ラティオス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ラティオス 節を編集

No.381 タイプ:ドラゴン/エスパー
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
専用道具:こころのしずく(ドラゴンタイプとエスパータイプの技が1.2倍になる)
体重:60.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ラティオス809080130110110600ふゆう
ラティアス808090110130110600ふゆう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/むし/ゴースト/ドラゴン/あく/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/でんき/くさ/かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


ドラゴン×エスパー」複合タイプの準伝説ポケモン。対のラティアスより攻撃的なステータスを持つ。
高いCSから高威力の一致技で負担をかける典型的な特殊アタッカーであり、
第5世代までは高速かつ最高火力のりゅうせいぐん使いとしてレートで高い採用率を誇ったが、第6世代での大きな環境の変化以降トップメタから退いた。
ドラゴン無効のフェアリー、一致技半減のはがねへの有効打に乏しいものの、それでもなお有利対面での制圧力には見るべき点がある。
両壁やおきみやげをはじめとした変化技を備えることからサポート適性もあり、アタッカーのイメージの強さから裏をかくこともできる。

BDSPでは、素早さ種族値110という値が最大限に活きる形となっており、高速アタッカーとしても高速サポーターとしても上から縛られにくく優秀。
目の上のたんこぶであったドラパルトやアーゴヨン、ミミッキュも不在であり第四世代まででは最速のドラゴンという立ち位置も復活、
フェアリーはがねのバリエーションも減り、攻撃面も大幅に通りやすくなった。

ただし、サイコショックやトリックといった便利な技は没収。特殊受けにはさらに弱くなった。
待望の鋼への対抗手段であるマジカルフレイムとはどうだんが今作だけでは覚えられないのも残念。



特性考察 節を編集

ふゆう
これだけなので選択の余地はない。
じめんの一貫切れるのは大きいが、各種フィールドの恩恵を得られないなどデメリットも。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発は効かない。撃ち逃げやおきみやげとあわせて。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定。デメリット無し。
撃ち合いに強めで、りゅうせいぐんとの両搭載も考えられる。
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
なみのり90100-鋼に等倍。ヒードラン等に。
10まんボルト90100麻痺10%鋼に等倍。ギャラドスエンペルトエアームド等に。
かみなり11070麻痺30%雨や眼鏡とあわせて交代際に。
シャドーボール80100特防↓20%対エスパー。ゴーストにも抜群。鋼にも等倍。メタグロスドータクンへ。
れいとうビーム90100-グライオンサンダー、氷4倍ドラゴン。
エナジーボール90100特防↓10%対水地面。鋼に半減。2倍では等倍りゅうせいぐん以下。
くさむすび20~120100-威力不安定。100.1kg以上ならエナジーボール超え。
サイコショック80(120)100-剣盾技レコード。特殊受けを意識するなら。
C252振り眼鏡でB252振りハピナスをたべのこし込みで確2。
マジカルフレイム75100特攻↓100%剣盾技レコード。対鋼。ハッサムやメタグロスに通りやすい。追加効果も優秀。
はどうだん80--剣盾技レコード。対鋼。ヒードランやエンペルトの他、バンギラスにも通る。
変化技タイプ命中備考
みがわり--補助技対策や、ふいうち読みで。
めいそう--特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
はねやすめ--めいそうとあわせて耐久型を起点化可能。じこさいせいも覚える。
おきみやげ100自身の起点化回避や、後続の起点作りに。
リフレクター--物理アタッカー対策や起点作りに。Sが高く先制しやすい。
ひかりのかべ--特殊アタッカー対策や起点作りに。Sが高く先制しやすい。
おいかぜ  --自身は十分素早いので後続サポート用として。

型考察 節を編集

基本アタッカー型 節を編集

特性:ふゆう
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:C252S252をベースに調整
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/こころのしずく/きあいのタスキ
確定技:りゅうせいぐん/サイコキネシスorサイコショック
攻撃技:りゅうのはどう/なみのり/かみなりor10まんボルト/シャドーボール/くさむすびorエナジーボール//めざめるパワー(炎)
補助技:おきみやげ/ねごと

