ヘラクロス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ヘラクロス 節を編集

No.214 タイプ:むし/かくとう
通常特性:むしのしらせ(HPが1/3以下のときに虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
     こんじょう(状態異常のときに攻撃が1.5倍になる・やけどによる物理技の威力低下を無視)
隠れ特性:じしんかじょう(相手を倒すと攻撃が1段階上がる)
体重  :54.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
同特性物理虫or闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヘラクロス8012575409585500むしのしらせ/こんじょう/じしんかじょう
カイリキー9013080658555505ノーガード/こんじょう/ふくつのこころ
カイロス65125100557085500かいりきバサミ/かたやぶり/じしんかじょう

ばつぐん(4倍)ひこう
ばつぐん(2倍)ほのお/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/じめん/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

むし×かくとう」複合タイプの一角。
高い攻撃力と高威力の技、「こんじょう」によるやけど耐性を併せ持つ。
高い攻撃力と威力120の一致技2つを持ち、特性でさらに火力を強化できる攻撃的なポケモン。

第8世代でメガシンカ剥奪。とはいえ、戦術が1つ失われただけであり、昔ながらの強さは変わっていない。
はたきおとすが習得できないのが少し痛い。つじぎりなどで代用は可能。



形態考察 節を編集

こんじょう
おにびやどくどくを読んで出せる。交換しても火力が落ちない。ねごととも好相性。
こだわりスカーフ持ちの場合、火力が上がるかは相手次第なのでそこは不安定。
かえんだま持ちの場合は、いえきやスキルスワップに注意。
むしのしらせ
きあいのタスキ・こらえる・きしかいせい・積み技と相性がよいが、先制技に弱い。
じしんかじょう
隠れ特性。1匹倒すまで特性が分からないため初手で状態異常は滅多に来ず、1匹倒した時点でエンジンがかかる。
体力が削られている終盤では止めにくい。 実際に状態異常になると弱い。交代すると火力が落ちる。

技考察 節を編集

攻撃技格闘威力命中追加効果備考
メガホーン120(180)85-タイプ一致の主力技。たまに外れる。
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致の主力技。命中安定だがそこそこある耐久が削れる。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対飛行。炎や虫に対してはメイン以上の威力。
いわなだれ7590怯み30%同上。怯みが狙える。こだわりスカーフで候補。
はたきおとす65→97100持ち物排除対霊。追加効果が優秀。USUM教え技。
対霊はつじぎりかシャドークローで代用可。
スマートホーン70必中-対妖。回避戦術に強いが威力低め。剣盾技マシン。
じしん100100-対毒。非接触物理技。格闘とやや範囲がかぶり気味。
タネマシンガン25×2~5100-マリルリなど、水フェアリー複合への有効打。命中安定。
つばめがえし60必中-キノガッサや同族等4倍ピンポイント。
からげんき70→140100-こんじょう型なら。毒や飛行に等倍で通り命中安定だが、ゴースト対策が必須。
フェイント30100優先度+2唯一の先制技。他の先制技にも先制できる。
カウンター-100優先度-5きあいのタスキを持たせれば物理飛行や炎に反撃できる。
変化技タイプ命中備考
みがわり-こんじょう発動の時間稼ぎに。
まもる-同上。
つるぎのまい-素早さが微妙なので全抜きは難しい。鈍足・高耐久の相手を突破したいときに。
ビルドアップ-攻撃↑耐久↑居座り性能は微妙。ドレインパンチは覚えない。
ねごと-催眠技を受けてこんじょうを発動しつつ攻撃できる。フルアタ向け。

型考察 節を編集

こだわりスカーフ型 節を編集

特性:こんじょうorじしんかじょう
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:インファイト/ストーンエッジorいわなだれ
選択技:メガホーン/タネマシンガン/じしん/はたきおとす

相手にダメージが蓄積した終盤の潰し役。ヘラクロスより早いポケモンへの奇襲にも使える。
いじっぱりだと最速130族、ようきだと最速1舞カイリューや準速スカーフオノノクス?まで抜ける。
ラティオスサザンドラ?を上から潰せるのはおいしい。
ねごとを持たせれば、催眠技読みで繰り出し、こんじょうを発動させながら攻撃、という芸当が可能。

高速格闘タイプという役割を考えるとフェローチェ?の存在が気がかり。
単純な攻撃・素早さの数値で言えばようきASスカーフヘラクロス<意地っ張りスカーフフェローチェ?
耐久力を活かした後出しや、格闘技との補完に優れる岩技、ギルガルド?に通り非接触であるじしんで差別化できるため覚えておきたい。

きあいのタスキ型 節を編集

特性:どれも候補
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:インファイト/ストーンエッジorいわなだれorロックブラスト
優先技:カウンター
選択技:メガホーン/じしん/タネマシンガン/はたきおとす/フェイント/つるぎのまい

