ギャラドス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ギャラドス 節を編集

No.130 タイプ:みず/ひこう
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)※コイキングのとき「すいすい」
隠れ特性:じしんかじょう(相手を倒すと攻撃が1段階上がる)※コイキングのとき「びびり」
体重  :235.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
水/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ギャラドス95125796010081540いかく/じしんかじょう
ペリッパー6050100957065440するどいめ/あめふらし/あめうけざら
マンタイン8540708014070485すいすい/ちょすい/みずのベール

ばつぐん(4倍)でんき
ばつぐん(2倍)いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/かくとう/むし/はがね 
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん

フリーズドライで4倍のダメージを受ける


初代から皆勤の水飛行タイプのポケモン。
単純に強力で扱いやすい上、応用性の高さ・育成難易度の低さもあって人気があり、使用率も常に上位に位置している。
威嚇により耐久力が高く、天敵の電気タイプとの対面以外では行動回数を確保しやすいのも魅力。

BDSPでは、メガシンカ・ダイマックスが存在しないため、これまでとは違った運用を迫られることに。
一致飛行技や一致悪技、かたやぶり地震こそ使えなくなったものの、汎用的な水タイプ枠として依然として強力。
今作ではパワーウィップを覚えられないため、再びウォッシュロトムに止められてしまうようになった。



形態考察 節を編集

高い種族値と優秀な耐性・特性いかくによる耐久補強に加え、りゅうのまい・でんじは・ちょうはつなど豊富な補助技を持つ。
優秀な物理対面性能を持つため、りゅうのまいによる抜きエースや物理流し・サイクル導入など型も多岐に渡る。

いかく
こちらでまず確定。
単純に強力だが、ギャラドスのタイプは物理方面に強く、物理耐久を補強するこの特性は非常に相性がよい。
サイクル戦での活躍を見込むのであればなおさら。
ただし、まけんきかちきあまのじゃくトレースには注意。
じしんかじょう
隠れ特性。汎用性でいかくに大きく劣り、耐久力を確保してりゅうのまいを積むほうがスマート。
そのため基本的に候補外。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
たきのぼり80(120)100怯み20%りゅうのまいやでんじはとの相性が良好な安定した主力技。
威力は物足りないが追加効果が優秀。
アクアテール90(135)90-安定性より威力を重視するならこちら。採用は稀。
アクアブレイクは覚えない。
じしん100100-対電気。優秀な威力命中率だが、水とは範囲が被りがち。
こおりのキバ6595氷10%
怯み10%
威力自体は低いが、二種類の追加効果があり水技やじしんとの相性補完に優れる。
ストーンエッジ10080急所率+1ユキノオーメガヤンマに。
かみくだく80100防御↓20%ラティオスクレセリアに。
パワーウィップ12085-剣盾技レコード。対水。ウォッシュロトムスイクンマリルリ等に。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ハイドロポンプ110(165)80-ひかえめC252ハイドロポンプ<ようきA252たきのぼり。奇襲目的の特殊型専用。
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致の高火力技だが、命中難。雨下で必中。レベル技。
れいとうビーム90100凍り10%ひかえめC252れいとうビーム<ようきA252こおりのキバ。特殊型での奇襲時専用。
C特化でD4ガブリアスが低乱1(18.8%)、H4カイリューがマルチスケイル込確2。
だいもんじ11085火傷10%鋼への役割破壊。
ただしC下降補正無振りではH252エアームドが確3のため、特殊型での採用が基本。
かみなり11070麻痺30%特殊型での対ミラー、マリルリパルシェンへ。
命中不安だが10まんボルトでは火力不足。雨下で必中。
変化技タイプ命中備考
りゅうのまい-微妙な決定力と素早さを補う。アタッカー型では必須級の積み技。
遂行速度を高めるために耐久型で採用されることも。たきのぼりと相性がよい。
ちょうはつ100クレセリア等の耐久・サポートポケモンの牽制用。
みがわり-りゅうのまいと併用して舞う。Hに多く振ることで耐久型の攻撃ではみがわりが壊れなくなる。
でんじは90じめんを呼ばないため使いやすいが、天敵のでんきタイプに無効化されるので注意。
ねむる-役割を重視する型なら候補に入る。採用する場合はカゴのみとセットで。

型考察 節を編集

りゅうのまい型 節を編集

特性:いかく(推奨)orじしんかじょう
性格:ようきorいじっぱり
努力値:S252をベースにHA調整
持ち物:ラムのみ/ソクノのみ/いのちのたま/Zクリスタル
確定技:りゅうのまい
優先技:たきのぼり
選択攻撃技:こおりのキバ/じしん/ストーンエッジ/とびはねる
選択補助技:みがわり/ちょうはつ

第4世代からあるりゅうのまいを積んで全抜きを狙う型。
威嚇によって支えられた持ち前の耐久力で、電気技持ち以外との対面では安定して積みやすい。

サイクル基本型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:H244 A252をベースに調整
持ち物:ゴツゴツメット/Zクリスタル/こだわりハチマキ/たつじんのおび
確定技:たきのぼりorアクアテール
優先技:こおりのキバ
選択攻撃技:じしん/ストーンエッジ/だいもんじ/とびはねる
選択補助技:どくどく/ちょうはつ/でんじは/みがわり

物理流し型と仮想敵はほぼ同じだが、HとAに振ることで火力と後出し性能を両立した型。
Aに特化することで無振りガブリアスを持ち物なしのこおりのキバで中乱数1(56.3%)など確定数が変化する。

