ヘルガー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ヘルガー 節を編集

No.229 タイプ:あく/ほのお
通常特性:はやおき(眠りの継続ターンが通常の半分になる)
     もらいび(炎技を受けると無効化して炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:きんちょうかん(相手は木の実が食べられなくなる)
体重  :35.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
特殊炎HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヘルガー7590501108095500はやおき/もらいび/きんちょうかん
リザードン78847810985100534もうか/サンパワー

ばつぐん(4倍)--
ばつぐん(2倍)みず/かくとう/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

特性もらいびの場合、ほのお無効


あく×ほのおタイプのアタッカー。素早さと特攻はそこそこあるが、物理耐久は脆い。
BDSPではメガシンカが廃止され、耐久面の補強手段が無くなった。タスキにお世話になるだろう。

第四世代当時の環境に戻ったことで、中の上程度の素早さを持つあくタイプの特殊アタッカーという個性が際立つことに。
一致技だけでも十分な攻撃範囲を持つ上、サブウェポンも豊富。攻撃も最低限程度はあり、両刀型も視野に入る。

BDSPではめざめるパワーが廃止。ガブリアスヒードラン相手が厳しくなった。
他に失った技はヘルガーには然程痛いものは無く、引き続き特殊アタッカーとしての運用が基本になる筈。



特性考察 節を編集

はやおき
ねむりに多少強くなるが安定性はなく使いづらい。
催眠技に後出しできるような耐久でもないため基本的に候補外。
もらいび
受け出しにおいて有用。炎技は高威力技が多いため半減と無効化ではかなり差が出る。
受けだし時に有用なのでどの型においても基本的にはこれを推奨。
トレースされるとほのお技が通らなくなるが、所有者の多くはあく技も等倍で通るので大したデメリットではないか。
きんちょうかん
隠れ特性。オボンのみや半減実を無視して攻撃したり、ラムのみを無視しておにびを撒いたりできる。
きのみに頼った戦術を崩すことができる点は有用だが、もらいびに比べると繰り出し能力が下がる。
素早さに関係なく優先的にアナウンスが出る仕様上、プレッシャーなどと違って素早さの判定にも使えない。
以上を踏まえると得られる恩恵は非常に限定的と言わざるを得ず、こちらも基本的に候補にはならない。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。たまに外れる。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。撃ち逃げと見せかけて、イカサマやいかりのまえばも。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%タイプ一致技。命中重視。
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。S値はある方なので怯みも期待できる。
ソーラービーム120100--対水岩。パワフルハーブや晴れが前提。
ヘドロばくだん90100毒30%マリルリピンポイント。C252振でH252振マリルリが確2なので交代読みが必要。
物理技タイプ威力命中効果解説
ふいうち70(105)100優先度+1威力の高い先制技。
イカサマ95(142)100-高火力物理アタッカーに。
ニトロチャージ60(90)100すばやさ↑中速を補える。トドメなどで使いたい。
カウンター-100優先度-5タマゴ技。きあいのタスキとセットで。
きしかいせい20-200100HP依存タマゴ技。こちらもタスキとセットで。
変化技タイプ命中解説
にほんばれ-積み技感覚で。炎技1.5倍、水軽減、ソーラービームタメなし。
わるだくみ-タイプ一致の炎&悪の両方の威力が2倍。
おにび85物理耐性強化。素早いので対面でも撃ちやすい。きんちょうかんならラムのみを無視して火傷にできる。
ちょうはつ100対耐久ポケモンに。素早いので対面でも撃ちやすい。
みがわり-苦手タイプを強引に突破したい時。素早いので使いやすい。
みちづれ-最後っぺに。素早さが関係するので相手を見る必要がある。
連続使用で必ず失敗。
ほえる-オーバーヒート連発後の起点化回避に。優先度マイナスを活かしてみちづれ有効時間延長にも。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう/ひかえめ/せっかち/おっとり/むじゃき/うっかりや
特性:もらいび
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/こだわりメガネ/いのちのたま
確定技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ/あくのはどう
選択攻撃技:ふいうち/カウンター/ソーラービーム/イカサマ/ヘドロばくだん/ニトロチャージ
選択変化技:わるだくみ/みちづれ/ちょうはつ/おにび

基本的なアタッカー型。
低い物理耐久を逆手にとったタスキカウンターも使いやすい。


対ヘルガー 節を編集

注意すべき点
一致技である炎+悪の範囲が広い。
きあいのタスキを持たせてのカウンターやみちづれも厄介。
またおにびやイカサマを覚えるので、物理アタッカーで対抗する際も注意。
対策方法
炎と悪の両方を半減できるバンギラスマリルリが有効。
ただし、マリルリピンポイントでヘドロばくだんを所持している可能性もあるので警戒は必要。