エムリット - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

エムリット 節を編集

No.481 タイプ:エスパー
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:0.3kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
浮遊超HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エムリット8010510510510580580ふゆう
チリーン755080959065455ふゆう
ユクシー75751307513095580ふゆう
アグノム751257012570115580ふゆう
クレセリア120701207513085600ふゆう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


第四世代出身の準伝説単エスパーポケモンの一角。
合計種族値は同世代のアグノムユクシーと同等なのだが、
全体的にバランスよく配分してしまった為に攻撃性能はアグノム、耐久はユクシーに劣る。
更に同タイプにクレセリアも存在し、サポーターとして考えるとやはりユクシーが壁になる。
ライバルと比較して最も鈍足なのも痛く、それでいてトリックルームを利用するには早すぎる。
単体で見ると決して悪くは無いが、同タイプのライバルに各方面で及ばず、器用貧乏になりやすいポケモン。

逆に言うとバランス型の配分ゆえに何をしてくるか初見では分かりづらい。
補助技、サブウェポン共に豊富であり、サポーターとしてもアタッカーとしても及第点程度の性能はある。
アグノムとは耐久、ユクシーやクレセリアとは攻撃技の範囲で差別化が可能。
中途半端な速さから、トリックルームを採用し途中からスイッチさせる等の器用な動きもさせやすい。
特化させるとライバルに見劣りしやすいので、明確な調整先を想定した上での運用が推奨される。



技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考アグノムユクシークレセリア
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定だが、積まないと火力不足。
サイコショック80(120)100-タイプ一致技。特殊受け対策だが、火力は更に低い。
れいとうビーム90100凍り10%ボーマンダガブリアスに。××
ふぶき11070凍り10%霰下で必中。クレセリアとの差別化に。×××
10まんボルト90100麻痺10%ギャラドスペリッパーに。鋼にも等倍。×
かみなり11070麻痺30%雨下で必中。×
マジカルシャイン80100-対悪。一貫性は高いが威力は低い。
※クレセリアは威力の高いムーンフォースを覚える。
シャドーボール80100特防↓20%対エスパー・ゴースト。鋼にも等倍。
エナジーボール90100特防↓10%ラグラージトリトドンに。
くさむすび20~120100-威力不安定。100.0kg以上ならエナジーボール超え。
物理技タイプ威力命中追加効果備考アグノムユクシークレセリア
しねんのずつき80(120)90怯み20%タイプ一致技。スカーフなら怯みを狙える。
とんぼがえり70100自分交代対エスパー・悪。攻撃しつつ撤退。有利対面作りに。×
ドレインパンチ75100HP吸収対悪、鋼。回復効果付き。×
変化技タイプ命中備考アグノムユクシークレセリア
あまえる100物理アタッカー対策。ユクシークレセリアとの差別化に。×××
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補えるが、ユクシーアグノムの劣化気味に。
わるだくみ-特攻を強化。決定力向上に。×
ステルスロック-サポート用。クレセリアとの差別化に。×
トリックルーム-サポート用。読まれにくさを活かして。
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
いやしのねがい-サポート後の自主退場や、後続の全回復・無償降臨に。
※クレセリアは上位互換であるみかづきのまいを覚える。
××
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
まねっこ-相手の使ったコピーする。補助技を真似出来ると便利。
攻撃も特攻もある程度あるが、安定はしない。
×××

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:ひかえめ
努力値:HC252
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび
確定技:サイコキネシスorサイコショック
攻撃技:れいとうビームorふぶき/10まんボルトorかみなり/シャドーボール/マジカルシャイン/とんぼがえり
補助技:トリックルーム/でんじは

アグノム以上の耐久とユクシークレセリア以上の攻撃性能を活かした型。
素早さはふゆう単エスパーの中では比較的遅く、攻撃技が豊富でちょうはつをされにくいためトリックルームとも相性がよい。