本来苦手とするポケモンの攻撃を耐えるために採用される。
メガシンカを想定してきた相手の意表を突くこともできる。

メガシンカ型とは違い、メガバシャーモメガリザードンYウルガモス?等に加え、
タスキカウンターも合わせるとメガリザードンXメガメタグロス、Zそらをとぶ持ち等の相手をできるのが強み。
メガボーマンダも一見相手にできそうだが、りゅうのまい・羽休め・みがわりなど変化技の採用率が高いためカウンターをスカされやすく、居座りは得策ではない。

むしのしらせ込みのメガホーンでカプ・テテフ?を倒せるのもよい。

こんじょう型 節を編集

性格:ようきorいじっぱり
持ち物:かえんだま
努力値:攻撃252 素早さ252
確定技:インファイト/ストーンエッジorロックブラスト
選択技:メガホーン/じしん/はたきおとす/タネマシンガン/からげんき/フェイント/なげつける
補助技:みがわりorまもる/つるぎのまい

まもる・みがわりまたは受け出しから自発的にこんじょうを発動させる型。
第7世代ではやけどのダメージが1/16に下がったため、どくどくだまを採用する理由はなくなった。
おにび・どくどく・あくび・かえんだまトリック等に繰り出すこともでき、状態異常になってしまえばマヒ・ねむりも防げる。
隙を見てつるぎのまいを使ってさらに攻撃力を高めるのもあり。フェイントと相性がよい。

どく・やけどのダメージ、インファイトの耐久低下も相まって打たれ弱く、自分より速い相手には基本的に不利。
自分より遅い有利なポケモンに対面させ、高火力で相手の後続に負担をかけていくのが基本。

こだわりハチマキ型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 耐久・素早さ調整
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:インファイト/ストーンエッジorロックブラスト
選択技:メガホーン/タネマシンガン/はたきおとす/じしん/つばめがえし/ねごと

有利な対面から後続に圧力をかけるというスタイルはこんじょう型と変わらないが、
1ターン目から高火力で攻撃できること、フルアタ構成にできるため攻撃範囲が広いこと、
どく・やけどによるダメージがなく耐久に余裕ができることがメリット。
デメリットは状態異常玉が発動しない=こだわり型と見抜かれやすく、
本来有利なはずのエスパー等に受けられてしまうこと。まもるによる様子見に注意。
やけどが怖くない点は変わらず、おにびやどくどくを受ければ圧倒的な火力を得られる。

選択肢としてはメイン技半減のマリルリ他水タイプの物理受けに刺さるタネマシンガン、
同じくメインが通らず簡単に起点にされるギルガルド?や、メガゲンガー等に刺さるじしんの優先度が高いか。
どれを採用するかはPTとの相談となる。

とつげきチョッキ型 節を編集

特性:こんじょう
性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252orHP252
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:おいうち/インファイト/じしん
選択技:メガホーン/はたきおとす/じしん/ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじorロックブラスト

特性こんじょうによりおにびに強いおいうち持ちとして、主にメガゲンガー対策として採用されるチョッキヘラクロス。
引かれても最悪おいうちで6割超削れるため、後続の圏内に入れることができる。
(例:ヘラクロスのおいうち+メガフシギバナのリーフストームで落ちる=メガフシギバナに後出しさせない。)
ただし、かなしばりでおいうちが封じられると十分に削れないどころかヘラクロス自体が突破されるため、
4枠目の技はよく考える必要がある。

ようきにするとヒードランを抜くことができ、クレセドランに強く出られるようになる。
一方いじっぱりにすると、H振りメガゲンガーを火傷&交代時のおいうちで確定1発。
また、がんせきふうじでH振りメガゲンガーのみがわりを壊せる。


対ヘラクロス 節を編集

注意すべき点
攻撃125からの一致120技2種類。メガシンカ時はスキルリンクでさらに威力125技を複数装備。攻撃範囲も広い。
こんじょう火傷で超火力、スカーフで上から潰す、メガシンカで高い攻防力、と火力戦闘に向く複数の型がある。
弱点は炎以外マイナーで、特殊耐久は最低限あるので不一致だいもんじ程度では落ちないことも。
素早さは通常85、メガ75と微妙だが、抜き性能向上のために準速や最速が多く、中速ポケモンだと上から潰される事が多い。
味方からおいかぜやトリックルームを受ける、或いはスカーフ持ちの可能性もあるので高速ポケモンでも安心できない。
対策方法
デスカーン?サマヨール等の弱点を突かれづらい高耐久ゴーストタイプや、いかくグランブルなどが安定する。
特にクレセリアでトリックルームをした時は上記ポケモンやガラガラ(R)?が大安定。
メガシンカ型はタネマシンガンを持っているためカプ・レヒレ?等の水タイプでは受けづらい。
ギルガルド?はじしん以外は簡単に受けられるが、じしん持ちだとゴースト(ハガネ)Zもしくはじゃくてんほけん込みで反撃しないと押し負ける。