ブースター - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ブースター 節を編集

No.136 タイプ:ほのお
通常特性:もらいび(受けた炎タイプの技を無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:こんじょう(状態異常のときに攻撃が1.5倍になる・やけどによる物理技の威力低下を無視)
体重  :25.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
物理炎HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ブースター65130609511065525もらいび/こんじょう
ウインディ90110801008095555いかく/もらいび/せいぎのこころ
エンテイ115115859075100580プレッシャー/せいしんりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「もらいび」の場合、ほのお無効


ブイズ:イーブイ シャワーズ サンダース ブースター エーフィ ブラッキー リーフィア グレイシア


イーブイの進化系、通称ブイズの一角に当たるほのおポケモン。
突出した攻撃力と特性こんじょうから繰り出される物理技は目を見張る威力を誇る。
一方で技範囲がいまひとつ、かつ低い物理耐久と鈍足で行動回数の確保に難があり、上手に活躍させるにはそれなりのお膳立てが必要になる。

単ほのおはライバルが多く差別化に苦慮するが、BDSPではヒヒダルマやマルヤクデがいないため多少状況が良い。
長年採用枠を争うウインディ・エンテイとは特徴的な補助技で差別化したいところ。

ほえるを再習得している。他に目立った新技はない。
剣盾で覚えられたばかぢから・のしかかり・ねっぷう・マジカルフレイム・ねっさのだいち・ハイパーボイス・ウェザーボールは現段階で習得不可。
打ち逃げに便利なかくとう技を失ったのは痛手。



特性考察 節を編集

もらいび
ほのお技を無効化して自身のほのお威力アップ。
火力補強に繋がる特性だが、こちらからもほのおタイプにはこれといった有効打がない。
パーティ単位で鬼火を誘って繰り出すなどの工夫をすれば活きる場面も出てくる。ダブルならふんえんで発動を狙うのも良い。
トレースに注意。
こんじょう
隠れ特性。状態異常時に攻撃1.5倍。
凄まじい火力を発揮するが、タイプ耐性で火傷状態にならないので活かすにはどくどくだまを使うことになる。
元々高くない耐久をさらに削ってしまう都合上、刹那的な運用に陥りがち。
エースとして運用したいのであれば、トリックルームなどでしっかりと補佐してやりたい。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
フレアドライブ120(180)100反動1/3
火傷10%
タイプ一致物理のメインウェポンだが反動が痛い。
すてみタックル120100反動1/3素の状態で最高威力のノーマル技だが反動が痛い。
からげんき70→140100-こんじょう型でのサブウェポン。HPが高い状態ではじたばたより威力が出せる。
じたばた-100-脆いのできあいのタスキで最大火力は狙える。
でんこうせっか40100優先度+1最後っ屁、きあいのタスキ潰し、ダメ押し、その他諸々。それなりに役立つ。
にどげり30*2100-ばかぢからが没収されているため、岩に通る安定技はこれしかない。
あなをほる80100溜め攻撃対炎岩。タイムラグがあるので使いづらい。地震に注意。
アイアンテール10075防御↓30%岩、フェアリーに。命中難。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓撃ち逃げ専用として割り切ればかなり優秀。
だいもんじ110(165)85火傷10%特殊メインウェポン。物理型でもほのおのキバより強い。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%PPが多く耐久型等で安定して使える。
ふんえん80(120)100火傷30%火傷だけ狙いたいならおにびの方が確率が高いが、技スペースを節約したいなら。
ほのおのうず35(52)85拘束あくびとセットで。度々外れるので注意。
シャドーボール80100特防↓20%対超霊。他にこれと言ったサブウエポンがない。
アシストパワー20~100-2刀を活かしてバトンタッチ先にするなら。
ハンテールサクラビスのからやぶバトンなら威力140。
変化技タイプ命中備考
おにび85耐久型、サポート、スリップダメージ狙い等用途は様々。
あくび-交代読みで撃ったり交代促進に使ったり。
優秀な流し技。今作ではライバルは覚えない。
ねがいごと-耐久型には必須。まもるとセットで使いたい。
まもる-様子見、ねがいごとと併用、たべのこし・状態異常のターン稼ぎ等使い道はそれなりにある。
こらえる  -じたばたやカムラのみとあわせて。フレアドライブとの相性は悪い。
うそなき  100対特殊受け。強烈に交代を誘う。
こわいかお100ニトロチャージではできない努力値調整に。後続のサポートにもなる。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき/せっかち/さみしがり
特性:もらいび
努力値:攻撃252 HP252orすばやさ252
持ち物:いのちのたま/こだわりスカーフ/せんせいのツメ
確定技:フレアドライブ
攻撃技:だいもんじorオーバーヒート/すてみタックル/でんこうせっか/あなをほる/シャドーボールorかみつく
変化技:おにび/あくび