差別化という点において、氷技(れいとうビームorふぶき)と電気技(10まんボルトorかみなり)の両立は重要である。
他に両立できるエスパーは禁止伝説を除けばスターミーラティアスラティオスで、単エスパーだとエムリットのみ。
共にふゆうと相性がよい。氷技は地面への有効打となる。電気技は地面を呼びにくいので無効化されにくく、鋼にも等倍で通る。

耐久が高い方なので、劣化をさけるためにも調整するとよい。
ユクシーが確2レベル(50%強)の攻撃を確2(90~99%程度)におさえれるような調整を施すと攻撃力がある分、サイクル戦を制しやすくなる。

物理流し型 節を編集

特性:ふゆう
性格:ずぶとい
努力値:HB252をベースにCS調整
持ち物:オボンのみ
確定技:サイコキネシスorサイコショック
優先技:れいとうビーム/ステルスロック/とんぼがえり
攻撃技:10まんボルト
補助技:でんじは/トリックルーム/いやしのねがい

優秀な耐久種族値とクレセリアに無い補助技、そこそこある攻撃性能を活かす物理流し。
クレセリアと特に差別化点となる技を優先技に配置。同時採用もまったく問題ない。

  • れいとうビーム
    クレセリアと違い、C無振りでも無振りボーマンダを確1。ガブリアスは乱1。
  • ステルスロック
    クレセリアや他の耐久エスパーにはない強力な設置技。
  • とんぼがえり
    無振りでもAがそこそこあるため使いやすい。

対特殊 役割遂行型(特殊ベース) 節を編集

特性:ふゆう
性格:おだやか(推奨)orおくびょう など
努力値:HD252をベースにCS調整
持ち物:オボンのみ/たべのこし
確定技:サイコキネシスorサイコショック
優先技:とんぼがえり
攻撃技:れいとうビーム/10まんボルトorかみなり/エナジーボールorくさむすび/シャドーボール/マジカルシャイン
補助技:でんじは/ステルスロック/いやしのねがい/めいそう など

高めの耐久とそこそこの攻撃性能、優秀な補助技で対特殊の役割を担っていく。

クレセリアには特攻種族値で優っているものの、差別化の意識はやはりしたいところ。
最も有効な差別化点はとんぼがえり。特殊流しの際など撃つ機会は割と多い。
高めのA種族値も活かせるが、下降補正無振りなので下の物理ベースの型には大きく劣る。

対特殊 役割遂行型(物理ベース) 節を編集

特性:ふゆう
性格:しんちょう(推奨)orようき など
努力値:HD252をベースにAS調整
持ち物:オボンのみ/たべのこし
確定技:しねんのずつき
優先技:とんぼがえり
補助技:でんじは/ステルスロック/いやしのねがい など

上の型と同じく、高めの耐久とそこそこの攻撃性能、優秀な補助技で対特殊の役割を担っていく。
ただし現時点では物理技の種類が極端に少ない。

物理技ベースにすることにより、クレセリアとの差別化はある程度できている。
この型最大の差別化対象は上の特殊ベースの型。
とんぼがえりの火力が上がるものの、サブウェポンの威力は軒並み低下してしまう。

物理こだわり型 節を編集

特性:ふゆう
性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252をベースにH調整
持ち物:こだわりハチマキorこだわりスカーフ
確定技:しねんのずつき/とんぼがえり
攻撃技:ドレインパンチ
補助技:トリック/ねごと

攻撃・素早さが上位のアグノムとは、耐久力で差別化。
アタッカーとしては高いHBDを活かし耐久調整をすることで、行動回数を増やせる。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対エムリット 節を編集

注意すべき点
全ての能力が平均的に高く技も豊富。そのため、型が読み辛い。
サポート型、アタッカー型ともに平均点以上に機能するため、型を読み外すと痛手を負う恐れがある。
倒し損ねるととんぼがえりで撤退されたり、いやしのねがいで後続を全回復されてしまう。
対策方法
他の多くのエスパータイプへの対処法が、そのまま流用できる。
エスパーとの相性補完に優れるきあいだまが使えず、とりわけ鋼への有効打に乏しい。
れいとうビームの採用が多いので氷弱点のポケモンは注意。