ハリテヤマ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ハリテヤマ 節を編集

No.297 タイプ:かくとう
通常特性:あついしぼう(ほのおタイプとこおりタイプの攻撃技のダメージを半減する) 
     こんじょう(状態異常の時にこうげきが1.5倍になる・やけどによる物理技の威力低下を無視)
隠れ特性:ちからずく(追加効果がある技の追加効果が無くなり威力が1.3倍になる)
体重  :253.8kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
鈍足闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ハリテヤマ14412060406050474あついしぼう/こんじょう/ちからずく
カイリキー9013080658555505ノーガード/こんじょう/ふくつのこころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「あついしぼう」の場合、ほのおこおり半減


鈍足ながら、火力・耐久共に並以上の単かくとう。同タイプの最終進化では唯一のあついしぼう持ち。
ニョロボンとやや被る部分はあるがでんきくさを等倍に抑え独自の耐性を得られる。
他の特性は火力面を補強。役割に応じてどれを選択するかはしっかりと考えておきたい。

BDSPでは最大のライバルにして壁であったローブシンが不在。運用上の対抗馬はカイリキー程度か。
火力面ではやや下回り、ノーガード+ばくれつパンチのような強烈なコンボは持たない。
しかし前述した耐性の豊富さ、ねこだましの習得によるダブル適性などで差別化は容易。
素早さがより低いため、同じくダブル適性のあるカポエラーと比べてトリパにも適性がある。
積むタイミングは難しいが、はらだいこで圧倒的な爆発力を獲得することも可能。

技方面では、サブウェポンとして優秀な三色パンチが剥奪。技範囲は少々狭くなっている。

HPが極端に高いため、耐久に振る場合はHPよりもBDに振った方が効率が良い。



特性考察 節を編集

あついしぼう
ほのおこおりに強くなる。ニョロボンが近い耐性を持つが、弱点が少なくフリーズドライも等倍。
こんじょうが無い分、おにびに弱くなるが差別化にも有用かつ実用的。
こんじょう
ねこだましにより、安全にかえんだまを起動できる。
特にダブルにおいては相方のトリックルームを補佐しつつエースには十分な火力を得られて有用。
単純な火力はカイリキーに劣るが、ハリテヤマ=あついしぼうのイメージを逆用すればシングルでも採用圏内。
ちからずく
隠れ特性。追加効果が発動しない代わりに威力が上昇。いのちのたまの反動も受けなくなる。
一致技との相性は悪いが、いわなだれがストーンエッジに近い威力の全体攻撃に。
ローブシンが不在のため個性として活用できなくもないが、少々中途半端か。

技考察 節を編集

※特性「ちからずく」の場合、確率で発動する追加効果はなくなる。

攻撃技タイプ威力ちからずく命中効果備考
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。威力・命中共に高いがデメリットが痛い。
採用する場合は後攻での撃ち逃げに徹するのがベター。
ばかぢから120(180)100攻撃・防御↓タイプ一致技。インファイトと違い特殊耐久を削らずに済むが連発できない。
USUM教え技。
クロスチョップ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。威力・命中共に劣るがデメリットは無い。
リベンジ60(90)/
120(180)
100優先度-4タイプ一致技。後攻かつ被弾で威力倍増(交代されると威力は上がらない)。
鈍足との相性は良いが、あついしぼうによる流し性能とは相性が悪い。
けたぐり20~120(30~180)100-タイプ一致技。威力不安定。最大でもインファイト・ばかぢからと同等。
きあいパンチ150(225)100優先度-3タイプ一致技。流し際やみがわりとあわせて。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎・虫・飛行。格闘定番のサブウェポン。
あついしぼうで炎や氷に役割を持つならほぼ必須。
いわなだれ759790怯み30%命中重視。ちからずくならストーンエッジに近い威力を出せる。
じしん100100-対炎・毒・電気。
ほのおのパンチ7597100火傷10%ハッサムドータクンに。ちからずく対象技。USUM教え技。
れいとうパンチ7597100凍り10%ボーマンダガブリアスに。ちからずく対象技。USUM教え技。
かみなりパンチ7597100麻痺10%ギャラドスペリッパーに。ちからずく対象技。USUM教え技。
ヘビーボンバー40~120100-威力不安定だが対フェアリーに絞れば基本は最大威力が出る。
「ちいさくなる」相手に必中・威力2倍。
アイアンヘッド80104100怯み30%対フェアリー。性能安定。ちからずく対象技。USUM教え技。
どくづき80104100毒30%対フェアリー。性能安定。ちからずく対象技。
はたきおとす65/97100道具排除対エスパー・ゴースト。追加効果が優秀。
からげんき70/140100-状態異常で威力倍増。こんじょうとあわせて。
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。鈍足との相性は良い。
バレットパンチ40100優先度+1対フェアリー。タスキやがんじょう持ちにも。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
ねこだまし4052100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
変化技タイプ命中解説
ふきとばし-積み技対策や、交代読みで。
ビルドアップ-攻撃・防御を強化。ドレインパンチは覚えない。
はらだいこ-攻撃超強化・HP消費。バレットパンチとあわせて。
ねごと-催眠技対策や、ねむるとあわせて。
みがわり-補助技対策や、きあいパンチとあわせて。
みきり-ダブル用。基本技。
ワイドガード-ダブル用。全体技対策。

