ボスゴドラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ボスゴドラ 節を編集

No.306 タイプ:はがね/いわ
通常特性:がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る) 
     いしあたま(攻撃技の反動ダメージを受けない)
隠れ特性:ヘヴィメタル(自分の体重が2倍になる)
体重  :360.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
岩/鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ボスゴドラ70110180606050530がんじょう/いしあたま/ヘヴィメタル
トリデプス60521684713830495がんじょう/ぼうおん
ダイノーズ60551457515040525がんじょう/じりょく/すなのちから

ボスゴドラはがね/いわ
ばつぐん(4倍)かくとう/じめん
ばつぐん(2倍)みず
いまひとつ(1/2)こおり/エスパー/むし/
いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/4)ノーマル/ひこう
こうかなしどく

はがね×いわ複合の一角。
鈍足で特殊耐久は低く、通常時は4倍弱点が2つもあるが、物理耐久の高さは折り紙つき。
弱点を突かれてもがんじょうがあり、物理同士の撃ち合いに強い。

第8世代では、メガシンカの廃止により再び耐性に不安が残るようになった。
三色パンチが今作で習得できないのも痛い。
めざめるパワー廃止により、不意の奇襲で沈むことが大きく減ったのはプラス。

剣盾ではレベル1ココドラが使えなくなったものの、BDSPの友達との対戦などでは依然として使用可能。
ただし、ランダム対戦等は実装されていないのでそちらがどうなるかは不明。



特性考察 節を編集

がんじょう
行動回数を確実に稼ぐことができ、安定感では一番。メタルバーストとの相性も良い。ハサミギロチン等の一撃必殺技無効も利点。
汎用性重視で確実に動きたい場合にはこれ。
いしあたま
もろはのずつきを無反動で撃つことができる。
通常型で強化アイテムを持たせ、一致もろはのずつきで相手に負荷をかける型において有用。
きあいのタスキとの相性も良いが、基本的にがんじょう+強化アイテムの方が使いやすい。
ヘヴィメタル
隠れ特性。重量増加によりヘビーボンバーの威力が上がる。
もともとくさむすび・けたぐりは威力120、相手から受ける体重依存技のダメージの変化はほぼない。
ヘビーボンバーメインで運用する場合は選択肢として無くはないが、上記2つの汎用性には劣るため採用は稀。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
もろはのずつき150(225)80反動1/2通常時のタイプ一致技。いしあたまなら反動無し。
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1通常時のタイプ一致技。いしあたま以外なら候補。
がんせきふうじ60(90)95素早↓100%通常時のタイプ一致技。追加効果が優秀。サポート用。
ヘビーボンバー40~120
(60~180)
100-タイプ一致技。威力不安定。軽い相手に有効。
「ちいさくなる」相手に必中・威力2倍。
アイアンテール100(150)75防御↓30%タイプ一致技。高威力・命中不安。
アイアンヘッド80(120)100怯み30%タイプ一致技。中威力・命中安定。でんじはとあわせて。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対鋼。能力低下が痛い。撃ち逃げ向き。
けたぐり20~120100-威力不安定。重い相手に有効。剣盾技レコード。
きあいパンチ150100優先度-3強力だが読みが必須。流し性能はそこそこ。
じしん100100-対電気・鋼。一致技との相性補完に優れる。
アクアテール9090-対地面。れいとうパンチの方が使いやすい。過去作教え技。
ほのおのパンチ75100火傷10%ハッサムエアームドに。剣盾技マシン。
かみなりパンチ75100麻痺10%ギャラドスペリッパー等の水タイプ対策に。剣盾技マシン。
れいとうパンチ75100凍り10%ボーマンダガブリアス等の4倍相手に。剣盾技マシン。
ゆきなだれ60/120100優先度-4後攻かつ被弾で威力倍増。鈍足との相性は良い。
つばめがえし60必中-キノガッサヘラクロスピンポイント。
メタルバースト-100-反射技。がんじょうとあわせて。優先度±0。すばやさ調整必須。
がむしゃら-100-削り技。がんじょうとあわせて。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
だいもんじ11085火傷10%ほのおのパンチと選択。非接触・命中不安。
れいとうビーム90100凍り10%れいとうパンチと選択。非接触・威力不足。
10まんボルト90100麻痺10%かみなりパンチと選択。パルシェンにはこちらが通りやすい。
変化技タイプ命中備考
ステルスロック-サポート用。がんじょう・フィルターなら安全に撒ける。
ほえる-積み技対策や、ステルスロックとあわせて。
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
ちょうはつ100耐久型対策。遅く使いにくい。
ロックカット-素早さ強化。準速でも最速130族やスカーフ70族、準速フェローチェ?抜き。
ボディパージ-素早さ強化。ヘビーボンバーと相性が悪い。けたぐり・くさむすびは変わらず。
のろい-攻撃・防御を補強。物理面を補える。素早さ低下に注意。

