グランブル - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

グランブル 節を編集

No.210 タイプ:フェアリー
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
     はやあし(状態異常のときに素早さが1.5倍になる。まひ状態でも素早さが下がらない)※ブルーのとき「にげあし」
隠れ特性:びびり(ゴースト・むし・あくタイプの技を受けると素早さが1段階上がる)
体重  :47.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
物理妖HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
グランブル9012075606045450いかく/はやあし/びびり
122497いかく発動時相当(無振り)
マリルリ1005080608050420あついしぼう/ちからもち/そうしょく
152522ちからもち極振り

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)どく/はがね
いまひとつ(1/2)かくとう/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしドラゴン

第2世代初登場時はノーマルタイプだったが、第6世代からフェアリータイプに変更されたポケモン。
高めの攻撃力と広い攻撃範囲、いかくによる耐久補強もあって低種族値ながら物理アタッカーとしては高いポテンシャルを持つ。
特に、タイプ一致フェアリー技と補完に優れた「じしん」を両方覚えられるフェアリーは非メガシンカの一般ポケモンではグランブルだけであり、強烈な個性と言える。

一方で鈍足高火力フェアリーにはマリルリメガクチートなど強力なライバルがおり、彼らは高火力に加えて先制技と積み技を使えるため、差別化はできているとはいえアタッカーとしての汎用性では一歩劣る。
なお「じゃれつく」と「じしん」のセットが両方半減以下になるのは、炎・毒・鋼のいずれかに飛行または特性:ふゆうが付いた場合。
具体的には、ほのお+ひこうの複合とヒートロトムマタドガスクロバットエアームドテッカグヤ?
ふゆうドータクンヌケニンであり、サブのいわ技・ほのお技をいれれば全ポケモンに等倍以上が取れる。

BDSPでは、三色パンチが没収。威力が下がり確定数に影響が出るが、一応タマゴ技の三色キバで代用可能。
今作からフェアリータイプの数が大幅に少なくなったため、竜の一貫性を切るための枠として採用が見込まれる。



特性考察 節を編集

いかく
耐久補強及びサポートにもなる、無難だが優秀な特性。
同じ鈍足高火力いかく持ちアタッカーにメガクチートがいるが
非メガシンカ枠であることやメジャーな地面・炎弱点を持たないこと、技範囲の違いで差別化はできている。
まけんきかちきあまのじゃくには注意。
はやあし
発動すれば上から叩ける範囲が広がるが、S45と鈍足なため最速でも92族までしか抜けない。
能動的に発動させるなら、かえんだまかどくどくだまが必要。
こんじょうと違いやけどによる攻撃低下が残るため、持たせるならどくどくだま推奨。
びびり
隠れ特性。悪・虫タイプは半減であり、狙って受け出しできれば半減しつつ発動が狙える。
とはいえ相手の行動に依存し、抜ける範囲もはやあしと変わらないため少々使いづらいか。
ダブルなら、味方のふくろだたきを受けて一気に素早さを上げる戦法が使えないこともない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
じゃれつく90(135)90攻撃↓10%タイプ一致技。格闘・悪・ドラゴンへの遂行技。
じしん100100-じゃれつくを半減する毒・鋼・炎に。範囲も広く安定したサブウェポン。
ストーンエッジ10080急所ランク+1じしんを無効にする浮く炎に。
インファイト120100防御・特防↓悪→鋼への一貫。耐久が落ちるのがやや痛い。
きあいパンチ150100-流しやすいためこちらも候補。威力は一致技を超える。
ワイルドボルト90100反動1/4USUM技マシン。ギャラドスエンペルトなどに。
かみなりパンチ75100麻痺10%USUM教え技。同上。威力は下がるが反動無し。
ほのおのパンチ75100火傷10%USUM教え技。鋼対策。特にハッサムに。
れいとうパンチ75100凍り10%USUM教え技。4倍弱点ピンポイント。
だいもんじ11085火傷10%鋼対策。H振りエアームドに対し下降補正C無振り@珠で確2。
かみくだく  80100防御↓20%等倍範囲が広い攻撃技。受けにくるヤドランに刺さり超高乱数2。
変化技タイプ命中解説
でんじは90低い素早さを補える。無効も多いので注意。
ちょうはつ100耐久型の補助技封じに。
ほえる-積み技やみがわりを使ってくる相手を流せる。
あまえる  100相手の攻撃を2段階下げる。威嚇とあわせて。
ビルドアップ-攻撃と防御を上げられるが、積んでいる暇はあまりない。
みがわり-きあいパンチを使いたいなら。
いやしのすず-状態異常を回復。味方のサポートにも。

調整目安 節を編集

※表中の数値は努力値を表す。特に断りがない場合は補正あり252振り。

攻撃技対象持ち物補正なしたつじんのおびこだわりハチマキ
じゃれつくB4ガブリアス乱1(43.8%)補正156で確1-
インファイトH252バンギラス無補正60で確1--
ワイルドボルトH252ギャラドス+いかく乱1(12%)補正188で確1補正0で確1
H252マリルリ確2確2乱1(56%)

型考察 節を編集

基本型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:AB252orHA252ベースで調整
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/たつじんのおび/ゴツゴツメット/とつげきチョッキ
確定技:じゃれつく/じしん
選択技:インファイト/ワイルドボルトorかみなりパンチ/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/ストーンエッジ/かみくだく/だいもんじorオーバーヒート/でんじは/ほえる

いかくと耐性を生かして有利な物理アタッカーへ後出しし、広範囲の技で交代先へ負担をかけていく。
カイリューガブリアスローブシン?ヘラクロスバシャーモバンギラスなどが主な役割対象だが、
Z技の蔓延で役割対象からも不意の一撃で落とされやすくなっている点に注意。

でんじははサポートのほか自身で抜ける範囲の増加につながるが7世代での弱体化が痛い。
とはいえマリルリメガクチートは覚えない技であるため、差別化を意識するなら有力な技候補の1つと言える。

特殊相手を想定しないならAB振りの方が耐久が高くなるがサザンドラ?を意識するならHAもあり。
H252振りで補正ありC252サザンドラ?のこだわりメガネあくのはどうをちょうど二発耐える。

調整例 節を編集

191-176-109-80-85-59@たつじんのおび(ゆうかん204-156-108-0-36-4)
H:16n-1調整
A:H183B116ガブリアスへの じゃれつく 102.1%~121.8% 確定1発
B:A182ガブリアスからの じしん(いのちのたま・いかく込) 42.9%~50.7% 乱数2発(3.5%)
C:H181D184ナットレイ?への だいもんじ 50.2%~60.7% 確定2発
D:C182ラティオスからの サイコキネシス(こだわりメガネ) 85.3%~101% 乱数1発(6.25%)
S:最遅ギルガルド?+1

対グランブル 節を編集

注意すべき点
フェアリーの耐性と特性「いかく」により物理のドラゴン、格闘、悪、虫に有利に出せる。
攻撃力も高く、元ノーマルタイプの名残から多彩なサブウェポンを習得可能なため攻撃範囲が広い。
特攻は低いがオーバーヒートorだいもんじやかみなりも一応使えるので役割破壊には注意。
ほえるやでんじは、リフレクターでのサポートも可能。
対策方法
特殊耐久は低いので特殊アタッカーで対処できる。両刀型なら特殊技で攻めたほうがいい。
しかし素の物理耐久はそれほど高くはなく、いかく前提の耐久調整が多いので、
「クリアボディ」を持つメタグロスや、「まけんき」を持つキリキザン?のような物理アタッカーならタイプ的にも倒しやすい。
「かちき」持ちのポケモンならさらに戦いやすいか。