高い特攻および素早さと、多数のサブウェポンで相手を粉砕する、ラティオスの基本形。

しかし何より重要なのは、最高火力とおきみやげを両立できる点。
りゅうせいぐんの弱点たる火力ダウンの隙をカバーでき、相手PTに打撃を与えた後は、即座に味方の起点作りに貢献していける。
また、はたきおとすの威力アップ対象外なのもプラス。

こだわりメガネ型 節を編集

特性:ふゆう
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252orHC252をベースに調整
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん/サイコキネシスorサイコショック
選択技:りゅうのはどう/なみのり/かみなりor10まんボルト/シャドーボール/くさむすびorエナジーボール//めざめるパワー(炎)/トリック

火力を追求しこだわりメガネ+りゅうせいぐんで相手を粉砕する型。
ドラゴン+水でほとんどの相手に等倍をとれるので、なみのりの優先度は高い。

こだわりスカーフ型 節を編集

特性:ふゆう
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252をベースに調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐん/サイコキネシスorサイコショック
選択技:りゅうのはどう/なみのり/かみなりor10まんボルト/シャドーボール/くさむすびorエナジーボール/めざめるパワー(炎)/トリック

こだわりスカーフを持つことで更なる速攻を仕掛ける。
同時に相手のスカーフや素早さが上昇するメガシンカ、特性や積み技で全抜きを狙うポケモンを迎撃するのが主な目的。
S110以上のポケモンは弱点を突いて落とせる相手が多いことや、耐久調整の余力から通常のアタッカー型以上のタイマン性能を誇る。
おくびょうなら火力が下がるものの、最速ガブリアス@こだわりスカーフやメガゲンガーメガバシャーモメガボーマンダ、からをやぶるパルシェンにも対応できる。

サポート型 節を編集

特性:ふゆう
性格:おくびょう
努力値:HSベース/CSベース
持ち物:ひかりのねんど/きあいのタスキ/オボンのみ/ウイのみ/メンタルハーブ
確定技:おきみやげ
優先技:りゅうせいぐんorりゅうのはどう/リフレクター/ひかりのかべ/おいかぜ/ほえる
選択技:サイコキネシスorサイコショック/なみのり/かみなりor10まんボルト/シャドーボール/くさむすび/めざめるパワー(炎)

高い素早さによるサポートを狙う型。
両壁やおきみやげで起点を作り、強力な積みポケモンを降臨させるのが基本。
CやSが高いため、ちょうはつをされることが少なくサポートも決めやすい上、無振りでも攻撃性能が高い。また、壁を先制して張れるのでダメージを抑えやすい。
両壁&おきみやげはより耐久の高いユクシーでも可能なため、差別化のためにもSは最速推奨。準速だと最速ユクシーとほぼ変わらない。
壁張りにより確定数が変わりやすいのでウイのみ採用はあり。
おきみやげをZワザ化すると後続のHP全回復の効果が付き、ラティアスのいやしのねがい以上の性能となる。
壁張り以上に重点を置くならば、CSベースで汎用アタッカーに近い形での運用も充分考えられる。


対ラティオス 節を編集

注意すべき点
S110からの一致こだわりメガネりゅうせいぐんの超火力。
アタッカーであっても補助技のレパートリーが豊富なため戦術の切り替えが利く。
エスパー由来の補助技も豊富でありならおきみやげと、後続へ繋げる動きも得意。
加えて壁張り等のサポートもこなせるため、アタッカーのイメージだけで行動するとPTが半壊する恐れも。
対策方法
鋼、フェアリーに対する有効打に乏しく、サブウェポンで弱点さえ突かれなければ有利な戦いに持ち込める。
一致技を半減以下もしくは高い特殊耐久で抑えつつ反撃する
バンギラスハッサムサーナイトメタグロスドータクン等。エスパー複合はシャドーボールに注意。
また今作登場のフェアリーはトゲキッスしかりマリルリしかり電気が通りやすいので注意。
より素早いポケモンで先制する
マニューラほかスカーフガブリアスボーマンダ等。こだわりスカーフ持ちも多いので注意。
素早さを奪う
でんじは・トリックルーム等。ただし麻痺は素早さダウンが1/4→1/2になったので、第六世代以前の調整では抜けないことも。
特殊受け
ハピナスバンギラスなど。トリックやサイコショック没収で受けへの対策手段に乏しくなった。