ユクシー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ユクシー 節を編集

No.480 タイプ:エスパー
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:0.3kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
高耐久浮遊超HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特徴
ユクシー75751307513095580ふゆう
クレセリア120701207513085600ふゆう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


耐久向けの種族値だが、HPの都合上耐久はクレセリアのほうが上でめいそうを積んでのアタッカー等は劣化になりがち。
一方で素早さやサポート技のレパートリーでは勝る。とんぼがえりやイカサマを覚えるので、起点化されにくいのも強み。
そのため苦手を潰すまで温存しておくクレセリアに対し、こちらは先発起用もこなせる。
ステルスロックによるきあいのタスキ潰し、あくびやおきみやげによる起点作りに長け、積みアタッカーと組まれることが多い。

現在、物理技候補のほとんどが覚えられない。補助中心の立ち回りのため影響は少ないが留意。



技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
しねんのずつき80(120)90怯み20%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。でんじはとあわせて。
とんぼがえり70100自分交代対エスパー・悪。攻撃しつつ撤退。あくびと相性がよい。
れいとうパンチ75100凍り10%ボーマンダガブリアスに。剣盾技マシン。
ほのおのパンチ75100火傷10%ハッサムに。剣盾技マシン。
じゃれつく9090攻撃↓10%対悪竜。剣盾技レコード。
はたきおとす65/97100道具排除対エスパー。追加効果が優秀。あくびと相性がよい。USUM教え技。
イカサマ95100-対エスパー。攻撃無振りでも使える攻撃技。剣盾技レコード。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
サイコショック80(120)100-タイプ一致技。特殊受け対策。剣盾技レコード。
ゆめくい100(150)100HP吸収タイプ一致技。あくびとあわせて。
ギガドレイン75100HP吸収回復効果付き。エムリットクレセリアとの差別化に。
マジカルシャイン80100-対悪。一貫性は高いが威力は低い。
変化技タイプ命中備考
あくび-流し技。起点作りに。相手にまもる・みがわりを使われると不発になる。
仕事を終えた後もあくびを撒いたり壁役として使えるので、使用タイミングはよく考えて。
ステルスロック-サポート用。あくびとあわせて。
おきみやげ100起点作りやサポート後の自主退場に。
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
いばる90妨害技。イカサマと相性がよい。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。剣盾技レコード。
マジックコート-先発でちょうはつ持ちが出てきやすいため対策として有効。
どくどくやでんじはも跳ね返せるが、無効タイプ・特性に注意。USUM教え技。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。
トリックルーム-サポート用。おきみやげで退場可能。
ドわすれ-特防を強化。特殊に滅法強くなる。

型考察 節を編集

場作り退場型 節を編集

性格:ずぶとい/しんちょう/わんぱく/おだやか/ようき/おくびょう
努力値:H252 BorDorS252をベースに素早さ調整
持ち物:メンタルハーブ(推奨)/オボンのみ/たべのこし/レッドカード/ゴツゴツメット/アクZ(おきみやげと併用)/混乱実
攻撃技:とんぼがえり/はたきおとす/イカサマ
補助技:あくび/おきみやげ/ステルスロック/でんじは/ひかりのかべ/リフレクター/しんぴのまもり/トリック/マジックコート

先発で場作りをして退場することを主軸とする型。
Hに振ればほとんどの攻撃を耐えるため、メンタルハーブと合わせて安定して場作りができる。
ステルスロックや両壁などは一通り覚える。パーティに合わせて補助技を選ぶ。
両壁+おきみやげを覚えるポケモンの中では最高の耐久を持つが、より高いSから壁を張って耐久を補強できるラティオスもいる。ユクシーの優位点は弱点の少なさと素の耐久値にあるだろう。

あくび・とんぼがえり
ユクシーの個性のひとつ。アギルダー?レパルダス?には素早さで劣るが耐久で勝る。
ラムカゴ持ちの多いスイクンなどにはあくび→はたきおとすorトリックが有効。
ただしメガストーン・Zクリスタル持ちを交代で出されると道具を無効化できないため注意。
交代を誘うためステルスロックの相性は良好。
ステルスロック
きあいのタスキ・マルチスケイルがんじょう潰しに加え
リザードンウルガモス?を半壊させられるため、後続のメガフシギバナなどが動きやすくなる。
確定数が変わることにより負け筋でも逆転できる可能性が生まれるため、重要度は高い。
あくびとステルスロックを両立できるポケモンの中では最速で、耐久も高めなので使いやすい。

第七世代ではエレキフィールド・ミストフィールド下であくびが無効化されてしまうが、
飛行タイプかつ持ち物固定のメガボーマンダ等のメガシンカポケモンに対しては有効。
逆にこれらのポケモンを積みエースとして起用する際は、しんぴのまもりの優先度が上がる。

ステロあくび型 節を編集

性格:ずぶとい/おだやか/おくびょう
努力値:HSベース 耐久調整
持ち物:メンタルハーブ/たべのこし/ゴツゴツメット
確定技:ゆめくい/あくび/ステルスロック
選択技:スキルスワップ/めいそう/みがわり/めざめるパワー(炎/地)/イカサマ

優秀な耐久値を活かし、退場せず居座って攻める型。
ステルスロックを設置して、あくび連打で交代を促し、ダメージを稼ぐ。
それでも居座る相手にはゆめくい。
やるき、ふみん、その他の眠り対策の特性にはスキルスワップが刺さる。

ちなみに、上記の4つの技を覚えるのはユクシーの他にはドーブルのみなので
ユクシー専用コンボと言える。


対ユクシー 節を編集

注意すべき点
多彩なサポート技を持ち、高めの素早さからの妨害・起点作りに長ける。
ステルスロックや壁張りで場作りし、あくびやおきみやげ、とんぼがえりで後続のエースに繋いでくる。
でんじはやちょうはつで動きを止めようにも、マジックコートやしんぴのまもりで防がれる。
クレセリアに負けず劣らずの耐久を持ち、一撃で落とすことは容易ではない。
対策方法
場づくりとして先発で出てくることが多いので、こちらも補助技対策を持つポケモンを先発させる。
あくびはエレキフィールド・ミストフィールド下で無効。カプ・コケコ?なら先制ちょうはつも可能。
エーフィ等のマジックミラー持ちならステルスロックも跳ね返せる。
いたずらごころ持ち等、先手を取れるポケモンでみがわりを張るのも手。火力は低いため一撃で壊されることは少ないが、悪に弱いポケモンはイカサマに注意。