レジギガス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

レジギガス 節を編集

No.486 タイプ:ノーマル
特性:スロースタート(登場から5ターンの間は攻撃と素早さの値が半減する)
体重:420.0Kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
高種族値ノーマルHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レジギガス11016011080110100670スロースタート
ケッキング1501601009565100670なまけ

※スロースタートは実数値を半減する特性。努力値で本来加算されるはずだった数値も、特性の発動中は実際の半分しかステータスに反映されない。
 このため、努力値を振れば振るほど加算分から特性で切り捨てられる数値(ロス)が増え、計算式上でAS種族値の相当値は相対的に低くなっていく

種族値換算・努力値振りの注意点について

振り方HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値備考
HC252 D4の実数値217180(90)130132131120(60)-性格補正はなしとした
その実質種族値110180(70)11080110100(40)670(520)HB振りやHD振りといったAとSが無振りの場合での種族値換算
AS252 D4の実数値185212(106)130100131152(76)-性格補正はなしとした
その実質種族値110180(54)11080110100(24)670(488)AとSに全振りした場合での種族値換算

性格補正があった場合でも上の計算結果とほぼ同じ実質種族値となる。

無振りスロースタート時の攻撃/素早さは実数値にして90/60。それぞれ性格補正なし努力値252振りで106/76、性格補正あり努力値252振りで116/83。
性格補正・努力値による上昇分まで半減してしまうため、通常のポケモンより上昇量が少ない。
ステータスを調整する際は他のポケモンと同じように努力値を+8だけ振っても無駄になる場合があるため、Lv50時のステータスをきちんと把握しておくこと。
具体的には、実数値が奇数の場合1/2の計算で切り捨てられてしまう。


ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

合計種族値は670と禁止級の伝説ポケモンに引けを取らないものの、専用のデメリット特性を持つノーマルタイプの準伝説ポケモン。
このデメリット特性をいかに消すか、5ターンの間に守りきるかが過去シリーズからの課題。
解除後は攻撃が160もあるので攻撃に努力値を振りたいところだが純粋なアタッカーにするにはシングルバトルでは単体で特性を消すことが難しく、火力インフレが激しい現環境で5ターン耐え忍ぶのは難しい。
ならば、特性の影響をあまり受けない特殊アタッカー型という選択肢もあるが、こちらはノーマル単タイプがよく覚えられるれいとうビーム・かえんほうしゃ等を覚えられない。

高耐久を生かしたいところだが、回復技、反射技、拘束ダメージ技、割合ダメージ技(いかりのまえば等)、強制交代技などを何一つ覚えられない。
耐久に振ると火力を上げる手段は過去作限定のグロウパンチのみという点も痛い。
でんじはやはたきおとすを覚えるが、それだけなら他にいくらでも使い手がいる。
初ターンから合計種族値670を凌駕する高性能なポケモンが環境に数を増やしいることも逆風。

とはいえ、ダブルバトルではシングルに比べ豊富な特性解除手段があり、本来の種族値を生かした戦い方にも十分期待できる。
ワイドガードやこごえるかぜなどのサポートに必要な技も最低限持ち合わせており、同じ合計種族値670のケッキングと比べた場合、こちらは防御・特防ともに安定しているのは利点となるだろう。

第8世代で悲願の「まもる」と「ねむる」を習得。
スロースタート解除まで居座るのがこれまでよりずっと容易になった。
BDSPで没収された技が多いのは残念。特に優秀な性能安定一致技の「おんがえし」削除と三色パンチ没収が痛い。
今作でもスロースタート気味のポケモンである。



特性考察 節を編集

スロースタート
隠れ特性はなく、これのみ。
670族のレジギガスを一般戦に参加させている専用デメリット特性。
5ターン経たなくても特性が消えれば本来のスペックは発揮される。
ダブルの場合ならデスカーン?を攻撃してミイラになったり、いえきで特性を消す
もしくはスキルスワップ、シンプルビーム、なかまづくりなどが考えられる。
同じデメリット特性を持つケッキングと違い、シンプルビーム・なやみのタネ・なかまづくりでも解除できる点は利点。
なお、スロースタート発動中、本来特性の対象外である特殊技をZワザ化した場合、特攻が1/2されるという重大なバグが確認されている。
もちろんスロースタート発動中は物理技のZワザも攻撃が1/2になる。スロースタートの5ターンを過ぎれば1/2補正のないダメージになる。
特殊アタッカー型が最も汎用的で使いやすいものの、この仕様上Zクリスタルは持たせずらい。