型考察 節を編集

あついしぼう型 節を編集

特性:あついしぼう
性格:いじっぱりorしんちょう
努力値:A252 耐久調整 残りS
持ち物:とつげきチョッキ/オボンのみ/こだわりハチマキ
確定技:インファイトorばかぢからorクロスチョップ
優先技:ストーンエッジorいわなだれorじしん(両立可)
攻撃技:はたきおとす/ヘビーボンバーorどくづき/れいとうパンチ
先制技:バレットパンチ/ねこだまし/フェイント
変化技:みがわり/どくどく/ふきとばし

あついしぼうによる耐性を活かして繰り出し、格闘技や弱点を突いて攻めるハリテヤマの基本となる型。
D振りやとつげきチョッキで特殊方面を補えば、繰り出し範囲も広くなる。
炎耐性を活かすためにも、サブウェポンには炎に通る岩or地面技の積極採用が望ましい。
 
フェアリー対策にはどくづきとヘビーボンバーから選択。
撃ちたい相手には軽量級が多いものの、第七世代で追加されたフェアリーには鋼等倍が多い。

攻撃252・特防252+とつげきチョッキ 節を編集

あついしぼうの役割である炎・氷は特殊技が多いので、役割的に特殊耐久を強化した方が受け出しやすい。
その他の特殊技も一致弱点でもない限り確2~3にできる。

  • 無補正C振りメガライボルトの10まんボルトが確4。
  • 無補正C振りサザンドラ?@メガネのりゅうせいぐんがCダウン込みで確3。
  • C特化メガフシギバナのヘドロばくだんが確4。
  • C特化ウォッシュロトムのハイドロポンプが低乱3。
  • 無補正C振りゲッコウガ?のじんつうりきが確3。-C特化メガサーナイトのハイパーボイスが確2。
  • 無補正C振りメガゲンガーのシャドーボールが確4、マジカルシャインが確3。
  • C特化シャンデラ?ギルガルド?のZシャドーボール+通常シャドーボールを確定耐え。
  • C特化カプ・テテフ?のフィールド補正サイコキネシス確2

攻撃252・防御252+とつげきチョッキ 節を編集

特殊技の威力低下にともない、物理が蔓延している第六世代以降の環境に合わせた仕様。
D無振りでもとつげきチョッキがあれば特殊炎・氷技は充分受けられる。

こんじょう型 節を編集

特性:こんじょう
性格:いじっぱりorようきorゆうかん
努力値:A252 BorDorS252
持ち物:かえんだま
確定技:インファイトorクロスチョップ/ねこだまし
攻撃技:じしん/いわなだれorストーンエッジ/しっぺがえしorはたきおとすroなげつける/どくづきorヘビーボンバー/れいとうパンチ/ローキック
先制技:バレットパンチ/フェイント

オオスバメカイリキーとの差別化として安全にこんじょうを発動でき、
きあいのタスキ・がんじょうを潰せる「ねこだまし」はほぼ必須。
ようき最速で相手の素早さを1段階下げた場合、リザードンなど最速100族まで抜く事ができる。

第七世代よりやけどの定数ダメージが下がったため、持ち物はかえんだま一択。
特性を無効化、あるいはスキルスワップされるなどいった特殊な場合を除きどくどくだまに優位点はない。

【ダブル】トリパアタッカー型 節を編集

特性:こんじょう
性格:ゆうかんorいじっぱり
努力値:A252 BD調整
持ち物:かえんだま(推奨)/オボンのみなど
確定技:インファイト/ねこだまし
優先技:みきり
選択技:いわなだれ/れいとうパンチ/ヘビーボンバー/どくづき/フェイント/バレットパンチ/ワイドガード

ねこだましで相方のトリックルーム展開を補佐し、次ターンこんじょう&かえんだまの発動からアタッカー役もこなすことができる。
技スぺースは確定技の3つで基本的にカツカツなので、残り一枠は相方や環境と相談することになる。

いわなだれ  :格闘技と相性が良く、トリル下なら怯みも期待できる。
れいとうパンチ:ボーマンダガブリアスなど4倍相手に。
ヘビーボンバー:フェアリーピンポイントだが、役割破壊への威力は充分。
どくづき   :ヘビーボンバーほど火力はでないが鋼等倍毒2倍フェアリーにも。
フェイント  :相手のまもるを妨害するダブルでは強力な技だが、エースアタッカーがわざわざ撃つのはやや噛み合わない。
バレットパンチ:便利な先制技だが、厳しい技スペースに相応しいかは微妙。
ワイドガード :相方の展開を全体技から守るために。


対ハリテヤマ 節を編集

注意すべき点
火力・耐久共に高く、あついしぼうやこんじょうで更に強化される。
はたきおとすやヘビーボンバー等のサブウェポン、ねこだまし等の先制技も豊富。
ダブルのトリパではアタッカーとサポートの両方をこなす。
対策方法
ボーマンダ霊獣ランドロス?等、いかく持ちの飛行タイプなら対処しやすい。
カプ・テテフ?ならねこだまし無効、カプ・レヒレ?ならかえんだま無効。
物理受けエスパーゴーストも有利だが、サブウェポンで弱点を突かれるので安易な後出しには注意。