リーフィア - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

リーフィア 節を編集

No.470 タイプ:くさ
通常特性:リーフガード(晴れのときに状態異常にならない)
隠れ特性:ようりょくそ(晴れのときにすばやさが2倍になる)
体重  :25.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
葉緑素物理ATHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
リーフィア65110130606595525リーフガード/ようりょくそ
モジャンボ1001001251105050535ようりょくそ/リーフガード/さいせいりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/どく/ひこう/むし
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

ブイズ:イーブイ シャワーズ サンダース ブースター エーフィ ブラッキー リーフィア グレイシア


イーブイの進化形、通称ブイズの一角に当たるくさタイプ。
高い防御により物理との殴り合いができるが、サブウェポン不足によりアタッカー性能はいまひとつ。
ねむりごなややどりぎのタネといったくさタイプ特有の補助技も覚えないため、不遇気味。

受けとしてはモジャンボフシギバナ、アタッカーとしてはキノガッサの壁が厚い。
これらを差し置いて採用する明確な理由を見つけたい。

他のブイズ同様、イーブイ由来の有用な変化技をいくつか備えている。
あくび・バトンタッチのような技は草タイプの中でもかなり珍しく、差別化の糸口となる要素と言えるだろう。

第8世代でやどりぎのタネを習得。
一方で、範囲不足は依然として改善されず、めざめるパワー、しぜんのめぐみも剥奪。
Z技やダイマックスなどもない今環境では苦戦気味



特性考察 節を編集

リーフガード
晴れ時のみ状態異常を防ぐ。混乱などの状態変化は防げない。
特性発動前に受けた状態異常を治す効果は無く、晴れサポートをしてまで発動させるにはメリットが薄い。
トレース対策にはなるが、状態異常を防ぐだけなら他に類似特性が多々あり、基本的にそれらの劣化であることも魅力を欠く。
ようりょくそ
隠れ特性。晴れ時に素早さ2倍。ようりょくそアタッカーもこなせるが攻撃範囲の狭さがネック。
先制あくびなどが狙いやすくなるため、耐久型にしてひでり持ちアタッカーのサポートに回るのも一考。
リーフガードが活かしづらいこともあり、基本はこちら。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
リーフブレード90(135)100急所ランク+1タイプ一致技。性能安定。
タネマシンガン25(37)×2~5100-タイプ一致技。威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。
4発以上ならリーフブレードを超えるが期待値は3発。
すてみタックル120100反動1/3草技とあわせて鋼以外には等倍以上。反動が痛い。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。タスキ潰しに。
じたばた20~200100-最大威力は一番。こらえるとあわせて。
シザークロス80100-対草。ラティオスサザンドラ?にも。
つばめがえし60必中-対草・虫。キノガッサヘラクロス等の4倍ピンポイント。
はたきおとす65/97100道具排除追加効果が優秀。USUM教え技。
アイアンテール10075防御↓30%草/フェアリーやユキノオートゲキッスに。
あなをほる80100溜め攻撃対炎・毒・鋼。パワフルハーブとあわせないと使いづらい。
やどりぎの時間稼ぎとして有効に使用できるが隙に注意。
変化技タイプ命中解説
つるぎのまい-攻撃を強化。ようりょくそとあわせて抜き性能の向上に。
やどりぎのタネ90攻撃と回復のソースに。バトンタッチと相性が良い。
くさぶえ55命中難だが、草やぼうじんにも有効。みがわり貫通。
あくび-流し技。起点作りや、交代読みで。草タイプでは唯一の習得。
あまえる100物理アタッカーを弱体化。耐久型で。
くすぐる100相手の物理面を弱化。擬似的に攻撃・防御を補強。
のろい-攻撃・防御を補強、素早さ低下。居座って積めるが、素早さ低下が痛い。
バトンタッチ-積み技やみがわりとあわせて。
こうごうせい-回復技。天候変化に注意。
ねがいごと-回復技。主にサポート用。
にほんばれ-特性の発動や、こうごうせいとあわせて。
こらえる-じたばたやゴツゴツメットとあわせて。
まもる-ターン稼ぎに。あくびやねがいごと、たべのこしとあわせて。みきりも覚える。
まねっこ-ゴーストやドラゴン対策。

