レジギガス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

レジギガス 節を編集

No.486 タイプ:ノーマル
特性:スロースタート(登場から5ターンの間は攻撃と素早さの値が半減する)
体重:420.0Kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
高種族値ノーマルHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レジギガス11016011080110100670スロースタート
ケッキング1501601009565100670なまけ
+  折りたたみ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

ノーマルの準伝説ポケモン。
合計種族値は670と禁止級伝説に比肩するが、デメリット特性にして専用特性スロースタートが難点。
しかし第八世代では念願のまもるねむるを習得したことで、ターンを稼ぎやすくなった。
勿論、まもってしまうとそのターンは相手にノーリスクで行動させるので、相手の動きを読んで選択したい。

ダブルにおいてはマタドガス(原種)が続投。かがくへんかガスで特性を消せるのは相変わらず便利。
ただし、今作では高種族値・デメリット特性持ちのケッキングが解禁された為、どちらと組ませるかよく考えて使うこと。

BDSPでもおんがえし、のしかかり、三色パンチ、だいちのちから、どくどく等を筆頭に没収された技は多い。
一方でかげぶんしんじこあんじを再習得出来た事で耐久型が更に使いやすくなった。耐久種族値と弱点の少なさを活かして積みまくりたい。
他にもはたきおとす、でんじはも引き続き習得するので本作でもしぶとく耐え忍ぼう。



特性考察 節を編集

スロースタート
隠れ特性はなく、これのみ。
670族のレジギガスを一般戦に参加させている専用デメリット特性。
5ターン経たなくても特性が消えれば本来のスペックは発揮される。
ダブルの場合ならいえきで特性を消したり、スキルスワップなどが考えられる。
同じデメリット特性を持つケッキングと違い、なやみのタネでも解除できる点は利点。
本作でもマタドガス(原種)がいるので、かがくへんかガスで特性解除を狙える。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
にぎりつぶす1~120(1~180)100-タイプ一致技。専用技。威力は相手のHP依存。
ふみつけ65(97)100怯み30%タイプ一致技。まひるみ狙いで。上位互換のずつきはHGSS限定技。
かいりき80(120)100-タイプ一致技。威力・命中率共に安定。
ロッククライム90(135)85混乱20%タイプ一致技。たまに外す。
ギガインパクト150(225)90行動不可タイプ一致技。ラス1や散り際に。
ドレインパンチ75100HP吸収対岩・鋼。回復効果付き。居座り性能向上に。
リベンジ60/120100優先度-4後攻かつ被弾で威力倍増。スロースタートと相性が良い。
アームハンマー10090素早さ↓対岩・鋼。すばやさを捨てるなら。
しっぺがえし50/100100-対ゴースト。後攻なら威力倍増。スロースタートと相性が良い。
じしん100100-対岩・鋼。ダブルでは周囲全体攻撃。
じならし60100素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。ダブルでは周囲全体攻撃。
ストーンエッジ10080急所ランク+1リザードンユキメノコに。
いわなだれ7590怯み30%スロースタート解除後なら怯みを狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。無効タイプ無し。
はたきおとす65/97100道具排除対ゴースト。追加効果が優秀。
ゆきなだれ60/120100優先度-4同上。スロースタートとの相性は悪くない。今作で復刻。
変化技タイプ命中解説
まもる-悲願の習得。スロースタート解除までのターン稼ぎに。積み技や無償交代に注意。
ねむる-悲願の習得。スロースタート解除までのターン稼ぎにカゴのみとあわせて。
ねごと-ねむるとあわせて。催眠メタにも。技スペースが厳しいか。
でんじは90妨害技。無効化されやすいがターン制限無し。サポートにも。
あやしいひかり100妨害技。ターン制限付きで相手交代で解除だが無効タイプ無し。
いばる85妨害技。リスキーだが、じこあんじと相性が良い。
みがわり-でんじはやあやしいひかりとあわせて。補助技対策にも。
ワイドガード-ダブル用。全体技対策。
かげぶんしん-回避率補強。ターン稼ぎに。
ロックカット-素早さ強化。スロースタートの素早さ半減を相殺できる。
じこあんじ-積み技持ちの相手や相方に。ダブル向け。

型考察 節を編集

耐久型 節を編集

性格:わんぱく/しんちょう/ようき
努力値:H252or16n+1調整 BorD252
持ち物:カゴのみ/ラムのみ/オボンのみ/たべのこし/ひかりのこな
確定技:ねむるorまもる
攻撃技:にぎりつぶすorかいりきorロッククライム/ドレインパンチ/はたきおとす/しねんのずつき/いわなだれorストーンエッジ/じしん/ふみつけ(でんじは採用時)
変化技:みがわり/でんじは/あやしいひかり/かげぶんしん/じこあんじ

高い耐久力を生かしてスロースタート解除まで待つ型。
ねむるとまもるの習得によって生き残りやすくなったので、今後はスロースタート中でも相手に負担を与えられるかが課題となる。
抜群技で少しでも相手を削ったり、妨害技で相手の行動を阻止したい。

第七世代ではでんじはの命中と素早さ降下率、混乱の自傷率が低下した。
特に麻痺で素早さが半分にしかならなくなった点は痛手で、特性解除前は最速からでも最速98族か準速113族までしか抜けなくなってしまった。
このためまひるみ戦法は中速相手にしか使えなくなっている。

スロースタート解除後は攻撃無振りでも十分な威力になるが、補助技を採用する以上、搭載できる攻撃技は少なくなりがち。
それ故、多くの相手へ等倍以上を取れる様に技を選んでおくのがオススメ。

【ダブル】アタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/オボンのみ/とつげきチョッキ/ヨプのみ
確定技:にぎりつぶすorかいりきorロッククライム
選択物理技:いわなだれorストーンエッジ/アームハンマーorドレインパンチ/じしん/はたきおとす/しねんのずつき/ヘビーボンバー
選択特殊技:まもる/ワイドガード

相方に特性を消してもらい、高種族値で暴れる型。
スロースタート解除後ならA160・S100であり、技範囲も広く耐久もあるため十分な活躍が見込める。

相方としては「かがくへんかガス」のマタドガスが有名だが、特性を変えられれば良いため候補は多い。
あまのじゃくパッチールのスキルスワップからアームハンマー連発、味方のはらだいこをじこあんじでコピー等も可能。
どれも一長一短のため、パーティー全体のバランスと相談して選びたい。


対レジギガス 節を編集

注意すべき点
元の能力は攻撃・耐久・素早さ全て高水準。特に耐久はスロースタート発動中も下がらない。
弱点は格闘のみなので突きづらく、もたもたしていると5ターン粘られてしまう。
ダブルでは特性や味方の技でスロースタートを解除してくることも。
はたきおとすも覚える為、ゴーストタイプで対抗するのも危険がつきまとう。
状態異常も「ねむる」で対策している可能性も考えられる。
対策方法
スロースタート発動中は鈍足低火力。
シングルでは上から攻撃するなりちょうはつするなりして、デバフやでんじはに気をつけて対処。妨害は割と得意なので決して油断はしないように。
ふきとばしでかげぶんしん諸共チャラにしてしまうのも有効。
ダブルの場合、火力の補助をもう1匹の相方の特性や技に依存していることが多く、主にマタドガス(原種)に頼り切っていることが多い。
特性による戦術を無効化させながらレジギガスの高いスペックで殴ってくるためいかくやフレンドガードは通用しない。
本作ではサイドチェンジが無いので、おにびでレジギガスの弱体化させたり、隣のマタドガスへ確実な一撃を与えよう。