ヘビーボンバーの詳細 節を編集

相手との体重差で威力が決まる。
ボスゴドラは重い方ではあるが、極端な重量級ではないので特性「ヘヴィメタル」とのコンボで使わない場合は他の鋼技の威力を下回ることも多い。
鋼が抜群となる岩、氷のポケモンは体重が重い傾向にあるのも難点だが、フェアリーに対してはゼルネアス?以外にアイアンヘッド以上の威力で攻撃できる。
火力指数ではA特化ボスゴドラの威力120ヘビーボンバー(32040)≧A特化メガボスゴドラの威力100ヘビーボンバー(31650)となる。

メガシンカ時、アイアンヘッドより威力の出ない等倍以上のポケモン一覧

威力60(メガボスゴドラの体重の1/3~1/2=132~197.5kgのポケモン)
パルシェンルナトーンソルロックトドゼルガレジアイスユキノオーベロベルトトリデプスフリージオ?
ゴロンダ?クリムガン?サザンドラ?ヌメルゴン?ケケンカニ?ジジーロン?メガフシギバナメガヤミラミメガユキノオー
威力40(メガボスゴドラの体重の1/2=197.5kgより重いポケモン)
ゴローニャラプラスカビゴンカイリューバンギラスハリテヤマボスゴドラオニゴーリレジロック
ドダイトスカバルドンドサイドンマンムーダイノーズレジギガスギガイアス?ペンドラー?イワパレス?
ツンベアー?ゴルーグ?テラキオン?ビリジオン?ガチゴラス?アマルルガ?クレベース?Aゴローニャ?Aナッシー?
バンバドロ?ダダリン?マッシブーン?アクジキング?メガバンギラスメガオニゴーリ
ルギアグラードンレックウザギラティナアルセウス(プレートによる)、キュレム?ゼルネアス?イベルタル?
ジガルデ?(50%フォルム/パーフェクトフォルム)、フーパ?(ときはなたれしすがた)、ネクロズマ?

型考察 節を編集

ステルスロック撒きサポート型 節を編集

特性:がんじょう
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく/しんちょう
努力値:S252 HorA252
持ち物:レッドカード /各種Zクリスタル/イバンのみ
確定技:ステルスロック
攻撃技:もろはのずつき/がんせきふうじ/アイアンヘッド/じしん/れいとうパンチ/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/がむしゃら
補助技:でんじは/ほえる/ちょうはつ

先発に出し、ステルスロック撒き&起点作りをするメガシンカしないボスゴドラ。
メガシンカ型との差はメガシンカを他のエースアタッカーに回せる点と、がんじょう+レッドカード戦法ができる点。

麻痺が弱体化しS無振りでは動きづらいためSは全振り推奨。がんせきふうじで抜ける範囲も増える。
準速だとでんじはで準速フェローチェ?抜き。最速の場合がんせきふうじで最速100族まで抜くことが可能。

基本は起点作りだががんじょうで行動回数は確保されるため、Zクリスタルを持たせ要所での突破能力を両立させるのも一考。
例として先発起点作りでかち合う可能性のあるナットレイ?をZほのおのパンチでステルスロックを撒かれる前に落とせる。