型考察 節を編集

物理耐久型 節を編集

特性:ようりょくそ
性格:わんぱく
努力値:H252 B252orS調整 残りB
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/オボンのみ
確定技:リーフブレード/こうごうせいorねがいごと/あくび
優先技:あまえる/バトンタッチ
選択技:はたきおとす/つるぎのまい/のろい/くすぐる/にほんばれ/くさぶえ/どくどく/まもる/あまえる

高い防御から物理を受けつつねがいごとやあくび、バトンタッチによるサポートをこなす。
一致草技と回復技は勿論、他の物理受け草タイプとの差別化になるあくびも確定。
物理を流したあとの交代先に一貫して刺さり、バトンタッチと合わせれば対面操作も狙える。

物理受けの役割を強めることが出来るあまえるも優先度高め。
あまえるの効果は自身が交代しても残るため、流されやすいリーフィアと相性がよく後続の補助になる点もポイント。

弱点の突かれやすさがネックだが、れいとうパンチなど4倍ピンポイントの物理技程度なら余裕を持って受けられる。
無補正A振り・Aランク+1メガギャラドスのこおりのキバはB特化で低乱2。メガシンカや補助技の読み合い次第では制することができる。

耐久目安(B特化)
無補正A振りガブリアスのげきりん、A特化ジーランスのもろはのずつき、A特化カビゴンのすてみタックルで確3。
A特化カビゴンのおんがえし、無補正A振りカイリキーのばくれつパンチで乱3。
一致弱点技のない物理にはだいたい仕事ができるので、一致弱点と特殊技に気を配っておこう。

ようりょくそアタッカー型 節を編集

特性:ようりょくそ
性格:いじっぱりorようき
努力値:A252 CS調整 残りH
持ち物:いのちのたま/弱点半減の実/たつじんのおび/Zクリスタル
確定技:リーフブレード
優先技:おんがえしorすてみタックル/つるぎのまい
攻撃技:アイアンテール/シザークロス/つばめがえし/でんこうせっか/しぜんのめぐみ/めざめるパワー(炎)/かみつくorはたきおとす
補助技:あくび/バトンタッチ/にほんばれ/こうごうせい/くさぶえ/みがわり

晴れ下で上がる素早さを活かしたアタッカー型。無補正無振りでも最速スカーフヘラクロスあたりまで抜ける。
Zワザの登場で他のタイプの技でも、高威力を1発出せるようになった。とはいえ、相手を選ばずに高威力を出せるノーマル技は攻撃範囲が狭いリーフィアにとってまだまだ重要。
他のポケモンのように抜群が取れないからと言って気軽に外すわけにはいかない。

草+ノーマルで等倍範囲はそこそこ広いものの、一致技の威力が90止まりなため積まないと火力は控えめ。
また、晴れパ前提なので自然と牽制しやすいとはいえ鋼タイプには有効打が乏しい。
味方でカバーするか、しぜんのめぐみ・Zあなをほるを利用するなど工夫したい。


対リーフィア 節を編集

注意すべき点
高い防御とあまえる・こうごうせい等を活かした物理受け型と、
ようりょくそとつるぎのまい等を活かした晴れアタッカー型が存在し、判別しにくい。
あくび・はたきおとすでの妨害、Zおいわい+バトンタッチでのサポートも。
対策方法
鋼への対抗手段があなをほるやいわくだき程度しかなく、安定して後出し可能。あくびやあまえるなどには注意。
耐久型は補助技主体なので、上からのちょうはつで機能停止。
ようりょくそ型なら、威力の上がった炎タイプの特殊技が効果的。
ヒードランなら草・無・めざ炎などを全て半減以下にでき、一致技で弱点を突ける。
天候を変えてしまうのも有効だが、天候始動特性を持つポケモンは軒並みリーフィアに弱い。
ユキノオーもシザークロスでかなり削られるうえ、炎の多い晴れパには出しにくい。