考察

上のバグはSM期に発見されたものであったが、USUM期でも改善されていない様子。
↑当初は「バグ」という触れ込みだったけど、ここまで直さないのを見るともはや「仕様」なのでは?
BW~BW2時代もフリフォバグ放置の件があったけど、アプデでいくらでも直せる今の配信環境で直さないのはちょっと変な気がする。
↑アプデで修正するとBV全滅というユーザーの不満がでるからあえて直さない可能性。


技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
にぎりつぶす1~120(1~180)100-タイプ一致技。専用技。威力は相手のHP依存。
ふみつけ65(97)100怯み30%タイプ一致技。まひるみ狙いで。上位互換のずつきはHGSS限定技。
ギガインパクト150(225)90行動不可タイプ一致技。ラス1や散り際に。
ボディプレス80100B参照対岩・鋼。スロースタートの影響を受けない攻撃技。
ドレインパンチ75100HP吸収対岩・鋼。回復効果付き。居座り性能向上に。
リベンジ60/120100優先度-4後攻かつ被弾で威力倍増。スロースタートと相性が良い。
アームハンマー10090素早さ↓対岩・鋼。すばやさを捨てるなら。
ばかぢから120100攻撃・防御↓能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。スロースタートと相性が悪い。剣盾技レコード。
しっぺがえし50/100100-対ゴースト。後攻なら威力倍増。スロースタートと相性が良い。
じしん100100-対岩・鋼。ダブルでは周囲全体攻撃。
じならし60100素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。ダブルでは周囲全体攻撃。
ストーンエッジ10080急所ランク+1リザードンウルガモス?に。
いわなだれ7590怯み30%スロースタート解除後なら怯みを狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。無効タイプ無し。
アイアンヘッド80100怯み30%対岩。スロースタート解除後なら怯みを狙える。剣盾技レコード。
しねんのずつき8090怯み20%ゲンガーテラキオン?ウツロイド?に。
はたきおとす65/97100道具排除対ゴースト。追加効果が優秀。
ほのおのパンチ75100火傷10%ハッサムナットレイ?に。剣盾技マシン。
かみなりパンチ75100麻痺10%ギャラドスペリッパーに。剣盾技マシン。
れいとうパンチ75100凍り10%ボーマンダガブリアスランドロス?に。剣盾技マシン。
ゆきなだれ60/120100優先度-4同上。スロースタートとの相性は悪くない。今作で復刻。
特殊技タイプ威力命中効果解説
はかいこうせん150(225)90行動不可タイプ一致技。ラス1や散り際に。
かみなり11070麻痺30%雨とあわせて。
きあいだま12070特防↓10%対岩・鋼。高威力・命中不安。
だいちのちから90100特防↓10%対岩・鋼。広範囲・命中安定。剣盾技レコード。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀。ダブルでは相手全体攻撃。剣盾技マシン。
変化技タイプ命中解説
まもる-悲願の習得。スロースタート解除までのターン稼ぎに。積み技や無償交代に注意。
ねむる-悲願の習得。スロースタート解除までのターン稼ぎにカゴのみとあわせて。
ねごと-ねむるとあわせて。催眠メタにも。技スペースが厳しいか。
でんじは90妨害技。無効化されやすいがターン制限無し。サポートにも。
あやしいひかり100妨害技。ターン制限付きだが無効タイプ無し。
いばる85妨害技。リスキーだが、じこあんじと相性が良い。
みがわり-でんじはやあやしいひかりとあわせて。補助技対策にも。
ワイドガード-ダブル用。全体技対策。
かげぶんしん-回避率補強。ターン稼ぎに。
ロックカット-素早さ強化。スロースタートの素早さ半減を相殺できる。
じこあんじ-積み技持ちの相手や相方に。ダブル向け。

型考察 節を編集

耐久型 節を編集

性格:わんぱく/しんちょう/ようき
努力値:H252or16n+1調整 BorD252
持ち物:オボンのみ/たべのこし/ひかりのこな/ノーマルZ
攻撃技:ドレインパンチ/おんがえし/れいとうパンチ/かみなりパンチ/ほのおのパンチ/はたきおとす/しねんのずつき
変化技:みがわり/でんじは/どくどく/あやしいひかり/じこあんじ

