は物理一本なので、鬼火で割と楽に機能停止できる。スカーフ型なら電磁波も有効。