技考察
もろはのずつき一致技兼自主退場手段。
がんせきふうじ後続サポート。起点作り目的で採用。
でんじは後続サポート。起点作り目的で採用。
ほえる起点化阻止。ステルスロックダメージ蓄積。
ちょうはつ起点化阻止。耐久系対策。
がむしゃら削り手段。素早さ振りやでんじはと相性がよい。

がんじょうアタッカー型 節を編集

特性:がんじょう
性格:いじっぱり/ようき/やんちゃ/ゆうかん
努力値:A252 HorS252
持ち物:各種Zクリスタル/ラムのみ/じゃくてんほけん/チイラのみ/イバンのみ/カムラのみ
確定技:ストーンエッジorもろはのずつき(イワZと併用)
攻撃技:アイアンテールorアイアンヘッドorヘビーボンバー/じしん/メタルバースト/がむしゃら/がんせきふうじ/だいもんじorほのおのパンチ/れいとうパンチ
補助技:ボディパージorロックカット(ヘビーボンバー採用時)/ステルスロック/でんじは

がんじょうによる行動回数確保を活かしたアタッカー。
メタルバーストと相性が良い。がんじょうメタバコンボ使いでは最高のHPを持つ。
がんじょうを維持しつつ最高火力が出せるイワZ+もろはのずつきも強力。

無補正A振りがんせきふうじ+ZもろはのずつきでH振りカプ・レヒレ?をぴったり確定にできる。
AS振りの場合がんせきふうじでS逆転してからのZワザで多くの相手を落とせる可能性がある。
がんせきふうじを使わない場合もSが激戦区でありがんじょうで耐えてボディパージなどもできるため、S振りのメリットは多い。
準速でカムラ発動+ボディパージが決まれば最速スカーフガブリアスを丁度抜く事ができる。

いしあたまアタッカー型 節を編集

特性:いしあたま
性格:いじっぱり
努力値:A252 残り耐久 or H252 残りADS調整
持ち物:こだわりハチマキ/オボンのみ/とつげきチョッキ
確定技:もろはのずつき
選択肢:アイアンテールorアイアンヘッドorヘビーボンバー/じしん/ばかぢから/ボディパージorロックカット

高い物理耐久を活かし有利な相手に繰り出し無反動もろはのずつきを撃ち逃げする型。
A特化@ハチマキでの威力は等倍ながらB特化クレセリアも確2(割合: 52.8%~62.5%)にしてしまう程。
もろはのずつきの威力はハチマキ>Zクリスタルのため、がんじょうアタッカー型より相手への負荷が大きいのがメリット。

耐性的にユキノオーをはじめとした特殊に出て行きたい事が多い。
特にめざ氷狙いで電気に後だしできるので、汎用性を求めるならHD振りを基本に考えた方が使いやすい。
A無振りでも補正有り@ハチマキで無振りメガバシャーモ程度なら確1にできる。

ヘヴィメタルアタッカー型 節を編集

特性:ヘヴィメタル
性格:いじっぱり
努力値:A252 S調整 残り耐久
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/各種Zクリスタル/ラムのみ
確定技:ヘビーボンバー/ストーンエッジorいわなだれ
攻撃技:じしん/ばかぢからorけたぐり/ほのおのパンチorだいもんじ/れいとうパンチ
補助技:ロックカット/でんじは/ステルスロック

ヘビーボンバーで高威力を狙いやすくする型。詳細下記。
180kg以下の相手に対し、アイアンテール以上の威力で命中安定の優秀な技となる。
ボディパージはこちらが軽くなるため候補外。