スロースタートでも高い耐久には変化が無いため、それを活かす。
でんじは+あやしいひかり+怯み技での行動不能狙いや、どくどく+ドレインパンチでの回復で耐え忍ぶ。

第七世代ではでんじはの命中と素早さ降下率、混乱の自傷率が低下した。
特に麻痺で素早さが半分にしかならなくなった点は痛手で、特性解除前は最速からでも最速98族か準速113族までしか抜けなくなってしまった。
このためまひるみ戦法は中速相手にしか使えなくなっている。

一方で、Zじこあんじにより一度限り全回復が可能になった点は評価できる。じこあんじを使うと元々上げていた能力等は消されてしまうので、自分から能力上昇技を使う事は出来なくなる。
後手に回りがちなので使うタイミングには気を付けたい。
レジギガスは場づくりに特化させて、後続のエースにZワザを譲ったほうが良い場面もある。

特殊アタッカー型 節を編集

性格:ひかえめ/れいせい/ずぶとい
努力値:H252 C252 余りBD
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/たつじんのおび/とつげきチョッキ/オボンのみ/たべのこし
攻撃技:しぜんのちから(トライアタック)/はかいこうせん/だいちのちから/きあいだま/かみなり/こごえるかぜ/はたきおとす/めざめるパワー(炎)
変化技:みがわり/でんじは/どくどく/あやしいひかり

高耐久とC80を活かしてサイクル戦に導入する型。
2018/05/31現在、シングルにいるレジギガスの約半数を占める。

弱点も少なく耐久力は申し分ないが、火力は足りていない。
読みに自信があるなら火力UPアイテムで押し勝っても良いし、耐久調整で行動回数を増やすのもアリ。
低倍率アイテムだと確定数があまり変わらないので、火力を求めるならこだわりメガネを推奨。
バグの影響で特殊でもZワザの威力が下がってしまうため、残念ながらZクリスタルを持たせることはできない。
耐久力はH振りだけで無補正ガブリアスのげきりんが低乱数2、B44振りで確3になる程度ある。
ただB調整するなら性格で補正をかけたほうが効率的で、ずぶといH252@オボンで陽気メガリザードンXのフレアドライブを2耐えする。

しぜんのちからは各種フィールドで出る技が変わってしまうので注意。
ノーマル技は無理に採用せずとも良く、ベロベルトとの差別化にこごえるかぜ・だいちのちからは優先して入れたいところ。

【ダブル】物理型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん
努力値:A252 S252or調整 残りH
持ち物:オボンのみ/とつげきチョッキ/ノーマルジュエル/ノーマルZ
攻撃技:おんがえしorにぎりつぶす/ドレインパンチ/ばかぢから/いわなだれ/れいとうパンチ/はたきおとす
変化技:ワイドガード/じこあんじ

叩き台として作成。
味方とのコンボでデメリットを解消し、高火力広範囲の物理アタッカーとして運用する。
味方に技を使って高火力を出すコンボはエルフーン?&テラキオン?ワルビアル?&ケンホロウ?など多数存在するため、変化後の特性を生かせるようにしたい。
スロースタート解除にはなかまづくりが有効。じしんかじょうカエンジシ?やかるわざルチャブル?と組ませたい。
解除するだけならばいたずらごころエルフーン?でなやみのタネをぶつけるのが一番速く、特性も無駄にはならない。
あまのじゃくパッチールのスキルスワップからばかぢから連発、味方のはらだいこをじこあんじでコピー等が可能。
シングルで5ターン耐えるよりは現実的だが、ねこだましやちょうはつでの妨害には弱い。


対レジギガス 節を編集

注意すべき点
元の能力は攻撃・耐久・素早さ全て高水準。特に耐久はスロースタート発動中も下がらない。
弱点は格闘のみなので突きづらく、一撃で倒すのはなかなか難しいが、
もたもたしているとでんじはやあやしいひかり、みがわりで5ターン粘られてしまう。
ダブルでは味方のスキルスワップやなかまづくりでスロースタートを解除してくることも。
対策方法
スロースタート発動中は鈍足低火力。上から攻撃するなりちょうはつするなりして対処。
たとえ割り切った特殊型でもバグの影響でZワザがまともに使えないので容易に受けられる。
まもるやねむるを覚えず、時間稼ぎの主な手段はでんじは。地面タイプやラム持ちなら起点にできる。
万が一5ターン粘られても、じめん技が抜群でないゴーストなら受け出しは十分可能。ただしはたきおとすに注意。