一方でHBに特化しないため受け出し時の被ダメージは物理流し型より大きく、消耗が激しい。
“交代読みの攻撃で早期にダメージレースを制する構築”に向いているため、広範囲に攻撃できるよう3ウェポン以上の搭載が望ましい。

ストーンエッジは水技と範囲が被り気味だが非接触で等倍範囲が優秀。どくどくは受けだされる耐久水やポリゴン2へ。
メイン技も毒もきかないナットレイ?にはだいもんじを。C下降補正無振りでもH252ナットレイへだいもんじは確定2発。

ゴツゴツメットを持たせると接触ダメージ込みでガブリアスが落とせるようになり、物理への対面性能とサイクル戦性能を両立することができる。
より後続への負担を考えるならこだわりハチマキやたつじんのおびが有効。

素早さ調整について
HAを大きく削って火力・くり出し性能を下げると本末転倒なため、Sは調整程度が望ましい。
クレセリアやS4振りFCロトムなどを抜ける52振りや、多く振っても準速バンギラス抜きの100振り程度が妥当か。
特にそれらを意識しないならS無振りやHAに振った努力値の余り(12)だけでよい。

物理流し型 節を編集

特性:いかく
性格:わんぱく
努力値:HP244 防御252
持ち物:ゴツゴツメット(推奨)/オボンのみ/たべのこしなど
確定技:たきのぼりorアクアテール
選択攻撃技:こおりのキバ/じしん/ストーンエッジ
選択変化技:でんじは/どくどく/ちょうはつ/ほえる/ねむる/ねごと

いかくと優秀なタイプを生かした物理流し型。メジャーな役割対象はメガギャラドス、マンムーバシャーモメガルカリオ
メガハッサムメガメタグロスなど非常に多く、また地面の一貫を切れる点も採用理由となる。

第7世代でも役割に大きな変わりはないものの、回復技を持たないためZワザによる消耗の増加がサイクルでやや厳しいか。

  • 201-145-144-x-120-103 (わんぱく 244-0-252-0-0-12振り)
    H:メガガルーラのちきゅうなげ2発耐え
    A:H181B120メガガルーラ アクアテール 33.7%~40.3% ゴツゴツメット×4込みで撃破。
    B:いかく込みA177メガガルーラのグロウパンチ+おんがえし 高乱数耐え(最大202ダメージ)。
     いかく込みA182ガブリアスのこだわりハチマキげきりん 42.2%~50.7% 高乱数2耐え。
    S:準速マリルリ抜き

役割破壊特殊型 節を編集

特性:いかく
性格:ひかえめorれいせい
努力値:HC252ベース
持ち物:たつじんのおび/こだわりメガネ/いのちのたま/Zクリスタル
確定技:れいとうビーム/だいもんじ
選択特殊技:かみなり/ぼうふう/ハイドロポンプ
選択物理技:アクアテール/じしん

SMからレベルでぼうふうを習得するようになった。
火力増加アイテムを持たないと4倍をついても仮想敵を一発で倒せないので火力強化アイテムは必須。
プレートは範囲の狭さ、1.1倍アイテムは火力不足で候補外。

【持ち物:たつじんのおび】
補正有C252れいとうビーム:H0D4ガブリアス102.1%~123.4%
補正有C252だいもんじ:H252D4ナットレイ?100.5%~119.3%
補正有C252ハイドロポンプ:H252D4ファイアロー?110.2%~132.4%
補正有C252かみなり:H252D4ギャラドス101.9%~121.2% (補正有C252 10まんボルト:H252D4ギャラドス83.1%~100%)
補正有C252かみなり:H252D4マリルリ58.9%~69.5%
補正有C252かみなり:H252D4カプ・レヒレ?46.3%~55.3%
補正無A0アクアテール:H244ウルガモス?109.4%~129.3%
補正無A0じしん:H244B4ヒードラン107.1%~126.9%

やけどやゴツゴツメットをほとんど気にする必要がないので動きやすかったものの、
2倍弱点は後出しを許さない程度の火力があるのか怪しいレベル。


対ギャラドス 節を編集

注意すべき点
優秀な耐性といかく?による繰り出し性能。水・氷・地面・岩などの攻撃技とりゅうのまい・ちょうはつなど。
通常型とメガシンカ型でタイプが変化するため一貫した対策が取りづらい。まれに炎・氷・電気を持った特殊型も。
メガギャラドスはかたやぶり?によって防御特性を貫通して全抜きを狙ってくる。
※PGL統計(USUMシーズン5):ギャラドスナイト69.2%、ヒコウZ16.8%、ゴツゴツメット5.7%、ミズZ3.7%
対策方法
電気技・フリーズドライはメガシンカ・通常ともに一貫して弱点。
高耐久の水ポケモン(スイクンヤドランブルンゲル?マリルリパルシェンなど)。
スイクンはほえるがあればみがわり採用型に起点化されるのを阻止できる。
通常ギャラドスならウォッシュロトムで完封できるが、メガシンカすると逆にかたやぶり?じしんで弱点を突かれるので注意。
氷等倍の草ポケモン(ナットレイ?メガフシギバナユキノオーなど)ならメガギャラドスを対策可能。ただしZとびはねる型も一定の割合で採用されているため注意。
その他、高物理耐久のポケモン。ポリゴン2ならばZとびはねるでも十分に数値受け可能。
回復技を使う型がほぼいないため、どくやステルスロックも有効であり、基本物理アタッカーなので火傷させれば脅威は激減する。