ユキメノコ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ユキメノコ 節を編集

No.478 タイプ:こおり/ゴースト
通常特性:ゆきがくれ(天気が「あられ」の時、回避率が1.25倍になる・あられのダメージを受けない)
隠れ特性:のろわれボディ(30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする)
体重  :26.6kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
高速霊+みちづれHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ユキメノコ7080708070110480ゆきがくれ/のろわれボディ
ゲンガー60656013075110500のろわれボディ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/いわ/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/2)こおり/どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしノーマル/かくとう

唯一の「こおり×ゴースト」の複合タイプを持つポケモン。
耐久が低く弱点も多いが、半減以下も5つと氷タイプとしては多め。
氷タイプで唯一格闘技が無効の存在で、よくある格闘+氷の組み合わせに強い。

素早さが高めで、こおりやゴーストでは2番目の速さ。上から豊富な補助技でサポートすることができる。
また、こおりタイプにも関わらず「おにび」を覚える。これは自身とフロストロトムのみ。

サブに電気技を持たせた場合、氷・ゴースト・電気の3タイプで全てのポケモンに等倍以上がとれる。
しかし一致技の威力は命中難のふぶきや状況限定のたたりめを除き威力100以下。
種族値もA・C共に80と、アタッカーとしては明らかに火力不足である。
豊富な補助技を絡めて、うまく立ち回りたい。

特殊型のイメージが強いが、実は攻撃と特攻は同じ80。しかし、氷技以外の物理技のラインナップが貧弱で物理型での起用は難しい。
(剣盾ではポルターガイストを覚えるため、物理型で起用されている例も少ないがある。)



特性考察 節を編集

ゆきがくれ
通常特性。霰下限定なうえ低耐久なので発動機会は少ない。
発動すれば行動回数を稼げる可能性はあるが完全に運であり、運用の要であるみちづれとの相性も悪い。
のろわれボディを耐久型にトレースされると厄介なので、トレース対策としては一考の余地があるか。
かたやぶりで貫通されるのも忘れずに。
のろわれボディ
隠れ特性。こちらも低耐久のため活かしづらく、発動したからといって相手に負担がかかるとも限らない。
技を封じてもZワザ化して使われたり、Zワザに発動してしまい元の技を封じられなかったりと、狙い通りに使えないのが難点。
しかし、きあいのタスキを持たせれば少なくとも2回は発動機会(1回でも発動する確率は51%)がある。
特にこだわりアイテムすりかえ後の相手やこだわりアイテム持ちに発動すれば交代を強要できるなど、勝ち筋を増やせる可能性がある。
どちらかといえば後続に託す意味合いが強いが、無天候でも発動が狙えることから、上記のゆきがくれよりは扱いやすいと言える。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
れいとうビーム90(135)100凍り10%タイプ一致技。性能安定。
ふぶき110(165)70凍り10%タイプ一致技。霰とあわせて。
こおりのいぶき60(90)90急所ランク+3タイプ一致技。命中不安だが積み技に強い。
こごえるかぜ55(82)95素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。サポート用。
シャドーボール80(120)100特防↓20%タイプ一致技。性能安定。
たたりめ65(97)/
130(195)
100-タイプ一致技。状態異常の相手に威力倍増。
おにびやでんじはとあわせて。
10まんボルト90100麻痺10%対水。一致技とあわせて全ポケモンに等倍以上。
かみなり11070麻痺30%同上。命中不安気味。雨への対策に重点を置くなら。
サイコキネシス90100特防↓10%ノーマル/格闘や炎/格闘に。
ウェザーボール50/100100天候でタイプ変化霰パではれいとうビームを超える威力の単体技。
他天候でも補完に優れるサブウェポンになりうる。
こおりのつぶて40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
ゆきなだれ60(90)/
120(180)
100被弾で威力2倍優先度-4によりみちづれの有効時間延長が見込める。
攻撃も平均程度あるため意外な火力が出せることも。
変化技タイプ命中備考
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょうに注意。
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
ゆきがくれやみがわりと相性が良いが、みちづれとは相性が悪い。
あやしいひかり100妨害技。たたりめの威力は上がらない。
ちょうはつ100補助技対策。みちづれと相性が良い。
かなしばり100起点作りに。のろわれボディより確実。ふいうち対策にも。
すりかえ100メガネやスカーフとあわせて。遺伝技。
トリック100同上。剣盾技レコード。
まきびし-サポート用。飛行は呼びにくいが、ふゆうにも無効。
みちづれ-苦手なアタッカーを道連れに。
連続使用で必ず失敗。
みがわり-何かと有用。でんじはやかなしばり、ゆきがくれと相性が良い。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
オーロラベール-サポート用。両壁展開。あられとあわせて。
うそなき100特殊受けを弱体化。擬似的に特攻を強化。流し技としても。あまのじゃくに注意。
あられ-ふぶき強化・ゆきがくれ発動・オーロラベール準備・スリップダメージと用途は多岐に渡る。

型考察 節を編集

特殊基本型 節を編集

特性:のろわれボディ
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりメガネ/いのちのたま/Zクリスタル
確定技:ふぶきorれいとうビーム/たたりめorシャドーボール
攻撃技:こごえるかぜ/かみなりor10まんボルト/サイコキネシス/ウェザーボール/こおりのつぶて
補助技:みちづれ/おにび/でんじは/ちょうはつ/あやしいひかり/かなしばり/あまごい/うそなき/すりかえ

第四世代からほとんど変わらない基本型。
こおりのつぶてを選ぶなら性格をせっかちやむじゃきにするのもよい。

たたりめは威力130と高火力だが、使うには一工夫が必要になる。
でんじは→たたりめよりもシャドーボール2回の方が単純なダメージは高い。
おにびなら僅かながらダメージ上乗せ+タスキ潰しができるので、たたりめとあわせるならこちらか。


対ユキメノコ 節を編集

注意すべき点
氷・ゴーストという攻撃範囲の高いタイプを持つ。
素早さが高く、上から広い範囲で弱点を突いてきたり、豊富な補助技を駆使してかき乱してくる。
みちづれを決められたり、のろわれボディが発動するとこちらの戦力を大きく削がれる。
耐久型もちょうはつやすりかえで機能停止させられる。
対策方法
耐久の低さ、弱点の多さから倒すこと自体はあまり苦労しないが、先制みちづれには要警戒。
素早いポケモンで上から叩きたい。メガヘルガーなら一致技半減、おにび・すりかえ無効と攻守両面で有利。
状態異常を撒かれた状態だと高火力たたりめで低耐久アタッカーは潰される危険性がある。
ゴースト無効かつ高耐久のポリゴン2などは比較的安定して受けられるが、すりかえには注意。