撃ち逃げの火力は高いが、反動で少ない耐久をさらに削られるため長持ちしない。

こんじょうアタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん
特性:こんじょう
努力値:攻撃252 HP252or素早さ252
持ち物:どくどくだま
確定技:フレアドライブ
優先技:からげんき
攻撃技:すてみタックル/でんこうせっか/かみつく
変化技:まもる/おにび/あくび

こんじょう発動からの一致フレアドライブで負荷をかける型。火力指数は54000。
ブースター以下の鈍足や耐久型への崩しを重視するならAS振り。サイクルや撃ち合いを重視するならHA振りになる。

得られる火力は相当なものだが、物理面の脆さと中途半端な素早さがネック。
特に耐久面はもともとの脆さに加えて猛毒と反動ダメージによりさらに短命となるため、トリックルームやおいかぜなどのサポートが欲しい。
有用なサブウェポンがからげんき程度しかなく、範囲が狭いこともあって運用難度はかなり高い。

特殊型 節を編集

特性:もらいび
性格:ひかえめ/おくびょう/れいせい
努力値:特攻252、HPor素早さ252をベースに調整
持ち物:こだわりスカーフ/いのちのたま
確定技:だいもんじorかえんほうしゃ
優先技:シャドーボール
特殊技:アシストパワー
物理技:アイアンテール
変化技:まもる/おにび/あくび/ねがいごと

特攻は95と低くなく、特殊アタッカーとしても運用可能。
攻撃も素でそこそこ高いので、両刀もありか。

耐久型 節を編集

性格:おだやか
特性:もらいび
努力値:HP252 素早さ調整 残り特防
持ち物:たべのこし/ラムのみ/オボンのみ
確定技:ねがいごと/まもる
優先技:ほのおのうず/おにび
攻撃技:かえんほうしゃorふんえん
変化技:あくび/バトンタッチ

おにび、もらいび、高い特防110を活かした耐久型。
貰い火炎としてはヒードランに次いで特殊耐久が高く、4倍弱点のない炎タイプとしてはエンテイに次いで特殊耐久が高い。
特殊草や炎等を読んで出す。交代で出てくる物理アタッカーには鬼火を撃てる。
第7世代以降やけどの定数ダメージが下がり、おにびだと遂行速度が遅くなった点に注意。

HP種族値が低いため、実際はウインディエンテイと耐久力はあまり変わらない。
実際の特殊耐久力(HP×特防)は補正ありで、ウインディ28565、ブースター30616、エンテイ30858。補正なしだとブースター27864。
しかもウインディはあさのひざし・バークアウトを覚えることも可能なため、結果的にはウインディの方が汎用性は高め。

回復技はねがいごと+まもるの併用。たべのこしと相性がよく、味方の回復もできることが利点。
しかしウインディのあさのひざしに比べると発動が遅く、まもるの所持により読み合いが発生し技スペースも圧迫することが欠点。
まもるとねがいごとの併用で天候やフィールドのターンを消費させられるが、雨パ・砂パには繰り出しにくい。

耐久型でスリップダメージがメインの型になるため基本は特殊ベースのおだやかが安定。
あくびを採用することであくび+まもるによる起点化や、疑似昆布戦法のようなことも可能。
ほのおのうずの採用や、他のポケモンによる状態異常撒きがあればより使いやすくなる。


対ブースター 節を編集

注意すべき点
攻撃種族値130+こんじょう+フレアドライブの破壊力。からげんき、あくび、おにび。
特殊耐久も高いため、ねがいごとでの耐久型も。
対策方法
足は遅く物理耐久も脆いので、素早い物理アタッカーで上から殴る。高火力先制技で倒す。
攻撃範囲は狭いので炎+ノーマルが通らない岩タイプなら比較的有利。