+  持ち物について

対ボスゴドラ 節を編集

注意すべき点
物理方面に優れ、アタッカー・受け・補助等なんでもこなせる。
がんじょう+メタルバースト、いしあたま+もろはのずつきなど、特性と技のシナジーも強力。
メガシンカすると物理耐久が更に高まり、相性有利な物理アタッカーでも撃ち負かされる。
対策方法
どの戦法で来るにしろ攻撃技は物理技な事が多いので、おにびが有効。がんじょうも潰せる。
メガシンカ前はがんじょう、メガシンカ後は単鋼になりフィルターがあるが、やはり弱点の格闘・地面技で攻めていきたい。ただし不一致じしんでは確4~乱3が限度。かたやぶりでがんじょうやフィルターを貫通して倒すのも手。
物理アタッカー型の場合は基本的に相手の弱点をついて倒すスタンスなので火力は高くなく、物理受けで十分に受けることができる。みずタイプに対しても有効打がかみなりパンチ程度しかないので苦手である。
特殊耐久は低いので、等倍以上の特殊技も効果的。ただしメタルバースト持ちの個体は多いので注意が必要。

ココドラ 節を編集

がんじょう+がむしゃらHP攻撃防御特攻特防素早
ココドラ5070100404030
レベル1実値125~76~74~64~64~6
トゲデマル?659863407396
レベル1実値12~135~75~74~65~75~7

Lv.1がんじょう戦法を採るポケモンの一匹。耐久・素早さの低さを利用し、がむしゃらとのコンボを狙う。
またメタルバーストも使用可能。HPはボスゴドラに劣るものの、低い能力を逆に活かしやすい。


Lv.1がんじょうがむしゃら型 節を編集

レベル:1
特性:がんじょう
性格:自由
努力値:無振りorS36
持ち物:かいがらのすず/きのみジュース
確定技:がむしゃら
攻撃技:がんせきふうじ/つばめがえし/げんしのちから/めざめるパワー(飛or岩or悪)
補助技:すなあらし/どくどく/ステルスロック/ほえる/まもる

基本的な戦略は、あらかじめすなあらしやどくびしなどを撒いておき、
相手攻撃→がんじょう耐え→がむしゃら→相手HP1→すなあらしorどくびしのターンダメージで倒す。
がむしゃら時にかいがらのすずの効果でHPが満タンに回復しがんじょうが復活、再度同じコンボができるシステム。

強力な反面、戦略が明確であり有用な対策の前では無力である。
具体的には特性「かたやぶり」やあられ、おにび、ねこだまし、はたきおとす、ゴーストタイプ等。
天候特性の弱体化や鋼・ゴーストタイプであるギルガルド?の登場以降、全盛期ほどの活躍は見せていない。
それでも、入れておけば見せ合いで相手の選出を絞る事ができる。

防御に下降補正をかけてもD>Bにならないので、ダウンロード対策は不可能(B=Dにはなるが結局特攻が上がる)。

+  持ち物について
+  選択技について

個体値がVならSは36、Aは116振る事でそれぞれ+1する事ができる。
Lv.1ミラーまで計算に入れる場合は検討してもよい。

USUMにてトゲデマル?が同様の戦法を使えるようになった。習得技の違いにより差別化は可能。

がんじょうメタルバースト型 節を編集

特性:がんじょう
性格:さみしがりorゆうかん
個体値:HAV BDS逆V
努力値:HA252
持ち物:イバンのみ
確定技:メタルバースト/がむしゃら
優先技:ほえる
攻撃技:がんせきふうじなど

メタルバーストで1匹倒し、がむしゃらで1匹に致命傷を与えて1:1.9交換を狙う型。
ボスゴドラよりBDが低いため奇襲性が高い。一撃でがんじょうが発動して反射した場合、HP実数値234までの相手を狩れる。


対ココドラ 節を編集

注意すべき点
レベル1がんじょう&がむしゃらを両立できるポケモンの一角であり、無対策では完封されてしまう。
例え対策していても行動を許せば一体に致命傷を与えられてしまう。
対策方法
砂と毒、先制技を除く襷対策が総じて有効なほか、かたやぶり持ちでも突破可能。がむしゃらは接触なため接触ダメージも有効。1:1交換となるがはたきおとすも有効。
また、ゴーストタイプにはがむしゃらが効かない。鋼・毒にはどくどくが、鋼・岩・地面にはすなあらしが効かない。